• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • “α-Synodos” vol.260(2019/02/15)

    2019-02-15 15:04
    257pt
    〇はじめに

    いつも「αシノドス」をお読みいただきありがとうございます。シノドスの芹沢一也です。「αシノドス」vol.260をお届けします。

    最初の記事は、環境倫理学をご専門とする吉永明弘氏にインタビューしました。「環境」や「環境保護」と聞くと、「手つかずの自然を守れ!」といった原理主義的な活動を想起しがちかと思います。しかし、「新人世」という概念の登場からもわかるように、いまや人間の影響を受けていない自然は存在しません。「原生自然」というのはもはや過去のパラダイムなのです。そうしたなか、環境倫理学という学問は何を考えようとしているのか、吉永氏にお話を伺いました。

    次いで、「学び直しの5冊」。今回は安全保障をご専門とする藤重博美氏に「「相対的な安全保障観」を鍛えるための読書術」をお書きいただきました。皆さんご存知のように、安全保障というのは日本では、イデオロギー闘争が闘わされる領域となっています。しかし、対外的なリスクから国民のセキュリティを守るというのは国家の重要な役割なのですから、そろそろもっと地に足のついた冷静な議論がなされるべきではないでしょうか。いわばひとつの「普通」の学問として、データ等にもとづいた議論が重ねられるべきです。そのための読書リストとして、ぜひご活用ください。

    次は「今月のポジだし」、今回はライターの赤木智弘氏にご提案をいただきました。お題はAIです。AIの進歩によって、多くの雇用が奪われるといわれています。しかし、赤木氏はむしろそのような状況こそが、労働者の福音になるのではないかと説きます。なぜなら、経営者もAIに取って代わられる可能性があるから。AIの経営者に支配される未来。ではなぜ、そのような事態が望ましいのでしょうか? 赤木節をぜひご堪能ください。

    お次は、『「当たり前」をひっくり返す』(現代書館)を出版された竹端寛氏にインタビューしました。いまの日本社会で「別の可能性」を想像することはきわめて困難です。それは「当たり前」だとされていることを疑えなくなっているからではないでしょうか? 過去にそうした問いを掲げた三人の先人たちがいました。イタリア人のフランコ・バザーリア、スウェーデン人のベンクト・ニィリエ、そしてブラジル人のパウロ・フレイレです。竹端寛氏に、いまなぜこの三人が重要なのかをお聞きしました。

    次に、倫理学をご専門とする伊吹友秀氏に、「エンハンスメントの倫理」についてお書きいただきました。エンハンスメントとは、医学や科学の力を借りて、通常以上の能力を得ようとすること、あるいは治療を超えてそのような技術を利用することをいいます。こうした技術は日進月歩で、文字通り加速度的に進化しています。そこにはどのようなエンハンスメントの例があるのか、またどのような倫理的な問題がありうるのか? 世紀が変わるころから、生命倫理学の文脈で盛んに議論されてきたこの問題について、議論を整理いただきました。

    次いで、鈴木崇弘氏による連載「自民党シンクタンク史」。今回は「東京財団退職後」です。毎回思うのですが、鈴木氏によってかなり先駆的にさまざまな実践がなされてきたということです。シノドスはアカデミアと一般社会をつなぐ役割を果たそうとしていますが、そうした観点からも、今回取り上げられた「阪大フロンティア研究機構」は先行事例として非常に興味深いです。日本人は過去の事績を伝統化し、それをリソースとして引き継いでいくというのが苦手です。そうした意味からも、鈴木氏の過去の実践をきちんと文章で残しておくことはとても重要だと思います。

    最後の記事は、コミュニティ政策を専門とする加藤壮一郎氏に、現在、デンマークで進められている社会住宅地区再開発についてレポートしていただきました。ル・コルビジェの機能主義を体現したかつての社会住宅は、移民や低所得者が集住する「ゲットー」と化してしまいました。そのような空間をいまリニューアルしようとしているのですが、そこにはル・コルビジェを批判したジェーン・ジェイコブスの思想がみられるといいます。はたして、ジェイコブスが思い描く活気に満ちた生活空間が誕生するのか? 冒頭の吉永氏のインタビューと合わせてぜひお読みください。
     
  • “α-Synodos” vol.259(2019/01/15)

    2019-01-15 16:19
    257pt

    新年あけましておめでとうございます。シノドスの芹沢一也です。今年も「αシノドス」をどうぞよろしくお願いいたします。

    最初にお知らせがあります。これまで月に2回配信してきた「αシノドス」ですが、今年から月に一度の配信に変更いたします。しかし、一冊のボリュームはこれまでの二冊分と変わりません。一回にまとめて、二冊分のボリュームのなかで「αシノドス」を作成したほうが、よりバラエティに富み、バランスの取れた、より読み応えのある紙面構成が可能になるのではないかと思うに至りました。ぜひ、これからの「αシノドス」をぜひご期待ください!

    ということで、「αシノドス vol.259」のラインナップをご紹介します。最初に環境思想史をご専門とする桑田学氏へのインタビュー、「気候工学は地球温暖化の救世主になりうるのか?」です。人類の産業活動が及ぼす地球への巨大な影響力が、もはや不可逆なものになっているのではないかとされるなか、注目を集めているのが気候工学です。気候工学とは、気候を意図的に操作・改変する一連の技術の総称を指しますが、こうしたテクノロジーが出てきた背景には何があるのか、そしてそこにはどのような倫理的問題があるのか、桑田氏に伺いました。

    ついで、「今月のポジだし」、労働社会学をご専門とする常見陽平氏にご提案いただきました。論者によって毀誉褒貶が激しい日本の雇用・労働システムですが、常見氏が「こうすれば日本の雇用はよくなる!」と提案するのが「出向・留社ネットワーク」の創出です。しばしば日本の企業の閉鎖性が指摘されることがありますが、「出向・留社ネットワーク」はそのような閉鎖性を打ち破り、人と組織を活性化させるための妙案だと思います。「出向」は必ずしも左遷ではありません。そのポジティブな効用に、ぜひ耳を傾けてください!

    お次は、法哲学をご専門とする那須耕介氏による「ナッジ――働きかけと自発性のあいだで」。人々の行動の前提となる文脈、環境の一部を設計、構築、操作することで、強制なしに一定の行動を促そうとする「ナッジ」。それは現在、思弁の領域をこえて、消費者保護、環境、健康、労働、金融・保険、治安・安全等々、各国で制度設計や政策構想に応用され始めています。OECDが世界各国の実践例をまとめた『世界の行動インサイト』から、いくつかの具体例をご紹介します。

    ここらで国際政治に目を向けましょう。ヨーロッパ国際政治をご専門とする東野篤子氏による「中欧における「法の支配の危機」――EU内部に深まる亀裂」。みなさんも報道等でご存知かと思いますが、かつて中欧の「優等生」とみなされ、旧共産主義諸国の体制転換のサクセスストーリーを体現する存在であったポーランドとハンガリーの様子がかなりおかしいです。今ではヨーロッパ統合を揺るがせかねない「問題国家」とみなされるようになってしまいました。いったい何が起こっているのか、またEUの理念を裏切るようなこうした国家の存在にEUはどう対処すればよいのか。東野氏にご解説いただきました。

    ついで今月の「学び直しの5冊」。タイ政治をご専門とする外山文子氏による「東南アジア」です。ぼくも経験があるのですが、東南アジアについて知りたいと思ったときに、どこから手をつければよいのか、意外に難題です。観光や留学、労働の目的で、東南アジアから多くの人が日本に訪れ、かつてなく東南アジアが身近になっていますが、ではどれだけ東南アジアのことを知っているかといえば、かなり心もとないのではないでしょうか。多様性に富む東南アジアを理解するために、まずはこの5冊を手に取ってみてください。

    お次は、鈴木崇弘氏の連載「自民党シンクタンク史」。今回は第三回目、「東京財団の時期・後編」となります。内外で政策シンクタンクとして活躍し始めた「東京財団」、その活躍には目覚ましいものがあります。サミットに先立って、開催国で識者を集めたプレ・サミットの参加者の顔ぶれを見ると、なんと豪華な!と驚嘆します。逆に、ここまで行ったのに、結局は日本に政策シンクタンクが根付かなかったのか、とも思ってしまいます。とはいえ悲観していても仕方がないので、多様な政策構想がしのぎをけずる環境をどう構築していくのか、これを考えていくヒントにしないといけないですね。

    最後は「知の巨人たち」。今月は「ロールズ」を、現代政治理論をご専門とする大澤津氏に取り上げていただきました。大学で政治思想や法哲学の講義を履修すれば、必ず出てくるロールズ。しかし、その面白さを感じるためのハードルがとても高いというのも事実かと思います。そうしたロールズのアクチュアリティを現在の読者に伝えるために、大澤氏がとった戦略がロールズ解釈を追うことです。実際に、時代の要請に応えようとする解釈を紐解くことで、わたしたちが「いま」直面している社会の困難と格闘した思想家としてロールズが立ち現れてきます。参考文献も充実していますので、ぜひ今後の読書案内としてもご活用ください。

    次号は2月15日の配信となります。次号も圧倒的な情報量と教養を詰め込んでお届けします。どうぞお楽しみに!

     
  • “α-Synodos”  vol.257+258

    2018-12-20 13:50
    257pt
    ━━━━━━━━━
     “α-Synodos” 
    vol.257+258(2018/12/20)
    ━━━━━━━━━

    ○はじめに
    1.2018年、今年の一冊!
    2.羽田野真帆、照山絢子、松波めぐみ「障害のある先生たち」
    3.橋本努「なぜリベラルは嫌われるのか?(3・終)」
    4.藤本龍児「「進化論」論争に見るアメリカの基盤――トランプ政策に煽られる文化戦争」
    5.鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(2)――東京財団の時期・前編」
    6.久木田水生「遠隔戦争の論理と倫理」

    ○はじめに

    みなさま、こんにちは。いつもαシノドスをお読みいただきリありがとうございます。今年最後のαシノドスをお届けします。

    最初の記事は「2018年、今年の一冊!」です。平成という時代と生きづらさから、タコの心身問題まで、とてもバラエティに富んだ選書となっています。各選者の文章はそれ自体がひとつの論考ともなっており、読み応え十分かと思います。ぜひ年末年始の読書案内としてもご活用ください。

    ついで、羽田野真帆、照山絢子、松波めぐみ各氏へのインタビュー「障害のある先生たち」です。障害のある生徒たちについてはたくさんの議論がありますが、障害のある先生たちについての話はぼくも初めて触れました。障害のある子どもと健常の子どもを一緒に同じ教室で学ばせるインクルージョン教育が盛り上がる一方で、職場としての学校のインクルーシブな労働環境という話がまったくなされてこなかったという発言に、たしかにそうだとうなづきました。「障害のある先生」という新たしい視点から、教育の労働環境をとらえなおすというのはきわめて新鮮な試みだと思います。

    そして、社会哲学の橋本努氏によるミニ連載「リベラルはなぜ嫌われるのか?」、今回が最終回となります。前回まで日本でリベラルとされる勢力がなぜ嫌われるのかがさまざまに検討されてきましたが、それではいかにして「新しいリベラル」の理念を構築することができるのか? 「保守」と「リベラル」を二分して、二大政党制のための意識的な基礎をつくるような議論に向けて、LGBTへの配慮、日米関係と東アジア共同体、反原発論議という三つのトピックが検討されています。

    つづいては、社会哲学の藤本龍児氏による「「進化論」論争に見るアメリカの基盤――トランプ政策に煽られる文化戦争」です。アメリカではよく知られている通り、創造論を信じる人たちが数多くいて、進化論を受け容れている人たちと対立しています。しかし、進化論を信じているという人がアメリカ人の57%なのですが、じつは進化論を認めつつも、進化の過程は神によって導かれたと考える人が38%ほどいます。科学的に進化論ということのできる、神の介入なしで進化してきたと考える人は19%しかいません。つまりアメリカ人の8割が神の介在を信じているわけです。そうなると、これは国民を二分する論点というよりは、アメリカ人に共通する基盤として扱ったほうがよいということになり、この問題の見方が一変するかと思います。

    そして、公共政策の鈴木崇弘氏による連載「自民党シンクタンク史」の二回目、今回は「東京財団の時期」となります。日本に本格的なシンクタンクが立ち上がっていく経緯が、その中心的な当事者によってリアルに描写されていきます。今回はあの竹中平蔵氏が登場しますが、なぜ彼が東京財団のシンクタンクの「顔」となったのか、その理由が明かされます。また1997年前後は、多くの政策シンクタンクが設立された時期だということにもぜひ注目してください。

    最後は技術哲学の久木田水生氏による「遠隔戦争の論理と倫理」です。とくにドローンという兵器をめぐって、その倫理的な問題点が考察されています。アメリカの基地でドローンを操縦している兵士は、スクリーンの前に座り、ドローンのカメラから送られる映像を通じて、テロリストだとされる人々を追跡、監視します。そして、許可が下りるとミサイル発射の引き金を引き、その人物を殺害するのですが、決まった勤務時間が終わると自宅に戻り、日常生活を送ります。この圧倒的な非対称性を前に、我々はどのように考えればよいのでしょうか?

    今年もαシノドスをご購読いただきありがとうございました。次号は1月15日配信です。どうぞお楽しみに!