• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「岩手中2自殺事件、最大の責任者は誰なのか?」小林よしのりライジング号外
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「岩手中2自殺事件、最大の責任者は誰なのか?」小林よしのりライジング号外

2015-07-21 12:45
  • 110
21a2f6a57f7d5f482ea0a39ca375bbb5dc12ff01
(号外 2015.7.21発行)

ゴーマニズム宣言
「岩手中2自殺事件は凶悪犯罪である」

 岩手県矢巾町の中学2年男子、村松亮君がいじめを苦に列車に飛び込み自殺するという事件が起き、学校の対応などを巡って論議となった。
 またしても起きてしまった、中学生の子供が犠牲となる痛ましい事件であり、これ以上このような事件を続発させないためには、事件を未然に防げなかった最大の責任者を、特定する必要があると思う。
 今回の場合それが誰かといえば、やはり巷で囁かれている通り、亮君の担任である30代の女性教師を特定せざるを得ない。
 既に多く報道されているが、亮君からあれだけはっきりしたSOSのサインが出されていたのに見過ごしていたのだから、あまりにも鈍感すぎたと言うしかない。
 子供の最も身近にいる存在は親なのだから、いかなる場合でも、いじめ自殺を防ぐ責任は第一には親にあるという意見もあるが、今回の事件では、どうしても教師の感受性の鈍さが目立ち過ぎる。
 今回は亮君の人並み外れた優しさに、父親から教師まで、甘え過ぎていたゆえに起こった悲劇である。

 亮君が小学3年の時に、両親は離婚している。父親から暴力をふるわれた母親が、亮君と2人の妹を連れて東京に逃げたのである。父親がDVならすでに責任の一端は担っていることになるから、単なる被害者ではない。
 しかし亮君は「おじいちゃん、おばあちゃんやパパが心配だから帰りたい」と言い出し、両親が相談した上で、1人だけ岩手に帰った。
 だが、それでも亮君は父親との折り合いが悪かったようで、小5の冬休みに母親に「ママ、助けて」と電話をかけ、一旦は母親が東京に連れ戻している。
 ところが、そんな状況でありながら亮君は自ら「ママには妹たちがいる。でもパパにはオレしかいない」と言い、4日後には岩手に帰って行った。
 亮君は自分がどんな思いをしようと、それよりも父親のことを優先させて考える子だったのだ。たとえその父親が母親に暴力をふるい、自分にもつらく当たるような人物であったとしても。
 岩手で同居していた祖父は「亮は同年代の子と比べるとちょっと幼い。純粋すぎるけど優しい子だった」と語っている。
 世の中には、とてつもなく優しい心を持った子供がいるということを認めるべきで、わしの『おぼっちゃまくん』を読ませてあげれば、少しは人間の邪気も吹き込めたかもしれない。
 亮君は、自分は父親の寂しさを癒そうとして帰ったのに、自分のために迷惑をかけたりしたら、意味がなくなってしまうという気持ちをずっと持っていた。
 だからこそ、どんなにいじめを受けていても、父親にだけは決してそれは言えなかったのである。

 ただし一度だけ、亮君はバスケ部の同級生Aにいじめられていると父親に言ったことがあり、父親は学校に相談して対策を求めている。
 このとき学校は、バスケ部の顧問と担任、そして亮君と同級生Aで話し合いを行い、問題は「解決」したという。
 だがはっきり言って、この時の学校の対応は決定的に間違っている。
 学校は加害者と被害者を同等に扱い、両者の話し合いで「解決」したと思い込んだのだ。だが、凶悪犯と被害者を同じ席で話し合わせたって、問題の解決になど絶対になるわけがないのである。凶悪犯はその場しのぎで、どうとでも嘘をつくのだから。

 ここで亮君を優しすぎる少年とし、加害者を凶悪犯と見做すのは、単純な善悪二元論で、印象操作だと言う者もいるだろう。誰の心にでも善意の部分が宿り、悪意の部分も宿っているのは当然だが、そんな相対化は問題の解決に何も寄与しない。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他100件のコメントを表示
×
日ごろ「人権、人権」と言っときながら中国のチベット・ウイグル民族弾圧が国際的に表面化したときには一切発言しなかった人だからなぁ…個人的には黒柳徹子さんは「なかなか腹黒い人間」だと思ってます。先生の「黒柳擁護論」という言葉は非常に的を射ていますね。
50ヶ月前
×
naさん
なんかありがとうございます
ハズくてこそばゆいですが
一つの自信となりました
『駄洒落が伝わってた!』という意味の

ランパダさ、、、じゃなかった
ランバダさん、なんかすみません誘発、、

痛みの告白B
とてもとても貴重で重要な話でした
これまた一つの自信となりました
『偉そうにコメントしてよかった!』という意味の

京都以来、スマホを持つ右手に何か乗り移ったかのように文字を打っております

小林よしのりのせいだ

もう少し落ち着きを取り戻そうと思います

ノンノンあげんぽ
イェス!あげんぼ
50ヶ月前
×
マッチでぇ~す!くろやなぎさ~ん!(ダイノジ・大地の真似です)
木蘭さんの道場ブログで取上げられていた「黒柳徹子白熱論争」についてですが、僕もその話に乗ってみようと思います。
シャネルズの件についてですが、これは小林先生と同じ「黒柳懐疑派」です。徹子の偽善ぶりに、鈴木雅之は心の中で「違う、違う。そうじゃ、そうじゃな~い~」と歌っていたのではないでしょうか。
ただ光GENJIに関しては「黒柳一部擁護派」です。よく考えれば、物が余っているから寄付すればいいなんて、完全に上から目線で安易な発言ですよね。金や物を寄付すれば善人になれるだろうという、アイドルの思い上がりを戒めた点は、徹子のファインプレーだと思います。ここだけは徹子を褒めておきます。
しかしアフリカの恵まれない子供だって、一生に一度くらい「贅沢」をさせたっていいでしょう。「恵まれない子供に贅沢を覚えさせるな」なんて、「カラスに餌付けをするな」と言ってるのと同じだと思います。そもそも徹子はアフリカの子供を人間扱いしていないのでは、という疑念が沸きます。
僕は黒柳徹子と徳光和夫の涙は、まず信用しません。徹子が偽善者だというのは、霊長類の常識ですからね。かつて松本人志も「遺書」という本で「アフリカでは死にそうな子供を抱きかかえて泣いているくせに、日本では億単位の豪邸に住んでいる偽善者に疑問を持とう」と、暗に徹子を批判してました。
50ヶ月前
×
小林先生やもくれん先生や高森先生の『卑怯者の島』の美奈を巡る、男女論(?)がすごく興味深いです。

日頃、清潔で親切でよく本を読み頼りがいのある男の人であっても、
セッティングが整えばどうせほんとはめちゃスケベなんだと思ってたーっ!

というのは、現在の20代くらいの欲望の衰えた若年男性には該当しないかもしれませんが、セッティングの整不整に関わらず「あわよくば」と下心を隠しているのが普通の大人の男でしょう。拙者もそういう面は無きにしも非ずですが、そこまで飢えていません(笑)

女性や周囲を惹きつける男の色気・魅力の無さを補うのに便利なのが、表面上の知識や優しさだったりするので、とくに性欲を失っていない中年のモテない男ほど、下心を覆い隠すために「清潔で親切でよく本を読み頼りがいのある」振りをしたりします。
そんな中年男の安物化粧を、経験豊富な感性の鋭い女性は一瞬で見抜いてしまいますが、経験乏しく鈍い女性は簡単に騙されます。モテない中年男は、若かりし頃の数少ないそういう若年女性との成功(性交)体験からか、画一的に女性を未熟と捉えるのでしょう。経験乏しい中年男ゆえに女性をナメているので、ますます魅力を失いモテなくなる、という悪循環なのかもしれませんね。

「軍神さま」中澤は、男というよりも人として魅力的ですね。恰好をつけて実はバレバレのみっともなさを熟知しているというか、下らない体裁に振り回されない素直な生き方に惹かれます。美奈にも近いものを感じます。『卑怯者の島』の登場人物はほとんど全てが魅力的で、個々の表情や目に魂が憑依しているので、映画化で漫画以上の作品に仕上がるとは思えません。技術的には可能でも、出演者は俳優生命をかけた演技を強いられるかと(笑) 小林よしのり監督以外での映画化はしてほしくないなぁ...動画、楽しみにしています!!
50ヶ月前
×
いや驚いた。
安倍総理は今日の国会答弁で
「憲法第9条は将来においても安定性は確保される」
と答弁した。
改憲するのではないのか?
50ヶ月前
×
軍神さまと美奈ちゃん議論について。

私は軍神さまの愛国心は信じられます。
「手足を失うことより、俺の日本を失ったことの方がつらい」
と断言しましたし、
神平が「俺は英霊になる!」と宣言した時に、
とても悔しそうに言い返せなかった表情からも、
彼の「価値観」を感じました。
確かに女性に対して粗暴な態度は生理的に嫌いですが、
彼の価値観について、私は好感を持ちます!

一方、美奈ちゃんの愛国心は信じられないです。
あそこまで過去を割り切れる情念の薄い女とは、
私なら結婚したくないです。
・・・などと言っていたら、妻からは「私は美奈ちゃんの気持ちの方が分かる。というか当たり前じゃないの?だって過酷な状況でも生きていく必要があるのだから。それがリアルだと思うよ。」と反論されてしまいました(泣)

・・・そ、そうなの?そういうものなの?
それなら「お堂に誘ったパッション」って一体なんだったの?
私は女が全然分からないっす (ToT)
50ヶ月前
×
「黒黒柳」か「白黒柳」の論争について。

その正体が腹黒黒柳だったとしても、
「反射神経の鋭さ」が凄いなぁと私は関心しました。
黒黒柳か白黒柳か白黒つけなくてもその点を評価します。
尚、黒柳はパンダが好きです。
50ヶ月前
×
私はこの手の話題はあまり興味も持てず、ニュース等で断片的に見聞きするのも嫌なので、いつもライジングで詳細を知ることになります。

今回のゴー宣は素直に勉強になりました。
いじめ自殺というとやはり親が問題なのかな、と思いがちですが今回のように色々なケースがあるのだと感じました。
担任教師が何もせず、学校も何もせず、親もある程度やったものの止めることはできなかった。
(私的には親の努力は足りなかったとは思うところもありますが)
これでは止める術は書かれているように警察に介入してもらうしかありません。

子供のいじめっ子なんてものは警察が出てくれば大抵はおとなしくなると思います。
というか、警察が出てくるほど悪いことなんだとわからせるのは必要でしょう。

本当は地域の共同体でなんとかカバー出来ないものかとは思うのですが、岩手県でも無理となると難しいのでしょうか。

物騒で心のないやり方かもしれませんが、警察の介入が必要だと思います。
50ヶ月前
×
黒柳徹子論争に私も参加します。
個人的にはモロにベストテン全盛期を知ってる世代ですし今でも平日の昼飯時にテレビ見るなら徹子の部屋を見てる人間なので黒柳徹子自体は好きな方ですが、今回話になってるシャネルズや光GENJIの件はどっちかというと「懐疑派」で偽善も疑ってます。そういえば一時期テレビ朝日で徹子の部屋はもちろんニュースステーションにもほぼ月イチペースで出てきてユニセフの宣伝とかもしてましたね(まあアレは久米が強引にベストテン等当時のレギュラー番組全部を降りてニュースステーション始めたことに黒柳が激怒して、それに対して久米やテレ朝が気を使ったって側面もあったようですが)
ただ>>119でmonmonさんが仰られてる「アイドルが上から目線で・・・」ってのもわかります。そういえばもうすぐ日テレの24時間テレビがありますけど、アレなんか「上から目線のザ・偽善」ですからね。
50ヶ月前
×
いただきます

号外ありがとうございました。

ネットニュースで、自殺した生徒が「氏にたい」と書いてある生活ノート(交換日記?)の返答に「明日からの研修がんばりましょう」とか返答している記事を読んで、「なんじゃこりゃ?」と思っていました。この女教師は、一度解決したと思っていた「いじめ問題」がまだ続いているという現実から目を逸らしたかったのでしょうか?それともただ単に「常識的な国語力」がないのか?どちらにせよ「教師になってはいけない人間」だったのでしょう。

それと、悪ガキの対応は、なんてずる賢いのでしょうか。

旧掲示板で、姪っ子のいじめの話を書かせて頂いたのですが、その時の、「いじめっ子」のずる賢さには、私もびっくりしましたね~^^;
幸い(?)女の子同士の問題だったので、警察が介入する必要なものは、無かったのですが、何の進展もなければ、私が暴れようかと思っていましたがw

遅くなりましたが、どうも、ごちそうさまでした
50ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。