• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「『価値』が全く分からない人種の増殖」小林よしのりライジング Vol.140
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「『価値』が全く分からない人種の増殖」小林よしのりライジング Vol.140

2015-07-14 16:25
  • 132
c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
第140号 2015.7.14発行

「小林よしのりライジング」
『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」…わしの書く文章を、作品と認めない奴がいる。「国のため」「公のため」なら「タダで拡散しろ」と言ってくる消費者がいる。文章も音楽もタダで楽しませろと言い出す、「価値」を全く理解しない人種が、ネットによって膨大に生まれつつある。このまま文化を痩せ細らせて良いのか!?
※著名なる言論人の方々の立派な御意見を思いっきり褒めそやす「御意見拝聴・よいしょでいこう!」。前回に引き続き、保守論壇の重鎮、渡部昇一・中川八洋両氏の『皇室消滅』から学びましょう!今回はなんと、どこのマスコミもつかんでいない陰謀情報が明らかに!?渡部先生の妄想…もとい洞察力、独自の情報網には驚嘆させられます!!
※読者参加の爆笑企画「しゃべらせてくり!」が、記念すべき第100回を迎えたぶぁい!!それなのに…それなのに…ぽっくん、宇宙の果てに流されて行きよりましゅよ~~~!!絶体絶命ぶぁい!!さっさと何とかしてクリーーー!!!

a70f8d4ce3c2de91cd118a5c8c9b40ded872a084


【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第135回「タダで聴かせろ、読ませろの人種」
2. しゃべらせてクリ!・第100回「ぽっくんのゼロ・グラビティ!宇宙漂流の恐怖ぶぁい!の巻〈前編〉」
3. 御意見拝聴・よいしょでいこう!・第2回「『皇室消滅』②〈女系天皇〉は小泉純一郎とコミンテルンの陰謀?」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記




d556ed59b27e197aa0ea52274848687e1ca8ff4b

第135回「タダで聴かせろ、読ませろの人種」

 かつて右派の運動を手伝った。戦争体験のある爺さんがやってた運動だった。
 悪い人じゃなかったが、広告塔として最大限にわしを利用した。
 わしが来ると地元の新聞社に連れて行き、記事にしてもらい、地元の名士にわしを合わせ、わしの読者の若者を自分のつくる組織に入れた。わしは無償でその運動を手伝い、講演をしていたものだ。
 その爺さんは自分の機関誌に勝手にわしの『ゴーマニズム宣言』を転載した。
タダで転載した。
 コピー機で作ったボロっちい機関誌に、わしの『ゴーマニズム宣言』が丸々一本、汚い印刷で転載された。
 スタッフがどんだけペンの線に神経を使って描いているか、シロウトだから全然わかってないのだ。
 それを「国のためだから」タダで載せていい、より多くの人に読ませる絶好のモノだと、爺さんは考えたのだ。

 運動家が主催するデモや集会に行けば、いろんな政治的ビラが配られる。
 アジビラと言うが、美術性は全くない、単なる政治主張の押し付けのために制作されたビラだ。
『ゴーマニズム宣言』や、わしの書く文章を、作品と認めない奴がいる。
「国のため」「公のため」なら、タダで拡散すべしと考える爺さんがいる。
 いや、爺さんだけではない。政治的主張をこれだけ上手くまとめたモノなら、タダで配ればすごい影響力を発揮するだろうと舌なめずりして、「タダで拡散しろ」とエラそうに言って来る消費者がいる。

 消費者はどうしても権力者になる。
 自分の脳を使い、自分の言葉で書く努力は一切しない。
 お前の書いた作品をタダで配れ、公のためじゃないかと言い出す。
 わしの書いたものを自分で咀嚼して、自分の言葉になおして書いて、拡散すればいいだけの話だが、そんな努力はしたくないらしい。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他122件のコメントを表示
×
サンデーモーニング観ました。
3言だけ流れましたね(笑)。
頭山満が映ったのは嬉しかったけど(笑)。
あの続きはいつか、NEWS23とかで流れますか?

毎日新聞、土曜の朝刊だったみたいですねw
短めの記事でしたけど。
新聞屋さんで少し前のなら売ってくれるんで、後で買いに行ってきます。
http://mainichi.jp/shimen/news/20150618ddm041010057000c.html

NMBゴー宣道場があるなら、
GNMゴー宣道場もぜひ(笑)。
47都道府県ツアー(笑)が無理なら、
せめて関東6県でやってほしいです。
50ヶ月前
×
やはりネットというのがくせ者ですね。

ネットは文字でも絵でも数クリックですぐにコピペすることができ、ツイッターやらですぐに拡散できる。
要するにバカでもできる。
その簡単さが自分が高尚な意見を言っていると勘違いできたり、またプロと並んでいると勘違いできる要因でしょう。

素人はネット内の自分など全くなんの存在でもないものだと自覚した方がいいのかもしれません。
ネットはほどほどにして、現場で頑張るのがいいですね。

やはりプロの文章や創作物は特にネットでタダで出すものではないと、深く思います。
50ヶ月前
×
弁護士ドットコムのインタビュー、
長くて良かったです。最後の部分の
「むしろワシの主張と対立する主張を一生懸命に読むんですよ。」には
ちょっと感動しました。そうですよね、そうじゃないと書けないですよ
ね。むかつく新聞を全部読むよしりん先生は、
言論人の鑑だと思います。
http://www.bengo4.com/other/1146/1287/n_3381/

みなぼん、ブログの最新情報、10件の設定になっちゃってますが、
せめて20件に変更できないんですかね?
個人えぶさいとは5件で変えられないだろうし。
「卑怯者の島」関連とメディア登場情報で
10件くらいすぐ流れてしまうので、もったいなく思います。

あと、木蘭さん(もくらんさんと打つと、変換ミスへりますw)との
生放送、よしりん先生がダーッと説明していく内容が素晴らしくて、
何度も観直しながら、文字起こししました。
いや、頭悪い自分には、そうしないと自分の中に埋め込めないので。
ああいう説明は、ネトウヨ…は無理か(笑)、
ネトウヨに説得されかねない大衆に向けて、
説明してあげなくてはいけない事だと思いました。
自分もTwitterなんかしかないけど、
書いていってみようと思わされました。

実は。「卑怯者の島」まだ買ってません!
一気読みできる状況じゃなかったので。
明日、手に入れる予定です。^^
50ヶ月前
×
『卑怯者の島』読みました。
読んでる最中も、読んだ後も、こんなに心にズッシリとくる作品は、今までに出逢った事がありません。
ここまで、人間の心理に真正面から向き合い、逃げずに、描き切った作品があったでしょうか。
小林先生の情念と魂が、これでもかって位グワーッとこちらに迫ってきます。
ハラハラドキドキして、息を止めながら読んでいた箇所の何と多い事か。
女性への視点も、妙なセンチメンタリズムで描くわけではなく、それでいて一服の清涼剤的な役割もあり、バランス感覚は先生ならではですね。
とにかく、衝撃的な大作である事は間違いないと感じました。
今、これを描けるのは、小林よしのりしか居ないと断言したい。

私事ですが、最近、ちょっと揉め事があって悩んでおりました。
『卑怯者の島』を読みながら、矢我隊長や国武神平の言葉を噛みしめ噛みしめ、弱虫で卑怯者の自分自身を奮い立たせて、本日、読了と同時に、問題を解決する事に成功致しました。
勝手ながら、小林先生や英霊の方々のおかげかと、感謝の念に絶えません。

最後に、この素晴らしい作品を世に出す事に尽力された方々に、ありがとうございましたと言わせて頂きたいです。中澤さん、酒井さん、高森先生、自衛隊の方々、小学舘の方々、よしりん企画の方々、そして小林よしのり先生、本当に、どうもありがとうございました。お疲れ様でした。
50ヶ月前
×
昨日のアベちゃんの独演会と化したフジテレビの「みんなのニュース」。そもそも見る気ゼロだったのでスルーしてたのですが、よしりん先生のブログを見たあと気になって某まとめサイトで画像と放送後以降のSNSの反応だけ見ました。
結局アレは「ホルモン好きで安保法制反対論者(つまりは私みたいな人間のこと)に告ぐ。アメリカで火事が起こるとお前らの大好きなホルモンが食えなくなるぞ~それでええのかええのんか~(笑福亭鶴光調で)」という脅しをかけてるってことでよろしいんですかね?そうとしか思えませんが(笑)
50ヶ月前
×
昨日の安倍大先生のTV講演会、見ました。
言っていることがよくわかりませんでした。肝いりで持参したと思われる家の火事の話、「自分の国の火事は自分で消せばいいじゃん。」くらいの感想しか持てませんでした。どうせやるのならスケールを映画「インディペンデンス・デイ」くらいに拡大したほうが話が伝わりやすかったのではないでしょうか?(私が安倍ならそうする…?)
それにしてもまたありもしない危機感をまた煽っていましたね。そんなに危機感があるのならほぼ丸腰の「原発」をなんとかしなさいよ。火事どころの騒ぎじゃないから…。正直、時間の無駄でした…。
50ヶ月前
×
そうか、あれがカレーさんか
そして隣が復活されたあの方
反対側には、渋いお声の紳士
その後方付近、naさんを確認

24番、25番、夫婦揃って番号を呼ばれ
オラオラと二人、前列目指して席確保

その後、四人のゴーセンジャー達に気付く
分かっていながら声を掛けない私は卑怯者

対談後控え室前でもチャンスはあったのに
先生の右手を奪う事に終始した私は卑怯者

ひ、卑怯者でスマン
次の勇敢の為だから

色々頭を使い過ぎたせいか
甘いものをタラフク食べ
兵庫明石へ車で帰宅

楽しい楽しい一日だった

『とても柔らかく小さな手で、あんな力強い漫画を描くのだなー』
私より先に先生の手を握った嫁の感想

確かに、そう思いました
50ヶ月前
×
卑怯者の島」拝読しました。
もちろんいっき読み。そして「すごいものを読んだ・・」という感想です。

戦争の悲惨さはもちろん、そんな状況のなかでみせる兵士たちの意地や覚悟、気高い死にざまに心を打たれました。逆にあれほど帰りたいと望んでいた日本は、たしかに平和ではあるが、堕落して覚悟はなく、生きていても「実存」が感じられない。この描写が強烈で胸に突き刺さる思いです。
「戦争の犠牲者」という言い方があるが、あの隊長や上等兵、彼らを「犠牲者」なんて言い方ができるのか。むしろ「神」ではないのか。そして主人公のラストの行動。とにかく様々なことを考えさせられるすごい漫画です。何度も読み返してみたいと思います。

50ヶ月前
×
時浦さんの「よいしょでいこう」
何気に男系派の拠り所としている所を突いてくる辺り、やるなぁと思ってしまいます。
50ヶ月前
×
号外を出して頂いたにも関わらず、今号でもまた、ゴー宣まで書いて下さり、どうもありがとうございました。
『価値』の解る、質の高い人間になりたいと思いました。
自分の身近に居る人に対して何かを伝えたい時、『あの本を読めば解ってくれると思う』とか、『あの人の話を聞けば解って貰えると思う』とか言っても、相手が実際その通りにしてくれて、なおかつ解ってくれるなんて事は、そうそう有りませんよね。自分の言葉、伝えたいと願う当人の言葉で、どれだけ伝えられるか、それしか無い事に気付かされます。
最初の内は上手く伝える事が出来なくとも、段々とコツが掴めて来たり、手を変え品を変えて行く内に自分なりの切り口が見付かったり。気付けば、そこそこ伝える力が備わってきた自分に驚いたりして。
先生が度々言われる、自分の言葉で話す事、自分の頭で考える事の重要さが身に染みます。それは結局、一個の人間を造り上げて行く事に繋がって行くのでしょうね。
50ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。