• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

AEWチャンピオンベルト盗難事件■斎藤文彦INTERVIEWS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AEWチャンピオンベルト盗難事件■斎藤文彦INTERVIEWS

2019-09-23 15:30
  • 1
c7d8ecc9c3965b72f0d6682d0948245b904775e7
80年代からコラムやインタビューなどを通して、アメリカのプロレスの風景を伝えてきてくれたフミ・サイトーことコラムニスト
斎藤文彦氏の連載「斎藤文彦INTERVIEWS」。マット界が誇るスーパースターや名勝負、事件の背景を探ることで、プロレスの見方を深めていきます! 
今回のテーマは
AEWチャンピオンベルト盗難事件です! 




Dropkick「斎藤文彦INTERVIEWS」バックナンバー

■「ミスター・プロレス」ハーリー・レイスの偉大さを知ろう

■ウルティモ・ドラゴンの偉大なる功績を再検証する


■ネット社会に出現したニュータイプAEW、その可能性

■都市伝説的試合映像ブレット・ハートvsトム・マギー、ついに発掘される
 

■レッスルマニアウィーク現地取材レポート

■平成という「アントニオ猪木が去った時代」

■アメリカの新団体AEWは脅威になりえるか

■それでもケニー・オメガは新日本プロレスに残るか


【追悼・爆弾小僧】すべてはダイナマイト・キッドから始まった


■“怪物脳”に覚醒したケニー・オメガ


■怪物デイブ・メルツァーと『レスリング・オブザーバー』


■新日本プロレスのMSG侵攻は「WWE一強独裁」に何をもたらすのか


■怪物ブロック・レスナーを通して見えてくる「プロレスの作り方」


■追悼・マサ斎藤さん……献杯はカクテル「SAITO」で


■皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に

■ジャイアント馬場夫人と親友サンマルチノ、2人の死――

■ベルトに届かず…されど「世界に届いた中邑真輔」のレッスルマニアを語ろう 

■ステファニー・マクマホン、幻想と現実の境界線がない生活

■ロンダ旋風、中邑&ASUKAダブル優勝!! ロイヤルランブル1万字総括

■アメリカンドリーム、ゴールダスト、コーディ……ローデス親子それぞれの物語

■ジェリコvsケニー実現で考える「アメリカから見たプロレスの国ニッポン」


旭日双光章受賞!! 白覆面の魔王ザ・デストロイヤー

■みんなが愛した美人マネージャー、エリザベス!

■職業は世界チャンピオン! リック・フレアー!!

■怪死、自殺、大事故……呪われた鉄の爪エリック一家の悲劇

■ミスターTからメイウェザーまで! WWEをメジャー化させたセレブリティマッチ

■馬場、猪木から中邑真輔まで!「WWEと日本人プロレスラー」

■WWEの最高傑作ジ・アンダーテイカー、リングを去る

■『1984年のUWF』はサイテーの本!
■伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』 

■「現場監督」長州力と取材拒否

■ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツ…ヘビに人生を飲み込まれなかった男


■追悼ジミー・スヌーカ……スーパーフライの栄光と殺人疑惑

■ドナルド・トランプを“怪物”にしたのはビンス・マクマホンなのか




――
AEWの世界王座のチャンピオンベルトが盗難にあったそうですが、本当の……って言い方は変ですが、本当にベルトが盗まれたそうですね。

フミ はい、じつはそうなんです。多くのプロレスファンはこの盗難事件をAEWの世界で起きた出来事、つまりネタとして見ていたんですが、実際に盗難事件があったんです。このAEWのベルトは新設されたばかりでクリス・ジェリコがハングマン・ペイジを破って初代王者になりましたが、その試合の翌日にクリス・ジェリコの手元から盗まれてしまったんです。

――
試合翌日に! となると“プロレスの出来事”と捉えるのは普通というか……。

フミ
 まずジェリコの王座戴冠の流れから追っていくと、AEWはネットから始まってネット上ですべてが展開されていくという新世代のプロレス団体ですよね。日本のファンからすればケニー・オメガの物語に見えるし、アメリカのマニア層からすればCodyやヤングバックスの物語かもしれない。でも、よーく分析していくと、ここまではクリス・ジェリコの物語だったんです。いまから1年前の2018年9月1日、まだAEWが旗揚げ前にCodyやヤングバックスらが中心となって『ALL IN』という単発のイベントがシカゴで開かれました。メインイベント終了と同時にペンタゴン・ジュニアに変装したクリス・ジェリコが乱入してケニー・オメガを襲撃するというボーナストラックがあった。それからちょうど1年後の2019年8月31日に場所も同じシカゴで、今度はAEWとして『ALL OUT』という興行が開催されました。ここでジェリコがAEWの初代王座に就いたんです。

――
『ALL IN』の最後に乱入したジェリコが『ALL OUT』でチャンピオンになったと。

フミ
 つまり、ボクらは『ALL IN』から『ALL OUT』まで、クリス・ジェリコがAEWという新団体の初代チャンピオンになるまでの物語を知らずに見せられていたわけです。もちろんジェリコ以外の物語もあって、シャヒド&トニー・カーン親子という大富豪が現れてAEWのオーナーになり、ケニーたちの新日本プロレス離脱があったり、かつてWCWの親会社でプロレスビジネスの失敗から、もうプロレス番組は放送しないだろうと言われていたTNT(ターナー・ネットワーク・テレビジョン)がAEWの新番組を始めたり、WWEを離れたジョン・モクスリーがAEWに参戦したりしている。そのAEWの番組は10月から毎週水曜日に放映されますが、AEWなんて意識はしてないと公言していたWWEが同時刻に下部組織のNXTのウィクリー番組をぶつけてくるという新たな展開も生じたんです。

――
WWEはAEWをしっかり意識してるということなんですね。

フミ
  NXTはいままでWWEネットワークの中での1時間番組でしか扱ってなくて、悪くいえばインターネットの動画配信の中に封じ込められていた映像なんですね。それがUSAネットワークの新番組としてAEWと同時刻に勝負すると。90年代はWWEとWCWと月曜テレビ戦争が火花をちらしましたが、今度はWWEとAEWの2020年代バージョンのテレビ戦争が始まるというわけですね。

――
開戦待ったなし! の状況でベルト盗難事件が起きてしまったんですね。

フミ
 プロレスの歴史を紐解いていくと、チャンピオンベルトの盗難事件というのはわりと発生していて。ブルーノ・サンマルチノ時代のWWWF世界ヘビー級王座のベルトもニューヨークの街なかで盗難にあってるんです。結局そのベルトは盗まれたきり、二度と戻ってこなかったんです。

――
いまだに誰かが持っているということですか。

フミ
 それはもう50年も前の事件なんですけど、盗難事件という事実があるかぎり、現物は表には出てこないのでしょうね。WWWFはペドロ・モラレス時代のベルトもじつは盗まれてるんです。そのときは数ヵ月後にニューヨークの質屋で発見されたんですけどね。

――
質屋で!

フミ
 お金に困って誰かが質屋に持ち込んだのか、もしくは高く売れると思ったんでしょうね。「本物のプロレスのベルトが質屋にあるぞ」と話題になったことで盗難にあったベルトだと判明したんです。「いつのまに盗まれたのか」でいえば、バーン・ガニアのAWA の2代目ベルトは本部席に置いてあったところを試合中に誰かに持っていかれました。

――
大胆すぎる盗難事件ですね(笑)。

フミ
 タイトルマッチが行なわれてるあいだ、ベルトを本部席に置いてていたら、いつのまにかなくなっていた。そんなところから盗むわけがないとみんな思っていて無防備だったんでしょうね。 ややマイナーなベルトでいえば、オレゴンのパシフィック・ノース・ウエストのタッグ王座のベルトが盗まれたときは、テレビ番組内で「ベルトが盗難にあったのでどんな情報でもお寄せください」と告知したことがあったそうです。そのベルトも結局戻ってこなかったんですけどね。数あるベルト盗難事件の中でも最も衝撃だったのは、バディ・ロジャースやパット・オコーナー、ルー・テーズ、ジン・キニスキー、ドリー・ファンク・ジュニア、ハーリー・レイスが腰に巻いた黒革のNWA ベルトも盗難にあってるんです。

――
由緒あるNWAのベルトが!
この続きと、朝倉海、ケンドー・カシン、ボクシング解放、狂気GCW、AEWベルト盗難などの記事が550円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事23本の詰め合わせセット」はコチラ 

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1817475

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!1記事85円から購入できます!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
新日本でも一時期防衛戦していたNWFベルトの所在地とは
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。