• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

昨年文科省研究所が自然科学の論文数で中国が米国抜き初めて世界1位と発表。日経脱炭素技術に関する論文数を調査。18個の研究テーマのうち9割で中国が首位。同時に日本の後退。日本は風力発電で世界15位、水力発電で22位、バイオマス発電で14位
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

昨年文科省研究所が自然科学の論文数で中国が米国抜き初めて世界1位と発表。日経脱炭素技術に関する論文数を調査。18個の研究テーマのうち9割で中国が首位。同時に日本の後退。日本は風力発電で世界15位、水力発電で22位、バイオマス発電で14位

2021-06-11 08:03
  • 14

 科学技術の研究においては、今や中国が米国を追い越している。
・文部科学省の科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が、世界主要国の科学技術活動を体系的に分析した「科学技術指標2020」を公表。主な指標のうち、自然科学の論文数で中国が米国を抜いて初めて世界1
・ 英科学誌ネイチャーは429日、自然科学系の82学術誌掲載論文数のシェアを基にランキング「Nature Index」首位は5年連続中国科学院、以下ハーバード大学(米)、マックス・プランク研究所(独)、フランス国立科学研究センター(CNRS)(仏)、スタンフォード大学(米)、マサチューセッツ工科大学(米)、独研究センターヘルムホルツ協会(独)、中国科学技術大学(中)、オックスフォード大学(英)、北京大学(中国)
・そうした中、日経新聞は「脱炭素」の論文数を調査発表。中国が米国を上回る。
 ・併せて日本の後退が顕著。日本は風力発電で15位、

この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
入会して購読

チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

ブログイメージ
孫崎享のつぶやき
更新頻度: 不定期
最終更新日:2021-06-16 06:45
チャンネル月額: ¥110 (税込)

チャンネルに入会して購読

ニコニコポイントで購入

当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

他4件のコメントを表示
×
>>4
補足
織田信長はマニラに拠点を持つキリスト教徒なりすましのイベリア・ユダヤ人商人たちの中国攻めを提案されたが、きっぱり断っている。日本始まって最初の愛国者です。

二番手の愛国者は徳川家康。

その後、愛国者と言える人物はこの列島に出て来てない。強いて上げれば、孫文もその男ぶりに惚れたと言われる宮崎滔天でしょうか。
6日前
userPhoto
p_f
×
>>2
日本の大手電機メーカーが衰退を余儀なくされたのはご指摘の通りと思います。
一方、そうした企業内で「リストラ止む無し」となる前に有効な打開策を提言した社員も少なからず居たと想像します。しかし、恐らくそこでも「隷属者が隷属せざる者を排除する」メカニズムが働いたのではないでしょうか。リストラしても、残るのは無能な「隷属者」ばかり。真っ当な者は皆「やってられない」状態でしょう。
同様の状況は日本のあらゆる分野で起こっていると思われます。この国は今や先人が残した遺産を食い潰して凌いでいるだけではありませんか。
社会は活力を削がれ殺伐としていきますが、かつて中国の李鵬首相が発した━20年もしたら、日本の繁栄を築いた世代はいなくなり、国として存在していないのでないか━これは笑い事ではないと同時に毎度「飛んで火に入る夏の虫」でしかない日本の自業自得と思います。
6日前
×
憲法と日米安保・日米同盟が深化し、日本人の生活が向上し、「安心・安全と財産の保全」によって生活基盤がゆるぎなくなっている。社会制度の平等性確保が国民の一体感を増し、危機に対する協調的行動が生み出されている。

日本人の行動規範は、国家に強制権がなくとも、国民同士が強制的行動を自然に促し、同じ方向を向いて行動することになる。今回のコロナは、何回も波が襲ってきたが、対応策は同じであるが、慣れと同時に、異種株の強さが増したことにより苦労するようになった。

我々国民は、普通の風邪感覚で対処しているが、感染症専門家は、「ゼロ」を目指すため大きなコロナ認識差が出てきてしまった。国民の多くは、感染者数が少なく、特別なことが起きない限り、今回はワクチン接種があり大きな波は来ないとみている。一方専門家たちは大きな波が来ることを心配している。国民の見方と専門家の見方のどちらに軍配が上がるか楽しみである。多分国民の方が賢いことになるのでしょう。
6日前
×
>>7
普通の風邪感覚、結構な受け止めですね。私もそう思います。

であれば、諸々のリスクが指摘されているファイザーのワクチンを自然免疫が絶大な若人にCHANGEさんらは何故積極的に接種するんですか?風邪なのに何故大騒ぎする?ハイリスク・ノリターンと思いませんか?

ファイザーに儲けさせる義理が貴殿がいるサイドにあるんでしょうか?

若人の自然免疫はファイザーが注射するスパイクたんぱく質より圧倒的に強い免疫があるのです。到底、科学的ではあり得ないと思います。

ところで、厚労省の研究が「生体内分布研究」という形でにまとめられているらしいのです。その中でファイザーワクチンのスパイクタンパク質が接種された後、設計構想とは離れて、肩の筋肉に留まらず、血管内に流れ込むことを厚労省は確認しているらしいのです。

そのことをバイラム・ブライドルというカナダの学者が一昨日U-TUBEで説明してました。副作用として騒がられている心筋炎や血管障害等とmRNAワクチンとの因果関係が証明されていると言ってるのです。でも恐らく、全体主義は前へ進むのでしょう。体制側のCHANGEさん、そのような奇妙な事態をどう思ってます?
6日前
×
>>8
体制、反体制の問題ではありません。
製薬会社が儲かる儲からないの問題ではありません。
私は高齢者です。コロナで死ぬより老化に伴う病気で死ぬ方が確率が高い。
皆と一緒に旅行もしたいし、自由に会話もしたい。孤独は好まない。喜んで接種しますよ。ただし中国ワクチンは絶対にしません。接種者にデータを示さないものは不透明なまがい物とみています。
現在のコロナ死亡の2~3割は少なくとも老化に伴う病気によるものと考えています。
あなたのように、信じられなければ、接種しないことです。個々人の自由ですが、他人にだめだだめだと触れて回ることはないでしょう。
6日前
×
>>9
私は個人がどう応じるか応じるべきかを言ってません。

日本の老人がファイザーに殺到するのは、WHOとビルゲイツたちの見事なPCRパンデミック世界戦略が成功したからだと見ているのです。

米健康関連のトップたるファウチは米国の60万人のコロナ死者は本当は4万人程度だと国会で白状しているのです。

日本はそれに倣ったかのように、特に今年にはいって毎日100人前後亡くなっている。韓国が毎日一人か二人しか死んでいないのに日本は多すぎる。可笑しいと思いまでんか。

恐れおののく日本の老人はワクチンに殺到します。安心を買う為です。でも若者への接種は必要ない。彼らには我々老人に無い確固たる自然免疫があるのです。

日本は歪んでます。そう思いませんか。
×
もう忘れてるヒトビトが多いのかもしれないが、中国人民解放軍の指示とおもわれる大規模サイバー攻撃がJAXAなどに数年前におこなわれていたという報道があったのは、つい最近のはなしだ。まことに買うか盗むかで科学技術を発展させてきた中国らしい。

実は中国に科学技術を盗まれることに日本は鷹揚だ。中国側の味方をする政治家も残念ながら自民公明や維新などを中心に多数いる。そういうなかで(逮捕はできなかったが)事件を明らかにし、書類送検にまでこぎつけたことは、なみなみならぬ被害が現実にあったことが想像されるし、立件されない小さな事件はこの何十倍何百倍もあることもまた想像される。

日本はこれ以上中国に盗ませない、安く売らない政策は最低限で、さらに科学技術振興のための政策を求めていかねばならない。そのなかで、米国との協調は必然であろう。
userPhoto
p_f
×
ツイートの「ワシントンポスト紙『超慎重の官僚体制とワクチンの遅延展開』」━超斜め読みながら、よくもまあ こんな記事を書けるものだ。安部公房の「良識派」を地で行く論でないか。「さあ、日本の皆さん、『救世主』のワクチンをさっさと打ちましょう。何をそんなに警戒しているのですか。四の五の言ってる場合じゃないでしょう。みんな打ってますよ」
尤も、WPはDSメディアだから驚くことでない。
先日、とある知人が人伝に聞いた医療関係者の話として、ワクチン接種後に例えば脳出血で亡くなった場合でも、死亡記録に「ワクチン接種アリ」は記されないとのこと。従って、「ワクチン接種で亡くなったケースは実際には公表数よりずっと多いだろう、ワクチン接種は見合わせた方がいい」そう助言されたという。
×
>>11
サイバー攻撃?ひと頃、米国が何かと言えば北朝鮮を下手人扱いし印象操作していた。貴殿はその手にならって、JAXAサイバー攻撃の下手人を人民解放軍に関連つけようとする。やはり滑稽をいなめません。その後、中国に盗ませない、と書く。下手な文章としか思えません。

サイバー攻撃とはイスラエルのイラン原子力発電所のシステム破壊に象徴される戦争の一環です。サイバー攻撃でJAXAの技術を中国が盗む?やはり、滑稽ですよ。
×
>>15
中国がサイバー攻撃しないなどと思ってしまうのは、あなたの悪い癖だとおもいます。ついでに戦争についていうと、あなたは米国が戦争を中国にしかけようとしているという前提でいるようにみえるが、孫崎さんもくりかえし書いているように、東アジアで通常兵器による戦力は中国が上回っているのだから、米国から戦争をしかける可能性はほとんどありません。

客観的証拠からは、中国が台湾を侵略したくてしたくてたまらない様子が明らかですが、日米は、英独仏蘭濠といった諸国の協力も得て、いまのところは見事に戦争抑止に成功しているとおもいます。もうひとつ戦争の可能性があるとすれば、中国の内乱ですが、トランプのときとちがって、バイデンはそこまではと、妥協的にみえます。
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。