• このエントリーをはてなブックマークに追加
人外の押し人外の選択
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

人外の押し人外の選択

2017-11-19 12:00
  • 2
1a3c3d5c474d8f272ae7c42c6851dc930ab51406

リーチの河が 三萬:麻雀王国發:麻雀王国四筒:麻雀王国六筒横:麻雀王国六索:麻雀王国 
宣言牌の六筒:麻雀王国はポンされています。さてみなさんは何を切りますか?

b18fa85f57a2058e9504962f6bd56a7239dd0f91

八筒:麻雀王国

角谷の選択傾向を一言で表すならばスーパーポジティブシンキング
確かにこの手牌、理想通りに事が運べば大物手に育つ可能性は十分秘めている。

反面、理想に反する有効牌を引けば、たちまち手牌の価値は極端に下がってしまう。
そしてなにより、仕上がる前にどれだけの放銃リスクを負うのかと考えると――

この八筒:麻雀王国すらも打ちたくないと考えるほうが普通ではないだろうか?
お茶を濁して筋の打九筒:麻雀王国、或いは現物の三萬:麻雀王国に手がかかる人がほとんどのような気がする。

1d1711d5c1d5fd892dc1e23dc41baed1d5d92418

次巡九索:麻雀王国を引き入れイーシャンテン。ここは九筒:麻雀王国を切るかと思ったが――

9cd4a550862803e0e68d3e61deb698bdb7653977

八萬:麻雀王国? 八萬:麻雀王国っておかしくないですか?

解説の須田が驚嘆する。リーチにダブル無筋の七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国両面ターツ落としの構えだ。リーチの第1打が三萬:麻雀王国、両面ターツ落としなら三萬:麻雀王国二萬:麻雀王国に手をかける人の方が圧倒的に多いだろう。

負けても痛みのない麻雀ならまだわかる。しかしここは角谷にとって
今後の競技麻雀人生がかかっているといっても過言ではないほどの大舞台である。

しかもポイント状況的に失敗の許されない局面で――

953b97d1d31426c0ad1dd39844ee1ef1b5fa4908

果たしてこのテンパイになる人類がどれだけいるだろうか?

角谷「気が狂っていると思われるくらいがちょうどいい」

角谷はそういった。予想の範疇を超えることで
距離感や手の入り具合を対戦相手に掴ませない。これが角谷麻雀の真骨長だ。

c82c440fad3e9e6b6edcfc4fdaa0c91d70093acc
    
金 2着目・14200点差(トータルトップ目)

三萬:麻雀王国發:麻雀王国四筒:麻雀王国六索横:麻雀王国七筒:麻雀王国北:麻雀王国
發:麻雀王国

角谷 ラス目・23200点差

三萬:麻雀王国五萬:麻雀王国八萬:麻雀王国一索:麻雀王国三筒:麻雀王国八筒:麻雀王国
八萬:麻雀王国七萬横:麻雀王国

その同巡、たろうは金、角谷の2軒リーチに挟まれて長考する。
ダブ東トイトイの勝負手、しかし現在はトップ目である。みなさんは何を切りますか? 

c9a02bc66b004e63e5658ad0dfb6a9bac0d35ae3

四萬:麻雀王国を打つかなーと思った。続いての予想は西:麻雀王国
東:麻雀王国の暗刻落としでもさほど違和感はない。しかしたろうの選択は中:麻雀王国だった。

元より選択候補は5種類しかない。
1~3番人気は拮抗しているが、中:麻雀王国は4番人気の選択候補ではないだろうか?

わかった。ベタオリの田内からも討ち取る可能性を高める作戦だ。選択に手詰まったら、少なくとも中:麻雀王国のトイツ落としのたろうが西:麻雀王国のシャンポンで待っているとは思わない。

しかしたろうの考えは全く違っていた。中:麻雀王国を選択した理由は安全度の差だという。

たろう「この巡目まで顔を見せないで不自然なのはどちらかといえば中:麻雀王国よりも西:麻雀王国、だから安全度は中:麻雀王国ほうが若干高いと思ったんだよね」

なるほど、では四萬:麻雀王国はどうかと聞いてみた。かなり通りやすい部類の無筋だと思うのだが。

たろう「金くんは割とこねてくるタイプだから(笑)割と先切りも多いので、四萬:麻雀王国よりもどちらかといえば中:麻雀王国かな」

1b6943ffdc39d7b3c374dedd0e8a52060c42590f

この結果はたろうがトータルトップの金から西:麻雀王国の直撃に成功する。
いやしかし、果たしてこのアガリになる人類がどれだけいるだろうか?

たろうは常々「麻雀はバランスのゲーム」だといっている。放銃するリスクやベタオリするリスク、それとリターンを照らし合わせ、その都度判断を変えていく。

たろう「前局のチンイツもこの局のトイトイもオリる寸前だった」

チンイツはアガリのリターンは大きいもののかなり苦しい待ちだ。2人以上テンパイ確実な状況では、これ以上放銃リスクを負うのは見合わないという判断。

このトイトイもリターンは大きいが、トップ目からだと放銃するリスクも小さくはない。2軒リーチ相手だったら次に引く無筋は確実にやめていたという。


たろうも角谷も同じ「攻撃型」とみられるタイプだが考え方は全く違う。両者が入れ替わってこの局を打っていたらおそらく全く違う結果になっていただろう。

「○○タイプだから――」といった先入観で麻雀を判断するのはナンセンスだ。
人それぞれ麻雀を打ってきた環境も、抱いている信念も、違って当たり前なのだから。

ついでにそろそろ血液型で人を判断するのもやめてみてはどうだろうか?


次回配信予定
  • 2018/05/22
    3時
チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
現役麻雀プロがガチで「天鳳位」を目指すブログマガジン
更新頻度: 毎日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

userPhoto
moo
×
血液型占いを広めた能見正比古氏は自身の血液型を公表せずにこの世を去りました。
ご自身は血液型で判断されたくなかったようです。
6ヶ月前
userPhoto
木原 浩一
×
いつもありがとうございます

あくまで占いなのに「血液型だけはガチ」という人が多くて困ります
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。