• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • 町山智浩の言霊USA 第457回 「Very Close To Complete Victory.(ほとんど完璧な勝利)」

    2018-11-21 05:00  
    「ちょっと、君、あれがチャタヌガ・チュー・チューかね?」
     グレン・ミラー楽団の「チャタヌガ・チュー・チュー」は、ニューヨークの駅で、靴磨きの少年に、テネシー州チャタヌガ市行きのチュー・チュー(汽車ポッポ)が出るホームはどこかと尋ねる会話から始まる。
     そのチャタヌガ市に来た。11月4日の日曜日、ドナルド・トランプ大統領が遊説に来るからだ。目的は6日の中間選挙で上院議員候補マーシャ・ブラックバーンを応援するため。 
  • 町山智浩の言霊USA 第456回 「Politicon(ポリティコン)」

    2018-11-15 05:00  
     カリフォルニアの青空をバックにベイビー・トランプが浮かんでいる。オムツをしたドナルド・トランプ顔の赤ちゃんの形の巨大バルーンで、トランプの訪英時にも反対派がロンドンの空に上げていた。カンの強い赤ん坊みたいな言動を繰り返す大統領を揶揄したものだ。そのバルーンの下にあるロサンジェルス・コンベンション・センター(1万人以上収容)で、今日はポリティコンというイベントが開かれている。
     ポリティコンは「コミコンの政治版」。コミコンはコミック・コンベンションの略で、最初はコミック・アーティストがサイン会などでファンと交流する場だったが、近年はハリウッドが参入して、映画スターが集まる巨大なイベントに成長した。でも、それをどうやって政治イベントに? 
  • 町山智浩の言霊USA 第455回 「The #MAGABomber(マガボマー)」

    2018-11-08 05:00  
     ハリウッドで俳優のロバート・デ・ニーロが経営するイタリアン・レストランAGOでお昼を食べた。ランチは一品2千円ほどだが「本日のおすすめ」白トリュフのリゾットは一皿6千円。話の種に4人で一皿分けたけど、トリュフって香りが微妙すぎてわからんねえ。
     レストランビジネスでも有名なデ・ニーロがニューヨークで経営する「トライベッカ・グリル」に、10月25日、パイプ爆弾が入った封筒が届けられた。22日から、同じタイプのパイプ爆弾が各地に郵送されたり、途中で発見されている。送られたのは、投資家ジョージ・ソロス、ヒラリー・クリントン、オバマ前大統領、民主党のマキシーン・ウォーターズ下院議員、オバマ政権の副大統領だったジョー・バイデン、元司法長官のエリック・ホルダー、そしてCNNのニューヨーク支局気付で、出演予定だったオバマ政権時のCIA長官ジョン・ブレナンなど。爆発はしなかった。どれも発送元は民主党の選対だったデビー・シュルツ下院議員になっていた。 
  • 町山智浩の言霊USA 第454回 「Kanye needs help.(カニエ・ウェストには助けが必要だ)」

    2018-11-01 05:00  
     ラッパーのカニエ・ウェストは、2016年の選挙中からトランプ支持を表明してきた。ほかの黒人ミュージシャンやスポーツ選手たちはトランプの人種差別的発言に怒っているのに。
     カニエも前はそうだった。2005年、ハリケーン・カトリーナがニューオリンズを襲い、黒人が半数以上を占める住民たちが被災したが、当時のブッシュ政権の対応は遅れた。カニエはテレビで「ブッシュは黒人のことなんか気にかけてないんだ」と怒りを吐き出して、人々の共感を集めた。 
  • 町山智浩の言霊USA 第453回 「Happy Voting!(投票しようね!)by テイラー・スウィフト」

    2018-10-25 05:00  
     テネシー州ナッシュヴィルはカントリー&ウェスタンの聖地だ。1925年に、ここから全米にラジオでカントリー音楽の番組が中継され、ミュージシャンやプロデューサーが集まってきた。10年ほど前に訪れたときはダウンタウンに並ぶライブハウスで、カウボーイハットにウェスタンブーツの白人老夫婦がダンスをしていた。みんな定年退職後の旅行で来たという。
     今年、ひさしぶりに訪れたナッシュヴィルは変わっていた。ダウンタウンのバーをハシゴしているのは、20~30代の女性グループばかり。いま、バチェロレッテ・パーティ(結婚する友人と行く独身最後のバカ騒ぎ)で大人気なのだ。 ナッシュヴィルは、ここ育ちのテイラー・スウィフトの登場でガラッと変わった。