• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 224件
  • 2月19日14時無料youtube配信あります。|TSJ2

    2022-02-19 10:30  




    みなさんこんにちは
    和田です。



    私はスポーツが好きなので
    割と注目していますが、
    冬季北京五輪が連日熱いですね。
    しかし、高梨沙羅選手への違反裁定や
    ショートトラックでの審判など
    不可解な判定なども多いです。
    スピードスケート男子の金メダリスト、
    ニルス・ファンデルプール(スウェーデン)選手が
    16日までにスウェーデンに帰国し、地元メディアの取材に、
    人権問題を抱える中国での五輪開催を決めた
    国際オリンピック委員会(IOC)は「極めて無責任だ」と非難した。
    というニュースもありました。
    女子フィギアスケートのワリエワ選手の
    ドーピングによる失格の可能性も残したままです。
    せっかくの選手たちの熱戦も、
    IOCや、五輪運営国の中国などがつまらなくしています。
    せめてもう西側諸国だけでやって欲しいと思いますよね。
    2024年夏の五輪はパリ
    2026年冬の五輪はミラノ&コルティナダン
  • 靖国神社ってなに?|TSJ2

    2022-02-18 16:30  




    みなさんこんにちは
    和田です。


    中島みゆきの歌じゃありませんが、
    人生には縦の糸と横の糸があります。
    靖国神社といえば、先人たちの
    人生を考えざるをえません。
    人生はなんのためにあるかというと、
    他者を幸福にすることでしょう。
    自分の命を大事にすれば幸せなんて、
    先人たちの奮闘を考えれば間違いだとわかります。
    力のある者が力のない者の面倒を見ることだったり、
    普通に友人や家族でも助け合ったりすることでも、
    他者を幸福にすることです。
    一緒に働いている人や近所の人に、
    幸せを感じてもらいたいというのも
    他者を幸福にすることです。
    身近な人でなくても、
    働いている人は仕事を通して
    その商品やサービスを使ってくれた人が
    幸せを感じてくれているでしょう。
    仕事を通して他者を幸福にしています。
    これは同時代の繋がりで横の糸です。
    縦の糸は、代々続いてきた、
    時空を超えるものです。
    私の祖
  • 若者の未来を奪うな!|TSJ2

    2022-02-16 14:25  




    みなさんこんにちは
    和田です。


    昨日、米中決戦において、
    コロナからの復活できない日本経済
    を気にしていると書きました。
    「コロナより、経済って大切ですか?」
    「経済より命が大事じゃないでしょうか?」
    「疫病をもたらす外国人を止める鎖国は正しいでしょ?」
    という意見を頂きました。
    私は、経済活動も可能な限り
    正常化に近づけるべきだと思います。
    コロナとつきあってもう2年です。
    多くのことがわかってきたし、
    デルタ株ならまだしも、
    現在のオミクロン程度なら、
    ウィズ・コロナ社会だと受け入れるべき
    ではないでしょうか。
    国境を開き、鎖国をやめるべきだと思います。
    人が来ないと投資マネーも日本に入ってこないからです。
    テレ朝のモーニングショーの玉川徹氏の
    叫ぶ緩和の条件は、感染者数が減り、
    1,十分な検査体制
    2,3回目のワクチン接種の完了
    3,十分なコロナ用の飲み薬の普及
    だそうで
  • 日本人は投資も消費もしない?|TSJ2

    2022-02-15 11:35  




    みなさんこんにちは
    和田です。

    東京都内の14日の感染確認は1万334人で、
    6日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。
    ということで、第6波もピークアウトじゃないでしょうか。
    ワクチンのブースター接種も本格化するようです。
    コロナについては、疫病の怖さそのものは、
    オミクロンになり、それほど私は気にしていません。
    一番気にしているのは、
    米中決戦に日本が対応できるか?
    です。
    それには、
    (1)日本の安全保障面と、
    (2)コロナからの日本経済の復活
    にかかっていると思います。
    (1)の安全保障面については、
    オーストラリア、イギリス、米国のAUKUS。
    日本、オーストラリア、米国、インドを加えたクワッドなど、
    同盟基準で動いており、今の所、やや安心しています。
    (2)の経済面については、
    米中冷戦が長期化すると経済的に弱ってしまうと、
    日本はGDP減による軍事費の捻出ができなく
  • 今日が最終です。|TSJ2

    2022-01-26 10:41  




    みなさんこんにちは
    和田です。
    発売記念の購入者特典ですが、今日が最終です。
    現実に世界観をマッチさせ、
    シビアな選択をしていくにも、
    音声講座「米中20年戦争に備えよ!」pat.7
    〜国家と個人のエマージェンと戦略〜
    を奥山先生がまとめました。
    現在、特別価格で販売します!
    さらに、オマケの音声をプレゼントします。
    オマケの音声の内容は、大国のリスク、
    ルトワックの日本再生論になります。
    オマケ1は「大国のリスク」
    オマケ2は「ルトワックの日本再生論」
    18日の放送日までが特別価格と、
    オマケ音声プレゼントでしたが、
    さらに、オマケ音声の3をつけ、
    特別価格を一週間延長することになりました。
    オマケ3は、これから収録するので
    後に既存購入者様全員にあとから配信します。
    オマケ3の音声は、
    ユーラシア10のリスクを放送で解説しましたが、
    コロナや米中冷戦を組み込んだ
    「奥山真司の世
  • 改革にアレルギーのある日本人|TSJ2

    2022-01-23 11:58  



    ▼改革にアレルギーのある日本人
    みなさんこんにちは
    和田です。
    前回、単純に「改革しかない」と書いたので、
    新自由主義ガーっ、的に反発もありました。
    よく放送でも、
    「新自由主義を目指してるのか・・」
    とか、
    「和田は、アメリカ好きだから・・」
    とコメントもらいます。
    なので、一旦整理したいと思います。
    とにかく、新自由主義とか関係ないです。
    改革=新自由主義を目指す
    というわけではないのです。
    改革が嫌いな人が、でっち上げして、
    レッテル貼りしているだけなのです。
    しかし、「改革」という言葉を使うと
    陳腐化されているのですが、
    日本は改革するしかありません。
    「改革」という言葉を使わないで、
    別の言葉に置き換え説明すると、
    どうでしょう?
    それは、
    「米中冷戦やグローバル化やIT化や少子高齢化、
    世界的なSDGsなどの強制化などを含めた
    時代の変化の中の厳しい競争に生き残るために
  • コロナ対策でまた露呈した改革不足の日本|TSJ2

    2022-01-22 11:07  



    ▼コロナ対策でまた露呈した改革不足の日本
    みなさんこんにちは
    和田です。
    先週、私がメルマガに書いた通り、
    マンボウになりました。
    まんぼうって必要でしょうか?
    【新型コロナ対策の要諦は「病床確保」】
    新型コロナ対策の要諦は、
    感染者数やPCR検査体制でもなく、
    ひとえに重傷者を守れるか、
    そこでの連動する「病床逼迫」かどうか、です。
    要するに、病床確保です。
    国民皆保険を含めた日本の医療システムは、
    世界に誇ると思われており、十分な病床数もあるのですが、
    実際の新型コロナのためにあけた病床数は
    全体のたった4%と報じられていました。
    だから、病床逼迫が起こっていました。
    なぜ、たった4%か?
    それは日本の病院は民間医院がほとんどだからです。
    厚労省の18年の別公的病院数と公的病院病床数比率だと、
    全国の病院数 8,943
    病院数比率 公的19.8%、民間80.2%
    と、8割が民間で
  • あの朝日新聞も「米中冷戦」を認めた|TSJ2

    2022-01-19 16:49  



    ▼あの朝日新聞も「米中冷戦」を認めた

    みなさんこんにちは
    和田です。
    米中戦争について、
    朝日新聞から出版された、
    朝日新聞取材班による本が、
    2020年10月30日にでました。
    タイトルは「米中争覇」です。
    副題として、
    「新冷戦ははじまったのか」
    です。
    朝日新聞は、「冷戦」という文字を
    できるだけ使いたくなかったため、
    本のタイトルでも「米中争覇」という妙な言葉になり、
    やっと副題で「冷戦」の文字が入ってました。
    この本の元原稿が朝日新聞の連載で
    始まったのは2018年の12月です。
    その当時は「米中冷戦」や
    「米中新冷戦」という言葉は
    朝日社内では使ってはいけない雰囲気だったと、
    著者の一人の峯村健司氏は講演会で言っていました。
    【峯村健司記者とは?】
    ちなみに、去年「LINE」が利用者に十分な説明がないまま、
    中国の関連会社から個人情報を閲覧できる状態にし、
    経済安全保障
  • 常識は付き合う人で変わる|TSJ2

    2022-01-18 17:33  



    ▼常識は付き合う人で変わる
    みなさんこんにちは
    和田です。
    私は、一時期、たくさんの学生をアルバイトに雇っていました。
    なので、数千人以上面接してきたし、
    数千人にバイト代を払ってきました。
    いろんなタイプの学生と接してきました。
    仕事中に雑談もするし、飲みにも行ってたので、
    実家のことや、就活や引っ越しや他のバイト、
    トラブルから恋愛まで
    いろんな相談を受けてきました。
    二十歳前後のバイト生の間では誰に彼女がいるか、
    いないか、というは毎度でてくる話題でした。
    ある時、仕事はできるけど、
    考え方がかなり個性的だなというMという男がいました。
    そのMに◯◯女子大の新しい彼女ができたらしい、
    という噂があったので、
    その日の飲み会は盛り上がりそうでした。
    ただ、Mが過去に何度も同伴喫茶について熱く語る、
    という噂も聞いていたから、飲み会始まる前から、
    すでにざわめきがありました。
    (こ
  • 海底火山噴火しました。|TSJ2

    2022-01-17 10:40  




    ▼海底火山噴火しました。
    みなさんこんにちは
    和田です。
    トンガ諸島の海底火山がで大規模な噴火しました。
    専門家が「100年に1度の規模」と語ってますが、
    大噴火の衝撃波は地球の大気を走り、
    太平洋の各地で小さな津波が発生していましたね。
    驚きました。
    やはり、奥山先生の訳書「フォースターニング」
    での「冬の時代」のまんまですね。
    「冬の時代」とは、これまでの常識的な日常でなく、
    ガラガラポンが起こるというものです。
    この言葉は使いたくないのですが、
    グレートリセットが・・・笑。
    政治的には、習近平が尊敬する毛沢東に負けじと
    香港併合含め、文革を始めています。
    米国では、トランプ大統領の出現や
    連邦議事堂占拠事件などの国内テロまで
    起こっています。
    米中は冷戦に入り、いつ熱い戦争になるか、
    油断できません。
    社会面としては、
    新型コロナによる全世界への疫病の流行です。
    そんな悪条件