• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 265件
  • 【覆面次郎】ファフナーを打つ際には注意を 2022/6/22(水)

    2022-06-22 12:20  
     先週から導入が始まった「PF蒼穹のファフナー3」ですが、ネットでは少ない出玉しか取れないことがあった、なんて話がすぐに話題になりました。
     Youtubeなんかでもけっこう動画があがってたりしますので、今週はちょっとその話を。
     
     当たりまでの流れとしては、初回のVチャレンジ成功時には5ラウンド当たりを消化することになります。
     注意点としては、このときにヘソに保留が残っているかどうか、というポイントです。
     
     もしヘソで1/99の小当たりに当選していた場合、アタッカーがパカパカと開き、ここで球を入れてしまうと大当たり1回分として消化されてしまう、というのがこの台の怖いところになっています。
     
     この小当たりで得られる出玉は200個ちょいなので、先の5ラウンド分と合わせて650個程度で終わってしまう。
     初当たりは3回リミットなので、最悪ヘソで2個1/99に当選していたら1000発
  • 【覆面次郎】開発事情もさまざま 2022/6/15(水)

    2022-06-15 13:30  
     ネットやホールデータで甘いという話を聞くと、ついつい飛びつきたくなるのがパチンカーの性ってもんで、一生懸命「PFダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を打ってたんですが、いやー厳しい。ぜーんぜん勝てませんでしたわ。
     
     厳しいってのは「勝てない」ってことももちろんなんですが、正直言って「つまらん」ってのもあるわけで、どうしてまあユニコーンにエヴァと勢いありまくりのSANKYOがこんな台を作ってしまったんだろうって考えるわけです。
     
     先読みがアツいカスタムをしても「当該保留は違いますよー」ってな感じで金保留とか外れるし、無駄な擬似連も多く、中でも激アツからの小当たりに文句を言う人が多いのは打ってみてわかりました。
     
     内部的なモード(ステージじゃなくてモード)を切り替えるのには大当たりまたは小当たりを契機にしないといけない、という規則があるってのは業界の人なら知ってる
  • 【覆面次郎】高尾倒産で激震 2022/6/8(水)

    2022-06-08 12:20  
     先週は高尾が民事再生手続きをした、というニュースで業界に激震が走りました。とくに下請けのような会社はどこもバタバタしていたようで、次郎の耳にも色んな情報が舞い込んできました。
     かねてからヤバいと言われてきた高尾ですが、やっぱりか……という印象だった、というのが正直なところのようですね。
     
     パチンコ業界のニュースに興味のある方はネットで債権者向けの文書を見た、なんてこともあるかもしれませんが、ぶっちゃけそれ以上……いや、それどころじゃない問題が山積みのようです。
     債権者の方にもお話を聞いたんですが、さすがにこのコラムで公にできる話じゃないことばかりでしたね……詳しく知りたい方は次郎個人宛でご連絡ください。話せなくて申し訳ない。
     
     カイジショックと呼ばれる遊技機の下取りによる損失、そして前社長の殺害事件から歯車が狂ってしまったことは間違いないです。
     
     とにかく言えることは、民
  • 【覆面次郎】ルパン最後の希望 2022/6/1(水)

    2022-06-01 12:00  
     どうやら「消されたルパン」の最新作が登場するようです。
     前々からルパンシリーズは終わったとか、版権が移動するだとか業界内では(あまり良くない)ウワサが流れてたりしましたが、結局は続編を作る流れになってるみたいですね。
     
     ルパンと言えば先日の「Pルパン三世2000カラットの涙」は良かった、と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、同じ初当たりでの3000発搭載は中古価格が1台450万円と圧倒的にリゼロのほうに軍配が上がる結果となり、そこそこ稼働はしたもののルパンの面目を保ったかと言われるとそうではない……と言われても仕方ないんじゃなかろうかと。
     
     エヴァも復刻+アレンジで復活を果たし、期待されるのは今回の「消されたルパン」復刻でありますが、はたしてどうなるでしょうか。
     
     消されたルパンと言えば、まさに奇跡のような開発で生まれた一台というのは以前お話した記憶があります。
     あまり
  • 【覆面次郎】遠くない先のパチンコの話 2022/5/25(水)

    2022-05-25 12:39  
     最近のパチンコはスロットより面白い、と話す業界関係者の友人もけっこういて、パチンコ人口が多少は増えているのかな? なんて思いつつも、今年に入ってから1000店舗近いホールが閉店に追い込まれていると聞き、結局はスロからの移動とか、業界内で客を取り合ってるだけという現状。
     
     それだけに、とにかく新規の顧客を増やすことが急務なのは誰もがわかっているところなんですが、難しいですね。時速だ継続率だ、なんて言ってるのもいいんですが、まず「勝てるパチンコ」っていうのが一番効果的なんじゃないすかね?
     
     そんなパチンコですが、かねてから話題になっていた管理遊技機に関しての説明会がもう行われたようで、メーカーはもちろんホールも来る新しいパチンコについて備えを始めていますね。
     
     規則関係でも見直しが行われるようで、まず抑えておきたいのが「コンプリート機能」と呼ばれる規制。
     これはスロットでいう2
  • 【覆面次郎】ダンまちは甘い? 2022/5/18(水)

    2022-05-18 11:53  
     先週導入されたSANKYOの「PFダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」ですが、タイトルが長い……じゃなくて、ホールデータで相当甘い数字が出ているという話を聞きました。
     
     まあもともとスペックはかなり甘くて、何かからくりがあるだろうと思ってたんですが、フタを開けてみれば3穴クルーンがついたハーデスタイプだったというわけです。
     なので、普通の台より回らない、いわゆる低ベース台という扱いになります。(極端な低ベース台がうまい棒)
     
     当然、普通に打ってれば1000円で10~13回転の台がほとんどなワケで、それなのに甘い数字が出てるのはスペック以上の連チャンをするから……?
     なんてことを考えた人もいるかもしれませんが、おそらく正解はそうじゃく、ホール側のミス……いや、ホール側が無知すぎた、というところでしょうか。
     
     うまい棒のようにスペックを見るからに一撃台だという
  • 【覆面次郎】すべては確率? 2022/5/11(水)

    2022-05-11 12:49  
     ゴールデンウイークはいかがでしたでしょうか。次郎は高いお金を払って遊ばせてもらいましたが、まあ楽しく遊ばせてもらったんで財布が軽くなるのは仕方ないことだと自己暗示かけてる真っ最中であります。
     
     やはりゴールデンウイークは回らない台が多い、という印象を持った方、いやいやそうでもなかったよ? という方、さまざまいらっしゃるでしょうが、基本的には釘締めは当たり前のように行われているわけで。
     
     ネットを見てると、こんなひどい釘ひと目見ただけでわかる! とか、盤面とにらめっこしてから台選びをしてる人がいたりしますけど、ぶっちゃけそれで回転率がわかるようなことはほとんどないでしょう。(もちろん、あまりに極悪な釘調整してる店は問題外ですが)
     
     パチンコメーカーにはゲージ担当と呼ばれる、盤面の釘配置や右打ち回りの電チューなど構成を考えるスゴい人たちがいまして、そういった方にお話を聞いたことが
  • 【覆面次郎】お客さんは誰? 2022/5/4(水)

    2022-05-04 12:30  
     ゴールデンウイークに入ってボロボロに負けてる人もいれば、お休みしてる人、いやいや勝ってます! なんて人も様々だと思いますが、次郎は緩やかに負けてます。ありがたし。
     
     負けて思うことと言えば、多くの人がお店に対する文句でしょう。ぼったくりやがって! なんてSNSでは日常茶飯事。
     ただ、負けたことに関しては自己責任。それも大人としてはわかってることなので、やり場のない虚しさを感じる人もいるでしょう。
     
     次郎はどちらかと言えば、お店よりもメーカーに対して不満をぶつけるほうが正しいと思ってます。
     これはお客さんが誰なのかってことを考えれば当然のことで、メーカーのお客さんはホール、ホールのお客さんは我々という関係性になっていること。なので、ホールは我々打ち手のことをできるだけ考えてサービスしようとしていますが、メーカーはそうではないってことです。
     
     とあるメーカーさんの方とお話しで
  • 【覆面次郎】徘徊お断り 2022/4/27(水)

    2022-04-27 12:00  
     次郎のかつてのマイホールには、いついかなるタイミングで訪れてもそこにいる常連……いや、ハイエナ野郎どもがおりました。いや、きっと今でもいることでしょう。大げさに言えば365日、13時間。
     やってることといえば、開店から閉店まで9割の時間はホールを徘徊し、遊タイムやスロットの天井を狙うような連中。
     イベントの日なんかは、仲間、いわゆる軍団を引き連れてイベントシマを占領する。中には、そこがイベントシマなのかどうかを確かめるために、着席だけしてほとんど打たずに周りの挙動を確かめてるようなやからまで。
     
     次郎はハッキリ言ってそういう人たちが大嫌いでして、こういう迷惑な人たちは即刻出禁にして欲しいわけであります。
     
     そして何より、そういう人たちがいることをわかって放置しているホールが一番悪だとも思ってます。
     
     ただでさえ土日しか打てない次郎のようなサラリーマンにとっては、わずかなチ
  • 【覆面次郎】ゲームとパチ・スロ 2022/4/20(水)

    2022-04-20 12:30  
     次郎がなぜパチンコ・パチスロにここまでどっぷり浸かる人生になったかってのは、ゲームに近かったからに他なりませぬ。
     ファミコン世代で、小学校時代は外で走り回るよりも家でファミコン、ブラウン管とにらめっこ。中高生になればゲーセンに入り浸るような人生を過ごしてきた次郎にとって、パチンコやスロットのゲーム性、攻略する楽しさみたいなものにハマるのはある意味運命だったのかなと思ってます。
     
     考えてみれば、今メーカーで現役の開発者もゲーム好きという人が多いです。世代もファミコンやスーファミで遊びながら育ってきた世代の人が多いですし。
     そしてまた、ゲーム業界とパチンコ業界も切っては切れぬ関係で、パチンコ業界からゲーム業界へ、その逆といった人材の異動もよく聞く話です。
     
     パチンコの映像制作や制御といった開発に関してもゲーム会社が絡んでいることが多く、有名なのは源さんシリーズのテクモ(現コーエー