• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 11件
  • 【業界人・覆面次郎】「初めて」は凄い? 2018/8/8(水)

    2018-08-08 13:30  
     常に新しい何かっていうのを探し求めているのがこの業界。
     新しい演出、新しいスペック、新しい筐体、新しい役モノなどなど……
     アイデアひとつでヒット作が生まれるっていうのは、ぱちんこ業界に限ったことではありませんけどね。
     
     先日、読者の方に「擬似連はよく考えたら凄いアイデアだ」というような内容のご投稿をいただきまして、たしかにそうだなと。
     次郎の記憶がたしかなら、保留先読みが規制で禁止になった際、1つの変動内で先読みのように複数回転数を行っているように見せたのが擬似連の始まりだったと記憶しとります。
     何の機種だったかが曖昧なのですが……誰か教えてください。
     とにかく、そこで擬似連って言葉と、今では搭載していない機種のほうが珍しい擬似連演出が生まれたわけで。
     
     しかし、次郎がポイントだと思うのは、“初めて擬似連を搭載した機種を思い出せない”ってとこかなと。
     つまり、当時そこ
  • 【業界人・覆面次郎】節約、節約 2018/8/1(水)

    2018-08-01 13:30  
     先週はけっこう設置機種が大きく変わったりしたホールも多いでしょう。もちろん新台が入ったからですが、意外や意外、「CRダイナマイトキングin沖縄」を大量導入したホールが多いようですな。
     
     「CR餃子の王将」くらいからひっそりと始まった一発台ブームの中、「CR天龍インフィニティ」や「CR RAIZINMAN」で大きな話題となり、それをさらに連チャンさせるスペックにしたのがダイナマイトキング。
     一撃で5000発取れます、というよりも、そこを継続率にして、約81%という数字で連チャンする方向性にしたのがホール関係者にウケたのでしょうね。
     とはいえ、さすがに設置台数多すぎないか……? そんなに長期稼働するのか……? というのが次郎の感想ですが、まあそれは良いでしょう。
     
     そんなこんなで、液晶を搭載しなくても台は売れるんだ、話題になるんだ、という風潮になりつつあります。(繰り返しになりま
  • 【業界人・覆面次郎】なぜ後ろを向くのか 2018/7/25(水)

    2018-07-25 13:00  
     こういった場を設けていただき、コラムを書かせてもらえるというのはありがたいことで。こんな素人に毛が生えた程度の次郎の発言にどれだけの影響力があるのかは置いといて、いつも背筋を伸ばしてコラムを書かせてもらってます。
     
     せっかく書かせていただけるんだからと、ネットでぱちんこスロット関係のコラムを書いている方々の内容も見させてもらったりもするんですが……ちと言いたいんですよね。
     あ、ごめんなさい。生意気を言わせてもらうことを先に謝っておくのですが。
     
     ええと。
     つまらないとか、内容がないとか、そういったレベルなら全然良いです。
     ボーダー派で、スタートがいくつで、○○円使って○○円回収しました。日当○○円です。
     ……個人的には、ふーん。それで? ってなモンですが、まあそれもいいでしょう。
     
     そんな内容でありながら、この業界を否定している人たちはなんなんだ、と。
     それがまた圧
  • 【業界人・覆面次郎】ウルトラセブンあれこれ 2018/7/11(水)

    2018-07-11 13:30  
     ぱちんこ業界に現れた救世主……となるかどうかはまだわかりませんが、京楽の「CRぱちんこウルトラセブン2」が導入されましたね。
     次郎もいわゆる前作のセブン世代なので導入を心待ちにしてたわけで、ちょくちょくセブン2も打ってます。
     
     それにしても、今のぱちんこコーナーで空きがない、朝イチから埋まってる、それどころか立ち見してる人もいる……そんな台を見たのは久しぶりであります。
     もちろん、筐体の珍しさから見ている人もいるのかもしれませんが……牙狼のときはそうでもなかった気がしますから、それだけセブン2は多くのファンの注目を受けてたということでしょう。
     
     んで、打ってみたわけですが。
     皆さんのご想像通り、激アツをはずしまくるわけですな。いや、もはやセブンにおける激アツは、我々の常識である激アツとは違うのかもしれない……
     
     金系予告が出ただけでは全然ダメ、とにかく激アツは出るだけ出
  • 【業界人・覆面次郎】一発台の盛り上がり 2018/6/27(水)

    2018-06-27 13:30  
     「CR天下一閃」の甘釘にプロが殺到したという話。 「CR天龍インフィニティ」で10万発出て一躍有名になったホール。 「CRライジンマン」で毎日のように数万発を叩き出している、というお話。 そしてまた今回入ってきたのは、「CR今日もカツ丼」のウワサ。 なんでも、20万発出た台があるとか、出過ぎて稼働中止になったとか、まあ景気の良いウワサです。 おっとその前に。 今日もカツ丼というのは、豊丸から先週登場した新台です。一発台で、飛び込みに入った玉が3択クルーンを突破し、1/2シーソーでVに落ちれば大当たり、4000発強の出玉を獲得できるという、天下一閃に近いゲーム性の台ですね。 つまり天下一閃と同様、飛び込みの釘が甘いと、上のようにとんでもない出玉を叩き出すことがあるってことです。 しかし、天龍やライジンマンと少し違うなと思うところがあります。 それは、稼働停止なんてホールがあったり、全国の出
  • 【業界人・覆面次郎】今さらシンフォギア 2018/5/30(水)

    2018-05-30 12:18  
     いつの間にやらどんどんと増台されていく「CRF.戦姫絶唱シンフォギア」、SANKYOの救世主となりましたな。 ですが、次郎はあんまり打ってませんでした。導入当初は何度か打ちましたが、引き弱の次郎、当然最終決戦を突破できず、ちょろりとした出玉を前に呆然と立ち尽くすことに疲れ、離れておりました。 しかし、こうも世間がシンフォギアシンフォギアなってくると、もう一度打ってみようかという気分になり、やはり面白いなと。それで、今さらシンフォギアを打っとります。 演出の完成度は言わずもがな。今さらかもしれませんが、保留変化のバランスが素晴らしいですね。 入賞フラッシュの有無、手紙保留の中身、そして色保留は赤がしっかりアツく、そして出現頻度のバランスも飽きを感じさせない。 まあライトミドルだからこそ出せるバランスかもしれませんけど、保留の遊びがしっかりしているだけで打てちゃう。 そしてもうひとつポイント
  • 【業界人・覆面次郎】ミリオンゴッドディセントを打つ前に 2018/5/23(水)

    2018-05-23 13:30  
     前回は「CRキャプテン翼 黄金世代の鼓動」がV入賞のこぼしで話題になっているというお話をさせていただき、反響いただいたようで、ありがとうございます。
     あれは打つ前の予備知識として、たったひとつ「ラウンドの始まりに注意」ってことだけを覚えていれば防げるであろう事故、という話でありました。
     
     今回は、同じくホールを騒がせている「CRミリオンゴッド ディセント」について書かせていただきます。
     
     しかし次郎、「潜伏だから狙えるよ!」「潜伏を拾っていこう!」なんていう野暮な話はいたしません。
     だって、潜伏狙いの輩が嫌いだから!
     なんなんでしょうね、なんでこう年配の方が意外とゴッド打ってたりすること多いんでしょうね。だからこそ、シマをウロウロする、いわゆる“ハイエナ”たちが潜伏を狙ってたりするんですよ。
     かといって、「潜伏してるかもしれませんよ」なんて教えても、100%勝てるわけでは
  • 【業界人・覆面次郎】時代を感じるグランドオープン 2017/9/27(水)

    2017-09-27 13:00  
     先日、東京は新宿の駅近くにグランドオープンしたベガスベガス新宿東南口店。 ベガスベガスは知る人ぞ知る札幌にある爆裂ホールで、ついに来たか! という印象を持った人も多いのではないでしょうか。 次郎も前々から秋口にグランドオープンということで、行ってみたいと思っていたものの、結局当日は仕事で行けずじまいでした。 新宿という土地柄なのか、地上2階から地下3階までという変わったたたずまいで、周辺にある大手チェーンを脅かす存在になってくれれば、新宿のホール事情もまた盛り上がってくれることでしょう。 さて当日は石田純一さんも応援に訪れるほど大盛況だった最中、問題になったのは抽選入場券の転売です。 ツイッターでは30番台など早い番号が5000円程度で売られ、「いや、私は8000円出そう」などもはや競売状態になったとか。 通販アプリサイトなんかでも入場券が売りに出され、これも時代の趨勢なのかなと感じた次
  • 【業界人・覆面次郎】安くて早くて…美味いかどうかはわからない 2017/9/13(水)

    2017-09-13 13:30  
     お盆も明け、9月に入り大型版権の台もズラっと出てまいりましたが、皆さんどんな感想を持たれましたかね。
     もちろん、とんでもなく力の入ってそうな台も多く出ていますが、今、メーカーが求めているのって、そういう力が入るような台ではない気がしています。
     
     力ってのは……まあ要するにお金、ですな。
     
     ホールが不況ならメーカーも不況、しかも迫り来る規制とあって、メーカーもかなり焦っていたり、あそこのメーカーは撤退するんじゃないか、なんてメーカー同士でウワサし合っていたりするような状況。
     
     スロット4号機時代のように、出せば売れるなんて時代では到底なくて、売れるものを出さなければいけないし、売れないものにお金を掛けてはいけない、という時代なんですな。
     
     そこで今メーカーが求めているのが……
     
     安くて早い台。
     
     これはどういうことかっていうと、単純な話、お金をかけずに作れ、開発期
  • 【業界人・覆面次郎】迫り来るXデー 2017/9/7(水)

    2017-09-07 20:30  
     涼しい日も続くようになってきましたね。夏の終わりを感じますな。 そんな日々に寂しさを感じるのか、それともどことなく焦りを感じるのかは人それぞれですが、間違いなくパチンコ・パチスロ業界は焦りを抱いています。 もちろん、規則改正までのXデーが迫っているからですね。 まだ確定的な情報ではないものの、1月末の持ち込みまでが有効と言われていて、そこに向けてスケジュールを大幅に短縮し、特殊モードや演出の削除などゲーム性が乏しくなることを差し引いてまで、なんとか完成にこぎつけようとしているメーカーが多いです。 Xデーが迫っていることもあって、保通協への申請抽選申し込みも通常の10倍と増えてきています。もう予約を取るだけでも、運が悪ければ何週間も待たされ、その間に規制が施行されてアウト! なんてことも考えられる状況です。 そのため、とりあえず早く仕上げなければいけないと、従来なら数ヶ月かけるデバッグ作業