• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 330件
  • 映画「Fukushima 50」原作者の門田隆将氏オンライン講演会開催|THE STANDARD JOURNAL

    2020-07-31 20:00  





    みなさん、こんにちは
    和田です。
    昨日もその前も門田隆将さんの
    映画「FUKUSHIMA 50 」をご存知でしょうか?
    とメルマガで書いたもんだから、
    「その映画、今でも見えるんですか?」
    という質問が来ました。
    いや、ググれよ!
    と、思いながらも返答します。
    コロナで上映が中止にしなっていましたが、
    全国各地で再上映がはじまっています。
    少し前までアマゾンプライムでも見れたのですが、
    現在ではネットでは見れません。
    近くで上映されないという人もいるでしょう。
    ただし、絶対見ないといけない映画です。
    では、どうしたらいいのか?
    映画はいずれチャンスあります。
    ネット放送でも見れるチャンスはでてくると思います。
    しかし、とりあえず、このオンライン講演会は
    申し込んでおいてください。
    そしてその映画の原作、
    ノンフィクション作家 門田隆将氏が書いた
    「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第
  • 映画「Fukushima 50」原作者の門田隆将氏オンライン講演会開催のお知らせ|THE STANDARD JOURNAL

    2020-07-30 16:26  





    みなさん、こんにちは
    和田です。
     
    昨日も聞きましたが、
    映画「FUKUSHIMA 50 」をご存知でしょうか?
    そしてその映画の原作、
    ノンフィクション作家 門田隆将氏が書いた
    「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 」
    をご存知でしょうか?
    私、和田憲治は高知県出身です。
    ある飲み会で月刊Hanadaの花田編集長に
    門田先生を紹介された時は、
    郷土の英雄に会うことができ感激したことを覚えています。
    門田先生は高知県の名門・土佐高校の出身です。
    高知ナンバー1の評論家、ジャーナリストであるどころか
    現在日本ナンバー1のジャーナリストだと思っています。
    ちなみに、元朝日新聞の記者で、
    慰安婦「捏造」記事を書いたとして
    櫻井よしこ先生らを
    名誉毀損で訴え敗訴した植村隆氏も同じく
    高知・土佐高校の出身です(書きたくなかった)。
    彼が、日本のワーストジャーナリストだとはあえて書きま
  • お知らせ!映画「Fukushima 50」原作者の門田隆将氏オンライン講演会開催|THE STANDARD JOURNAL

    2020-07-29 16:47  




    みなさん、こんにちは
    和田です。
     
    ノンフィクション作家 門田隆将氏が書いた
    「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発 」
    をご存知でしょうか?
    そして、その本を原作とした
    映画「フクシマ 50 」をご存知でしょうか?
    この本を読んで、または、この映画を見て
    泣かずんば、男児にあらず。
    または、日本人にあらずといったところです。
    この原作者の門田隆将先生の
    オンライン講演会があります。
    門田隆将先生は虎ノ門ニュースにもでているので
    ご存知の方も多いと思います。
    私の尊敬するジャーナリストです。
    2020年8月6日19時からです。
    (アーカイブは8月16日まで視聴可能)
    ちょうど私も竹田恒泰先生の放送が入っていますから、
    生では見えませんが、アーカイブで見ます)
    -------------------------------------
    ▼講演会 映画「Fukushima 50」
  • 米中激突 ver.5音声講座早期割引、今夜締切です。|THE STANDARD JOURNAL

    2020-07-07 16:26  


    ▼中共による侵略のステージアップを許すな!



    アメリカ通信視聴者のみなさま、
    こんにちは和田です。
    昨日のメルマガで、
    歴史は繰り返すものだし、
    80年前と同じような日米大戦への序章が
    今回の米中激突への道のりに
    酷似していること書きました。
    今夜も類似点を紹介したいと思います。
    7月1日の香港への国家安全法適用は、
    満州事変に相当するかもしれません。
    とも書きました。
    【中共の侵略のステージ】
    テキサス親父日本事務局の藤木俊一氏が
    「我、国連でかく戦へり」
    という本を最近上梓したのですが、
    香港への国家安全法の適用にからめて、
    興味深い記述がありましたので引用します。
    ーーーーーーー
    日本が領土や民族、文化や民主主義、人権などを
    脅かされる危険レベルにおいて、
    ステージ1であると思っている。
    これは、中国からの脅威と侵略の話である。
    ステージ2は台湾、ステージ3は香港
    (中国が国
  • フォースターニングの『破壊の冬』とは?|THE STANDARD JOURNAL

    2020-07-06 18:18  


    ▼フォースターニングの『破壊の冬』とは?




    アメリカ通信視聴者のみなさま、
    こんにちは和田です。
    毎度言ってますが、
    現在はフォースターニングでいうと、
    『破壊の冬』です。
    約80年周期の中で、約20年ごとの
    4つの時代にわかれ、春夏秋冬。
    その最後の冬の20年の真っ只中です。
    フォースターニングの著者である
    ニール・ハウ氏が考えているのは、
    繰り返しになりますが、
    以下のような時代区分になります。
    1945年位から1965年位までを春
    1965年位から1985年位までを夏
    1985年位から2008年位までを秋
    2008年位から2028年位までを冬
    冬の20年ってそんなに厳しいの?
    という問いがあるかと追いますが、
    前回の破壊の冬は、約80年前なら
    1925?1945くらいになります。
    子供の頃、歴史を学んだり、
    祖父や父親から昔のことを聞くたびに、
    あー、俺は戦後生まれでよかっ
  • 終わってしまった香港について|THE STANDARD JOURNAL

    2020-07-05 15:09  


    ▼終わってしまった香港について



    こんにちは和田です。
    去年の秋、私は産経新聞の記事を引用して
    次のような出だしでメルマガを書きました。
    ーーーーーーーーーー
    豚になりたいですか?
    こんにちは和田です。
    ダイエットの話じゃありません。
    9月28日土曜の産経新聞朝刊にありましたが、
    香港の記事で引用すると、
    高校生のセイカ・チョウ(18)さんは、
    「私はずっと豚だった」と、話す。
    豚とは香港の俗語で政治に無関心な層を示す。
    しかし、2014年の雨傘運動で考えがかわったという。
    「これまで豚だった人が目覚め始めた。
    豚のままでは中国の言いなりになる」
    ーーーーーー
    豚とは、政治的に無関心な層・・・・・。
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    ここまでが引用で、
    ここから今回のメルマガに戻ります。
    昨秋のメルマガの引用の中に、
    産経新聞の記事の引用があったので
    わかりづらくてすみません。
  • コロナ禍で世界の対中観が変わった。|THE STANDARD JOURNAL

    2020-07-04 16:45  


    ▼コロナ禍で世界の対中観が変わった。



    みなさんこんにちは
    アメリカ通信の和田です。
    奥山真司先生の訳した飛鳥新社発刊の
    『目に見えぬ侵略』ですが、
    あれだけ分厚い本なのに6万部です。
    そして原著の『Silent Invasion』の
    著者であるクライブ・ハミルトン教授の次著、
    『HIDDEN HAND 』
    Clive Hamilton & Mareike Ohlberg
    も邦訳版は飛鳥新社から出版されることになりました。
    直訳したら「隠された手」とか
    「隠された手口」という感じでしょうか?
    中国共産党の「悪の手口」が
    さらに白日にさらされることでしょう。
    『目に見えぬ侵略』は400ページの本ですし、
    さらにオーストラリアをテーマにした本です。
    いまだかつて、オーストラリアについての本で
    こんなに売れたことがあったでしょうか?
    いや、あれは中国本でもある。
    中国がオーストラリアを目
  • 安倍晋三ほどの信念はあるか?|THE STANDARD JOURNAL

    2020-07-03 17:08  


    ▼安倍晋三ほどの信念はあるか?



    ▼安倍晋三ほどの信念はあるか?
    みなさんこんにちは
    アメリカ通信の和田です。
    安倍政権の支持率が急落中です。
    【総選挙?内閣改造?】
    そんな中、内閣改造があるのか、解散総選挙があるのか、
    それとも「何かあるぞ!」の
    ニュースを増やすためのポーズなのか、
    安倍総理と麻生副総理らの会談が繰り返されています。
    麻生太郎への移譲という話も出ています。
    いずれにせよ、米中激突の中、
    中国海警局の船が日本の漁民にプレッシャーを与えたり、
    日本の尖閣列島に近づくのが二ヶ月以上、
    毎日のようになってきています。
    7月1日より香港も中共支配が決定的になりました。
    いつ、紛争、大戦争に発展してもおかしくない空気です。
    こうならずとも、
    日本はどう考えても米国につくしかありません。
    そこで、親中派の二階氏を幹事長から外せるかも
    次の政権の鍵になってくると思います。
    解散
  • 今は冬の時代20年の真っ只中です。8|THE STANDARD JOURNAL

    2020-07-02 18:00  


    ▼今は冬の時代20年の真っ只中です。



    アメリカ通信をご覧のみなさまこんにちは
    和田憲治です。
    アメリカ通信の放送や米中激突音声講座で、
    「とにかく今は、『フォースターニングの冬』です。
     それは約80年に一度の危機の冬の20年です」
    「20年ごとで春夏秋冬の4種類で約80周年周期です。
     今は、第二次大戦中にあたります」
    というような内容の話をしました。
    このフォースターニングの概念、
    世代論や周期説を
    番組等々では伝えようとしてきましたが、
    なかなか一般に広まらないので、
    ここでは何度も何度も聞き飽きた人がいようが、
    繰り返し伝えていこうと思っています。
    1945年から約80年周期だと
    2025年くらいまでです。
    現在、フォースターニングの著者である
    ニール・ハウ氏が考えているのは、
    以下のような時代区分のタイミングのようです。
    1945年位から1965年位までを春
    1965年
  • 『米中激突とコロナとフォースターニング』~米中20年戦争に備えよ!ver.5|THE STANDARD JOURNAL

    2020-07-01 11:34  


    ▼『米中激突とコロナとフォースターニング』
             ~米中20年戦争に備えよ!ver.5



    みなさんこんにちは
    アメリカ通信の和田です。
    日本のほとんどのメディアに先駆けて
    米中の覇権戦争に入ったことを報じてきた
    奥山真司のアメリカ通信ですが、
    そこで米中激突のリスクとチャンスをお知らせすべく
    『米中20年戦争に備えよ!』シリーズの
    音声講座を約半年ごとに推移を発表してきました。
    今年2020年3月には
    早くも『米中20年戦争に備えよ!』pat.4を発表しました。
    米中がぶつかるよという理論は
    放送でも音声講座でもやってきました。
    少しだけ、ほんの一部をおさらいをしますと、
    1,ミアシャイマー理論
    もともと米中が必ず衝突するという予測は、
    オフェンシブ・リアリスト(攻撃的現実主義)の
    泰斗、ジョン・ミアシャイマーの
    『大国政治の悲劇』(奥山真司・訳)でも予測されていました