• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 1件
  • 国産牛肉が生き残るための“戦略”とは ~奥山真司戦略学博士に聞く~|『肉牛ジャーナル』2015年2月号(肉牛新報社)

    2015-03-26 20:10  
    1100pt
    現在、日本の肉牛業界は牛肉需要の低迷、飼料の高止まり、高齢化といった課題に加え、1月15日に発効した日豪EPAや大詰めを迎えているTPPによる関税引き下げ、さらには世界のマーケットにおける外国産和牛の台頭といった問題を抱えている。その一方で牛肉自由化を契機として本格的に始められた脂肪交雑を中心に据えた改良は、もはや行き着くところまで行き着いた感がありつつも、それに代わる新たな展望が見いだせずにいる。こうした中で日本産牛肉が世界を席巻するのか、あるいは埋没していくのかは、これからの戦略にかかっていると言えよう。そこで今月号の特集では、“戦略”のプロとして多方面で活躍中の奥山真司戦略学博士に、戦略とは何か、そして戦略の立て方、また日本の肉牛業界に求められる戦略とはどのようなものか話を聞いた。