• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 2件
  • 『ちょっと右よりですが・・』▼第7号 祝!安倍総裁・カツカレーブームだ!!

    2012-10-03 12:01  
    ――今週はまず、月刊WILL11月号についてからですが・・・。 (花田) いきなり完売しまして、完売御礼で増刷しました。 何が良かったって、韓国特集。 ――かなり2ちゃんねるでも取り上げられてました。 ――やはり2ちゃんの連中にはこれがよく文字になったと。 (花田) 2ちゃんに追いついたと、言われているらしいですね(苦)。 それでね、完売は非常にいいんですけどね。 新聞広告でね、毎号、産経新聞に出していてね、 毎日新聞、読売新聞、日経新聞は半分の大きさを出しているんですけど この毎日新聞の広告を見てください。(動画では広告記事を表示) 要するに渡部昇一さんと黄文雄さんのタイトルが、 「世界中に嫌われる韓国人とシナ人」というタイトルなんです。 ところが毎日新聞ではシナ人が●●人になっている。 毎日新聞の読者は、なに人かわかんないんですよ。 もう1箇所、従軍慰安婦のね、捏造した朝日新聞の 「植村記者への公開質問」も 「植村」を伏せて「●●記者」になっているんですよ。 ――名前を出しちゃいかんと。 (花田) これは新聞広告の原稿ができますと、 だいたい一応各社に届けて、審査っていうのがあるんですよ。 各社の広告掲載基準があるんですよ。 毎日新聞側からは、 『「世界中で嫌われている韓国人とシナ人」は シナは差別用語となっており、中国人と変更お願いできますでしょうか』 ときているわけです。 『朝日新聞植村記者は、個人名は避けていただき、 朝日新聞記者と修正いただけますでしょうか』と。 言い方は丁寧だけど、変えてくれと言ってきているわけです。 シナは、差別用語だからいかんと言うわけですね。 シナというなはね、Chinaから来ているわけでしょ。 世界共通語なんですよ。 英語でChainaでしょ。ドイツ語では、ヒナ。 ――フランス語でシノア、イタリアでは、チナ。 ――スペイン語でもチノ。 (花田) みんな、チャイナが変化して、中国の国名となっているわけですよ。 シナというのは差別用語でもなんでもないんですよ。 2006年に「WiLL」で中嶋嶺雄さんにですね、書いていただいんですよ。 「Chinaを中国と呼ぶ重大な過ち」と。 ChinaはChina、シナなんだと中国じゃない。 こういう論文なんですけど、これは非常にすぐれた論文なんですけど。 これをまたどっかで採用しようと思ってるんですよ。 やっぱり知っている人少ないからね。知ってもらわなきゃ。 世界各国、Chinaから変化して その国の言葉になっているわけでなんの問題もない。 それをなんで変えろと。私は嫌ですと。 こうなったら、変更するのを嫌だって言って広告ださない、 掲載しない手もあるんですね。 でもそうするとやっぱり読者のみなさんに広告がでないぶん知られないからね。 今月はどんな記事を出しているか伝えないと読者にわからないから、 やっぱり広告は出さなきゃいけない。 昔からね、新聞社それぞれの基準があって、広告にあわせて 基準からなんとかしてくれるっていうのは時々あるんです。 たとえば、群盲象をなでるとか。 めくらなんか使っていけないと、広告というのは。 群盲象をなでるが出るっていうところを、 なんとかかんとかの群盲象をなでるがxxxxだって タイトルをつけたらですね (新聞社が)群盲っていうところを消してくれと。 変えてくれって。 新潮は変えないと、そこは消してくれってこともあったり、 そこは白く空きになって逆に目立っちゃうんです。 あるいは今回みたいに●●にしたらかえって目立つ。 だから、だんだん新聞社側もこれはまずいと、 空き(空白)とか●●とかはやめてくれと言い出したわけです。 何か変わる言葉を入れてくれと、 今回の場合なら、中国人と入れてくれと。 僕は中国人は嫌だと、XXとか○○ならいいかと聞くと向こうがですね 不況で広告をとるのが厳しいからっていうのがあるからかもしれないけど ○○でもいいでしょう、って事で○○になってるんです。 だからしつこく目立って、 いろいろなところで○○はなんだと聞かれるわけですよ。 かえって目立っていいことあるんですよ。 弊社としてはいいんです。読んでみりゃわかるんだから。 こういう事は結構あるの。 ほかにもね、朝日新聞の基準ではね、女性の乳首が見えちゃいけない。 裸の写真をちっさく載ってたとしたら、 乳首に☆印がついて、かえってめだっちゃう。(笑) くだらない話だけど、そういうこともあるんですよ。 電車の中吊りなんかでもね、電車の中吊りは、 企業毎、電車ごとに違うんだけど。 西武だったら、堤一族のことは出さない。 これが載った広告は確実にだめとか。 百姓はいかんというところがあったり、 そこはまぁ、中吊りを出さないと損だから 妥協するわけですけど、多少変えたり。 企業毎に基準があるんだから、しょうがないところもあります。 でもこんな中国人にしろという、 シナ人使うなっていうのはおかしな事でね。 朝日新聞植村記者の名前ね、出しちゃいかんと。 「新聞社の見解としては、署名記事ではありますが、 あくまで朝日新聞社の業務の中で、社の方針として書かれた記事であり 個人の意見を述べている作家、評論家の方とは異なるので、 個人名をあげるのは避けていただきたい。」 社の方針なの?、じゃあ従軍慰安婦と書いたのは社の方針なの? と聞きたくなりますね。おかしな話なんですよ。 そういう広告の各社の方針っていうのを それぞれ調べてみると面白いですね。 ――さんざん攻撃するけど、攻撃されると弱いですね (花田) それはまあ、どこでもそうですね(苦)。 ――東シナ海とか南シナ海とかありますよね。 (※この記事は、花田紀凱氏のブロマガから一部抜粋したものです)
  • 『ちょっと右よりですが・・』▼第6号 自民党総裁選は安倍晋三で決まり!(希望的観測か?)

    2012-09-26 12:01  
    毎週、ニコ生で生放送中の「花田紀凱編集長の週刊誌欠席裁判」の一部を実況文字配信!今回は9月22日放送分。「自民党総裁選」「政治家の質は大丈夫か?」「ノビテル大丈夫?」「慎太郎よ、寄付金返せ!」「文春も新潮も厳しく追求しないグループがある」「花田編集長の先輩・堤堯氏が教える喧嘩作法」などなど今週も盛りだくさんです。