• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 2件
  • 話題の「在特会」についてちょっと考えてみた。|『ちょっと右よりですが』▼ブロマガ第33号

    2013-06-21 10:10  

    「ちょっと右よりですが・・・ 花田紀凱の週刊誌欠席裁判」をいつもご覧頂き、ありがとうございます。番組で、花田編集長のアシスタントを務めている、和田です。これから、番組で取り上げた話題に関することなどをこのブロマガでも少し書いてみようと思います。

    さて、今回は何かと話題の「在特会」の件です。

    twitter上で保守寄りの発言をしている井上太郎さん(フォロアーが13,000人以上)という方が、先日、「安倍自民政権が本格的に各自治体の在日特権に対する事実調査することを総務省に指示した」と、tweetしていました。

    本当に、在日に特権はあるのか、この際、政府はしっかり調査し、国民に公表をして欲しいものです。

    「在特会」(在日特権を許さない市民の会)の桜井誠会長が逮捕されるというニュースがありました。

    対立していた「レイシストしばき隊」の側からも逮捕者があったようですが、これだけの問題になり、大きな社会問題でもあるので、在日特権の調査結果とともに、「在特会」と「しばき隊」の対立の行方にも注目しているところです。

    この前、「おにぎりが食べたい・・・」と書き残して生活保護がもらえずに食事もできず餓死した日本人のニュースがありました。かたや、売春斡旋をし、数千万も稼ぎながらも生活保護不正受給している在日韓国人女性のニュースが。もちろん、生活保護の配分の審査にミスなどもあるのでしょう。しかし、やはり、こういうことがあると、その実態を知りたいと思うのは自然の感情です。

    はたして、日本人だと生活保護をもらいづらくて、在日の場合は審査が甘くもらいやすいのか?など是非知りたいところであるわけです。あえて言ってしまうと、日本人になって帰化していればまだしも、そもそも、在日の人に生活保護は払う必要はないとさえ思っています。

    「在特会」の激しい発言に対しては皆さんそれぞれに色々なご意見があるとは思いますが、少なくとも、「在特会」のおかげで、在日の実態はどのようなものだったのか?ということを知る国民が増えたのも、紛れも無い事実ではあります。

    番組中に花田編集長が仰っていたように、デモでの耳を疑うような過激な発言内容は如何なものか・・・とは、私も、正直言って思いますが、「在特会」は一定の役割を果たしていると思います。最近の週刊誌の紙面でも、安田浩一氏の記事などで「在特会」の記事があり、番組でもこの話題を取り上げました。

    しかし、「在特会」の桜井誠氏については、雑誌のインタビュー記事などもほとんどなく、彼に関する情報が決定的に欠けています。そういうわけで、実は、一度、我が番組に出演して欲しいと、ちょうどオファーを出していたところに、今回の「事件」が勃発してしまったのでした・・・。

    かなり前の話ですが、私は、ドロンパ(桜井誠)さんのネットラジオ「不思議の国の韓国」という番組に出演したことがありました。当時、政治や歴史の勉強会をたまにやっていて、そのときの友人に紹介されたのが、きっかけでした。ちょうどその日の放送も、韓国事情に関するもので、飛び入りのような形で、その番組に出演させて頂いたのです。

    当時の状況としては、韓国についての本を読んでいる人であれば、実情を知っていて、韓国について呆れている人が多いという感じでしたが、現在ほど盛り上がっていない段階で、この問題に焦点をあてて、情報を広めているドロンパ氏を面白いな、とも思ったものです。

    その時以来、私は彼と会う機会がなくなりましたが、今は「在特会」の幹部?の人も入れ替わったようで、情報も入ってこなくなって疎遠になっていきましたが、その後どんどん過激になっていった「在特会」のことをネット上で知って、びっくりしています。

    私にも在日韓国人の友人が数人いますし、普通の日本人の友人と変わらずつきあっています。外国人だと部屋を借りる上で、日本人の保証人が必要な場合があり、「この部屋がどうしても気に入ったので頼む」と言われ、保証人になったこともあります。私は普通の日本人と同じように付き合えると思っています。だから、在日の友人が罵声を浴びると思えば、心が痛みます。

    しかし、韓国という「国家」としてはみたときは、「ウソばかりつくどうしようもない国だな・・・」と思わざるを得ないのも確かです。当の韓国の新聞ですら報道しているように、虚偽罪があまりにも多いのです。たとえば、2007年の韓国の偽証罪は、立件3,533人、起訴1,544人。日本では138人、起訴9人に過ぎません。虚偽告訴罪は4,580人、起訴が2,171人。同じく、日本だと133人と10人だけです。全体の人口で言えば、韓国は日本の半分以下ですから、いかに「嘘つき」の人口比率が多い、ということが分かります。

    いわゆる「従軍慰安婦」の問題や、竹島の件などでは、国家ぐるみで嘘をついて来ますが、彼の国では、もはや、嘘は「日常」であるかの如くです。われわれ日本人の感覚では、到底、理解出来ませんが、韓国では、竹島や靖国問題を炎上させるたびに、悪意むき出しで、日の丸を踏みつけ焼き尽くす、という、国際的にみても、非礼極まりない所業に及ぶわけです。

    在特会の人たちは、「韓国人はバカだから同じことをやられないとわからないのだ」という主旨のことを言っているようです。確かに、彼らが言っていることは、一理あるのかもしれません。でも、私はそこまでやっても、結局、韓国の人にはわからないのではないかな・・・と、諦めに似た感情を抱いてしまうのです。なので、在日特権を持っている彼らを非難するのでなく、そんな不公平をなことをしている政府に対してきっちり抗議して、そんな制度を改めるべきだではないかとと思っています。

    桜井会長はじめ、「在特会」の人には、この点などについて、機会があれば今回の番組で聞きたかったのです。

    最後に、在特会会長の桜井氏の著書からの引用で、wikipediaに韓国の国柄についての記述があるので、ご紹介しておきます。

    「常に歴代中華帝国の徹底的な蹂躙を受けてきた朝鮮半島では、自分たちを小中華と呼んで中華の正統な後継者と勝手に位置づけ、また中華文化圏からいち早く抜け出した日本などを東夷と呼んで蔑むことで、かろうじて崩壊寸前の精神の均衡を保ってきたのである」

    「韓国にまともな歴史や文化が存在しない事は、少しでもかの半島の歴史を勉強した方なら納得いくことだろうが、だからこそ屈辱にまみれた朝鮮の歴史を認める事が出来ない韓国人たちは、
    たとえ捏造してでも、自分たちがいかに誇らしき民族であるかを世界に示したいのである。韓国人の歴史や文化に対する劣等感は、日本人には想像できないほど凄まじいのである」

    これなどは、まさに正鵠を得ているわけで、正々堂々と、言論の場で主張してほしいと思います。( 「ちょっと右よりですが・・・」運営:和田 )
  • 2013年06月22日(土)「論争:ネット右翼と嫌韓」花田紀凱のちょっと右よりですが…特番

    2013-06-17 17:57  
    「論争;ネット右翼と嫌韓」 花田紀凱のちょっと右よりですが・特番 
    安田浩一氏は著書『ネットと愛国』の等で広まったネトウヨという言葉。ネトウヨとは、どういう人たちなのか?
    1:低学歴・低収入2:オタク3:ひきこもり4:童貞というネガティブイメージに加え、5:過激な排外主義者というイメージを定着させてきた。
    実際それは本当なのか?
    「ネトウヨとは何か?」に焦点をあてて細かく取材し、まとめあげた古谷経衡氏をゲストとしてお呼びして現時点のネトウヨ論争をみなさんと考えていきたい。
    【なぜメディアと教育現場はサヨクだらけなのか?】
    その前になぜ、日本のメディアはサヨクばかりなのかを説明したい。
    大東亜戦争で日本に大苦戦したマッカーサーは、東京裁判を開き、事後法でABC戦犯として1000人を死刑判決を行い、日本の中心人物を公職追放も行いました。
    さらに、財閥解体、農地解放、労働組合法の発布を含めた民主化政策です。日本の政治、財界の中心人物を追放したり、力を削いだのです。ここで力をつけたのが、日本国内の共産主義、社会主義者たちです。
    保守の実力者が公職追放されたあと、サヨクである彼らはメディアと大学を乗っ取ることができたのです。
    また、もともとノンポリであった者や信念のない者は、さっさと左傾化したのです。大学とメディアにほとんど愛国者が保守がいないのは、マッカーサーに媚びたサヨクという敗戦利得者に乗っ取られた結果なのです。
    マッカーサーは迫り来るソ連・共産主義の脅威にあとから気づき、ゼネスト中止、レッドパージを進めいわゆる逆コースを行いましたが、インテリならサヨク的であることが当然という世界的流れもあり、日本での左傾化を止めることができなかった。
    ちなみに、マッカーサーは直接日本をボロボロにしただけでなく、やり残した日本解体のために100年殺しの刑を仕掛けてもいたのです。それが「ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラム(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝工作)」を始めとする日本人消滅作戦などである。
    サヨクメディアとサヨク教育者はこともあろうか、喜び勇んでそのマッカーサーの仕掛けた刑の執行役となり日本罪悪論をばらまき続けてきたのだ。
    かくて日本は全体主義の独裁国家である北朝鮮ですら”夢の国”と信じるバカなサヨクが、教育とメディアを支配する構図となったのです。
    さすがに政治家は保守陣営が政権を維持してきたが、平成になってから、社会主義者が総理になったり、真っ赤な思想をかくしたまま(実質のサヨク売国奴)の政治家が日本の政治を動かすようになった。
    昭和の終わりから平成に入ってからどんどん新しい資料が発見され東京裁判の資料やマッカーサーの悪事である「ウォーギルドインフォメーションプログラム」なども江藤淳氏の発見があるが、その他どんどんでてきた。しかし、その告知効果はあまりに細く、保守論壇だけのものでした。
    【ネット論壇の誕生】
    ここに大きな流れができてきたのです。インターネットによる知ろうとする人へのリーチが可能になりました。
    またこれにより、誰もが意見を発信することが可能になりました。2ちゃんねるやブログ論壇の誕生により、愛国心のある者は発言をはじめたのです。
    さらに、論戦となっても歴史論争があっても真実を知った保守側がエビデンス付きで論陣を張り、サヨク側の反論に「ソースを出せ」と迫ったのです。
    決定的だったのが、これまであやしいと思いつつも論じられてこなかった、在日朝鮮人問題まで保守側がネット上で暴くようになりました。韓流ブームに対して山野車輪の「嫌韓流」によって拡大していきました。虚構大国・韓国の真実が暴かれたのです。
    サヨクが握っているメディアや学会とはかけ離れたネット論壇では、サヨク側は負け続け困り、論争相手をネットだけで活躍する『ネット右翼』と呼ぶようになったのです。「嫌韓」グループの中から「在特会」なども現れ新たな動きがでてきました。
    【これからのネット論壇と日本の論壇はどうなるのか?】
    今回の特番では、そんな流れの中から、ネット右翼論争、嫌韓を中心にこれからの日本の保守VSサヨク、これからのネット論壇、日本国内の言論の戦いを占いつつ、話を進めたいと思います。