• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 13件
  • 田母神、水島騒動を報じた朝日新聞記者の失礼。

    2015-06-25 14:52  
    ふつうなら事前に断るべきだし、番組開始前であわただしかったというのなら、番組終了後にひと言あってしかるべきだろう。名刺を出すとか。
    黙って他人の番組に入り込み、勝手に取材して記事にする、それが朝日流の取材なのか。
  • 11月23日(日)19時~「気軽に来てね!」公開生収録(+オフ会!)|ちょっと右よりですが・・・特番

    2014-11-20 15:08  
    朝日新聞と戦ってきた花田&堤堯両・元文芸春秋社OBに、「たかじんのそこまで言って委員会」で人気の加藤清隆が語る。11月23日(日)19時~花田編集長×堤堯×加藤清隆の『朝日落城と安倍総選挙の行方』。ニコニコ本社より生放送!
  • 11月23日(日)19時~花田編集長×堤堯×加藤清隆の『朝日落城と安倍総選挙の行方』|ちょっと右よりですが・・・特番

    2014-11-18 17:34  
    朝日新聞と戦ってきた花田&堤堯両・元文芸春秋社OBに、「たかじんのそこまで言って委員会」で人気の加藤清隆が語る。11月23日(日)19時~花田編集長×堤堯×加藤清隆の『朝日落城と安倍総選挙の行方』。ニコニコ本社より生放送!
  • 『ちょっと右よりですが』▼第32号 『朝日新聞』の報道姿勢を問う!

    2013-05-20 16:15  
    220pt
    番組で気になった話題をまとめてみました。

    週刊ポストで、「安倍晋三と朝日新聞の不適切な蜜月」という記事がありました。

    「政治とメディア」核心レポートとして書いてあったんですが、これがかつて安倍タタキをやってきた同じ新聞なのか?というほど、朝日新聞の安倍批判が手緩くなっています。という主旨の記事です。

    もともと、「安倍の葬式は朝日で出す」と言ってたくらいで、第一次安倍内閣の時、当時は、「お友達内閣」とかの酷い連日社説で叩いてたのと大違いだ。これまで、とにかく安倍政権に対して批判的な姿勢をとってきた朝日が、このように変質したすれば、それは権力監視機構としての大新聞の終わりを意味している、とも言える。

    この『週刊ポスト』の記事にも記載があるが、昨年10月、朝日新聞に、就任したばかりの安倍総裁のインタビューが他誌に先駆けて掲載された。実は、その裏では極秘会談が持たれたらしい。

    安倍側近の一人の証言によれば、総裁選後に朝日の木村伊量社長が安倍さんと会談した。安倍さんにとっても総選挙を控えて朝日を的に回したままではマイナスが大きい。つまり、これは朝日の侘びを安倍さんのほうが受け入れたという事で、朝日がそれまでの行動を謝りにいったんじゃないか、という推測をしているのです。

    推測とは言え、実際に会ったことは間違いないわけです。記事中で、朝日の政治部記者がこのように言っています。
  • 『ちょっと右よりですが・・』▼第16号 慰安婦問題のウソを世界に広めた河野洋平は切腹だ!

    2012-11-14 12:01  
    韓国が米国内で「従軍慰安婦を覚えているか」という反日ブロパガンダをやっていることに、西村幸祐氏らが事実を突き返して対抗した。しかし、これは5年前にも同様のことがあった。この問題がいまだに収まらないのは、いわゆる河野談話でウソ話を認めてしまい、日本の恥を世界中に撒き散らした河野洋平を証人喚問しないと終わらない。
  • 『ちょっと右よりですが・・』▼第14号 朝日新聞の投書欄は自演乙!

    2012-11-06 20:02  
    「朝日新聞」では、普段から記事などであくまでも中立を装って執筆者を起用しているけれど、今回選ばれている学者の人は第3者でもなんでもなくて、どっちかっていうと韓国よりの人なんですよ。こういう事を、さっきの投書欄でもそうだけど、やるわけね。一般読者はわからないですよ、はっきり言って。そこまで知識のある人はいないから、そうなのか、と思ってしまう。朝日がさ、売国新聞だとかさ、チョウニチ新聞だと言われても仕方ないんだ。(※花田紀凱氏のブロマガから一部抜粋したものです)
  • 『ちょっと右よりですが・・』▼第13号 スパイ行為の中国ファーウェイ製の情報端末。日本でもバカ売れ。

    2012-11-05 12:01  

    米下院が中国のファーウェイテクノロジーなる会社について報告書を発表した、と。どんな報告書かというと、そこでは同社が中国共産党や人民解放軍の諜報部門と密接な関連があり軍の為に製品を開発している。サイバー戦精鋭部隊に特別なネットワークサービスを提供していたという内部文書を入手したと。ようするにスパイ工作、サイバー攻撃への関与の疑いがあって、政府の調達禁止とともに民間企業にも取引自粛も勧告したと。容易なことじゃないんですよ。

    (※花田紀凱氏のブロマガから一部抜粋したものです)
  • 『ちょっと右よりですが・・』▼第12号 孫崎享氏の「戦後史の正体」の書評を朝日新聞が訂正した件。

    2012-10-31 12:01  
    この「朝日新聞」の訂正記事読んだ人、なんかだこれではわからないですよ。なんの記事についての訂正なのかわからない。こんなもんだったら載せる必要ないですよね。相手の人(孫崎享氏)に対する言い訳を載せているだけで、ぜんぜん読者の事を考えていない。
    削除された10行に何が書かれていたか?、ですよ。3週間前の9月30日、孫崎享さんの「戦後史の正体」をIT系に強いジャーナリスト佐々木俊尚さんが批評したんだね。
    (※花田紀凱氏のブロマガから一部抜粋したものです)
  • 『ちょっと右よりですが・・』▼第11号 「『週刊朝日』ハシシタ奴の本性」事件は週刊誌の歴史に残るね。

    2012-10-24 12:01  
    編集者はね、まず原稿を読むわけでしょ。これだけ『週刊朝日』が力を入れた新しい連載。編集長は読まないということはありえないよね。読んだとしたらその時にこれをどう思ったのかね。これがいいと思って載せたんじゃなかったのかって。
    編集長は読んで覚悟の上で連載を決めたんでしょ。
    それが、橋下さんが記者会見で批判したら、たちまちお詫びしてね、その2・3日もたたないうちに連載も中止というのは、これは一体あんたは、編集者としてどういう覚悟があるの、と言いたい。佐野さんと話し合ったんですか、と。佐野さんはどう思っているか僕は知りたいね。(※花田紀凱氏のブロマガから一部抜粋したものです)
  • 『ちょっと右よりですが・・・』▼第10号 日本は原発とどう付き合うかを真剣に話すべきだ!

    2012-10-22 12:01  

    ◆地震関係なしでも危ない韓国の原発

    韓国記者があきれる、どんな事が起きたかというと、幹部職員が原子炉の中性検出器の密封に使うフランス製部品を業者に貸し出し、業者はそれ元に偽造品を制作したっていうんだ。大丈夫か?
    その偽造品を使って原子炉は運転されてたという。また、10数人の管理職は廃棄された中古部品を協力業者に横流しし、新品のようにペイントした偽造品を納入して、その見返りに賄賂を受け取っていた事が発覚して逮捕起訴されました、と。

    (※花田紀凱氏のブロマガから一部抜粋したものです)