• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • カテナチオ渋川のダマテン攻勢!小林の雀頭クラッシュポンと捨て牌作り! The All Star League 2018 第1節観戦記

    2018-01-20 16:10
    1/17(水)11:00よりニコニコ生放送およびFRESH!の「麻雀スリアロチャンネル」にて放送された、The All Star League 2018 第1節の様子をお届けします。
    レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。
    458b81e49daaa91b3090596adfb008c9589e119d

    昨年熱い戦いが繰り広げられたThe All Star Leagueが2018年も開幕!
    3人1組の16チームが、全9節を戦い、決勝に進む4チームを決める。
    オープニングでは、唯一昨年と同メンバーの昨年度優勝チーム「おじまご」が、王者の風格を漂わせた。
    47dba5f12504437087752d897d7b3f27d2e7589c
    (ちーむ「おじまご」。メンバーは写真左から園田賢、木原浩一、愛内よしえ)

    赤牌あり、アガリ連荘という普段の競技麻雀とは異なるルールを制するのはどのチームか!?
    479b4b8243845839fcb44bef8c749ee95b39b222

    【1回戦:「おじまご」園田が貫禄のトップで初戦を飾る】

    開幕戦から、現最高位・村上と現雀王にして最強位・金といういきなりの好カードが実現。
    こういった夢のような対戦が見られるのも、オールスターリーグの醍醐味だろう。
    その村上がいきなりのハネマンツモで先制したが、主役の座をさらったのは友添。
    45b9cc626c315a59ee8c9260334b0ac73463bce1

    ドラを引いたところでチートイツに決める打7mとすると、構想通りの8m単騎を村上から一発でアガり、ウラも乗って倍満。
    0a29f669d12e78211b5f85da794348299eb1853d
    一撃で村上を沈め、一躍トップ目まで駆け上がった。

    しかし、黙っていなかったのは昨年度優勝チーム「おじまご」の園田。
    1679a97cc2fad75ccaef27d935bd3d424e6024c6

    オーラスのオヤ番を迎えると、イッツー確定で前巡2s単騎のテンパイに受けたが、7mを引いたところで手を止める。
    マンズは場に高く、4m7mでリーチにいってよいものか。ただ、かといって河に字牌が少ない濃いめの場況では、有力な単騎があまり見当たらない。
    4mを空切りしての2s単騎リーチもあったが、園田の選択は素直に4m7mリーチ。

    5ef1b8f3f33a8fb1689135e3745b3dc9f66736d8
    すると、これが一発ツモで4000オールとなり、今度は園田がトップを逆転した。

    しかし、アガリ止めがない今回のルールでは、オヤを継続するしかない。
    2着目友添と4000点以上の差が開いているため、流局すればトップ確定の園田。
    終盤に8mを引く。
    600e6e10a114b4a461c21a34efee2714f14f06eb

    7mと8mは全枯れで、8mを残すメリットは、受け入れ的には5pのみ。
    前巡の白でテンパイ気配を演出しているため、8mをツモ切ると、だいぶテンパイしているように見せることができる。
    そうすれば、手が入っていない他家のオリも期待できるのだが、園田の選択は打白。
    これでテンパイではなさそうに見えてしまうかもしれないが、素直に5pの受け入れを取りにいった。

    3afd944a02e3c61b88d5e9efc2706542d43e264f
    すると、金のリーチ宣言牌がなんと5p。これをポンしてテンパイした園田が、次巡に金から9pで5800。これでトップを決めた。
    当然といえば当然の手順かもしれないが、そういう手順を間違えずに踏める揺れないフォーム。
    時折見せる「狙いにいった打牌」が注目されがちな園田だが、こういったベースの強さにもぜひ注目してみてほしい。


    【2回戦:「カテナチオ」渋川の確実に仕留めるダマテン】

    「カテナチオ」というチームがある。
    カテナチオとは、サッカーイタリア代表でもお馴染みのイタリア語で、錠前のことだ。
    つまり、ゴールにカギを掛けるように守備が強いチーム、という意味合いで使われる。
    チーム名に守備という明確な雀風を入れるのは、自分たちを縛ることにもなりかねないが、そんな心配は渋川によって杞憂に終わらせられる。

    ASAPINが先行して迎えた東2局、渋川にテンパイが入る。
    1f239451c9d8d49a4e433ce83ce08e4fa734686c

    ドラが2sなだけに、3s切りリーチで1300・2600を取りに行きたくなるところ。ダマテンにするにしても、ドラカンチャンに受けてしまいそうである。
    一方、渋川は打1sのダマテンを選択していった。
    これは懐が深い。
    2p、3pでのイッツーをメインに、南連打でのオリまで見据えた守備的な1打。
    正にカテナチオの名にふさわしい手組ではないだろうか。
    9d5c00036ec949d8ac93776c910a973f4e3c5950

    すると、新ドラ5pが乗ったところで引いた6pでテンパイを崩し、あっという間にホンイツを完成させて見せた。
    a778243ec9db5ec25108d5f31ea596ad5f404779

    ここからは完全に渋川劇場。
    c79091cd8e5ae8f653d2716405d415fa863d20aa
    次局にはチートイツと断定できない捨て牌にも関わらず、前巡1枚切れの中単騎を念入りにダマテンに構えると、すぐにツモって3000・6000。

    さらに次局には松ヶ瀬のオヤリーチを受けてツモりスーアンコに変化。
    99498fc47678b9ad6bf56d56e61422a541992b21

    5s切りでシャンポンに受けると、ダマテンのまま無スジを何枚も切り飛ばすと、終盤に松ヶ瀬から12000。
    a8d26c2cff1968af49ce2a57513aaef082a3b589

    実に3局連続のダマテンアガリで、渋川がカテナチオらしいトップを取って見せた。

    2e627f687d01864ff5fb0139533e23822efe411d

    【3回戦:門前手順もすごい!仕掛け屋・小林の捨て牌作り】

    小林剛といえば、仕掛けのイメージが強い。
    今回も、まずはクイタンドラ2の5800をアガると、1本場ではこの「雀頭をなくすポン」。
    8713d03abec747b7c1d7b5094907c79f49a88b5b

    この雀頭をなくす役牌ポン、私は小林の最も得意とする仕掛けだと思っている。
    雀頭がないがゆえに、重なりやすい牌(→安全度が高いことが多い)を持ち、安定感を保ちながら手牌を進行する。
    これが小林剛の極意「雀頭クラッシュポン」である。
    ここでも、安全度が高く、かつヤマに残っていそうで、出アガリも期待できるという3拍子揃った1s単騎テンパイを組むと、2p5pへの手替わりチャンスが訪れる。
    a6324695bbff7a7b3fde19fc25ca0661c94471b6

    確かに1sを切れば両面になるのだが、出アガリのしやすさを踏まえれば、1sも2p5pと遜色ない。
    ということで小林の選択は5pツモ切り。
    b3ecf324521debe626f57c7fe33ad6bdbe237bd8

    そして、茅森からリーチが入ったところで9pと1sを入れ替え、魔法のような1000オール。
    もし2p5pに受けていたら、9pをツモ切っていたはずなので、このアガリは拾えていない。
    テンパイのその先へ。
    小林の仕掛けにはテンパイの向こう側が存在するのである。

    一方、小林の門前手順はどうかというと、こちらも非常に面白い。
    小林の特徴として私が思うのは、意外と門前三色が多いということだ。
    eecd9867a87d8864ccfb2fd71a689b6a0b0e113d

    ここでも石井から三色ドラ1の5200をアガるのだが、小林にはこういう愚形三色のダマテンが多い。
    なぜかといえば、仕掛けてアガることを考えた場合、役牌がなければ鳴き三色や鳴きイッツーが次点のターゲットとなるからだ。
    それらを狙って不運にも仕掛けられなかった場合、必要牌を自力で引いてしまうと、愚形三色の完成となるのである。

    ただし、あくまで門前でいけそうにない手で三色を狙うだけで、リーチできる手では無理に三色を狙わない。
    f0be5bea70ed717514176bc016f5c629c32c2109
    トップ目で迎えた南1局オヤ番。
    みなさんなら何を切るだろうか?
    ①打8sとし、7s引きの三色変化を待つか、②5m切りでマンズの3面張変化を待つか、というほぼ2択ではないだろうか。
    しかし、小林はどちらでもない。
    ③3面張を見ない打5mである。
    小林にこの手を打たせると、こんなリーチになる。
    30eb4ea2ea709783d1ba610d2d00fb03e20012cf
    どう打っても、リーチピンフの1s4s待ちになることには変わりないだろう。
    注目すべきは河である。
    上記①か②を選択した場合、想定される河はおそらくこうだ。
    西8s南8s(リーチ)
    西5m南8m(リーチ)
    一方の小林は
    西5m8m南(リーチ)
    どの捨て牌でリーチされるのが最も嫌だろうか。
    私は、小林が選択した③が最も嫌である。
    唯一、チートイツも意識に入る捨て牌だからだ。
    そうなると、切れる牌が少なくなるので、迂回ではなくオリになりやすい。
    小林は、この「チートイツの可能性を残す捨て牌作り」をたまに見せる。

    2m3m4m6m7m9m9m1s2s3s4s4s6p7p

    こんなところから、9mではなく4s→1sと切ってみたり、といった具合である。
    確かに、打5mで3面張への振り替わりは見るのだが、それはたった1巡。
    それを1巡にすることで、小林は「他家の迷い」を買っているのである。

    98f3a44c4bac97cd9724c5aff2be5c4ef1164f3b
    結果、ドラが固まっていた浅見に真っすぐ押し返されるのだが、1sツモアガリの2600オールでトップを決めた。
    たった4巡の捨て牌だが、仕掛け屋らしい捨て牌作りの技がキラリと光る1局となった。

    【4回戦:背水のりんの、チームに初のプラスをもたらす】

    今回、リーダー権争奪戦を勝ち抜いて16人目のリーダーとなったりんの。
    しかし、りんののチーム、「なおちゃんのしゃかりきチーム」は、ここまでオールマイナスの最下位と苦戦していた。
    ここでマイナスすると、早くも厳しい状況に追い込まれるが、そんな背水のりんのが早々にこのマンガンをツモってトップ目に立つ。
    4a5ce3c8e07132b61549ea4b7faa07486028a7ac

    しかし、そこに近藤が立ちはだかった。
    9ca8492d5cf6f755f06d28407709bb2f6cf9ac39
    ドラアンコのタンヤオをリーチして6000オールにしてしまう荒業で、りんのをまくってしまう。
    そこから2人のトップ争いが繰り広げられながら進行したが、オーラスを迎えてオヤのりんのがトップ目となっていた。

    92b832583b432f64c4c4784c2081de953608973d
    そのりんのが2枚目の東を渋々仕掛けて2フーロの500オールを決めると、これが決め手になり、リーダーがチームに初トップをもたらした。

    fa23fe4a0f6a63014b1a515948dfc72785ed90f0

    第1節を終えて、トップは昨年度優勝の「おじまご」。
    果たして、盤石とも思えるおじまごをまくるチームは現れるのだろうか。

    第2節は、1/31(水)11:00よりニコニコ生放送およびFRESH!の「麻雀スリアロチャンネル」にて放送予定!

  • 妖精ちゃんのブロマガ その17

    2018-01-17 18:00

    みなさん、こんにちわ♪
    妖精です。

    新しい年を迎え、早いものでもう半月終わってます。。。
    早いよっ!!早すぎるよっ!!!
    半月過ぎても今年の目標、明確に決めきれずにいますwww
    今月中には決めたいです!!!

    さて、去年の年末は私にとって大きな変化がありました。
    それは。。。

    ゲームの達人 番組担当卒業

    人狼チャンネルで放送している、片山まさゆき先生のボードゲーム番組です。
    私が番組担当なんて。。。とドキドキしながら、片山先生にご挨拶に行ったのが、
    4年近く前だったと思います。

    優しい片山先生と楽しい出演者のみなさん、温かい視聴者のみなさんに支えられて、
    番組開始から3年半も担当を続けることができました!!
    いやね、冗談抜きでもっと早く担当外されると思てたんですよ。
    なのに3年半て・・・本当に感謝しかありません!!
    関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました!!!!!
    番組はこれからも続きますので、今後もぜひご視聴よろしくお願いしますm(_ _)m
    今月は1月30日(火)19時~人狼スリアロチャンネルで放送予定です。



    そして、最後のゲームの達人を終え、年末年始のお休みをいただき香港へ行ってきましたよ!!
    初めての香港。
    0efd2b94bcedcb7316711c3fbf8881337f428b2e
    86ac3fab106fa6508a19bc4d6fc77ad91ef531ca

    とりあえず、夜景で有名なビクトリアハーバー
    まだ夜景には早かったけど。


    夜はこれまた名物のオープントップバス
    でも、最近は建替えで看板が減っているそうで、それほどスリル感がないっていう(^_^;)
    e40edc701d75e0f89cb3e8c2281b31ce87b71ed0
    9fe6b5338329118d94cc1768e5efccca1896e008

    ピークトラムに乗ってビクトリアピークへ
    優先ゲートなのにだいぶ並んで乗りました…
    cdf6fa4f53b76ed4e780eeab2171724bf4aaaffd
    876d864c5c011d465b9e98cccf2b2891a261dde9

    ビクトリアハーバーの夜景
    ff03377ef304c432fae1846456d91681b88622c1

    なんかモヤみたいのかかってますよね?
    これって大気汚染の影響もあるらしい。
    滞在中、大気汚染状況、PM2.5とかの通知がよくスマホに届いてたんです。
    東京ではなかなかみない通知だからびっくりした!!

    それから、初日で思ったこと。
    それは人の多さw( ̄△ ̄;)w
    年末年始だったからなんでしょうかね???
    人が多すぎて、どこ行っても待たされて、初日から疲れましたwww
    40bc2ae30f013c2762b825717fc3b1f969b8b93f


    大晦日は1日観光ツアーを申し込んで、夜はカウントダウンクルーズに行って、
    船の上から花火を見ました。
    去年シンガポールでカウントダウンをした時、海の周りに規制がかけられることを直前で知って、
    近くで花火を見られなかったので学習したのです(`・ω・
    ´)ゝ

    朝のビクトリアピーク
    すがすがしかった~
    ceb468ae6cad9e77e528d64310e9f2a7db321577

    香港仔(アバディーン)
    ジャンボ・キングダムレストラン
    777902dfe1c9a918facd34bd761e6df459221154
    959b0038c59af11259c8dff31e53a98bb8973760
    64754691a791de86653c1f7b391b8a5beb42e363
    12af27de2954aa9850114a8e13db7389f431eccd
    レストランには行ってないですが、この裏にこの地に元々住んでいた漁師さんたちが今でも水上生活をしています。元々かなりの数の水上生活者の方がいたそうですが、国の政策でどんどん数は減り、奥に追いやられてしまったそう。
    今はレストランの裏にひっそりと船が停泊しています。
    その名残でポンポン船という昔の船でレストランの周りを回ることができます。
    レストランにも船で渡ります。

    浅水湾(レパルスベイ)
    天后廟
    6da571af3ab2fbff8b5637bc295ed1676adca536
    9b776130cfa741e5d2483e7443e412bb528839be
    ff137542b7bbfb9eb154003d9b65fc386ca81bc5

    68bff9c313ff8a7d149f634ddd72f02814f81868f7c9daa229aa31716c71fd0952abbe9884309da9
    3efb92d09fc6896669ba4dcaf9f0005ff47980e8

    たくさん神様がいます。
    寿命が延びるとか良縁・子宝に恵まれるとか…
    とりあえず、なでると金運が良くなる!!という像をこれでもかっ!!!
    というくらいナデナデしてきました♪


    スタンレーマーケット(赤柱市場)
    bfe63462d1a70428d2ff9fc54e963b4ce890fe2e

    色んなもの売ってます!
    海辺にはカフェとか食事できるお店もたくさん。


    黄大仙
    52cea35a0af65298567c3947b5e3596368676011
    4a42790c0631651bdc95af4302b87aa78ca4ae53
    9befbafcc7167ca691e4b3520930679e6502e80d

    いやーすごい人!!
    他人の持ってるながーいお線香で火傷することがあるから気を付けて!!
    ってガイドさんが言ってて、そんなに?!って思ったけど、何度も危ない目にあいましたwww

    ここ、占い師さんがたくさんいます。山ほどいます。
    自分でも占えるんですが、混んでて警備員ぽい人怖かったし、やり方調べてなかったので、
    占い師さんにお願いしました。
    日本語話せる占い師さんがいるのですが、待ち時間が長そうだったので、
    ガイドさんが通訳してくれると!!!
    長年ここで占っているベテラン占い師さんにみてもらいました♪
    結果、もう思い当たることしか言われず、母と2人、若干ビビルるくらいでwww
    色々占っていただきましたが、重要なことはいい意味で今年来年ヤバイ!!
    ってことです。
    今年は新しいこと始められそうだし、もうウキウキしかないですね
    (ノ´∀`)ノ♪
    あとね、幸運の手を持ているようですwww


    ホテルでちょこっと休憩して、いよいよカウントダウンクルーズ!!!
    ca26ea4767772b5ec25cba088724e76d79c9799f


    船の写真撮れなかったので、お借りしました。
    二階部分でお食事して、一階部分から花火を見ました。

    出航の1時間くらい前からかな?
    ウォームアップパーティーとやらをやってるんですけど、
    軽いおつまみやお菓子とビール・ソフトドリンクをいただくことができます。
    DJがいて、フェイスペインティングや文鳥占い?なんかが無料でできます。

    私はちょっと寒かったし、椅子も少ししかないので、
    正直行かなくてもよかったなwww
    母情報だとトイレは2つしかなく、さらに汚くて、
    1つは便座が割れたままで使えないところがあったとか。
    8f2c7a6b6d4dd68c7626da11c0acc1e5c177c5e0
    62eb22d720266a2420d283ccaa879e425a9695dc
    51b34c6c92ba0dfeed004520b3dcef19eaa9451a
    f09ac9bfe975f8aebd8dad40d64b4e23dc9a3af2

    そして、21時過ぎに乗船。
    結構なお値段したんですけど、人多すぎてゆっくり食事はできませんwww
    人気メニューには長蛇の列なので、並ぶのも覚悟しないといけない…
    飲み物も取りに行かないといけないので、まとめて何杯かいただくようにしてました。
    テーブルにはパーティーグッズが1人に1つ用意してありますよ!
    62e036f60108068d6c032744978a09158e672bd4
    7be5b4c1c59341e70351a91ed14098c3d92dfc91
    a01324cb96c21b369ff20fdedd0f08470b36bdb4

    食事は正直美味しいものがあまりありませんw
    料金のほとんどは、カウントダウンの花火を見るための場所取り代ですね(^_^;)

    食事が2時間くらいかな?そのあと、一階に降りて花火を見ます。
    でも、ギリギリに行くと前に人がいる状態になるので、少し早めに行くのがオススメです。
    まあ、後ろでも数人前にいる感じなので、見れないことはないですが。

    c87e914eb1672d88140b02a52fb109758d487678

    で、海の上も大混雑www
    昼間に「あのクルーザーだと2億円くらい。あれだと4億円くらいかな?」
    ってガイドさんが教えてくれたクルーザー達がわんさか集まります。
    セレブさんたちはこうやって年をお越しになるんですね~

    そしていよいよカウントダウン!!!
    3!

    2!

    1!

    Happy New Year!!!!
    a6d338c8935515271fca69565a9c8346ead4e70f
    pic.twitter.com/8zMtmMeCiD
    ↑動画はTwitterに上げてます!

    13分間の花火
    すごく綺麗でした✨
    今年はちゃんと見られてよかった~
    日本より1時間遅い年越しをし、その余韻を残したまま、お酒を飲みながら港に戻りました。


    元旦は香港島を散策。
    結構歩きました!
    80d65f9a61f64ec592dee4c34d46d73cd70e9c11

    龍麺館
    お昼を過ぎてそろそろお腹もすいたので、
    通りすがりのこちらのお店でランチ。
    外のポスターに「Michelin Guide 2018」の文字があったので、
    おしゃれだったし入っちゃいました。
    日本語メニューがなく、創作料理っぽかったので、
    広東語や英語ではなかなか判断が難しいので雰囲気で注文www
    味は・・・
    4e5554d9fd8b7bd6a9c3a6efd8ff9794ec7a9b71
    9c2f4f5004032f172e742cf4bcd2e2b953131fa2
    213efb65e6924d85024ca675db096267e20f955f
    495986ff8c4c5c573d81c5aacb00d440162d722b
    737bbbe7cf1cf931ffb43cba7a40a9bdd0aaba2a


    摩羅上街(キャットストリート)で見つけた麻雀牌
    牌の種類は日本と同じですかね?
    49c58b3217e9ef73ed393652b53ff3c8b2fab871


    文武廟
    ぐるぐるのお線香たちが有名です
    f9a6ba4f7c6d24f4e17f7335d3311646e2cbeb69
    736c59bece50aba56563eec8d962630e6b1baeb1
    aa25618487f377ba71692faf786e4c2fa15780ba
    a97e0d0bd91f30b1d5e6645b04ef84189492b19e


    地元で人気のエッグタルト屋さんと蘭芳園
    蘭芳園は軽食なんかが食べられるカフェみたいなところ。
    エッグタルトと蘭芳園のミルクティー
    a7aa9854af72bd1cf39b270ffd928808c5d5d812
    78a2c8e6cff2207a4031e3b3812a443ab0bb885f
    6ac49eaa17acdf1fdbd54c696577ee1d21881a03


    夕食は本格広東料理
    アワビにホタテに蟹
    新年だから豪華にね★
    これでも食べきれなくて、パックにつめてもらって、お持ち帰りしました。
    da7d4e4f95473eb6b41ed0f6a1f2002516857824
    6cb3b0547b93e723acb9e18ffbc6c158b1a3e1c6
    8dab1b67b47a7d706f8acaea0a1bf4d85ccafebb
    d0c4b60e0817b51da91452de68fd493240498309
    で、このレストランでおつまみというかお通しみたいに出てきたコレ
    ピーナッツに韓国のりみたいなのりと白ゴマがあえてある。
    これがめっちゃ美味しい!!!
    香港で食べたものの中で1番美味しかったんじゃないかってくらい美味しかったwww
    なので、この正体をご存知の方はご一報くださいm(_ _)m


    あと、香港を歩いていてとても気になったことがあります。
    それはコレ
    3504b92f080eb82801754423ae3c0540f535bb91
    37d0c50fea165d3adff8e9da751c0c0279ca7b88

    見えますかね?
    この足場、全部竹なんです!!!!!
    どんなに高いビルでも足場は竹なんです!!!!!
    あちこち工事しているの見たんですけど、どこもかしこも足場は竹。
    これって安全性とかどうなんですか?
    大丈夫だから今でもこうなんでしょうけど、怖すぎる(ノll゚Д゚llヽ)


    最後の夜は、シンフォニーオブライツを見て、
    オシャレなバー的なところにも行ってきましたよ~♪

    1つお伝えしたいのは、シンフォニーオブライツってギネスに登録されていて、
    めっちゃ有名なショーなんです。
    なんですけどね、拍子抜けするくらいあっけなく終わりますwww
    なので、わざわざこれを見に香港行きを考えている方は、
    ぜひ再検討されることをおすすめしますm(_ _)m
    d6cce547a344f6b2333dde9fc23526c8c2384231
    735515f2999d1ecfe7c32109883bde0c4b57300c


    そんなこんなであっと間に3泊4日の旅が終わりました。
    全体的には楽しかったですが、ご飯はあまり美味しいと思えるものに出会えませんでした(T_T)
    ここに出てないものも街歩きして色々食べたんです。
    食べるの大好きな妖精としては、ちょっと物足りなかったかなというのが正直な感想です。
    ですが、一度は行っておいてよかったな♪と。

    長々読んでいただいてありがとうございました!!
    次の年越しはどこで過ごそうかな?


  • 2018-01-11 18:00

    みなさん、こんにちは。好きな眼薬はマイティアCLクール、スリアロの泣き担当・新井です。

    とくにみなさん気にも留めていないと思っているのですが、各スタッフが書いているこのブロマガ、それぞれタイトルがあるんですよ。僕の場合は「酒と泪と新井と女」。わざわざ言うまでもなく故・河島英五さんリスペクトなタイトルなわけですが、僕、別に泣けるような話書いてなくね? と気付いてしまったわけです。

    え? 14万ボッたくられた話? あれは笑える話なので、ジャンル違いです。

    というわけで、最近泣いた話ないかなぁと振り返ってみたのですが……ありました。珍しく、麻雀の話をしようじゃありませんか。

    12月30日、麻雀スリアロチャンネルの2017年ラスト放送として行われた「四神降臨2017クライマックスSP四団体対抗戦」。最高位戦日本プロ麻雀協会、麻将連合、日本プロ麻雀協会、RMUの麻雀プロ4団体によるお祭り対局番組です。放送に向けての事前準備の段階、僕がやっていたことと言えば緊縛ショーの動画編集をしたり、自作の官能小説を熱筆したり、ちょっと親に報告できないような日々とても楽しい日々を過ごしておりました。

    そんな感じでのんべんだらりとしていたわけですが、放送当日、僕は対局室に常駐するというお役目をいただいておりました。対局中の写真を撮ったり、カメラの微調整をしたり、対局者から何かしらのリクエストがあった際にお応えするなど、やることは多岐に及びます。ただ、それ以外の時間はプロのみなさんの息遣いを間近に感じながら特等席で対局を見守ることができるという、一麻雀ファンとして実に胸が高鳴るお仕事なのです。

    大会当日は5回戦、計20名の雀士が登場しました。それぞれの熱戦をハラハラと見守りながら、迎えた最終戦のスリアロMVP対決。最高位戦は園田賢プロ、麻将連合は石原真人プロ、協会は松本吉弘プロ、RMUは多井隆晴プロ。それぞれ2017年のスリアロ、そして麻雀界を大きく沸かせてくれた立役者の方々です。

    そんな人たちがですね、打っているんですよ! 僕の目の前で! 麻雀を!

    そりゃあ仕事ですから、普段はあくまで冷静に、粛々と対局の様子を見守っているんですよ。ただ、この日ばかりはみなさんの対局する姿、打ち筋、熱量、どれを取ってもあまりにみなさんカッコよすぎまして、なんかいろんな感情がゴッチャになった結果、東2局くらいでこうね、いきなり僕の目からね、涙がホロリと落ちてきたというわけです。

    思い返してみても、我ながらなかなかキモイですw だって、東2局ですよ!? 最終戦で誰かが勝ったとか負けたとか、そういう場面ならわからんでもないですが、別に勝敗が決まっているわけでもなんでもない場面ですからね!?

    いいですか? みなさん! 麻雀はね、泣けるんですよ! 一対局風景だけでもね、僕みたいにいろいろこじらせている人は泣けちゃうんですよ!

    今年も麻雀スリアロチャンネルでは、そんな魅力的な番組をじゃんじゃんお届けしますよ! 1月17日(水)からいよいよ始まる「All Star League2018」なんてね、今から僕は泣くと予告しておきますw 去年の決勝戦閉会式、愛内よしえプロのあいさつヤバかったなぁ……

    あ、All Star Leagueの特設サイト、今年の出場選手一覧と大会スケジュールが掲載されていますので、ぜひぜひご覧くださいね~ノシ