• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

熾烈な残留争い!内閣総辞職か?Ogawa no owariか? The All Star League 2018 第6節観戦記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

熾烈な残留争い!内閣総辞職か?Ogawa no owariか? The All Star League 2018 第6節観戦記

2018-03-05 18:15
    2/28(水)11:00よりニコニコ生放送およびFRESH!の「麻雀スリアロチャンネル」にて放送された、The All Star League2018 第6節の様子をお届けします。



    レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。
    aae77e438c5395fd068d882f323092d37b154b76
     

    【1回戦:順風の木原にたろう反撃の結果は・・・】

    ea8d8a9fdb4e67d154d5dc62b3eaf37a9ba88c04
    今節終了時に下位4チームが敗退となるため、下位チームは絶対に負けられない。

    しかし、先制したのは敗退の心配がない首位の『おじまご』木原。
    ドラ8pで何切る?
    96ab84974cbf6881b139222bc77259b1adadb57a
    チートイツも残す6m?
    真っすぐ進める2p?2s?
    それとも少しひねって3m?


    1cc00fdbf719bdb26eae1b41aaf5fbce6abd849b
    はい、なんと何を切ってもアガリです。
    打2pを選択した木原は2pを3枚並べてしまうも、マンズが伸びてリカバリー。すぐにたろうから2sで5200を打ち取った。
    正に順風。
     
    一方、当然黙ってやられるわけにはいかないのはマイナス勢の3者。
    d502629f59fc200c9c16ec5633eea22212cb23e1
    たろうがアガリ可能性の薄いテンパイを取らず、赤5p切りリーチにいくと、ハネマンを引いて木原に並んだ。
    638b36e448e0aeba3c2820d27667d56e45c2a350
    すると、たろうが勢いそのままにオヤ番でも先制リーチをかけていくのだが・・・

    d69734be524e5d43307000baac0fabac78a15d26
    アンパイを切っていた木原がテンパイ打牌の4pだけきっちり押し、北ドラ3の8000をたろうから直撃してトップ。さらにプラスを重ねた。

    ac77509846027d25c701dccbc31f7785d37c253a


    【2回戦:河野高志のチーム愛!課金アイテムを着た松嶋の追い上げ】

    b212978b35af2d9056721751d5f9dbc957040470
    対局前、『チームMKHY』のリーダー河野は言った。

    「チームメイトの柚花さんと松ヶ瀬をもっと世に出していきたいんですよね。そのために途中敗退するわけにはいかないので、ぼくは今日絶対に負けません」

    ちょっと待て。
    河野高志とは、麻雀強い陽気なおじさんじゃなかったのか。
    これは、キャラに反してかっこよすぎるだろう。
    そして、そんなセリフからの4000オール2連発。
    86916bd5d00b57b77a4e18811f5f75e44061262a

    0da58bddbe8bf6812e1afed0afe44fbbebf88634
    東場で早くも6万点に乗せてしまう。
    さすがにこれはかっこよすぎである。
     
    しかし、ここに松嶋が立ちはだかった。
    78fb6ed6b42abf24a252ecda4f5c074896cd61f0
    松嶋「私、オカルトとか信じないんですけど、この服を着たときに4半荘打って4回ともトップで、まだトップしか取ってないんですよね」
    ちょっと待て。
    そんな課金アイテムありなの!?
    とはいえ、河野とは4万点以上の差。さすがにスーパーレアアイテムの「トップしか取らないワンピース」をもってしても、これをまくるのは大仕事に映った。

    その松嶋のオヤ番。
    c8f3a8556442b9fd01521a6f801459ca4cec8af5
    ジュンチャン三色ドラ1のターツが足りた好配牌をもらうと、2巡目には望外のドラアンコ。
    9pや9sがポンできたときに上家から鳴きやすそうなピンズを残し、松嶋は打2sとした。
    すると、ここから愚形をすべて払って両面リーチ。あっという間の6000オールとなる。
    8eb87e5944b4ccacd9840b2d0ffba9f8579981c9

    とはいえ、河野とはまだ2万点ほどの差。
    その差はやはりなかなか詰まらず、松嶋南場のオヤを迎えた。
    d5da8dfdcd14f41e6cc829df00dee9f4ee7e8fb3
    すると、もう後がない多井が少々強引にカン3mでリーチ。1半荘80分という制限時間も迫っているため、自身のオヤを持ってくるためにもさっとアガりたいところ。
     
    しかし、アガったのは松嶋。
    08ffba6f675facc8137a5675161bf3acdcdba94d
    イーシャンテンからきっちり押して追いかけリーチをかけると、多井の6pを捕まえて12000。
    なんと、河野とわずか1200点差で制限時間80分を迎え、最終局に進んだ。
     
    最終局では冨本が3着を決めるこのアガリ。
    104c34fcc29281de9c5bdbb1146cfaa6bcbaec73
    この3900を打ったのは、なんと河野。
    ということは・・・松嶋のトップである。
    なんなんだ、松嶋がトップになるべくしてなったようなこの展開は!?
    当然松嶋がきっちり打った結果なのだが、それにしてもできすぎではないか。
     
    松嶋さん、そのワンピース、ぼくもほしいです!
    どこで売ってるのか教えてください!
    190c5e2a28d962879293ad9acea9d8fa640cb8e1


    【3回戦:足木、第3の選択とチームミーティング】

    671e7f92dbda18a641c16ecfd077bc3d29e2f15b
    さて、何を切ろうか。
    思うに、この手牌には基本的に1つしか選択肢がない。
    打9sである。
    対局後、『チーム感覚派☆』のチーム反省会を近くで聞いていたとき、堀が言った。
    「これは基本的に9sしかないと思う。高目234の三色で両面×2の好形。仮に8sを引いても、1sを切って234、345両方の三色が追える形になる」
    その通りだと思う。
    堀は続けた。
    「百歩譲って、ピンズかマンズどちらかを払うとしても、払うのはマンズじゃない?場に安いピンズを残した方がいいと思う」
    これも正しいように思う。実際に私もそのように解説した。
     
    では、足木は何を切ったのかというと、4pだったのである。
    足木が言うにはこうだ。
    「6s3枚見えで8sがいいからカン8sは残したい。マンズは、下家の金さんに鳴かれたら嫌だなと思った。1枚目のマンズを鳴かれて、2枚目で当たる可能性まであると思っていた」
    これだけの好材料をもらいながら守備を考えるのは、なかなかに独特の感覚だろう。
    この第3の選択肢に、私は最初何が起きたのかわからなかったが、確かに言われてみれば面白い。

    f1d5216f4d57b97e4459c3a147a0dc3265f07497

    そして、8sを引き入れてリーチをかけると、基成がテンパイから5mを掴んで足木の12000。

    ffb92dd708ccaf1af6cc8f36ca678e56dea83d72
    なんとこの間に5枚残りの2p5pが顔を見せないのだから、足木の感覚には恐れ入る。
     
    すると、足木。1本場でも独特の選択。
    2dd6c5933d0dfb2ddcc59ff9ab3721334d1ab4a8
    ダブ東をポンして2mを切れば7700テンパイなのだが、テンパイ取らずの打8pとしたのである。

    988ec2248f793695dd294b4f8ae1be158ab08a60
    そして、4000オール。
    おそらく多くのプレイヤーがアガれないと思われる4000オールでトップ目に立つのだが、これをまくっていったのは金。
    c0992f5971d23db213673072fabda32e6c570ade
    2枚切れの發をツモって3000・6000。
    トータル上位の金・足木ワンツーフィニッシュで、りんの・基成はチームとして追い込まれた。
    c01c843a0debc72f0a6d61eb6a26fa7ab9630270
    そんな中、たった今基成のラスで14位の敗退圏内に入ってしまった『シンデレラwith B』の石井にトイレで遭遇した。
    石井「ちょっと来ない間にすげえ負けててビビった(笑)」
    確かに、チームは前節と合わせて250以上負けている。
    石井「まあ、なんとかするしかないね」
    最終戦を打つ石井。トップ条件という厳しい関門なのだが、緊張の色は全くない。
    51329619503a6f3d28eeaa6b669d17f8ee2ea380
    いつも通りに笑っていた。
     

    【4回戦:内閣総辞職か?Ogawa no owariか?通過できるイスは1つだけ】

    最終戦放送卓の中でほぼ1チームが敗退となる。
    最もその確率が高いのは、『第二次大平内閣』だ。
    d2b37ed642279fb546aa02ba62f1e033d63b921a
    少なくとも連対条件。できればトップがいいが、2着の場合でも『逆襲のファンタジスタ』をラスに沈めて18900点差をつけるとほぼ確実に残ることができそう。
    逆に、3着以下なら内閣総辞職決定である。
    5619dcf226f04866ae459cd2025fa7d376cc4a5f
    その直対相手となる『逆襲のファンタジスタ』。
    勝ち残り条件は・・・
    綱川・鈴木「小川さん・・・ラスだけは絶対にダメですよ。ラスだけは!(笑)」
    昨年度、チーム『Ogawa no owari』でいきなり敗退となった悪夢がよみがえる小川と浅見。
    チーム名通り、今年は逆襲できるのか!?
     
    いきなり鋭い仕掛けを見せたのは小林。
    330ff936b2b9ff61fdf988148a81c3af23018ed1
    オヤでこのピンフかタンヤオの好形リャンシャンテンを8mポンから入り、さっそく門前を壊していく。
    b94436cc1e2fd11a62435ea53406b273e7300dd3
    そして、電光石火の2900。
    連対条件とはいえ、できればトップがほしいこの状況でこれをあっさり仕掛けられるのはやはりすごい。
     
    すると、東2局に早くも運命の分岐点。
    c9ab6aa6c4ac8f62343216cfabde5ed28d7ee6e2
    日向が早々にマンガンのポンテンを入れる。
    ここに、2mが浮いていた小林と小川がピンチを迎えた。
    まず小林。
    c03fde35061c3ecef89a875bbe70a990dac3f767
    マンズが濃い日向に対し、機能の高くない2mを先に打っておくことは十分考えられる。
    これは危ない!
    危なーーーーい!
    しかし、小林、いったん打南で凌ぐ。
     
    次は小川。
    8020a49afe0c667cfad51549cd88e246e6f39f2d
    これも、雀頭候補として置いていた機能の高くない2mであるため、やはり先打ちしておくことが十分に考えられる。
    これも危ない!
    危なーーーーい!
    cade1921a70e7b82598eede4778766b8049890b6

    昨年度、敗退時に滝行にいった小川と浅見。
    8bff68036e59e6dfd8e3b91870ff17de86e69e05
    滝行でも足りないというのなら、それはあまりに厳しくないだろうか。
    このマンガン放銃で、小川が絶対に引いてはいけないラスを引いてしまう。
     
    トップはというと・・・
    45ec7a045c45a3810833ca1ea186f7d6c780706f
    お分かりいただけただろうか。
    光太専門家の綱川によると、「おっ!龍が出ましたね。小さめの龍ですけど、出ましたね」とのこと。
    みなさん、ぜひこの場面、もう1度動画でチェックしてみてください!
    ついに、龍を出した光太がウラも乗ったこの6000オールでトップを取った。
    小林は2着で小川との2着順18900点差もクリアし、卓内トータル3位。
    敗退は免れた可能性が極めて高いだろう。
    aba97047cf4e0ab577bf18f347ca8b64864d5fe0
    逆に、ほぼ敗退が決まったのは『逆襲のファンタジスタ』小川。

    833bb19c7ae0d5bd4881cc3fb58218a1d8136f74
    今年も小川の夏が終わった。
     
    さて、あとは集計結果を待つばかり。
    b15b5dded4cff095df6684768a527a06becaf52e
    条件をクリアして満足げな小林というサイボーグが非常にかわいい。


    しかし・・・
    baf94906e943264e83e17306382f2873551ff97f
    集計結果が出てみると、『第二次大平内閣』が敗退となっているのである。

    原因は、さきほどトイレで笑っていた石井と、この男。
    0b4ad3d2bd2a025ab2d92df102ad20bf1f72b44d
    『オタ!オタ!オコ!』多井、なんとマイナス140ポイントからの6万点トップで奇跡の生還を果たした。
    ついに4チームが敗退となったところで残りは3節。
    決勝進出チーム決定の瞬間を見逃すな!
     
    第7節は、3/7(水)11:00よりニコニコ生放送およびFRESH!の「麻雀スリアロチャンネル」にて放送予定!
    FRESH!→ https://freshlive.tv/threearrows-ch/191218

    ニコニコ生放送

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀スリアロチャンネルブロマガ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。