• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

中邑真輔、棚橋弘至、柴田勝頼……新・闘魂三銃士■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

中邑真輔、棚橋弘至、柴田勝頼……新・闘魂三銃士■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」

2018-04-09 10:22
    b0d9a471858cb54d8a20dcf5fc0f950a0b5f1aaa
    プロレスラーの壮絶な生き様を語るコラムが大好評! 元『週刊ゴング』編集長小佐野景浩の「プロレス歴史発見」――。今回のテーマは「中邑真輔、棚橋弘至、柴田勝頼……新・闘魂三銃士です! 




    <これまでの連載記事! クリックすると試し読みできます!>

    最後のムーンサルトプレス……天才・武藤敬司

    縁の下の力持ち!! 坂口征二の荒鷲人生<new>

    WARからイッテンヨンへ! ライオン・ハート時代のクリス・ジェリコ

    「情」で生きる佐々木健介の激烈人生! 

    プロレスラーで初めて大臣になった男、馳浩

    大森隆男のワイルドな全日本プロレスLOVE 

    暴走親方、諏・訪・魔!!

    嗚呼、阿修羅・原……修羅ごときそのレスラー人生!!


    冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った…

    完全無欠のプロレスラー!! ジャンボ鶴田

    超獣ブルーザー・ブロディ

    【涙のカリスマ】大仁田厚の邪道プロレス人生


    癌に勝った絶対王者・小橋建太

    “プロレス巨大組織”NWAとは何だったのか?

    呪われたIWGPが最高権威になるまで

    悲運の闘将ラッシャー木村、耐えぬき続けた人生 

    燃える男、アニマル浜口――!!

    “天龍番”が感傷に浸れなかった天龍源一郎引退試合


    全日本プロレスを二度は裏切れない……」秋山準


    馬場死去、三沢離脱……その後の全日本プロレス


    ジョー樋口、和田京平…全日本プロレスを支えたレフェリーたち 


    我らが英雄ザ・ファンクスの凄み!  


    猪木を超えられなかった藤波辰爾――プロレス職人と野心の時代

    レスラーの野心が謎を生み出す……SWSに狂わされた男たち!


    「俺のほうがUWFより強い!」 誇り高き仮面貴族ミル・マスカラス

    プロレス史上最も過酷な闘い! G1クライマックス

    『週刊ゴング』の創刊と休刊まで……闘いのゴングはこうして鳴った!

    80年代タイガー、90年代ライガー! ジュニアヘビー級の歴史!!

    “リングの現実”に殉じたNOAHの栄枯必衰

    昭和のプロレスを支えた影の実力者! さらば永源遥――!!

    史上最も愛されたヒール! 黒い呪術師アブドーラ・ザ・ブッチャー

    輪島、北尾、曙……プロレスラーになった横綱たち!!

    全日本プロレスのすべてを知る男、渕正信

    鈴木みのるを変えた“全日本プロレスイズム”

    高山善廣が「帝王」と呼ばれるまで

    「プロレス取材の難しさ」

    一寸先はハプニング人生! アントニオ猪木!!

    オシャレでスマートな昭和の頑固親父! グレート小鹿




    ――
    今回のテーマは中邑真輔、棚橋弘至、柴田勝頼の「新・闘魂三銃士」ですが、彼らがデビューした当時の小佐野さんは日本スポーツ出版内の異動もあって、プロレス現場取材はあまりできていなかった時期なんですよね。

    小佐野
     『週刊ゴング』編集長から編集企画室室長という役職に変わったのが99年1月のことなんですが、編集長としての最後の号は、あの橋本真也vs小川直也なんですよ。

    ――
    とんでもない大事件が最後に起きちゃったんですね(笑)。

    小佐野
     柴田や棚橋はその年の10月にデビューでしょ。中邑真輔は2002年8月のデビューだから、私は現場にいなかったんですよ。全日本プロレスはテレビの解説をやっていたから会場には行っていたし、新日本の会場にも顔を出せるかぎりは出していた。ただ取材ではないから、若手の頃の彼らとは接点がほとんどなかったし、とくにいまでも接点がないのが真輔。棚橋や柴田はその後、接点ができるんだけど、真輔は本当になかった。

    ――
    現場から離れた立場から、1・4事変以降の新日本をどのように見えたんですか?

    小佐野
     プロレスをやりたいのか、格闘技がやりたいのか、もうブレブレでわけがわからない感じ。中邑真輔も格闘技とプロレスどっちつかずで、両方できる人として育てられてしまっていたよね。あの時期だからこそ、そういう宿命を無理に背負わされてしまって「なんて中途半端なプロレスラーができてしまったんだろう……」という感想はあったんだよね。

    ――
    まあ、そう見えちゃいますよね。 

    小佐野
     あとから真輔がプロレスファンだったと聞いてビックリしたんだけど、そうは見えないぐらいプロレスがうまくなかった。サブミッションをやったかと思えば、急にラリアットをやってみたり、わけがわからなかった。サブミッションで勝負するならサブミッションでいけばいいのに、そこでなぜラリアットが必要なのか全然伝わってこないというかね。サブミッションをフィニッシュにするのはやめたほうがいいんじゃないかとすら思ったり。

    ――
    あの当時は総合格闘技が人気でしたし、プロレスでサブミッションを使うことは逆にマイナスなんじゃないか……っていう見方もありましたね。

    小佐野
     説得力がなく見えてしまうということだよね。プロレスリングではプロレスの技で戦って、総合では総合の技術を見せるような使い分けをすればいいんじゃないかって。混ぜたことでよくわからなく見えちゃっていたから。 

    ――
    暗黒・新日本は格闘技っぽさを求められたこともあって……。

    小佐野
     それからゲーム制作会社のユークスが新日本の親会社になったあと、武藤敬司が真輔からIWGPのベルトを奪ったときに「真輔はどうだった?」と聞いたら「いやー、新日本プロレスは、時としてああいう中途半端なレスラーを作っちゃうんだよなぁ」って言っていた。 

    ――
    低い評価だったんですね。

    小佐野
     「かわいそうなのは彼はトップだろ? 下からやり直せないじゃん」って。それが2007年、いまから10年前ぐらいのことだよ。

    ――
    その直後に中邑真輔は覚醒するわけですから面白いですね!(笑)。武藤さんが「ああいうレスラー」とは何を指してるんですかね。

    小佐野
     具体的に誰というわけではないんだけど、武藤は新日本の格闘技かプロレスかのどっちつかずがイヤで全日本に移ったでしょ。「このまま新日本プロレスにいたら俺のキャリアが潰されてしまう」ということで離れた。そういう中途半端なものを中邑真輔からも感じたんじゃないのかな。真輔も最初はどちらかといえば格闘技のほうで売り出されていたわけだしね。 

    ――
    国内2戦目は大晦日『猪木祭り』のダニエル・グレイシー戦でしたしね。

    小佐野
     真輔は8月に安田忠夫戦でデビューして、すぐにロス道場に行ったでしょ。その最中の11月頃、猪木さんと新間(寿)さんが和解したんですよ。

    ――
    そんなことがあったような、なかったような(笑)。

    小佐野
     なぜそんなことをおぼえてるかといえば、2人が和解した席に私がいたんですよ(笑)。

    ――
    あらま(笑)。

    小佐野
     帝国ホテルの『北京』という中華料理屋さんで、桜井康雄さんを仲介人にして2人は和解したんです。私は新間さんから電話をもらって「今日、社長と和解するから取材に来てくれ」と。別の部屋で待機してしばらくして部屋に呼ばれたら、みんな紹興酒を飲まれてて、猪木さんは「これは魔界倶楽部じゃなくて和解倶楽部だな」なんて言ってて(笑)。

    ――
    アントンジョーク!(笑)。

    小佐野
     猪木さんが凄く言いそうだよね(笑)。そのときに真輔の話題が出たんだよ。新間さんが「社長、いまの新日本で一番有望な若手は誰なんですか?」と聞いたら、猪木さんは「いまロスに中邑って奴がいるんだ」と。

    ――
    へえー、まだデビュー戦しかやってないのに。

    小佐野
     そうしたら新間さんは「私はいまだにビンス・マクマホンと繋がりがありますから WWEデビューさせましょう!」なんて新間節が炸裂したわけですよ。

    ――
    さすが新間さんです!

    小佐野
     私にも「おい小佐野!ビンス・マクマホンに送る写真を用意してくれ」なんて言われてね(笑)。それで写真を用意したんだけど。

    ――
    早すぎたWWEデビュー計画があったんですね(笑)。


    この続きと、朝日昇、アンドレ特番、宮戸優光×中井祐樹、レッスルマニア、安田忠夫、RIZINジャッジ対談などの記事がまとめて読める「15万字・19本の記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。