• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

壮年の試行錯誤!8sを小脇に抱えた渋川の意地! The All Star League 第5節観戦記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

壮年の試行錯誤!8sを小脇に抱えた渋川の意地! The All Star League 第5節観戦記

2017-02-20 16:00
    2/15(水)11:00よりニコニコ生放送およびFRESH!の「麻雀スリアロチャンネル」にて放送された、The All Star League 第5節の様子をお届けします。



    レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。
    現在の成績はこちら↓
    841e4422e543e565ea0eb43f60e950161de17782

    【1回戦:暴れん坊SHOW軍、17戦目の初トップ!】

    現在最下位の暴れん坊SHOW軍。なんとここまでトップなし。
    その状況を打開したのは、やはりこの男だった。
    最狂のサムライ、平賀聡彦。
    a72ab018ae782958331a2016b44909f5491c222c

    開局で三原から3sを打ち取り、8000で先制すると、続く東2局ではダマテンで近藤から8000。
    76157588a8a0781d1974ba78d2de133d2a92a99e

    この2発で有利な状況を作ると、危なげないゲーム回しで、13戦目にして初のトップをチームにもたらした。

    【2回戦:壮年の試行錯誤】

    孔子の教えとして有名なのは「不惑」の40歳。
    では、30歳はというと、「壮年」。すなわち、働き盛りであり、最も脂が乗った時期ということだろう。
    今を代表するノリに乗った30代の選手が集結した2回戦。
    根底にある考え方は似ているものの、その表現方法は四人四色。頭1つ抜け出そうとする試行錯誤が見えた。
    まずは園田。
    東1局で自風の北をポンすると、3巡目には早くもこのテンパイ。
    a7396475d7e8a8b491e39136e54a52a8557d4098

    次巡に石橋から4pが打たれるも、園田はなんとこれを見逃がす。
    巡目が早いこともあり、ピンズのホンイツを狙いながら、3900となる1pだけアガる算段だ。
    966d4dfd97aa42387fd81c90aa8961bc51ea8b4d

    すると、石井からリーチが入るも、直後に1pツモ。
    見事、最高打点に仕上げてみせた。

    このアガリで優位に立った園田は、その後も堅実に点数を積み上げていくが、そこに仲林が食らいつく。
    5382edcdb0a654be4d8abe2df09d403ceac79622

    自分で8m9mを切っているところにドラの7mを引くと、なんと直後に2pポン。
    食い延ばしも含め、絶対にドラを使い切る仕掛けに打って出る。
    すると、想定通り6mからの食い延ばしに成功し、1000・2000。
    993dc913b69c07eaceb2d3d03217a63667ccd5a1

    仲林が園田に迫った。
    こういった柔軟な仕掛けも仲林の持ち味だが、仲林といえばなんといっても勝負所での強烈な押しだろう。
    続く南2局では、石橋のリーチを受けてこの形。
    d3f93b8adcac0cec98a9dfbcc6f71598cd7d8c42

    石橋のリーチは8mの後に離れて6m切りリーチであり、7mも3mも切りづらい。
    かといって、石橋は南家であるため、生牌のダブ南も打ちにくく、いったん現物の2sをトイツ落としするのが無難な選択。
    一方、仲林は一発で7mを切っていった。
    すると、次巡にツモ4mでこの形。
    b388e26d62a63af0f9d3ad40f4e14f80f3ba1086

    やはりダブ南は切りにくいが、仲林の選択は打南。
    最高打点を目指せる選択というのは元より、園田との点差と待ちの薄さを考えると、リーチ棒も出したくないなど、ダマテンでアガれることのメリットが大きいと踏んだ。
    4ded6c8d9c78df0d24b9d154644d29e4ae450190

    すると、目論見通りのテンパイですぐに4000オール。
    結果的には2sから切っていてもリーチで4000オールになっていたが、最高打点を見ながらのダマテン4000オールとしたことに、仲林の強さを見る。
    0e6af5d133e97c5d2a36d5542b0552226e6a92bd

    仲林のトップで、Ogawa no owariがついに6節時点での途中敗退ラインを脱出した。

    【3回戦:8sを小脇に抱えた渋川の意地】

    チームとしての順位を若干下げて迎えた3回戦、渋川が絶妙な選択を見せる。
    c97ab2a66705e30cf1b31da692968d75eb5b7ef4

    南1局のオヤで、東をポンして切るところ。
    中をポンしての5800も魅力的だが、渋川はここから打7sでホンイツへ向かう。
    すると、ここから渋川らしさが炸裂する。
    8b40e51e70ee6e13420b8168b54ae58fc73871c8

    7sに続けての8s打ちが手順だが、渋川は生牌の南も發もツモ切って8sを残す。
    「ホンイツをぼかすために、8sを引っ張る」という意思表示である。
    危険度で言えば、8sという時限爆弾を小脇に抱えて走っているようなものであり、一刻も早くどこかに投げてしまいたい。また、自分の手牌という観点でも、ロスが生まれてしまう。
    しかし、プレッシャーに耐え切れず、この爆弾を早々に投げてしまうと、こちらの作戦が丸裸になってしまう。
    これは、作戦遂行に向けた渋川の意地だ。
    3a102cf408956f91fb790337b1d00aa283261460

    そして、中を引いてようやく打8sとすると、ツモ4p打2pでテンパイ。すぐにトップ目のたろうから3pで12000をアガり切ってしまった。
    ff243baf0c6523e91d334dd9b90d83786fbf13ea

    渋川がホンイツ確定の捨て牌なら、たろうはおそらく3pを打っていない。
    我慢比べに勝利した渋川。その意地がアガらせたマンガンだった。

    すると、南3局では、南をポンしてあっという間のテンパイ。
    e4d53f6220d038bc6a5718a40df2182eae027c67

    待ちも、ドラ表示牌の7pをトイツ落とししての9p・3pという絶好の待ち。
    47042f8c7457a6d1f5c0802401bf9cb4c9bb5bc8

    ここに、打点を追ってカン8p受けに形を決めた須田が9pを打ち、渋川がアガってオーラスへ。
    オーラスでは、新津の追い上げがあったものの、紙一重で渋川が逃げ切った。

    【4回戦:坂本、A級ツモ切りリーチで6000オール】

    思うに、麻雀におけるツモ切りリーチは、極端な手牌になることが多い。
    多くのツモ切りリーチは、愚形ドラなしかドラ1程度で、「手替わり待ちだったが、相手が追いついてきたためリーチで押さえつける」というものだ。
    そういったツモ切りリーチをB級ツモ切りリーチとすると、「高打点で待ちも良いのだが、相手が追いついてきたためリーチで押さえつける」というリーチがA級ツモ切りリーチである。
    さて、坂本のテンパイ打牌5mを水口がチーした次巡、ツモ切りリーチに出た坂本のリーチはいずれか。
    e4075e1dacca0f72964a8910ec18be5b9bb7dbd7

    A級のほうで、6000オール。
    この一撃で、坂本がトップを決めた。
    43b7675aefb54637d7a404668fb372ccd7b6640a
    5節終了時の成績はこちら↑。

    次節終了時に下位4チームが敗退となるため、この時点で気になるのは、成績上位チームよりも下位チーム。
    昨年数々のタイトル戦で大活躍の多井率いる麻雀エンジョイ勢が、まさかの敗退圏内。次節は、敗退回避争いに注目だ。

    鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)

    第6節は、3/1(水)11:00よりニコニコ生放送およびFRESH!の「麻雀スリアロチャンネル」にて放送予定!

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    麻雀スリアロチャンネルブロマガ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。