• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 沢田貴志氏:外国人材拡大に日本の医療のセーフティーネットは大丈夫か

    2018-12-12 23:00
    540pt

    マル激!メールマガジン 2018年12月12日号
    (発行者:ビデオニュース・ドットコム http://www.videonews.com/
    ──────────────────────────────────────
    マル激トーク・オン・ディマンド 第922回(2018年12月8日)
    外国人材拡大に日本の医療のセーフティーネットは大丈夫か
    ゲスト:沢田貴志氏(医師・港町診療所所長)
    ──────────────────────────────────────
     日本に、急増する外国人材を受け入れる態勢は整っているのか。
    多くの課題が積み残されたまま、12月8日の未明、改正出入国管理法(入管法)が成立した。来年4月から、新たな在留資格で外国人労働者の受け入れが始まる。政府は年内に総合的な対応策を決めるとしているが、具体的な中身についてはまだ何一つ決まっていない。
     受け入れる外国人労働者の人数も、首相が国会で5年間で34万人を上限とすると答弁したかと思えば、ただちに法務大臣がそれを否定してみせるなど、実際は今後何が起きるかは誰にもわからない状況だ。
    その一方で、法案採決の直前になって、外国人技能実習生たちの悲惨な実態が明らかになった。年間5000人前後の失踪者がいることは伝えられていたが、法務省の聞き取り調査の内容を野党議員たちが精査した結果、最低賃金以下で働いていた実習生が67%、10%は過労死ラインをこえて働いていた。さらには、2015年から2017年までに69人が、脳出血、急性心筋梗塞、自殺、溺死といった原因で亡くなっていたこともわかった。
     外国人医療に取り組んできた医師の沢田貴志氏は、外国人労働者が急増した1990年代、ビザなしの不法滞在の外国人が重症になって医療機関に担ぎ込まれてくることが多かったが、今後、同じようなことが頻発するのではないかと危惧する。今の技能実習生やアルバイト目的の留学生たちが置かれた状況では、病気になっても、解雇を怖れて医者にかかろうとしない人が多い。また、そもそも長時間労働で病院に行く時間がない人もいる。
     現行制度の下では技能実習生も、3カ月を超える在留資格をもつ留学生も、一応日本の健康保険でカバーされることになっているが、自己負担が大きかったり、保険料を滞納すると使えないなどの理由から、セーフティーネットとして機能しているとは言いがたい。無論、失踪してしまえば、健康保険そのものから外れてしまう。
     沢田氏によれば、外国人労働者の不法滞在が社会問題化し、ビザの整備など外国人の受け入れ態勢が進んだ結果、2000年代初頭には、日本にも多文化共生社会が生まれるのではないかとの期待が持てた時期もあったそうだ。ところが、2006年頃から、技能実習生やアルバイト目的の留学生などが急増したため、既存の制度では対応が追いつかなくなってきた。
     また2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催され、多くの外国人が日本を訪問することが予想される。しかし、ここにも危惧すべき問題があると沢田氏は言う。政府は今、五輪開催をにらみ、インバウンドの外国人診療における医療通訳養成の事業に力を入れ始めている。外国人医療全体の底上げになればよいが、旅行保険でカバーされる裕福な外国人のための通訳が中心となって、日本在住の外国人患者への対応が置き去りにされることになりかねない。医療ツーリズムなど成長戦略の一環として医療をビジネスとしてとらえる流れに抗うのは容易ではない、と沢田氏はいう。
     外国人材の受け入れが決まった今、日本が整備しなければならない受け入れ態勢とはどのようなものか。何が政府・国会の議論に欠けていたのか。30年間外国人医療に取り組んできた医師の沢田貴志氏と、社会学者の宮台真司、ジャーナリストの迫田朋子が議論した。

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    今週の論点
    ・外国人医療の暗黒期に逆戻りしかねない、改正入管法
    ・現在の外国人労働者への扱いは、日本人の行く先である
    ・通訳がいるだけで、外国人労働者のコストは劇的に下がる
    ・医療ツーリズムへの懸念
    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    ■外国人医療の暗黒期に逆戻りしかねない、改正入管法

    迫田: 本日は12月7日、国会は10日が会期末ということで、与野党の最後の攻防が繰り広げられています。入管法の改正案の議論を中心に対立の構図ですが、今回は外国人材拡大の問題を医療のセーフティーネットというところで考えていこうと思います。

    宮台: 基本的には、安倍政権が経済団体の要求する生産人口減への対処として、「女性の活躍」というものがありましたが、要するに、同じように外国人労働者にも活躍してもらおうという流れです。ネトウヨという支持層を怒らせないように、外国人労働者は使うが移民扱いはしない、あるいは国民として扱わない、としています。つまり、社会保険は別として、社会保障や教育の権利については、ほんの少ししか認めないということです。そんなご都合主義があるのか、またその上に介護労働などで高度な技能を持った人材が入ってくると思っている時点で思い違いがあり、非常にみっともないなという気がします。

     
  • 【5金スペシャル映画特集】どれだけ社会が壊れても、やっぱり答は「愛」だった

    2018-12-05 20:00
    540pt

    マル激!メールマガジン 2018年12月5日号
    (発行者:ビデオニュース・ドットコム http://www.videonews.com/
    ──────────────────────────────────────
    マル激トーク・オン・ディマンド 第921回(2018年12月1日)
    【5金スペシャル映画特集】どれだけ社会が壊れても、やっぱり答は「愛」だった
    ──────────────────────────────────────
     月の5回目の金曜日に無料で特別企画をお届けする5金スペシャル。今回は映画特集をお送りする。今回取り上げた映画は『ア・ゴースト・ストーリー』、『ブリグズビー・ベア』、『ザ・スクエア 思いやりの聖域』、『愛しのアイリーン』、『教誨師』の5作品。5作品に共通するテーマは「本物の愛」と「『われわれ』と『彼ら』の境界線とは何か」だ。
     『ア・ゴースト・ストーリー』は10万ドル(約1100万円)という超低予算の作品ながら、深い感動を与える秀作。交通事故で死亡した男性が幽霊となって妻を見守る様子を描いた、切ないラブストーリーだ。シーツを被っただけの、小学校の学芸会を彷彿とさせるようなゴーストが、時空を越えて愛を完結させていくというもの。
     『ブリグズビー・ベア』も『ア・ゴースト・ストーリー』に劣らないほど強く心を揺さぶる作品だ。赤ん坊の時に誘拐され隔離された環境で、着ぐるみの熊「ブリグズビー」が実在の正義の味方だと信じ込まされて育った主人公のジェームスが、25歳にして普通の世界に引き戻された時、そこで生じるさまざまな軋轢や摩擦を半分冗談のようで実は大真面目に描いた作品。誘拐されたまま世界から隔絶されて育った、本来であれば悲劇の主人公になるはずのジェームスの澄み切った純粋な心が、周囲に感染していく様が清々しい。
     『ザ・スクエア 思いやりの聖域』は2017年のカンヌで最高賞のパルムドールに輝いたスウェーデン映画。現代美術館でキュレーターとして働くクリスティアンが、すべての人が平等の権利を持ち公平に扱われる正方形「ザ・スクエア」を地面に描いて展示する企画を考案するが、同時進行で展開する事件が、実はそのクリスティアン自身が強い差別意識の持ち主だったことを露わにしていく。「平等」や「公平」という言葉が持つ意味を深く考えさせられる作品だ。
     『愛しのアイリーン』は嫁のなり手がいない日本の農村で、フィリピン人の妻を迎えた42歳のダメ男が、異国から来た幼い妻と、息子を溺愛する母親や村社会との狭間で翻弄される様を描く。愛のない結婚として始まった夫婦関係が、時間を経る中で本物の愛に変わっていく過程を通じて、真実の愛とは何かを問う。
     『教誨師』は大杉漣の遺作となった作品。大杉が演じるプロテスタントの牧師・佐伯保が、教誨師として刑務所で6人の死刑囚と対話を重ねながら聖書の言葉を伝えるうちに、死刑囚の心に変化が生じ、自らの罪と向き合い始めるというもの。
     優に年100本を越える映画を見る隠れ映画ファンでジャーナリストの神保哲生と、映画批評家を自任する社会学者の宮台真司が、5つの作品が描く世界と議論した。

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    今週の論点
    ・『ア・ゴースト・ストーリー』
    ・『ブリグズビー・ベア』
    ・『ザ・スクエア 思いやりの聖域』
    ・『愛しのアイリーン』
    ・『教誨師』
    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    ■『ア・ゴースト・ストーリー』

    神保: 今日は11月の5回目の金曜日ということで、また映画の話をしたいと思います。熊の着ぐるみやシーツをかぶったお化けが出てくる映画を取り上げますが、低予算でも驚くべき、素晴らしい映画ですね。

    宮台: 本当にすごいです。何度も見たくなります。

    神保: まずは楽しい映画からご紹介します。『ア・ゴースト・ストーリー』ですが、僕は飛行機のなかで2~3ヶ月前に観て、最初は半分バカにしていたんです。

     
  • 小泉悠氏:平和条約をめぐる日ロ両国の思惑と日本として譲れない一線

    2018-11-28 23:00
    540pt

    マル激!メールマガジン 2018年11月28日号
    (発行者:ビデオニュース・ドットコム http://www.videonews.com/
    ──────────────────────────────────────
    マル激トーク・オン・ディマンド 第920回(2018年11月24日)
    平和条約をめぐる日ロ両国の思惑と日本として譲れない一線
    ゲスト:小泉悠氏(軍事アナリスト)
    ──────────────────────────────────────
     日露両国が平和条約締結に向けて、北方領土問題の決着に手を着け始めたようだ。
     安倍首相はプーチン大統領が提案してきた「1956年の日ソ共同宣言を基礎とする」ことに同意しているようなので、北方領土問題に関して日本はこれまで貫いてきた4島一括返還路線を放棄し、2島返還、もしくは2島+アルファに舵を切ったとみられる。
    2島返還は日本にとってはこれまでの主張からの大きな譲歩になる。また、ロシアにとっては実効支配を続け、それなりに投資も行ってきた領土を日本に明け渡す以上、何らかの皮算用があるはずだ。軍事アナリストでロシアの政治・軍事情報に詳しい小泉悠氏は、領土問題を解決し、日本との平和条約締結を実現することのロシアにとっての最大のメリットは、それがアメリカに対する牽制になることだと分析する。
    首脳間では仲がよいかのような印象を受ける米露両国だが、実際は現在の米ロ関係は最悪の状態にあると小泉氏は言う。特にヨーロッパ側では、拡大したNATOとロシアの国境には双方ともに軍備を集結させており、その様は冷戦期を彷彿とさせるほどだ。
     そのロシアにとって、アメリカ陣営の最も弱いリンクが日本なのだと小泉氏は言う。クリミア半島への侵攻に対する国際的な制裁についても、米欧諸国が厳しい制裁を科しているのに対し、日本の対露制裁は遙かに弱いものにとどまっている。また、あまり一般には知られていないことだが、実は日本とロシアの軍事交流も盛んに行われている。
     ロシアと日本が領土問題を解決し平和条約を結ぶなどして、2国間関係がより緊密化すれば、ロシアにとってそれはアメリカの支配網に楔を打ち込む意味を持つとロシア側が考えている可能性が高いと、小泉氏はいう。
     また、ロシアは日本との関係をより緊密にすることで、中国を牽制する効果も期待していると小泉氏はいう。ロシアは依然として強い大国意識を持っており、中国がロシアを差し置いて世界の超大国になっていくことに、少なからず不快感を覚えている。米中の覇権争いが激化する中、両国の間でバランスに腐心することが必至な日本との関係を改善しておけば、東アジアにおけるロシアの存在感は自ずと大きくなる。
     しかし、その一方で、日本と平和条約を結ぶことが、直ちにロシアに何らかの大きなメリットをもたらすわけではないことは、ロシア側も十二分に理解しているはずだと小泉氏は指摘する。経済協力や投資についても、日露間に平和条約がないことがその足枷になっているとは思えないところがある。また、ロシアの領土を日本に返すことはロシア国内でも決してポピュラーではなく、実は2島返還の「引き分け」は、プーチン大統領にとっても一定のリスクがあることなのだ。
     だとすると、そこは要注意だ。プーチン大統領が突如として「無条件で平和条約交渉を進めよう」と言ってきている背後には、何か別の計算なり、皮算用がある可能性が高いからだ。
     平和条約攻勢に出たプーチンは何を取ろうとしているのか。ロシアが何か条件を出してきた時、日本にとって譲れない一線とはどこなのか。ロシア情勢に詳しく、9月19日から23日に掛けて内閣府が主催した北方領土ビザなし訪問団の一員として国後島と択捉島を訪問してきた小泉氏と、ジャーナリストの神保哲生、社会学者の宮台真司が議論した。

    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    今週の論点
    ・二島返還、ロシアの思惑はどこに?
    ・ロシアから見た日本 “アメリカの腰巾着”だが、伝統文化にはリスペクトも
    ・「主権は引き渡さない」というロシアの戦略
    ・日本に残された時間は少ない
    +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

    ■二島返還、ロシアの思惑はどこに?

    神保: 今回は日露交渉、北方領土問題について、どうも急展開があったようだということで、それが本当に起きているのかどうかも含めて議論していきたいと思います。

    宮台: 少なくとも、安倍が前のめりになっていることだけは、みんな知っていますね。

    神保: ロシアとの平和条約を実現すれば、任期の長さに加えて、さらに戦後の総決算をした総理として、歴史に名を残すことになります。ただ、ロシア側にも計算があるでしょうし、日本側の話は、ちょっとしょぼいものになる可能性も高いです。宮台さんが言われたように、安倍さんは功を焦っているような感じもあり、ロシア側が何を考えているのか、という話も聞いていきたいと思います。
    ゲストはロシア情勢に詳しい、軍事アナリストの小泉悠さんです。さっそくですが、ここに来て急にこの問題が動いている感じで、早ければ年内にも動きがあり、来年には仮調印、という話まで聞こえてきています。ロシアウォッチャーとして、いまの状況をどうご覧になっていますか?