• このエントリーをはてなブックマークに追加
WWE番組放送終了が意味するもの■斎藤文彦INTERVIEWS
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

WWE番組放送終了が意味するもの■斎藤文彦INTERVIEWS

2021-12-08 10:24
  • 3
c7d8ecc9c3965b72f0d6682d0948245b904775e7
80年代からコラムやインタビューなどを通して、アメリカのプロレスの風景を伝えてきてくれたフミ・サイトーことコラムニスト
斎藤文彦氏の連載「斎藤文彦INTERVIEWS」。マット界が誇るスーパースターや名勝負、事件の背景を探ることで、プロレスの見方を深めていきます! 
今回のテーマは
WWE番組放送終了が意味するものです!
 

■新日本プロレスの“ケニー・オメガ入国妨害事件”という陰謀論

■WWEvsAEW「水曜日テレビ戦争」の見方

■WWEペイジの伝記的映画『ファイティング・ファミリー』


AEWチャンピオンベルト盗難事件

■「ミスター・プロレス」ハーリー・レイスの偉大さを知ろう


■ウルティモ・ドラゴンの偉大なる功績を再検証する


■都市伝説的試合映像ブレット・ハートvsトム・マギー、ついに発掘される
 

【追悼・爆弾小僧】すべてはダイナマイト・キッドから始まった


■“怪物脳”に覚醒したケニー・オメガ


■怪物デイブ・メルツァーと『レスリング・オブザーバー』


■新日本プロレスのMSG侵攻は「WWE一強独裁」に何をもたらすのか


■怪物ブロック・レスナーを通して見えてくる「プロレスの作り方」


■追悼・マサ斎藤さん……献杯はカクテル「SAITO」で


■皇帝戦士ビッグバン・ベイダーよ、永遠に

■ジャイアント馬場夫人と親友サンマルチノ、2人の死――

■ベルトに届かず…されど「世界に届いた中邑真輔」のレッスルマニアを語ろう 

■ステファニー・マクマホン、幻想と現実の境界線がない生活

■ロンダ旋風、中邑&ASUKAダブル優勝!! ロイヤルランブル1万字総括

■アメリカンドリーム、ゴールダスト、コーディ……ローデス親子それぞれの物語

■ジェリコvsケニー実現で考える「アメリカから見たプロレスの国ニッポン」


■みんなが愛した美人マネージャー、エリザベス!

■職業は世界チャンピオン! リック・フレアー!!

■怪死、自殺、大事故……呪われた鉄の爪エリック一家の悲劇

■ミスターTからメイウェザーまで! WWEをメジャー化させたセレブリティマッチ

■WWEの最高傑作ジ・アンダーテイカー、リングを去る

■『1984年のUWF』はサイテーの本!
■伝説のプロレス番組『ギブUPまで待てない!!』 

■ジェイク“ザ・スネーク”ロバーツ…ヘビに人生を飲み込まれなかった男


■追悼ジミー・スヌーカ……スーパーフライの栄光と殺人疑惑



――
これまでスカパーJ SPORTSとケーブルJ-COMで放送されていたWWEの番組がすべて年内で終了することが発表されました。

フミ
 WWEの日本向けの放送がなくなってしまうのは、とてもショッキングなニュースですね。

――
MMAでいえば、UFCなんかもそうですけど、日本がビジネス対象国として低いランクなんですよ。

フミ
 WWEもきっとそのとおりの状況なんでしょうね。

――
ただ、UFCというスポーツは日本語実況解説や字幕なしでも試合そのものは楽しめるんです。WWEの場合はストーリーの説明抜きでは難しいですよね。

フミ
 もちろんです。バックステージのスキットであったりマイクパフォーマンスであったりと、試合に向けてのありとあらゆサイドストーリーがきちんと翻訳または言語化されないとその全体像が伝わりにくいタイプのエンターテインメントです。日本には「WWEしか見ません」という献身的なWWEユニバースもいますし、日本のプロレスと並行しながらWWEを現在進行形で見続けるファンもたくさんいます。そのどちらもJ SPORTSの映像でWWEを楽しんでいたんです。17年と18年はDAZNが現地からのライブというかたちでロウとスマックダウンを生配信して、ボクも解説と同時通訳のお仕事をさせていただきましたが、この2年間は例外として、おしなべてWWE映像はこれまでJ SPORTSが一手に引き受けていた。WWEの定期的な日本ツアーが始まったのが2002年ですが、それ以前の96年からスカパーの前身のパーフェクTVで放送開始。もう25年もやっていたんです。ところが11月25日付の「重要なお知らせ」というツイートで以下の発表がされました。

『「WWEロウ」「WWEスマックダウン」が放送終了、及びJ SPORTSSオンデマンドの「WWEパック」がサービス終了となります。「WWEパック」ご加入者の方は解約手続きが必要となります。
本件に関する詳細は下記ページにてご確認ください。』

フミ ロウとスマックダウンの英語版、日本語字幕版、ハイライト版の6番組。オンデマンドサービスの「WWEパック」は年間12大会のPPVが見られましたが、それらがすべて12月放映分を持って終了。1時間モノのダイジェスト番組WWEディス・ウィークだけがかろうじて残る方向のようです。ボクとJ SPORTSのお付き合いでいえば、PPVの日本語解説をカイリ・セイン選手とやっていたのですが、それも今年8月のサマースラムで終了。こちらに関してはなんの正式発表もなく、ボクには「まだオフレコなんですが、じつは…」という説明がありました。

――予兆はあったんですね。

フミ
 なぜJ SPORTSはWWEの放送をやめることになったのか。
この続きと、吉成名高、平本蓮、堀口敗戦、中村大介、伊澤星花、YA-MAN……などの12月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「14万字・記事23本の詰め合わせセット」はコチラ

https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar2072140

この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事110円から購入できます!

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

WWFからWWEになった辺りで観なくなった私でも、これは残念、
『マーケティングという氷のように冷たいマネーの計算でいえば、日本のマーケットはそこまで重要視する時代ではないということになるのかもしれない。』
フミさんのこの一文が沁みます。
参戦してる日本人選手の立ち位置は、今後どうなるんだろう?

No.1 1ヶ月前

「ホントにホントさ」や「ロック様の妙技を味わいな」みたいな日本語訳のセンスが絶妙だった。今までありがとうございました。

No.2 1ヶ月前

日本公演開催の目もゼロではないのは良かったけどユニバースのかずが先細りになっていくだろうしなぁ

No.3 1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。