• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • Vol.225 原一男監督のネットde「CINEMA」塾に出ます

    2018-01-31 18:00  
    220pt
    Vol.225
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              『そこそこ週刊・畠山理仁』
          原一男監督のネットde「CINEMA」塾に出ます
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●原一男監督とお話ししてきます
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     3月10日に劇場公開が始まるドキュメンタリー映画『ニッポン国VS泉南石綿村』の監督である原一男監督と対談します。急な話ですが今晩。
     
  • Vol.224 ゴーストライターと呼ばれて

    2018-01-31 17:30  
    220pt
    Vol.224
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              『そこそこ週刊・畠山理仁』
              ゴーストライターと呼ばれて
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●文章作成技術者としてのゴーストライター
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     自分の名前が背表紙の一番大きなところに書いてある本は、『黙殺 報じられない"無頼系独立候補"たちの戦い』(集英社)が3冊目だ。
     最初に自分の名前がバーンと表に出た1冊目は『記者会見ゲリラ戦記』(扶桑社)。2冊目は『領土問題、私はこう考える!』(集英社)だった。
     それまでにも単行本のお手伝いをしたことはあった。しかし、自分の名前は本の奥付(本の最終頁にある、著者名などが書いてある場所)など、よくよく見ないと気づかないような目立たない場所に記されることがほとんどだった。自分の名前が世に出るものとしては、雑誌の署名原稿や共著本が中心だった。
     別にそのことに不満はない。どの仕事相手も私のことを尊重してくれて、小さくてもクレジットを入れてくれたからだ。