• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • Vol.202 東京電力福島復興本社代表が考える「復興」とは(1)

    2016-12-17 07:00  
    220pt
    Vol.202
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              『そこそこ週刊・畠山理仁』
         東京電力福島復興本社代表が考える「復興」とは(1)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ●「東電の副社長が希望の牧場に来るんだよ」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     前日深夜の入稿を終え、2時間ほどの睡眠から覚めると携帯電話に着信履歴が残っていた。福島県双葉郡浪江町にある「希望の牧場」の代表・吉沢正巳さんからだ。朝7時台に、2分おきに3回。こんな朝からなにごとだろう? 急ぎの用件だろうか? 重たい体をなんとか起こして吉沢さんにコールバックすると、電話を通して大きな声が聞こえてきた。
    「12月8日に東電の副社長が希望の牧場に来るんだよ。取材しに来ない?」