• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 優れたリーダーがかならず抜きん出ているたった一つの能力とは

    2017-03-23 21:305時間前
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     こんな記事が目にとまりました。

     逆転の目標設定術|他人に目標を立ててもらうと驚きの結果になった

     「他人に目標を立ててもらう」ことを「逆転」の目標設定術と呼んでいます。確かに普段とは違う視点で面白いです。気になる方はぜひ読んでみては。

     一方でこの他人に目標を立てられるというのは、仕事の上では普通に行われていることです。仕事を与えられるとは、つまり目標を設定されているようなものです。

     なんだよ、そんなのつまんないと思うかもしれませんが、これがすぐれたリーダーだと違ってきます。

     昔アメリカに住んでいたので、アメフトに例えるのが好きなのですが、優秀なリーダーは、天才クォーターバックに似ています。

     天才クォーターバックはとんでもないロングパスを投げます。「はあ? 取れるわけないやろ??」みたいなとてつもないパスです。でもチーム一丸となって、敵を抑えつつ、もちろんクォーターバックも含め、がむしゃらにパスに向かって走り続けると、指先でかろうじて取れるようなパスなのです。

     優秀なリーダーはこれができます。「よーし、ボール投げるよ取ってね、え〜い」と。

     チームは「はあ????」と最初は慌てふためきますが、チームで一丸となってがむしゃらに追いかけると、不思議と達成できてしまいます。

     優秀なリーダーは目標設定の天才なのです。しかも、その背景には、チームのそしてチームメンバー一人一人の能力をよく知っていることもあります。いえ「隠れた能力」を知っていると言ってもいいでしょう。もし、今のメンバーの分かっている能力で目標設定するなら、誰も「取れるわけないやろ」とは思いません。

     優秀なリーダーは、このメンバーなら、このくらいの力は発揮してこれくらいならとれるやろと見込んで目標設定します。

     そんな風に目標設定されたプロジェクトで働くことは、とてつもない快感を生みます。だって、自分にはとても無理と思っているような目標を達成してしまうのですから。その過程で自分自身もこんなに結果を生み出せるのかと自分の成長に驚くことでしょう。

     ギリギリの目標設定の仕方にはいろいろあります。期間にしても今日の目標を設定することもあれば、10年後の目標を設定することもあります。しかも多くの場合、その組み合わせが使われていることでしょう。

     この体験は、よくスポーツの世界で表現されています。コーチが選手の能力を見出して、高い目標に導いていくってやつです。よくあるでしょ? 優れたリーダーのプロジェクトに参加するとそれを体験することができるのです。

     そんなチャンスが巡ってきたら、決して逃さず取れそうもないボールに向かって突っ走ってみてください!



    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: これは逆にリーダー術としては、メンバーの隠れた能力を見抜いてギリギリの目標設定をしようということなんでしょうか。

    フツクロウ: ホッホ。リーダー側から見ると、またちょっと違った景色かもしれんの。

    ミライ: えー、違うんですか?
     
  • [S] 世界幸福度ランキング2017が生かせない…

    2017-03-22 17:30
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     いつもとちょっと違う水曜、今回は短い記事[S]です。

     世界幸福度ランキング2017発表、日本の順位は?  
    国連は「世界幸福デー」に定めている3月20日、世界の155カ国を対象にした幸福度ランキングを発表した。2017年のランキングで、最も幸せな国とされたのはノルウェーだった。日本は51位で、2016年の53位から順位を2つあげた。
     51位という微妙な位置で、なんでだろうと調べようとしてみました。

     が、そのサイトのグラフ見ると気付くと思うんですけど、一番右の「その他」を除くと、日本は結構数値高いんです。元データのエクセルが公表されてるので調べたら、23位にあがります。

     で、「その他」なんですが、ざっと見るだけでは日本がなんで悪いのかよくわかりませんでした。

     せっかく出てきた統計なので、生かせるなら生かしたいのですが…。

     なお、「その他」以外の項目で、「寛容さ(generosity)」の順位が悪いのですが、これは「先月チャリティに寄付したか」という項目みたいで、参考になりません。

     参考にならない…。

     ま、いろんな記事出てくるかもしれませんが、このランキングはあんまり気にしなくていいのではないでしょうか。


    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: こんな調査もあるみたいですね。

     最新版「世界幸福度ランキング2017」の結果発表! ダントツの1位に輝いたのは?

    純粋幸福度(「幸福を感じている人の比率」-「不幸を感じている人の比率」)によるランキングです。

     元データはここ。
     
  • 共同経済活動で北方領土は実質日本に返還される

    2017-03-21 22:00
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     北方領土 共同経済活動で日本人訪問増へ期待の声 | NHKニュース   
    日ロ両政府が、北方領土での共同経済活動をめぐる初めての公式協議を東京で行うのを前に、北方領土では、共同経済活動などで島を訪れる日本人が増えれば、経済の活性化につながると期待する声が上がっています。
     北方領土情勢がついに動き出しそうです。

     領土問題はとりあえず棚上げにして、共同経済活動をしようというのです。

     ここミラフツでは北方領土を何回か取り上げていますが、その一部が実現した形です。

     北方四島「面積の二等分案」! 日本に「陸の国境」ができる!?  
    さっさとどこかで妥協して、活発に経済交流すれば、モスクワからの距離を考えれば、きっとこっちとのつながりの方が強くなるのに、とずっと思ってました。
     4年前のこのときは、面積二等分案がその妥協でしたが、今回実際には、領土問題を棚上げにするという妥協で進むことにしたようです。

     この記事だけ読むと、ロシアとしてはとにかく観光客を呼び込んで金落とせという意図に見えます。短期的にはそうかもしれませんが、長期的には実質上、北方領土が日本に返還される効果があります。

     なぜか。

     北方領土は日本に近いからです。

     あまり知られていないかもしれませんが、北方領土の北東に連なる千島列島。ここにはもっとも北のほうの島を除いて、人はほとんど住んでいないとされています。つまり北方領土の人たちは、あそこに孤立して住んでいるのです。

     ですから、一度日本と北方領土が経済交流を始めたらどうなるでしょう。もちろん日本人観光客が訪れていっぱいお金を落とすことになるかもしれませんが、そのお金を手にした島民たちは、根室や東京に訪れて返してくれることになる可能性が高いです。むしろ収支は日本の黒字になると思います。

     地図見てれば、ロシアが北方四島を維持するために税金を投入しているのは明らかです。軍事的には国後島と択捉島の間の国後水道は極めて重要です。しかし、ロシアとしてもひたすらお金をつぎ込むわけにはいきません。

     だからついに、ロシアは白旗を揚げたのです。地域の経済を活性化しなければ、とても維持できない。そのためにはお隣の日本との経済交流に頼るほかないのです。

     一度経済交流が始まれば、四島の人々は日本との結びつきが非常に強くなるでしょう。なにしろ近いのですから。樺太やロシアの東部より、根室や札幌の方が近く、モスクワより東京の方がはるかに近いのです。

     ロシアからみても、軍事的には極めて重要な拠点ですが、経済的にはほとんど価値がありません。今回、なんとか観光資源としての活路を見出そうと、ついに日本との経済交流に舵を切りましたが、長い目で見て黒字になる可能性はかなり小さいのではないかと思います。

     そうすると最終的には、四島を日本に返還もあるかもしれません。軍事的な要素を重んじるなら、たとえば国後水道の両側以外を返還なんて選択肢もあるかもしれません。
     
     逆に日本からすると、これは大きな経済効果があります。四島に行けるとなれば、もちろん多くの日本人が訪れることでしょう。繰り返しですが、それはロシアにお金を落とすだけにはなりません。そのおそらく大部分は島民たちが日本の商品・サービスを使って戻ってきますし、どちらかというと、ロシアが四島を維持するために費やす税金も日本に流れるようになり、結果として黒字になる可能性があります。

     あるいは、なんなら国策として、当面は東京からの飛行機直航便は認めず、根室中標津空港や新千歳空港からに限って見てもいいかもしれません。北海道にお金を落とすために。

     そして、日本人が四島に行くとなれば、さらに現在ほとんど訪れる人のない千島列島を観光地として開拓できるかもしれません。ネットで千島列島の写真とか見てみましたが、なんかちょっと憧れる感じの情景です。そうなればロシアとしても目くじら立てることにはならなそうです。

     実質返還に近いインパクトがあると思われる今回の流れ。全然さらーっと流れてるのがなんだか楽しいですね。


    《ワンポイントミライ》(

    ミライ
    : 4年前の記事が、一部実現した形ですね! 未来の普通が今の普通!

    フツクロウ: ホッホ。

    ミライ: いや、でもその時考えてたより、はるかに日本有利に展開してますよね。