• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • イギリス離脱がターニングポイント。世界はより自律分散へ

    2016-06-24 18:30
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     なんと、イギリスの国民投票はEU離脱を支持しました。

     拮抗してたので無難に残留になるかと思っていたので、ちょっとびっくりです。

     金融市場は私なんかよりもはるかにびっくりしたらしく、とんでもない荒れた相場になっています。

     国民投票が決まったからって、明日何が変わるわけでもないのに、こういう時の金融市場は事態を悪化させる方向に反応するのでいい迷惑です。国民投票より、まさにこの暴落をきっかけに、経済が不安定化してしまいそうです。

     ちなみに、今後離脱への手続きはここにわかりやすく書いてあります。

     離脱を選択するとどうなるのか

     しかし、長い目でみれば、遅かれ早かれ、このようなことが始まることは仕方ありません。なぜなら、今はグローバリゼーションが行きすぎてしまい、景気の足を引っ張るようになってしまっているからです。

     少し前までは、なんでも目指せグローバリゼーションで、人やモノの動きを自由に!という動きが中心でした。それは確かに世界の貿易や経済活動を発展させました。

     しかし、このまま自由化が進められ、仮に世界が均一になったらどうでしょう。誰も儲からなくなります。みな利益が出ないところまで価格を下げてしまうからです。経済の教科書にも載っている行き着く先です。でもその次はなぜか書いてありません。世界中のモノの値段が均一化してしまうと、巨大な物々交換生活をしているだけになってしまいます。みな生きるだけでせいいっぱいになるまで給料を下げることで価格競争が進むからです。

     それが、ITの発展によるグローバリゼーションの行き着くところです。というか、今の日本がそうです。

     ですから、景気をよくするためには、ある程度の歪みや摩擦を残さなければなりません。その一つが人々の価値観です。人々の価値観が違うと、お互い安いと思うものを相手に高く売ることができます。そこに余剰が生まれ景気につながります。

     イギリスの人たちが、より自立したいと思うのは、プライドという感情的な問題ではありません。その方が自分たちの経済がよくなるという、自分たちの生活レベルの景気に直結した問題なのです。

     めいろまさんが、行き過ぎたグローバリゼーションの問題を具体的に書かれています。

     イギリスがEU離脱した理由 - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース) 

     これだけ読むと、お金持ちの国だけの問題に見えてしまいますが、スコットランドや世界の各地域、さらには日本の地方に至るまで、それぞれがそれぞれの問題を抱えています。

     ですから、これから世界の人々は地域地域により自立しようとします。地産地消で、地域に入ったお金を、出て行く前になるべく域内で回す方が景気がよくなることもその一例です。

     TPPでもこのような動きを象徴する経緯をたどっています。提唱された頃はまだグローバリゼーション礼賛の残り香がありましたが、実際の交渉は難航を極め、ようやく合意に達したものの、次のアメリカ大統領候補はTPP反対を明言しています。日本の国会でも批准は進まず、今回の選挙でも話題にしません。おそらくこのままお蔵入りになるのでしょう。

     仮にイギリスがEUを離脱してEU各国との間に関税がある程度復活したとしても、輸出が減る一方で、国内向け産業は振興され、安定した経済活動の基盤となることでしょう。

     経済にとって、関税は0、1の問題ではないのです。適切な関税が持続的な経済活動を促すのです。

     直前のスコットランド独立の国民投票では現状維持となりましたが、今回はついに変化が選択されました。大きなターニングポイントです。さすがイギリス。時代の最先端は我々が行くというわけです。その先には新しい発展があることでしょう。

     しかし、足元では世界が混乱するのは間違いありません。スコットランド独立問題は必ず蒸し返されるでしょうし、EUの他の国も離脱を目指す国が出てくる可能性があります。中国やロシア、アラブも不安定になるかもしれません。どれも行き過ぎたグローバリゼーションの反動だとすれば、その動きは止められませんが、経済の混乱は避けられず、私たちの暮らしにも大きな影響が出るでしょう。

     それは各地域の自律分散をますます促進するでしょう。自分たちの景気は自分たちの域内でなんとかしなければならないからです。

     私たちは当面より内向きになっていくのです。それは悪いことのように言われていますが、その方が自分たちの暮らしが安定することを私たちは知り始めています。「地産地消!」と無邪気に進めていますが、それは反グローバリゼーションです。「内向き」です。今よりも適度な「内向き」は経済にプラスです。

     これは新たな秩序の始まりです。その景色はどんなものか今はわかりませんし、今の秩序が崩れるのですから、株価が大暴落するのは当たり前です。これからは、違う視点で投資しなければならないのですから、とりあえず手仕舞いです。

     しかし、株価が暴落したからといって、世界の経済が悪くなるわけではありません。みんな生きるために必死に生きていますから、新しい秩序に向かって新しい生活(=経済活動)を始め、景気が生まれます。今の秩序でのやり方ではジリ貧ですから、今の投資先から資金を引くのはある意味当然なのかもしれません。


    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: 為替すさまじい動きでしたね。

    フツクロウ: 開票の途中経過に一喜一憂して乱高下しとったの。大きなターニングポイントではあるが、過敏すぎる気もするのう。

    ミライ: ほんとですね。でも、新たな秩序に向かうのだとしたら、その前はものすごく混乱しますし。

    フツクロウ: 今日の株価下落は時代を先取りした動きというわけじゃな。そうかもしれんの。
     
  • [S] ミク歌舞伎の澤村國矢さんの『勘違い』が深い件について

    2016-06-23 22:45
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     今日は木曜ですが、昨日通常運転だったので、気楽に書き始める短い記事[S]です。 

     この春、初音ミクと歌舞伎がコラボした「超歌舞伎」なるものが行われました。ものすごい好評だったようですが、自分見てないので、とりあげられずにいました。

     が、この間ちょっと面白いことに気づきました。

     「歌舞伎すげえ」がネットの向こうに届いた手応え 「超歌舞伎」舞台の上から役者が見た景色 (3/5) - ITmedia ニュース 

     この澤村國矢さんのインタビューは書かれた当時に読んでいたのですが、こんな一節があります。
     稽古の時は一人芝居のようでやりにくかった、と言いましたが、舞台の上ではミクさんと本当に対面しているような思いを抱きました。自分でもびっくりするくらい自然な会話ができて、きちんとミクさん“と”そこに立っていたんですよね。回を重ねるたびに僕らがミクさんにうまくバトンを渡せるようになっていった。これは普段の公演とは違った感覚でした。

     これミクの方は間とか調整しないので、ひたすら人間の方が合わせるしかありません。それでも、回を重ねるうちに「自然な会話」になったというのです。

     面白いなあと思っていたのですが、最近その話をしたら、「それってカラオケと同じだよね」と指摘が。

     !! ほんとだ。カラオケって上手に歌えると、演奏と息がぴったりあった気になります。向こうはこっちに合わせませんが。

     なるほど・・。

     ん、でも待てよ?

     それって、「あの子、絶対俺に気があるよな!」って勘違いするのと同じ仕組みなのでは??

     これら、「その気」になる勘違いの力。若干迷惑な力の気がしますが、一方で「創造的勘違い」とも言えるような力があります。「あの子、絶対俺に気があるよな!」って勘違いから、振られる人もいるけど、それがきっかけで結ばれる人たちもいます!

     澤村國矢さん自身が勘違いするくらい息があっていれば、観ている人はミクが生きていると感じるに違いありません。凄まじい創造です。

     「創造的勘違い」がなければ、人間の世界はもっともっと退屈だったに違いないのです。

     この「創造的勘違い」。どんな力なのかしばらく気にしてみようと思います。


    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: 「妖怪不祥事案件『あの子、絶対俺に気があるよな!』を引き起こす妖怪でつ!」

    フツクロウ: ホッホ。まさにそんな感じじゃな。

    ミライ
    : 不思議ですよね〜。なんで起こるんでしょう。
     
  • まだ「瞑想」で消耗してるの? 手軽な「脳内ミュート」で楽しく生きよう

    2016-06-22 23:45
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     前回

     話題の『マインドフルネス』の本当の意味  

    では、『マインドフルネス』などの瞑想法が、私たちの「言葉を使わずに考える力」に気づくきっかけになるという話をしました。

     「言葉を使わずに考える力」は特殊な力ではありません。

     たとえば、今日のランチどこに行くかを決めてくれてる力なのです。ランチどこに行くか、言葉で理詰めで決めますか? 普通は仲間とのやり取りの中で、あるいは一人だとしても、なんとなくこれだって決まっていきますよね。

     その選択は、そのランチがどれくらいおいしくて楽しくなるかという、とても大事なことでありながら、それを決めるプロセスを言葉で説明することは難しいはずです。

     仮に言葉にしようとすれば、実にいろんな要素を考慮していて、それを羅列することにうんざりすることでしょう。

     なのに「今日はうまく選べて、美味しくて楽しかった!」選択をかなりの確率でやってのける、それが「言葉を使わずに考える力」です。

     そして、その力に意識を向けるのが瞑想なのです。

     しかし、なんか瞑想って大事なんだろうなと思っても、とにかく瞑想って難しいです。

     瞑想挑戦した人たくさんいると思いますが、「だから何?」で終わってしまうことが多いのではないでしょうか。

     瞑想の究極の姿は、以前一時的に左脳を失った科学者ジル・ボルト・テイラーさんの話を紹介しました。

     一時的に左脳を失った科学者の話が悩ましい  

     この人は一時的な脳の損傷で言葉を失ってしまいます。その途端、言葉を使わず考える右脳を使うようになったのですが、そうすると自分と外界との境界がなくなり、素晴らしい幸福感に浸れたというのです。

     瞑想とは、言葉で考えることをやめて、言葉を使わずに考えることです。「考える」という言葉が引っかかるなら、言葉を使わずに「感じる」ことです。言葉で考えるとは、過去→現在→未来と順序立てて考えることであり、言葉を使わずに考えるとは、現在の自分の周りをまるごと感じながら考えることです。

     ですから、瞑想が成功しているとすれば、テイラーさんのように周りや自然との一体感が生まれます。

     しかし、脳内の言葉を排除するのは並大抵のことではありません。なにしろ、昔はものすごい修行をした人でなければできませんでした。

     それが時代が進みノウハウがたまるにつれ、もっと普通の人でも実践できるようになってきているのですが、やはりまだまだ難しいことに変わりはありません。

     瞑想では、脳内ツイートを抑えるために、たとえば「自分の呼吸に意識を向けて」などと言われます。それは脳内ツイートを無視するための工夫なわけですが、それだとなにか「自分の内面に深く潜っていく」イメージがどうしてもつきまとってしまいます。

     でも、本当に「言葉を使わない考え方」が発動すれば、テイラーさんのように周りとの境界はなくなり同化するわけですから、ある意味「間違った方向」への努力になり兼ねません。

     それが瞑想が難しい理由です。

     ということで、もっと簡単になんちゃって瞑想はいかがでしょうか。

     生活の中のちょっとした時間に「脳内ミュート」するのです。

     たとえば電車の移動中に「脳内ミュート」してみるのです。やり方は、「瞑想」の脳内ツイートに関連する部分です。別に落ち着いて座るとかしなくて構いません。ひたすら浮かんでくる脳内ツイートをスルーするのです。そのために、呼吸に集中してもいいでしょう。もしもうまくいかないようであれば、まずは家で瞑想そのものを実践してみましょう。脳内ツイートをスルーする技術を身につけるために。

     日常の空いた時間にスルーさえできれば、おそらく周りに気づけるのではないでしょうか。

     実際昨日ミラフツを書き終えた後、今日はこのネタということになりましたので、早速「脳内ミュート」を実践したのです。ベットの中で。途端に聞こえてきます。蛙の鳴き声が。最近いつもそうだったはずなのですが、こんなに大声で鳴いてたんだと、もう吹き出しそうでした。

     自分と周りとの境界がなくなるとかは、難しい悟りかもしれませんが、ちょっと「脳内ミュート」するだけで、こんな風に気づくことができます。「たまには周りの音に気を配ってみよう」と思ったわけではありません。

     ただ、「脳内ミュート」しただけです。もしかしたら、「天井のシミ」に気づいたのかもしれません。何に気づくかはわかりません。でもそれが、脳内の「言葉を使わないで考える」が発動している瞬間です。これでいいのか?とか苦しみながら瞑想するよりも、ずっと手軽に、いろんなものに気づく豊かな時間を過ごすことができるはずです。


     私たちは、あまりに素晴らしい景色を見た時、「言葉を失う」と言います。脳が麻痺しているわけではありません。

     あまりに素晴らしい景色を楽しむために、「言葉を使わないで考える」力が強制発動している瞬間なのです。もしその瞬間に出会ったのなら、詩人でない限り、ひたすらその「言葉を失っている」瞬間を楽しみましょう。隣にいる人に「きれい」と言葉にしている場合ではありません。手を繋ぐとか寄り添うとか、言葉以外の方法で隣の人とコミュニケーションしましょう。

     そんな感動は日常ではあまりないかもしれませんが、日常のちょっとした時間、スマホを取り出す代わりに、「脳内ミュート」してみましょう。難しい瞑想よりも手軽に、「言葉を使わないで考える」力を呼び起こすことができます。

     「言葉を使わないで考える」力は、言葉で堂々巡りになっている考えからあなたを救い出してくれます。

     漫画家士郎正宗は『攻殻機動隊』で有名ですが、私はその前の『アップルシード』からファンでした(ドヤ)。その中のエピソードに『プロメテウスの大天秤』というものがあり、私はそれを読んでから、ゆうに10年か20年は「より大きな天秤はないか」を意識して生きることになります。つまり、小さな天秤、些細な選択にこだわっていると、より重要な選択を迫られていることに気づかず致命的な誤選択をしてしまいます。そうならないよう、いつも「言葉」で、より重要な天秤がないかを心がけました。

     しかし、それは今は修正されています。それだけでなく、本当にすべきことは、大きな天秤やら小さい天秤やらたくさんある天秤を「いっぺん」に天秤にかけることです。

     ランチを何にするかを考える時、より大きな天秤はなにかを考えるより、無数の天秤をいっぺんに天秤にかけて、「今日は『イタリアン』!」と決める方が、おいしく楽しいランチにありつけるのです。

     言葉で書くとややこしいけど、「言葉を使わないで考える」力は、ランチの選択だけでなく、日に何度もそれをやっているのです。

     ですから、気軽に「脳内ミュート」を楽しみましょう。その瞬間が豊かな時間に早変わりするし、きっとランチや日々の選択のヒット率があがり、楽しく生きることができるのです。


    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: やった〜〜〜〜〜。昨日の私の話が採用されました!!

    フツクロウ: ホッホッホ。

    ミライ: すごい。私生きてますね。

    フツクロウ: ホホ。