• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 「言葉を使わないで考える思考」を整理する試み

    2016-07-26 23:4520時間前
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     「言葉を使わないで考える思考」というのを本格的に考えたいのですが、いろんなことに使われていますし、人によってイメージもいろいろ違うようです。

     その前に「言葉を使って考える思考」とはなんでしょう。こちらは私たちがごく普通に考えるところの思考法です。頭の中で言葉を使って考えている時です。文章で書き留めていくことができる思考法で、まさにこのブログのように1文ずつ進んでいくものであり、逐次処理と言われています。数学の問題を解いている時1行1行式変形をしているような作業です。

     「考える」と言えば普通はこちらです。また人が誰かに何かを教えようとすると、ほとんどの場合言葉を使いますから、考え方を教えるとは、言葉を使っての考え方を教えることになります。

     裏を返すと、「言葉を使わないで考える思考」は言葉になりませんから、お互いどのようにしているか伝え合うことが困難ですし、そもそも、自分がどのように「言葉を使わないで考えている」かを分析することも困難です。

     たとえば瞑想は、脳内のチャットをミュートして、「言葉を使わないで考える思考」を活性化させる行為ですが、一般的にはそんな話にはなっていませんし、脳内ミュートできて「言葉を使わないで考える思考」を活性化したところで、いきなり何かが起こるわけではありませんから、その効果を共有することができません。

     しかし、それは極めて精密な思考です。「言葉を使わないで考える思考」というと、なにか非論理的な考え方というイメージが付きまといますが、それはまったく違います。

     原始的な例を出すと、白い丸がいっぱい描かれているところに、赤い丸があれば、一発でわかります。これは脳の中で並列処理をするからです。
    513a61515444cf32a384f35e073b5547d0bf9e71

     この処理は極めて「論理的」に行われ、間違うことがありません。しかし、なぜ瞬間にわかるかを自分で言葉で説明することは困難です。専門家は答えられるでしょうが、それも、いろいろ分析して遠回りして説明できるだけで、自分の体に聞いて答えているわけではありせん。言葉を使わなくても「論理的」な思考はできるのです。

     とはいえ、これは脳の中でも低次なところでの話であり、けむにまいた感じです。

     でもたとえば、友達に会った瞬間「具合悪そう、大丈夫??」とわかる機能はどうでしょう。これは言葉で処理していません。言葉で処理していたら、まず、目を見て、目は大丈夫か、顔を見て、顔色は大丈夫かと、一つずつ確認していかなければなりません。実際はそうではありません。顔面蒼白でなくても、目も少しうつろ、顔色も少し悪い、ちょっといわゆる「精気」がない(「精気」ってなに?)、そんないろんな要素を一瞬に見てとって、「具合悪そう」と判断できます。

     さらに仲が良ければ、本人が悩んでいる時、隠そうとしていても「どしたの?なんかあったの?」と察することができます。「なんでわかったの?」と聞かれば、「いや、いつもと違う答え方するし」とか言うかもしれませんが、そんなのは後付けです。あらゆる角度からその人を感じて、(あ、なんかいつもと違う)と察知します。

     これらは、これっぽっちも「非」論理的ではありません。おそらく、今流行りの人工知能に教えればやがては同じことができるようになるであろう、極めて論理的な思考です。

     動画や写真で、悪さをした犬や猫が「罰を悪そう」にしている表情を私たちはとても愉快に楽しみます。相手が人間でなくてもそんなことができます。

     と、「言葉を使わないで考える思考」って何?と整理を始めたら、知り合いのデザイナーさんが一言で教えてくださいました。

     (つづく)



    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: えーと、裏が壮絶なことになっていますねw

    フツクロウ: ホッホッホ。
     
  • Pokemon GO が Ingress より受ける本当の理由

    2016-07-25 22:00
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     いよいよ日本でも Pokemon GO が始まりましたね。

     ちょっといじってみましたが、こりゃ Ingress より受けて当然です。

     ライトユーザーでも楽しめるからです。ユーザーの大部分はライトユーザーですから、ライトユーザーに優しい=より受けます。

     私自身がライトユーザーだから良くわかります。

     Ingress 持ってます。でも、地方だしSOHOなので普段は全く開きません。出張の時とかに周りにどんなポータルがあるのかなとたまに開きます。ポータルはその土地の目印が選ばれてますから、観光案内所として使えるからです。特にパブリックアートに強いです。

     ポケモンGO のアートな「ポケストップ」。街中にはパブリックアートがいっぱい。 in 大阪・梅田 

     しかし、レベルは 3 と非常に低いです。なので、ポータルにタッチしてアイテムもらうことと、そのポータルにあるレゾネータに補給するくらいしかできることがありません。攻撃とかしても効果ないし、逆になんか反撃されたりしますよね? 何が起こっているのかわからないので、攻撃もしません。補給は大好きです。

     そうすると得られる経験値も少なくて、もう次のレベルに行ける気がしません。そもそもレベル2からレベル3に行くのもすごいかかりました。多分1年以上かかっています。三角作ったことないし、作れる気がしません。

     それでも、たまに Ingress は開きます。今いるところの周りに何があるのかがわかるのが楽しいからです。どのポータルに訪れたことあるのか記録見られたら楽しいと思うのですが、そんな機能は見つけていません。

     これが Ingress に対するライトユーザー視点です。レベル3 でも、調べればもっと楽しむ方法がわかるのかもしれませんが、ライトユーザーですからそんなことはしません。もっとアドバイスがあってもいいのではないかと思います。

     一方 Pokemon GO はどうでしょう。なんと、ポケモンがたまります。たまの出張先でポケストップ(Ingress でいうポータル)をチェックした時に出てくるポケモンを捕まる程度のことしかしなくても、それが溜まっていくという楽しみがあるのです。ちなみにポケモンはピカチュウしか知らないですが、まったく問題なく楽しめてます。

     やり込んだら Pokemon GO と Ingress をどっちがどれだけ楽しいかなんて、ライトユーザーにはまったく無縁の世界で、たまにしか触らなくても楽しいかというのが大事です。

     そういう意味では、はるかに Pokemon GO のがライトユーザーに優しく、したがってユーザー数は Ingress より増えて当然です。

     初めて来たポケストップ回したら、特別な何かが得られるか、記録が残るだけでも、地道に長く続けるモチベーションになると思います。

     そんなユーザーが増えても仕方ないのではと思うかもしませんが、それはやり方次第です。滅多に行けないとこに行って、レアなポケモンが出て、それを捉えるのに課金した方が効率いいとなったら、結構課金してしまいそうです。細く長く楽しむ場合は、課金するとしても多額になる可能性が低いので、課金へのバリアは低いです。

     あるいは、一発ものアイテム、つまり一度購入すればずっとその効果が得られるようなものへのバリアも低いです。しかも100円、200円とかならなおさらです。Pokemon GO だと、バッグやポケモンボックスのアップグレードがそれにあたります。これがライトユーザーにとってどれくらい有益かはっきりしているわけではありませんが、これは有望です。なぜなら、ライトユーザーにとってはポケモンの収集が目的になりやすいですから、ポケモンを貯めるポケモンボックスの拡充は直接的に必要ですし、ライトユーザーはやり込まないので、道具の整理とか言われてもどうしていいかよくわからず、バッグの拡充も手っ取り早い解決策として触手伸びやすそうです。

     月に何回かしないユーザーが課金してくれるとなったら、ビジネスとしては大成功です。

     ちなみに Ingress について、私はどういう課金があるのかを知りません。私のような使い方だと何かが足らないなんとかしたいということがありません。ライトユーザーが課金する可能性は低いのです。

     つまり、 Pokemon GO はポケモンを知らなくてもライトユーザーにも楽しめるゲームで、しかも、そのライトユーザーも課金が期待できます。さらに、ライトユーザーが多いために課金以外の収入も期待できます。さっそくヒラリー氏が活用したようですし、これからいろんな企業が広告してくることでしょう。

     NIANTIC が Ingress でコアユーザーに支えられながら、位置ゲーとしての技術を磨ききった上で、ライトユーザーに「受ける」アプリを出してきたこの戦術。 Ingress がライトユーザーに厳しい態度だったのは、戦略だったかもしれません。ゲームアプリ会社の鑑として、今後長期に渡って参考にされていくと思います。


    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: ライトユーザーに優しい Pokemon GO 。ということですが、ライトユーザー視点だと、いくつか改善して欲しい点が。

    フツクロウ: ホホウ。
     
  • ベーシックインカムは大イノベーション時代の起爆剤になる。

    2016-07-22 22:30
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     こんな記事を見かけました。

     「全力を尽くします」などと言う社会人を信用してはいけない理由 
     社会人は全力を尽くしちゃダメなんです。「全力を尽くさずに目標を達成するにはどうしたらいいのか?」を考えるべきなのです。
     とまあ当たり前のことが書いてはあるんですが、要は成果を必ず出せってことですよね。

     それって、失敗しちゃいけないってことだし、ということは、そもそも確実にできることしか受けるなってことになります。

     たとえば、今はどんどんコラボでものごとやりますから、プロジェクトのタスクの振り分けが、会社間になったりするわけで、そんなとき金払う方としては、やっぱり確実に成果出してくれるとこに受けてもらいたいわけです。

     そんなチャレンジ精神がないとはいかんと怒りたいわけではありません。

     さらにたとえばニコ動でもユーチューブでも、受けるネタを投稿して儲けたいと思って頑張って動画を作ったとしても、それが受けるかどうかはわかりません。無数の視聴者相手に向かって、こんなに努力したんだから評価しろといっても無駄です。どんなに時間をかけても、受けなければ受けません。

     つまり、世の中失敗のリスクを引き受けてくれる人や組織がどんどん減っているのです。リスクを取るなら、自分で取れという自己責任型になっているのです。動画の例にみるように、社会が冷たいというのではありません。逆にいえば個人で動画が出せるような、個人であらゆる挑戦ができる時代になってきているのです。

     ですから、人々がチャレンジしやすい環境が整わなければなりません。チャレンジする道具は整っているのに、人々が失敗するリスクを引き受けられなければ、人々はチャレンジできません。

     そう考えると、今話題のベーシックインカムという仕組みは、イノベーション大量生産の引き金になるかもしれません。とりあえず生きていけるお金があるなら、好きなだけ挑戦できます。それぞれがそれぞれの思いつきでチャレンジするのです。イノベーションの秘訣はなんといっても数を打つことです。ですからベーシックインカムで誰でも挑戦のリスクを引き受けられる環境を整えることは、イノベーションを起こす直接の起爆剤になるかもしれません。優秀と思われる人が優秀なビジネスプランを持ってきたものにだけチャレンジの機会を与えても、その規模ははなくそみたいなもんです。誰かのアイデアを誰かが評価する時点で、イノベーションの芽のほとんどは摘み取られていることでしょう。全部試してみればいいんです!

     強制はいけませんが、身の回りの社会問題を解決するなど、あらゆるチャレンジを応援しますというメッセージとともにベーシックインカムを始めれば大きな効果があるかもしれないのです。

     まさにそれを意識した取り組みが始まるそうです。

     Yコンビネーターの社会実験始まる──オークランドで「ベーシックインカム」導入へ|WIRED.jp 

     ベーシックインカムの社会実験はこれまでもありましたが、この取り組みでは、「儲け」が出ることを目指しているようなのです。ベーシックインカムがイノベーションを起こすという仮説を持っているのではないでしょうか。

     日本も負けてません。先日岩手県遠野市の取り組みを紹介しました。

     [S] あらゆる方向からベーシック・インカムを誤解している岩手県遠野市。いいぞもっとやれw

     冷静に考えるとベーシックインカムでなくてただの奨学金なのですが、根底にはベーシックインカムがイノベーションを起こすという仮説があるからこその制度だと思います。

     生活さえ保証されれば、人は挑戦ができるという仮説なのです。

     また、もしも、ベーシックインカムがうまくいかないのであれば、なんとかして人々が挑戦をしやすい環境を作り出さなければなりません。みんなできることしかしなくなったら人間社会は大きく沈滞してしまいます。いろんな仕組みを考え試してみるときではないでしょうか。


    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: 前回、ここで人同士で競うより社会問題と戦わなければという話になって、この話題になりました。

    フツクロウ: ホウじゃな。

    ミライ: 社会問題はどれも解決が難しいものばかりで、