• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 文字どおり砂上の楼閣に住む人類

    2016-09-30 20:0045分前
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     最近、木造高層ビルの話題を良く見るようになりました。

     木造高層ビルが世界で流行 背景は?

     さて、冷静に考えると当たり前なのですが、今私たちの身の回りにある無数の鉄筋コンクリートのビルは、どれもこれも50年ほどすればなくなってしまいます。もちろん修繕していけば使い続けることもできるでしょうが、今50年ほど建った建物はどんどん建て替えをしています。どんどん技術は進歩していますから、多くの物は新しい技術で建て替えるのは当たり前のことです。

     そんな中、歴史的に価値のある建造物は保存されていくことになるでしょうが、残念ながら現在の鉄筋コンクリートはすぐにぼろぼろになります。軍艦島の廃墟は有名ですが、閉山してからまだたった40年ほどです。今の時代の優れた建築物を後世に残していくのは、どれほど大変なことになるのでしょうか。

     一方でローマンコンクリートで造られた建物は今でも残っています。コロッセオとかいろいろありますよね。

     上で紹介した木造ビルも耐久性は鉄筋コンクリートよりはるかに長そうです。

     爆発的な経済成長を続けた世界は、しかし、そのスピードに追いつくため、泡沫建築で砂上の楼閣を作りました。建物だけではありません。道路・橋・トンネル・堤防あらゆるインフラに及びます。それらの中には今次々と更新時期に突入し、私たち社会の大きな負担になっています。

     これから、私たち人類は、新しい木造建築、ローマンコンクリートの再発明などを経て、もっと耐久性のある建物を建てていくことになります。

     法隆寺を先頭に日本では古い建物がたくさんありますが、今の時代の建物が歴史的建造物として保護していくことになれば、相当苦労する事になるのではないでしょうか。

     持続的な経済社会に移行するにあたって、今あるインフラの耐久性は短すぎます。これから耐久性の高いインフラが次々と開発され、50年後の私たちの街はすっかり形を変えることでしょう。



    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: 木造高層ビルって、話には聞いていても実際にこの目で見るまでどんな感じかなかなか想像がつかないのです。

    フツクロウ: 早く見て見たいの。
     
  • [S] ドナルド・トランプは負けたのか

    2016-09-29 23:4521時間前
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     木曜ですが、昨日通常運転だったので、今回は気楽に書き始める短い記事[S]です。 

     ヒラリー氏とトランプ氏の直接対決が始まり、ヒラリー圧勝とか、そしてヒラリーがどう優れていたのかといった記事がたくさん流れていました。

     しかし、大切なのそこでしょうか?

     トランプ氏って共和党の代表になる前出てきたときから、要は威張り散らすおっさんじゃないですか。最初から。その時のイメージから今に至るまで、イメージはまったく変わりません。

     つまりヒラリーとの直接対決の場でも、いつも通りの威張り散らすおっさんだったわけです。

     ですから、当然ヒラリーの方が立派にこなすわけで、結果もごく当然の結果と言えるでしょう。

     すると、考えなければいけないのは、別のことです。

     それでもなぜトランプ氏は共和党の代表に勝ち上がってきたのかということです。

     代表戦の時からただの威張り散らすおっさんで、「なんでこんな人が代表に勝ち上がるの???」とみんな思ったことでしょう。あのおっさんは、ずっとあの調子でも勝ち上がるのです。

     発言が事実に基づいてなかろうが、過激な保守的主張をしていれば、それを心地よく受け止めて応援する人が大勢いるということです。

     ヒラリー陣営は、トランプが事実に基づいてないことをリアルタイムに暴いていく正攻法だけでなく、トランプのように人々に心地よく聞こえる大風呂敷も準備すべきでしょう。その点についてトランプを徹底的に分析して活用するべきなのです。


    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: なんとなく、アメリカから銃がなくならない話を思い出しますね。

    フツクロウ: ホウ。
     
  • 【馬】日本学術会議さん、主張すべきは「その110億円は返上しろ」でしょ?

    2016-09-28 23:30
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


    この記事はミライの【馬車目線】でお送りします。

    ミライ: はあああああ?

    フツクロウ: ホオオオ?

    ミライ: なんですか、これ、学術会議って実はバカばっかなんですか?????

    フツクロウ: 待て待てミライ。今「クローズアップ現代+」を見てたんじゃの。

    ミライ: ふー、ふー。はい。

    フツクロウ: でテーマは防衛省が110億円を大学の研究に提供するにあたって、大学は軍事研究とどうむかいあうべきかという話じゃな。

    ミライ: ふー、はい。

    フツクロウ: で、日本学術会議でもいろいろ議論しておるのを紹介しておったが、そこで怒っとるんじゃな。

    ミライ: そうです!

     防衛のために研究してくれっていうけど、今なんかタイミング最悪で、政府として武器輸出するぜって言い出してるんですから、もう防衛のため「だけ」なんて保証は一切ないんです。

     ずっと日本の防衛のために作ってた潜水艦だって、もういつ輸出されるか分からないじゃないですか。輸出されたら、それはいつ人を殺すか分からない兵器です。そんなの技術者として耐えられません。

    フツクロウ: それも非常に心配な案件じゃの。

    ミライ: そうです。でクロ現でその点に触れてないのも気になったんですが、日本学術会議でも議論してないんだったら、もうそれだけで意味不明です。

     さらに、防衛省が用意してしまった110億円にどう対応するかって議論は、それはそれでいるかもしれないけど、そもそももっと根本的な警告を出すべきでしょ?

    フツクロウ: 警告とは?

    ミライ: そんな予算は返上して、他の省庁からの競争的資金にしろ! というべきです。

    フツクロウ: 他の。

    ミライ: そうです。防衛が目的であれば、その技術には普通に他にも用途があります。だから、そっちからやればいいんです。わかりやすいとこだと、消防や警察です。

     番組の中では、船底に空気の泡出して性能アップみたいな研究でてましたけど、それだって「防衛」以外にいくらでも社会に役立つ技術です。だったら、その用途から始めればいいんです。そもそも防衛省が「デュアルユース」と高らかに言ってますから。「デュアル」の民間側から始めればいいんです。

    フツクロウ: ホウ。

    ミライ: できてしまった技術は、そりゃ防衛省が使うのだって仕方ありません。潜水艦の中では音のでないコーヒーカップとやらがあってとか聞きますし、もしそういうコーヒーカップを作った後に防衛省が採用してしまうとこまでは防ぎようがないです。

     AIだって、研究結果はモノによっては即軍事応用可能でしょう。「怪しい人物を割り出して撃つ」とか。殺人兵器ですけど防衛のためならと正当化はいくらでもできてしまいますし、しかもその後輸出する気満々です。

    フツクロウ: まあ防ぎようがないの。

    ミライ: そうです。そうそれはアインシュタインと同じ悩みで、もうどうしようもない科学の業ですが、でも、防衛省110億円は全然違います。

     これは明らかに科学者を軍事研究に手なづけるための餌です。

    フツクロウ: ま、そうじゃな。

    ミライ: それを受け入れるかどうかの各論はもちろんあるでしょうけど、「軍事研究はしない」と言ってきた日本学術会議は、

     「そんな予算があるなら返上しろ、そして防衛に必要な技術はできたものから拾え、なければ金は出さずに『欲しい』とだけ言え。そうすれば研究者の誰かが他の研究費でやるかもしれん。

     文科省の予算を減らして、防衛省の予算で釣ろうとするとは、恥を知れ

    と宣言するかどうかを議論すべきでしょう?

    フツクロウ: 議論はしておきたいところじゃの。