• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 自分で税金の使い道を決められる自分の街へのふるさと納税

    2017-07-24 22:157時間前
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     前回ふるさと納税を話題にしたら、

     見守り「ふるさと納税」  

    立て続けにふるさと納税関連の話題が。

     これいいですね。「こども宅食」


     まだ文京区だけが対象ですが、ふるさと納税を通じて食品寄付を支援が必要なこどものいる家庭に送られるという仕組みだそうです。

     単純に全国のこの仕組みがいいと思う人のふるさと納税が集まるでしょう。その集まりが良ければ、文京区以外にもどんどん広まることでしょう。

     さらに、じつはふるさと納税って自分の住んでいる街にもできますから、自分の税金を用途を決めて納税することができるようになります。

     そうすると子育て世代は、積極的にここに寄付するかもしれません。

     なんで他人の子供にと思うかもしれませんが、貧困家庭のお子さんは残念ながら学校でも不安定になりやすく、でもって、学級崩壊とかって本当に一人のささいなきっかけで進んだりするので、子育て世代にとっては、特定の誰かを支援したいということではなく、自分の住む自治体の子供たちの底上げされることは、自分の子供にも関わってくる問題です。自分の税金が何に使われてるかなんて、細かく理解するのはなかなか難しい中、「これに使います!」と用途を決められるのは、選挙の1票よりよほど手応えがあるのではないでしょうか。

     自治体にしてみても、どの用途に住民がどれくらいふるさと納税しているかを直接見られることは素晴らしい情報です。いい施策を提案すればしっかり寄付が集まるでしょう。逆に人気のない提案をしたところで、誰も寄付しないだけで、ばつは悪いですけど、がんばって予算つけてやってみたけど市民の反応は悪いなんてことに比べたら、無傷同然です。人気出ないこともあるのを織り込んで、どんどん試してみればいいのではないでしょうか。自治体のクラウドファンディングです。

     日本中からどんどん新しいふるさと納税が生まれそうで、楽しみです!


    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: 文京区だと地元が潤う返礼品がないようで、この「こども宅食」へのふるさと納税に返礼品はないようですが、福山市とかだと、用途を決めつつ返礼品もあるみたいです!

    フツクロウ: ホホウ。 
  • 見守り「ふるさと納税」

    2017-07-21 22:30
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     ふるさと納税すると、ヤクルトが見守りをしてくれるそうです。

     ふるさと納税のお礼に「あなたの大切な人見守ります」:朝日新聞デジタル 

     自治体を通して見守りをお願いするっていいですね。サービス費用だけでなく、一部は自治体に寄付になるのでしょうが、それなら喜んでという感じではないでしょうか。

     ヤクルトなどの訪問業者が見守りをするというのも、いろいろ試されていますが、この自治体とのコラボでというのはその中の一つとして、なかなか筋がいいのではないでしょうか。他の自治体にも広がりそうです。

     ちなみに以前電力を返礼しますというのがあり、とても注目していたのですが、あんまり流行っていないようです。残念。

     ふるさと納税:返礼の電力人気なく 群馬・中之条見直しへ - 毎日新聞 

     全てが成功するわけではありませんが、これからも各自治体どんどん知恵を絞ってくることでしょう。楽しみです。


    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: ふるさと納税の返礼品は見事な発明でしたね。

    フツクロウ: ホッホ。
     
  • 日本人の進むべき方向を示してくれる霞ヶ関(働くママ)

    2017-07-20 23:45
    30pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください


     霞ヶ関の働くママが官僚の生産性を爆上げしているようです。

     働くママが終止符を打った霞が関の“伝統芸能” 

     国会が始まると答弁を作るために職場に缶詰になるという霞ヶ関。私の知る限りかなりの「ブラック企業」です。官僚の仕事が超楽チンというわけにはいかないでしょうが、あまりのブラックぶりにそりゃ日本全体がブラックになるわけだと諦めに近い悲しみに襲われます。

     しかし、霞ヶ関もただ手をこまねいているわけではありませんでした。

     信頼できるオンライン法令データベース作ったり、それにタグ入れて関連法令に飛べるようにしたり、書式を自動で整えてくれたりして、生産性が大幅に向上したそうです。自動書式調整は30時間かかっていたものが10秒になったとか。

     やはりエリート。生産性をあげるとなったら、ものすごい力を発揮しますね。業者に丸投げしてできるような話ではないですから、今のITにも明るくて、その力をうまく利用して改良していったのでしょう。

     その記事でも書いてありますが、今の日本に必要なのは、生産性の向上です。今までサビ残でこなしていた仕事を、ITなどを駆使して効率化しなくてはいけません。人口が減り始めてサビ残でこなせないとこまできてしまいました。

     でも道具は揃ってます。今なら強力なITツールを非常に安価に活用できます。昔はITも高かったですが、今は安く始める方法が豊富です。ITに明るい人が工夫をすればどんどん生産性をあげられるでしょう。

     それでも今までは変化を面倒がってなかなかかわりませんでしたが、もうとやかくいってられません。中小企業も人材確保のために賃金をあげだしているといいます。待った無しです。

     これから数年は、生産性向上の大波がやってきて、その先に新しい日本が待っていることでしょう。
     



    《ワンポイントミライ》(

    ミライ: 働くママパワー、相変わらずすごいですね。

    フツクロウ: ホッホ。