• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

「戦中の老人、戦後の老人」小林よしのりライジング号外
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「戦中の老人、戦後の老人」小林よしのりライジング号外

2020-12-29 11:55
  • 514
df5a988b7c580bf7ff2e0a94f03d295484e85305
号外 2020.12.29発行


【目次】
1. ゴーマニズム宣言・第403回「戦中の老人、戦後の老人」
2. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第197回「“PCRを拡大すべき”の欺瞞を問い質す」




17a451a6579bb682c2712badbb4ded329272b436

第403回「戦中の老人、戦後の老人」

『コロナ論2』は早くも2度の増刷がかかり、順調に売れている。
 それと同時に、前作の時をはるかに上回るバッシングが巻き起こっている。「批判」と「バッシング」は違う。「批判」は本を読んだ上で、間違いを指摘したり、根本的な思想(ウイルスは進化の要素)(死生観)などの再考を迫るものだ。
「バッシング」は読みもしないで一コマを抽出して、曲解を拡散したり、「権威主義」で、漫画家だからダメとか、専門家じゃないからダメという「偏見」で断罪する姿勢である。
 今のところ、「批判」に値するものはなく、「バッシング」しかないというのが、コロナ脳の非科学性を証明している。
 しかし、そのバッシングの質が、興味深いことに、現代日本人の病理を如実に炙り出しているのだから、無視もできない。

 バッシングの中でよくある言い回しに、「小林だって、基礎疾患のある高齢者じゃないか!」というのがある。
 そう言われても、わしとしては「ええ、その通りですが、それが何か?」としか言いようがない。
 この文句の主は「高齢者」なのだろうか?高齢者なら、「自分は高齢者だから怖い。小林よしのりだって高齢者じゃないか!しかも喘息という基礎疾患があるくせに!」と言ってることになる。
 それなら「おまえはお化け屋敷を恐がってる老人に過ぎない。わしは知性ある老人だから、幻想に怯えるより、この世の快楽を求める方がいいんだよ。」と言ってやるしかない。
 さらに「恐いなら、おまえが自宅に閉じ籠っていろ!若者や子供を巻き込むな!」とも言ってやりたい。

 だが、どうやら「高齢者なら怯えるべし」というバッシングは、必ずしも老人が言ってるわけでもなく、わしより若い連中までが言ってるらしいのだ。
 自分が怖いなら、そう言うべきであって、「敬老精神」で言ってるふりをするのは偽善であり、卑怯である。

 来年1月1日午後1時に放送される、藤井聡氏の番組『東京ホンマもん教室SP』(TOKYO MXテレビ/スマホアプリ・Webサイト「エムキャス」でもリアルタイム配信)の収録で、わしがこの1年、喘息が収まらなくて大変だったと言うと、藤井氏は「小林さんは基礎疾患があって高齢者じゃないですか。もろ被さっているじゃないですか。それでこういう意見を言っているわけでしょ」と言った。
 コロナに罹ったら重症化して死に至るかもしれない条件をもろに被っているにもかかわらず、それでもコロナは怖くない、コロナ恐怖は嘘だと言っていることを、恐怖感に囚われない、勇気のある態度だとして評価しているのだ。
 普通はそんなふうに、好意的に捉えてくれるものと思っていたのだが、「小林も基礎疾患のある高齢者じゃないか」とさえ言えば、わしに最大の打撃を与えられると思い込んでいる者がいるのだ。それもかなり多数。
 これは一体どういうことなのだろうか?

 要するに、こんなことを言ってくる者は、「誰だって自分の命が一番大切なはずだ」と信じ切っていて、それを絶対的な前提として、一切疑ってもいないのである!
 だから「命よりも尊い価値がある」ということが全く理解できないし、ましてや、世の中には「自分の命よりも優先すべきことがある」という価値観を持って生きている者が本当にいるということなど、想像すらできないのだ。
 そんなわけで、小林よしのりだって本当は自分の命が惜しいはずで、もともとコロナが重症化する危険性が高いんだから、もしも感染したらきっと取り乱して泣き叫ぶに違いないと、勝手に決めつけているのである。
 だから、「お前だって基礎疾患持ちの高齢者じゃないか!」とさえ言えば、ものすごい攻撃をしたような気になれるというわけだ。 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

他504件のコメントを表示