• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 8件
  • 情報量[女流名人戦第5局]

    2017-02-25 12:00  
    220pt
    2連敗から2連勝と底力を見せつけて、女流名人防衛に王手をかけた絶対王者。現在5冠。史上初女流6冠全冠制覇の偉業達成のため、敗北は許されない。
    一方の最強チャレンジャーも、ここまで来てで負けちゃあ、留守を守る同業の夫と一歳の長女に合わせる顔がない。
    両者負けられない一戦!
    勝ったのはどっち?
     

    記事を読む»

  • 歌で晴らそう将棋の憂さを[棋王戦第2局]

    2017-02-22 12:00  
    220pt
    惜しい!
    逆転負け!
    若き挑戦者は、一人カラオケで鍛えたアニソン歌唱でストレス発散するのか?
    古都金沢にアニソンが鳴り響くのか?
    将棋の心はどこにあるのか?
     

    記事を読む»

  • 歴史への王手飛車[クレオパトラ・世紀の美女対決]

    2017-02-18 12:00  
    220pt
    歴史上の美女と言えばクレオパトラ。
    将棋史上の美女と言えば、蛸島先生から始まって数人、数十人いや数千人いらっしゃいます。
    とても恐ろしくて固有名詞を出せませんが、現代現在今この時、将棋界代表の美女と言えば…
    その美女がクレオパトラと勝負!?
     

    記事を読む»

  • ゴーダマサタカ二月の戦い【王将戦第4局】

    2017-02-15 12:00  
    220pt
    王将戦カド番になってしまった愛の戦士郷田真隆王将。
    命運のかかった対局は奇しくも2月13日、14日岡山県矢掛町矢掛「矢掛屋」での対局。
    これだけ矢がつけば普通、矢倉を指すのが人情ってもんじゃないか?と思うのが一般人。フリフリマン久保利明ときたら何もなかったようにいつもの飛車をいつものように振るのだった。
    その時、郷田真隆は?
    その時、奇しくも2月13、14日、前門の久保利明、後門の?!

    第66期王将戦七番勝負第4局
    郷田真隆王将 ●●●○久保利明挑戦者○○○●
    2月13、14日(月、火)、岡山県小田郡矢掛町矢掛「矢掛屋・備中屋長衛門」での対局。
    第5局は、3月1、2日(水、木)に、新潟県佐渡市しいざき温泉「佐渡グリーンホテルきらく」で行われる。
    バレンタイン決戦に棋界一のアイドルフェイス郷田真隆が負ける訳にはいかない。

    記事を読む»

  • 絶対王者の休日[ジョギング篇]

    2017-02-11 12:00  
    220pt
    忙中閑あり。
    めずらしくタイトル戦のない日常の絶対王者。
    気分転換のジョギングなども悪くない。
    そこに現れたのは?
    そこに生まれた絶対王者ならではのドラマとは?
     

    記事を読む»

  • 人生最大のダジャレ[棋王戦第1局]

    2017-02-08 12:00  
    220pt
    森信雄門下の若き俊秀が遂にタイトル戦に登場。
    22歳。
    対する棋王、永世棋王まであと1期と迫る32歳の天才。
    「千田」と書いて「チダ」と読ませる挑戦者。
    かのハブヨシハルのようにタイトル戦の常連となり、一般ピープルにも〔千田=チダ〕と読ませる日は来るのか?
    その第1歩を踏み出せるか?!
     

    記事を読む»

  • 負けたわけ[王将戦第3局]

    2017-02-04 12:00  
    220pt
    新婚にしてハンサムタイトルホルダー
    ザ・ハッピーラッキービューティホーマエストロ・マサタカゴーダ王将。
    ショエーと3連敗!
    「人生だからこーゆーこともある」
    とたたずんでもいられない。
    3連敗の理由は?
    そのスマート脳が導き出した原因とは?
    そして、その対策は?
    4コマ漫画はどこまで勝負論に踏み込めるのか?
     

    記事を読む»

  • 2017年1月の戦い[女流名人戦第3局]

    2017-02-01 12:00  
    220pt
    将棋盤の前に座れば勝つとデジャブちっくな勝ちっぷりでお馴染みの里見香奈女流五冠王。
    その絶対強者が、今期女流名人戦タイトルマッチでまさかの開幕連敗即カド番。
    30度目のタイトル戦での初窮地。相手を追い込むのが日常だったが。
    追い込まれた地球一将棋の強い女はどう戦うのか?
    このチャンス、“闘うママ”上田初美女流三段は、「母は強し」パワーで一気に栄光をつかむか?
    女流将棋界の稀勢の里の座は目の前だ!
     

    記事を読む»