• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 11件
  • 将棋に勝つために[竜王戦第2局]

    2018-10-31 12:00  
    216pt
    将棋界最高の大勝負竜王戦真っ盛り!
    注目の第2局は、九州福岡県福津市の「宮地嶽神社」で行われる。
    みやじだけじんじゃ
    です。
    みやジゴクじんじゃ
    じゃありません。
    あの「光の道」で有名なところです。
    両対局者の前日の対局検分を地元福津市内の少年少女が見学しました。検分を見学です。
    そのあと、質問コーナーが設けられました。
    その時。
     

    記事を読む»

  • 人生をかける[あゆみちゃん]

    2018-10-27 12:00  
    216pt
    今日も今日とてヘボ将棋
    仲がいいのかあゆみとお兄ちゃん
    夢に向かって駒が飛ぶ!
     

    記事を読む»

  • 微笑みの王座戦[王座戦第4局]

    2018-10-24 12:00  
    216pt
    稀に見るイケメンタイトル戦となった王座戦。
    ネット時代、映像配信が増えた21世紀、求められるカードではある。
    そのビジュアル系対決も第4局まで来ました。
    日本の女子はどっちを応援してるのかな~?
    ま、勝敗には関係ないんでしょうが。
     

    記事を読む»

  • いらなくなる[将棋ペンクラブ大賞・特別賞・山本一成]

    2018-10-20 12:00  
    216pt
    なんと
    将棋ペンクラブ大賞・特別賞は、山本一成『人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?』(ダイヤモンド社、平成29年5月)です!
    AIは名人を超えちゃったらしい。
    色んなものを超えるらしい。
    そこで、木村晋介将棋ペンクラブ会長からウィットの効いたジョークが指されたが。 

    記事を読む»

  • 松羽目将棋[竜王戦第1局]

    2018-10-17 12:00  
    216pt
    セルリアンタワー能楽堂の能舞台での対局となった今期竜王戦第1局。
    タイトル通算100期達成か?久々もいいところの無冠、0冠か?
    という羽生竜王が主役の竜王戦!
    が、将棋が始まれば、勝った方が舞台の主役だと、つつつと登場した広瀬挑戦者!
    さあさあさあさあ!
    あと、歌舞伎で、能・狂言の曲目を原作に、それに近い様式で上演する所作事を「松羽目物」という。のを何となく覚えていたので、それをもじってタイトルにしました。
     

    記事を読む»

  • 流鏑馬か!?[将棋ペンクラブ大賞・技術部門優秀賞・永瀬拓矢]

    2018-10-14 12:00  
    216pt
    この季節にはやはり欲しい
    将棋ペンクラブ大賞・技術部門優秀賞は、永瀬拓矢『全戦型対応版 永瀬流負けない将棋』(マイナビ出版、平成29年12月)となりました!
    永瀬拓矢七段は、贈呈式当日、対局が入り欠席。代理で、この本の聞き手、構成担当の美馬和夫さんがスピーチされました。スピーチ長かったけど、内容があって、面白かったので大変結構でした。
    が、私など女子プロレスファンには、「美馬」と言えば、「下田美馬」なのですが。
    乱入してくんないかな~
    ちなみに「流鏑馬」は「やぶさめ」と読みます。
     

    記事を読む»

  • 藤井 藤井[将棋ペンクラブ大賞・技術部門大賞・藤井猛]

    2018-10-13 12:00  
    216pt
    注目しないではいられない
    将棋ペンクラブ大賞・技術部門大賞は、藤井猛『四間飛車上達法』(浅川書房、平成29年12月)でさーね!
    藤井猛九段と言えば、藤井聡太七段と苗字が同じということで有名ですが。それよりも、藤井システムの家元であり、実績、実力、文句無しのトップ棋士。でもって、テレビの解説などでの飄々たる話術、雰囲気のダンディズムから、女性人気は大変なんすから、もう!
    パーティーでも、女性に囲まれちゃって、もう!
    猛(もう)!
     

    記事を読む»

  • イケメンと勝利[王座戦第3局]

    2018-10-10 12:00  
    216pt
    稀に見るイケメンタイトル戦。
    西のイケメン斎藤慎太郎があっさり王座をゲットするのか?
    東のイケメン中村太地王座がそうはいかじと踏ん張るのか?
    中村修立会人がナイスミドルな仕切りを見せるのか?
    将棋界は芸術の秋ならぬイケメンの秋。
    一戦でも多く観賞したいのが将棋ファンごごろ。
     

    記事を読む»

  • 似顔絵のミステリー[将棋ペンクラブ大賞・文芸部門優秀賞・柚月裕子]

    2018-10-07 12:00  
    216pt
    垂涎の将棋ペンクラブ大賞・文芸部門・優秀賞は
    柚月裕子『盤上の向日葵』(中央公論新社、平成29年8月)
    似顔絵描きの本能なのか。
    『将棋ペン倶楽部』第70号の受賞者の言葉のページの柚月裕子さんの写真を見て、似顔絵を描くハメニオチイッタラ、「まあ、描けるな」と思った。
    そこそこの美人でちょいポッチャリ。
    私の得意とする分野だ。
    が、受賞者は忙しかろうし、受賞者ということでこっちが意識して描きづらい。描くよーなこたないだろうと思っていた。
    が、よりによって、いの一番にモデルとして現れた。
    写真と違う。
    きっちりシャッキリしゅっとした美女だ!?
    似顔絵危機一髪!
     

    記事を読む»

  • ほめて![将棋ペンクラブ大賞・文芸部門大賞・杉本昌隆]

    2018-10-06 12:00  
    216pt
    日本を代表する二大師匠と言えば、杉本昌隆七段と貴乃花親方だった、この時は。
    今、日本一の師匠として、何を語るのか?
     

    記事を読む»