• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • 【サザンと首相のアリーナ対決】

    2014-12-31 12:00  
    398pt
    「どうもスタッフの様子がおかしい。普段着ないスーツなんか来てみんな緊張
    した面持ちで歩いている。マネージャーに『誰がくるの?』って聞いても『い
    やいや聞かない方がいいでしょう』って教えてくれない。そしたら、安倍ちゃ
    ん。安倍首相です。『衆議院解散するんです』って替え歌で歌っちゃいました。
    新聞に『仰け反った』って書いてある。みなさん知っているでしょ。仰け反っ
    たですよ。事前に教えてくれればアベノミクスの宣伝でもしたのに…」
     
  • 【政治の師匠と談論風発?】

    2014-12-28 20:50  
    398pt
     師匠との対面はいつも独特の緊張感を伴う。
     「ニューズ・オプエド」、2014年の最終回のゲストは鳩山邦夫元総務大臣だ
    った。
     政治の名門・鳩山家の次男として生まれ、東大卒業と同時に田中角栄首相の
    秘書として政治の道を歩み始めた。
     当選後は若くして文部大臣に就任したのを皮切りに、労働大臣、法務大臣、
    総務大臣などを歴任しながらも、自民党には三度も入党・離党を繰り返すなど、
    一筋縄ではいかない存在感のある政治家だ。
     
  • 【石原慎太郎は時代のジェラシーを受ける】

    2014-12-21 12:30  
    398pt
    「政界はジェラシーの海だ」 大平正芳元首相が語ったとされるこの言葉は、まさしくこの人にこそ当てはまるのではないか。 石原慎太郎さんが「ニューズ・オプエド」に2回目の出演を果たした。「U3W」を含めれば3回目、自由報道協会の会見や「ニュースの深層」の出演などを加えれば10回近くの登場になるだろうか。 その石原さんだが、出演の度に、新しいネタでメディアから袋だたきに遭っている感が否めない。実際にこれほど長年、誹謗中傷の嵐に耐えた人物も珍しいだろう。出演当日のネットの書き込みも相変わらずだった。 
  • 「文部科学大臣の教え」

    2014-12-20 15:00  
    398pt
     他人の言葉で得た印象というものほど当てにならないものはない。
     下村博文文部科学大臣がニューズオプエドに生出演した。
     下村さんといえば、第一次政権以来の安倍首相の側近であり、政治信条も近
    いとされる保守政治家の代表格だ。
     その下村さんは、従軍慰安婦問題でも朝日新聞の報道に対して極めて批判的
    であり、訂正と撤回をずっと求め続けてきたひとりでもある。