• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 2件
  • 上杉隆の「自民党新総裁決定!ズバッ!と、勝手に身体検査」全文書き起こし(後半)

    2012-10-17 19:00  
    398pt
    自民党の新総裁に選ばれた安倍晋三・元首相。彼は本当に日本文化に詳しいのでしょうか……。出演者から、そんな疑問も噴出しました。
    これは自民党総裁選が行われた9月26日、元ジャーナリストの上杉隆の番組「自民党新総裁決定!ズバッ!と、勝手に身体検査」の一幕です。ブロマガ「上杉隆の東京脱力チャンネル」が主催する番組としては2回目。前回に引き続き、キャスターに『AERA』記者の三橋麻子さん、ゲストに元朝日新聞政治部長・薬師寺克行さんと、政治ジャーナリストの藤本順一さんを迎えました。
    無料放送を終え、後半の有料部分に入ると安倍総裁に対するぶっちゃけ話がヒートアップ。安倍総裁を間近に見てきた経験から、藤本さんは以下のようにコメントしました。
    「これ、誹謗中傷しているわけじゃなくてね、箸ひとつちゃんと持てない人が、日本文化をやっぱり語れないんじゃないかなって気はするんですよ。これは、身近に食事している姿を見ていると分かるんだけれども『ああ、この人、ちゃんと教育を受けて、日本の伝統文化の素地を持ってる』みたいなことを、感じたことが実は無くて、食べるものはジャンクフードを好んだりとか、なんていうか、別にそれで、日本の伝統文化だとか言わなかったらそれで良いんだけど、妙に言っちゃうもんだから、ちょっと違和感を、個人的にはね」
    上杉隆の東京脱力チャンネルでは、今後も定期的に生放送をしていく予定です。この番組の全文書き起こし記事は、チャンネルに会員登録すると閲覧できます。
  • 「ジャーナリストは命がけ」 上杉隆の「夜のズバッ!と生ステーション」第1回 全文書き起こし(前半)

    2012-09-04 19:00  
    398pt
    上杉隆のブロマガ「東京脱力チャンネル」が主催する生放送番組「夜のズバッ!と生ステーション」が、2012年8月21日にスタートしました。キャスターを務めたのは、週刊誌「AERA」記者の三橋麻子さん。ゲストには、元朝日新聞政治部長・薬師寺克行さんと、政治ジャーナリストの藤本順一さんを迎えました。 この放送があったのは、シリアで取材中のジャーナリストの山本美香さんが政府軍に射殺された翌日でした。同じく都留文科大学の卒業生である上杉は、「山梨県のマイナーな大学の出身者なので『同志』みたいな形で連絡をとりあっていた」と、懐かしそうに振り返りました。その上で、「山本さんも戦場に行ってバリバリの戦場ジャーナリストに見えますけど、実際は御会いすると全くそんな雰囲気は無くて、本当に穏やかで優しくて謙虚で、控えめだった」と振り返り、山本さんの冥福を祈りました。 薬師寺さんからは、今回の事件を踏まえて次のような意見が出ました。 「新聞記者とかテレビ記者が取材中に殺されることが、冷戦後に増えているんですよね。国際的なNGOが統計を取ってますが、毎年数百人が死んでます。(記者が殺害される場合には)2つのパターンが合って、一つはロシアなんかで多いんですけど"権力追求型"のジャーナリストが殺されるというパターン。もう一つは、紛争地域で紛争に巻き込まれて殺されるというパターンですね。改めて皆さんに理解してもらいたいのは、ジャーナリスト・新聞記者・テレビ記者というのは、ある意味で命がけで仕事をしなきゃいけない仕事だと言うことですね。本当に大勢の人が、色々な国で命を落としています。別に日本だから安全だと言うことはなくて、違う意味で国内取材でも緊張感を持って多くの記者が(取材を)やってますから。ジャーナリズム、あるいは取材活動というものの意味を、こういう機会にもう一回考えてもらいたいという気はしますね」 そのほか番組前半では、尖閣諸島や竹島など領土紛争の話題、さらには衆参両院で可決した消費税引き上げ法案への賛否について、鋭い分析がなされました。「上杉隆の東京脱力チャンネル」では、今後も定期的に生放送をしていく予定です。この番組の全文書き起こし記事は、チャンネルに会員登録すると閲覧できます。