• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • ラーメンレビュー 山本増刊34号

    2016-08-24 08:00

    989c334bb2a743d5c0a970338f9fe23e2a554ef9

    ■「ラーマガ」本誌に載せきれなかったレビューを掲載する「ラーメンレビュー増刊号」です

     「ラーマガ」本誌では、各号で7件の個別レビューを掲載しています。遠征や連食などで、そこに収まらない私のレビューを、随時「ら~マニア共和国」で掲載します。

     今回は巻頭コラムで「金乃武蔵」シリーズ第8弾のレビュー、その他限定メニュー3軒のレビュー、そしてこの夏の冷やしから4杯のレビュー。今回は全編を無料公開です。ラーマガ本誌と合わせてお楽しみください。

    □目次

    1.「金乃武蔵」レビュー

     ・麺屋武蔵武仁@秋葉原

    2.これも食べてほしい!限定ラーメンレビュー

     ・ソラノイロ@半蔵門
     ・大喜@湯島
     ・チラナイサクラ@御徒町

    3.この夏の冷やしレビューは無料公開!第五弾はチェーン店も食べてみた!

     ・三田製麺所@御茶ノ水
     ・リンガーハット@大門
     ・麺屋武一@新橋
     ・博多天神@新橋


    1.「金乃武蔵」レビュー
    cfdce1b6971b656806b299806aca28e521e6acb2

    【麺屋武蔵武仁@秋葉原】
    「金乃アキバカリー麺」2,160円
    ※8/25(木)~8/28(日)、各日10食限定。

     「革新的で上質」をテーマに、毎月新しいラーメンを提供している20周年の「麺屋武蔵」の「金乃武蔵シリーズ」。今月は秋葉原の「武仁」が担当。開店してからしばらく提供し、現在はレギュラーメニューにはない「アキバカリー麺」の復活をテーマに、全く新しい一杯が登場した。

     斬新なのは「一つとして同じものがない一杯」である事。鶏・豚・牛・野菜から採った、一番出汁よりも短く、素材の風味を取ったスープと、特製の麺、「武仁肉」は共通。しかし、味の肝になるスパイスを40種類用意。お客の好みに合わせたブレンドをするという。客に「食欲増進」「消化促進」「リラックス」など、体調で気になるポイントや、辛さの好みを聞くチェックシートを用意し、店長がその好みを確認してから、スパイスの組み合わせを決定する。

     麺を茹でるお湯には「レモングラス」「コブミカン」「マリーゴールド」の出汁パックを用意し、スパイスに合わせたものを選んで入れる事で、スパイスに馴染んだ麺に仕上げている。

     「武仁肉」は、金乃武蔵バージョンとして牛肉のイチボを使用。軽くスパイシーな味わいの、かぶりつき甲斐のある肉になっている。白髪ネギの上にはフレッシュハーブが乗るが、これも「パクチー」「クレソン」「イタリアンパセリ」の3種類から、スパイスの調合に合わせて作るという。

     様々なスパイスが出汁の上で主張し、一般的な「カレーラーメン」とは異なる、独特の味わい。今回は一番辛くしてもらったが、それぞれのスパイスを感じられるように一口目の辛さは控えめ。食べていくうちに辛さが徐々に積み重なっていって、食べ終わった時には個性的な「金乃アキバカリー麺」の真髄を楽しめた。

     ラーメン好きはもちろんの事、カレー好き、スパイス好きに食べてみてほしい一杯と感じた。当然一杯ずつ作る事になるので、金乃武蔵専用のスタッフを固めてはいるものの、時間に余裕を持って訪問してほしい。

    スパイスが アキバに薫る 四日間

    558d5b21883343d37da99cb0260adb47bc3359ac

    (今回使用するスパイスの、ほんの一部)

    麺屋武蔵 武仁
    東京都千代田区神田佐久間町2-18-5
    各線「秋葉原」駅から徒歩2分


    2.これも食べてほしい!限定ラーメンレビュー

    322df7eb4c6e111def2bbedf8cdb2d73321ccc5b
    【ソラノイロ@半蔵門】
    「ソラの天塩しじみたっぷりチャンポン」1,200円
    ※8月31日まで、昼10杯夜5杯限定

     しばらく冷やしが続いてきた「ソラノイロ」の今月下旬の限定はチャンポン。今回は「しじみ」がテーマだったので冷やしにする事も考えたそうだが、貝類の香りという点ではアサリやハマグリほどにはならないという事で、しじみの味を活かしたスタイルを研究したとの事。

     今回の限定は北海道道北地方を流れる天塩川が、日本海に注ぎ込む天塩町とのコラボ。漁獲高が道内一のヤマトシジミを特産として売り込んでいるという事。そのシジミ出汁と、昆布・煮干・宗田節などで採った出汁を1:1で使用し、塩ダレはソラノイロの塩中華そばのものを使用。あっさりしながら、野菜や肉、魚貝のコクがある事で物足りなさは皆無。大きなシジミの味もしっかり出ている。麺はチャンポン麺としては細め、中華麺としては太めのストレート麺を使用し、「北海道で出すチャンポン」のイメージで仕上げたとの事。キャベツ・モヤシ・海老・蒲鉾と殻付きのシジミを中華鍋で炒めてあわせている。柚子の欠片をたっぷり乗せているので、スープに沈めて馴染ませると食べやすくなる。

     今回のメニューには、醤油味で生姜を乗せたしじみの炊き込みご飯付き。余ったスープをご飯にかけていただくのがベストなので、スープを先に飲み干してしまわないように注意が必要。

    北の風 染みたしじみを チャンポンす

    aa568d8ffc139f7591f290589a4de5add7492bb4

    ソラノイロ japanese soup noodle free style
    東京都千代田区平河町1-3-10
    東京メトロ「半蔵門」「麹町」駅から徒歩4分


    8b4cce8b4d8a0d1dc5ed488396ab0fed2a7f0005

    【大喜@湯島】
    「冷やしとりそば」980円
    ※8月31日まで、昼夜各15食限定

     大喜では期間限定メニューが次々と出ているが、ほぼ毎年食べているのが「冷やしとりそば」。一昨年は「ラーマガ30号」でクロスレビュー、昨年は「レビュー増刊22号」で無料公開レビューしている。お店は年内で移転する事を発表したため、この場所で食べられる「冷やしとりそば」は今年が最後になる。

     鶏をベースにした冷たいスープは単に冷やされているだけでなく、細かい氷も入っているようで、ガラスの器も相まって更に涼しさを演出している。平打ちストレート麺がスープを素直に引き出し、オクラとなめこのとろみがスープのとろみを増幅させている。今年は鶏チャーシューが「モモ肉」と「ムネ肉」の2種類になって、肉の旨みが鶏っぽさをプラスしてくれている。シャキシャキした青菜の食感も心地よい。

     今年は1ヶ月限定で、いつもより少ない各15食限定。それだけに売切れの日も多いとの事。夜のみの突発限定冷やしを出している事もあるようなので、まだまだ創作意欲は溢れんばかり。何を食べても満足できる大喜だが、やはり今年の冷やしとりそばも食べてほしい。

    十七年 湯島の夏を 冷やしてる

    13c08403fb5afc7b7b5262e9bcf42f6522c95d57
    らーめん天神下 大喜
    東京都文京区湯島3-47-2
    東京メトロ線「湯島」駅より徒歩2分


    52825807f0c7feede0096d59b794ab6dd781b103

    【チラナイサクラ@御徒町】
    「夏野菜とタコの冷やし」950円
    ※夏季限定

     この日は、チラナイサクラでオフ会をする為に訪問。常連さんの幹事からのお願いで、通常はない様々なつまみメニューも出してもらい、皆で大盛り上がり。締めに皆でラーメンを頼むことになり、今年の冷やしメニューを注文。

     ガラスの皿に入った冷たいスープはトマトも感じるもので、たっぷり入っているので飲むほどに涼しさも感じる。冷たさの中にしっかりした酸味と程よい辛味も感じられ、夏メニューとしての食べやすさとインパクトを持っている。別容器に出してくれる辛味噌で辛さ増しも可能。中太麺はもっちりしながらきっちりと締められていて啜り心地がよい。

     具にはタコスのような辛味をつけた挽肉に、細かくぶつ切りにしたタコ。キュウリやトマトなどの夏野菜がたっぷりと入り、揚げゴボウとルッコラが乗り、種類豊富な味わいが麺の間から口の中に入っていく。氷が乗っていることもあり、最後まで冷たくいただけたのもポイントが高かった。

    すっきりの 辛さと酸味で 夏過ごす

    チラナイサクラ
    東京都台東区上野5-10-14
    各線「御徒町」駅から徒歩2分


    3.この夏の冷やしレビューは無料公開!第五弾はチェーン店も食べてみた!

    748289a6cd2baf78fb2522931d12b18db747df7a

    【三田製麺所@御茶ノ水】
    「パクチー冷やしレモン麺」830円
    ※夏季限定

     2008年に三田で創業し、国内20店舗、台湾と香港に7店舗を構えるチェーン店に。こちらも支店の一つだが、駅に近い事もあってほぼ満席の繁盛ぶり。太麺に濃厚なつけ麺で知られているが、冷やしメニューのPOPを見かけて入店。冷やしレモン麺がメインだったようだが、100円プラスのパクチー乗せメニューが気になり、そちらを注文。

     あっさりした鶏メインのスープが冷やされていて、ゴクゴクと飲めるもの。このメニューでは麺は中細でツルツルと食べられる。この食感、スープも含めて、少し韓国冷麺に近い印象。具には鶏チャーシューとはちみつ漬けのレモンを使用。レモンをはちみつ漬けにした事で甘さも感じられ、レモンの酸味が苦手な人でも食べやすい。

     そして、パクチー好きの私でも「たっぷりだなぁ」と思える程のパクチーが乗る。スープに浸したり、レモンやチャーシューと一緒にいただいたりして、口の中に爽快感を呼び込んだ。パクチーが苦手な人には「冷やしレモン麺」もある。酸味や甘さを一気に感じさせ、涼しさを楽しめる仕掛けが楽しめた。

    パクチーに はちみつレモンの 味絡み

    31421606dd787cbab4c383422ad98cd98b97eb3d
    三田製麺所 御茶ノ水店
    東京都千代田区神田駿河台2-6
    各線「お茶の水」駅から徒歩1分


    1d0121fd2c5026f3fb7d2b2f0ffd6ee50d0737b4

    【リンガーハット@大門】
    「冷しちゃんぽん(白)」740円
    ※夏季限定

     1962年に創業した一家により、1977年に誕生した「リンガーハット」。国内は福島福井以外の都道府県に730店、海外にも4店舗を展開している。もちろん「長崎ちゃんぽん」を看板メニューにしているが、夏季限定で「冷やしちゃんぽん」を販売していると聞いて、そのユニークさに惹かれて訪問してみた。2014年から販売しているとのことで、今年は注文した「白」の他に、辛口の「赤」もあり、「夏の紅白」と銘打って、アイドルグループとのコラボキャンペーンも行っている。

     白濁した冷たいスープはまろやかさを持ちながら固まらず、辛味の油が少量加えられている。冷やし用にと、キャベツに変えてレタスをメインにした野菜との相性もよい。プチトマトやモヤシなどの野菜をシャキシャキといただきながら、麺を引き上げて楽しめる。チャンポンの野菜を楽しめるように、「しょうが」「ゆず」の2種類のドレッシングが用意されている。少量ながら肉も乗っていて、カイワレで口の中をリフレッシュできる。

     珍しい点はないが、冷やしでもちゃんぽんを主張してくるスタイルに、野菜をメインに据えている事でヘルシーさもアピール。お店のブランドを活かした一杯になっている。

    長崎の 味を冷やして 再構築

    768b89bf987c0d3872afd70f556125de8ac0a1e9
    長崎ちゃんぽん リンガーハット 大門店
    東京都港区浜松町1-27-14
    各線「大門」駅から徒歩2分


    7e94d51ab56f12571cb112a7d988b208c9a44b01

    【麺屋武一@新橋】
    「比内地鶏の冷やしラーメン」780円
    ※夏季限定

     2012年に創業し、都内を中心に国内7店舗、海外に5店舗を構える新興チェーン店。鶏白湯をメインに「鶏」を推しているのは、「焼鳥店とのコラボによる」というバックストーリーがあるからか。烏森口から一本曲がり、路地を入った所にある新橋本店は初訪問。鶏白湯のラーメンは他の支店で食べたので、夏季限定メニューである「比内地鶏の冷やしラーメン」を注文。

     醤油色のスープはあっさり系を思わせるが、実際にスープには魚介系の旨みも感じ、「鶏にこだわった」と名乗る店にしては、鶏は控えめになっているように思える。氷を加えているので徐々に冷たくなっていくが、最初は驚くほどの冷たさがないのが気になる所。鶏チャーシューや玉ねぎ、水菜、ネギ、海苔といった具も含め、極力ラーメンに寄せていった感じの一杯でした。動物系の食材は冷やすと脂が固まる問題点はあるものの、もう少し「鶏」のユニークさを感じられたらと思った。

    鶏の店 夏の冷やしは 取りあえず

    0201291c81170d32400492c4dcd0854352b8cef4
    麺屋武一 新橋本店
    東京都港区新橋3-6-13
    各線「新橋」駅から徒歩5分


    cb8906f2a82ab8e54ef227d9ba9956ecb37057e1
    【博多天神@新橋】
    「冷やし中華」400円
    ※夏季限定

     「博多天神」といえば、ワンコインで博多ラーメンを提供するチェーン店として有名。福岡には店を持たず、東京の繁華街を中心に10店舗を構えている。創業は1979年と言われていて、博多ラーメンを標榜する東京のラーメン店としては古い部類に入る。こちらは2002年に開店した、新橋SL広場から虎ノ門に向かって歩くと、通りの角に出現する店。ドアを開け放して、店員さんも通りがかる人に声をかけていて賑やか。こちらの夏季限定メニュー「冷やし中華」にもファンが多い。

     決して凝った冷やしラーメンではない。タレは酢醤油のスタンダードなものだし、具にはキュウリ、モヤシ、白滝、錦糸玉子、チャーシュー。紅生姜と辛子を両方乗せて、かき混ぜていただくスタイル。「キンキンに冷たい」というわけでもない。しかし、それでも嬉しくなるのは、麺にラーメンとは異なる緑色の「翡翠麺」を使っている事と、何よりラーメンより安い400円という価格。ラーメン店の冷やしも、中華屋さんの冷やし中華も、はラーメンより高いケースが多い。それだけに、安さで人気を集めるラーメンより更に安いという努力に敬服したくなるのです。

    ちょっと寄る 財布は冷たく なりません

    cc9c2b4714b8cc000bb0aa76f2083b68f7d939cb
    博多天神 新橋1号店
    東京都港区新橋2-8-15
    各線「新橋」駅から徒歩4分


    ■編集後記

     最近はチェーン店でも様々な冷やしメニューを提供するようになりました。通常メニューのラーメンやつけ麺とは異なる味わいになる事が多いですが、涼んでもらおうという意識が嬉しいと思えます。来年の夏も、暑さを忘れる冷やしメニューが登場してくれることに期待しています。なお、「この夏の冷やしレビュー特集」はもう1回続く予定です。


    1d12777c7c29bf73cd6d25efb0e1b67a4b35bee3山本剛志:ラーメン評論家、ラーメン王。1969年生まれ。東京都出身、東京都在住。TVチャンピオン第6回ラーメン王。ぐるなび「メシコレ」キュレーター。「ラーメンwalker」百麺人。

  • 「ラーマガ」#104

    2016-08-20 23:00
    113pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    c233b755d3dd2a9ee36edacaec30ad87d27a4b79
    北島秀一・山路力也・山本剛志 共同責任編集
    「ラーマガ」THE RAMEN MAGAZINE
    #104

    ・北島秀一・山路力也・山本剛志 共同責任編集
    ・2016年8月20日発行(月3回)8月第2号(通刊 第105号)

    【目次】

    ■巻頭コラム
     「夏の終わりに」(山路力也)

    □クロスレビュー「必食の一杯」
      肉汁中華ソバ 百年本舗 秋葉原総本店@末広町 「肉汁中華ソバ(醤油)」

    ■ラーメン実食レビュー
    【北島秀一】
      らーめん家せんだい 羽沢店@片倉町「ラーメン並」

    【山路力也】
      キンシャリ屋 Roppongi branch@六本木「酸辣湯麺」
      横浜家系ラーメン 目黒魂心家@目黒「ラーメン」
      麺屋まるきた商店@八街「まるきたラーメン」
      中洲らーめん 麺処恭や 博多本店@中洲川端「らーめん」
      博多一双 中洲店@中洲川端「ラーメン」
      urano matsusuke@天神「らーめん」
      入船食堂@渡辺通「ラーメン並+ホウレンソウ、海苔」

    【山本剛志】
      としおか@早稲田「つけ麺」
      アンタイヌードルズ@中神「中華そば」
      龍のひげ@水戸「龍ひげ塩ラーメン」
      十夢@荒畑「ペペロンラーメン」
      紫陽花@六番町「醤油らぁ麺」
      いえろう@日比野「牛骨ラーメン」
      朝日屋@大垣「中華そば」

    □拉麺人インタビュー 
     蓮沼司 <我武者羅 店主>②
     『自分にとってのラーメンは、安価でおいしくお腹を満たすもの』(聞き手:山本剛志)

    ■侃々諤々!
     『セカンドブランド、あり?なし?』

    □告知/スケジュール

    ■編集後記


    ■巻頭コラム
    「夏の終わりに」山路力也

     ラーメンを食べ歩くようになって二十年近く。これまで私は基本的に7月と8月の2ヶ月間はラーメンを食べないようにして来ました。理由には色々ありますが、まず暑いので基本的に食欲が湧かないこと。さらにラーメンの食べ歩きともなると、時には外に並んだり、一日二軒など行くこともあったりで、夏はしんどいなぁというのがそもそものきっかけ。そこに、毎日ラーメンを食べ歩いていると新鮮さや感動が薄れていくので、2ヶ月ほどラーメンを食べない期間を設けることも大事だと思ったり、体重が増えて来たので節制する意味もあったり、またラーメンの食べ歩きを始めた頃は塾を経営していましたので、夏は夏期講習で朝から晩まで仕事をしていて物理的に厳しいというのもありました。

     さすがにラーメン評論家が本業となって、雑誌の取材やテレビのロケなどが入ったり、仕事としてラーメンを食べる時は食べるようになりましたが、数年間は本当に一杯も食べなかったんです。しかし元々ラーメン好きではなかったし、2ヶ月くらい我慢出来るだろうと思ったらとんでもない。一週間やそこらは何ともなかったのですが、二週間くらい経つとラーメンが食べたくて仕方なくなりました。それでも頑張って我慢して、9月になって食べた2ヶ月ぶりのラーメンの美味しかったこと。やれスープがどうだ麺がどうだと、分かったような顔をして語っているのがバカらしくなるほどに、シンプルに美味かったんです。そうそう、ラーメンの食べ歩きを始めた頃の感動ってこうだったよな、と。

     さて、今年の夏ももうすぐ終わろうとしています。この夏も極力ラーメンは控える夏にして来ましたが、やはり完全に絶つことは出来ず、ラーメンのシンプルな感動を得られず、探るようにスープを飲み麺を啜っている自分がいます。これはもう性というか、仕方のないことなのかも知れませんが、毎年夏が来るとラーメン絶ちをしていた十数年前の夏を思い出し、毎日ラーメンに感動していたあの頃に戻りたいなぁと思ったりするのです。しっかりと一ヶ月くらいラーメン絶ちしてみようかな。まだまだ暑い日が続きますが、皆様どうかご自愛下さいますよう。


    □クロスレビュー「必食の一杯」

     一杯のラーメンを三人が食べて語る。北島、山路、山本の三人が、今最も注目しているラーメン店の同じ一杯をクロスレビュー。それぞれの経験、それぞれの舌、それぞれの視点から浮かび上がる立体的なラーメンの姿。今回は今月13日にオープンした麺屋宗の新ブランド「百年本舗」の「肉汁中華ソバ」を、山路と山本が食べて、語ります。

    34d482ef9687a53bdf0fa3fcb0266f8a4c09b067
    肉汁中華ソバ 百年本舗 秋葉原総本店@末広町
    「肉汁中華ソバ(醤油)」780
     
  • ラーマガ限定「NAKED」#035 発表!

    2016-08-14 11:00
    a893475fc336f5abc5ac6c9d13c18e891fca76af

    ■ラーマガ限定は「かけラーメン」

     『ラーマガ』では毎月1軒のラーメン店とコラボレーションして、ラーマガ限定ラーメン「NAKED」を毎月月替わりで発表して参ります。

     近年、ラーメン界では限定ラーメンが数多く出されています。旬の食材を用いたり、今までにない方法論で挑んだり、創作意欲あふれるラーメン店主さんの作り出す鮮やかな一杯は、どれも素晴らしいものばかりです。また雑誌やラーメンサイトなどが企画する限定ラーメンなども人気のようです。

     ラーマガでも限定ラーメンをお願いしたい。しかし他でも食べられるような、既存の限定ラーメンのスタイルではラーマガでお願いする意味がない。ラーメンの作り手の皆さんの創作意欲をかきたてるようなテーマのラーメンにしたい。そして食べ手であるラーメンファンもドキドキワクワクするようなテーマのラーメンにしたい。

     そこで私たち三人がたどり着いた答えが「かけラーメン」でした。

     丼の中にあるのは麺とスープだけ。最初から最後まで、口に入って来るのは麺とスープだけ。麺とスープだけで美味いと唸る一杯、麺とスープだけで満足出来る一杯、そして麺とスープだけで完成された一杯。それがラーマガ限定「NAKED」のコンセプトでありテーマです。

     これはただ既存のラーメンに乗った具材を外せばいいというものではありません。ラーメンの設計を一から見直さなければならなくなります。浮かべる油も重要になりますし、唯一許されている薬味の存在がとても大きなものになります。丼の中に入っているすべてのものに繊細な神経を配らなければならなくなります。ラーメン職人の技術、意識が問われる一杯になります。

     同時にそれは、ラーメンを食べる側の味覚や意識も問われる一杯となります。時間が経つに連れて刻々と変わりゆくスープの味、香り、そして麺の食感、味わい。誰もが今までに感じたことのない集中力と楽しさで目の前の丼に向き合うこととなるでしょう。

     麺とスープだけ。このシンプルなルールによって、すべてのラーメン職人が同じ土俵に立つことになります。結果として、作り手側のモチベーションも格段に上がっていきます。他のどの店よりも美味いと言わせる一杯を作りたい。そんな作り手としての本能に火をつけていきます。

     毎月この企画に参加するラーメン店は、どの店も言わずと知れた人気店揃い。しかもラーメン作りに高い意識を持ったプロ中のプロばかり。そんな店が毎月月替わりでラーマガ限定に登場し、麺とスープだけで己の味を表現していくのです。

     ラーメンと同じ日本の麺類に「蕎麦」「うどん」がありますが、いずれも「かけ蕎麦」「かけうどん」といったシンプルなスタイルがあり、どこのお店にもそのメニューが存在します。しかしラーメン店で「かけラーメン」を通常提供している店は非常に少ないのが現状です。

     このラーマガ限定「NAKED」を通じて、麺とスープだけの「かけラーメン」の楽しさがラーメンの作り手や食べ手に広がり、いつの日か全国どこのラーメン店でも「かけラーメン」が食べられる時代がくるかも知れません。

     「NAKED」とは「飾らない、素の」といった意味合いがある言葉です。ラーメンの本質に迫った、麺とスープだけで勝負する究極の限定ラーメン企画。ラーマガ限定「NAKED」にどうぞ御期待下さい。

    e2d3f20953d9c0a7f51779786cded8a696ad0a51

    -----

    ■NAKED・過去の作品一覧

    【2013年】
    #001 らぁ麺 やまぐち(西早稲田)「会津のかけらぁ麺」(650円)
    #002 らーめん天神下 大喜(湯島)「かけみそ」(680円)
    #003 麺屋武蔵 虎嘯(六本木)「かけ塩ら〜麺」(1,000円)

    【2014年】
    #004 そばはうす 不如帰(幡ヶ谷)「鮮魚のかけそば 塩」(700円)
    #005 饗 くろ㐂(秋葉原)「かけそば〜春の息吹〜」(900円)
    #006 麺や七彩 東京駅(東京)「鶏と小麦のかけ」(950円)
    #007 本枯中華そば 魚雷(春日)「鶏と貝のかけそば〜四重奏」(980円)
    #008 中華そば しながわ(要町)「かけらぁ麺」(800円)
    #009 牛骨らぁ麺 マタドール(北千住)「かけにぼらぁ麺」(700円)
    #010 麺場 Voyage(蒲田)「昆布と牡蠣の二層の冷やがけ」(750円)
    #011 666(駒沢大学)「かけ中華麺」(700円)
    #012 志奈そば 田なか(東池袋)「かけそば田なか〜房総の恵み〜」(800円)
    #013 G麺7(上大岡)「らーめんかけ」(550円)
    #014 立川中華そば とと ホンテン(立川)「魚×魚(ととかけ)」(800円)
    #015 らーめんえんや(王子)「かけ塩煮干らーめん」(700円)

    【2015年】
    #016 秀ちゃんラーメン 赤坂(赤坂)「なしか」(450円)
    #017 ラーメン大至(御茶ノ水)「かけラーメン 至」(670円)
    #018 まごころ厨房(東陽町)「能登大谷塩かけ」(640円)
    #019 麺屋 音(北千住)「四種の煮干しかけそば」(600円)
    #020 らーめん愉悦処 鏡花(立川)「割りかけラーメン」(650円)
    #021 Miso Noodle Spot 角栄(代々木)「眠り羊のかけ」(800円)
    #022 麺の坊 砦(神泉)「鴨にぼ「かけ」らぁめん」(700円)
    #023 中華そば ムタヒロ(国分寺)「アジのかけ塩中華そば」(600円)
    #024 中華そば ふくもり(駒沢大学)「自家製麺記念そば」(750円)
    #025 鯛塩そば 灯花(曙橋)「浅利のかけそば」(700円)
    #026 らあめん元(蓮根)「鶏節薫るかけ塩らあめん」(850円)
    #027 らー麺屋 バリバリジョニー(小岩)「牡蠣ポタジョニー」(850円)

    【2016年】
    #028 堀切つけそば 照久(堀切菖蒲園)「赤照久」(750円)
    #029 らーめん 五ノ神製作所(大久保)「かけらーめん オマール海老の滴り」(880円)
    #030 さんじ(稲荷町)「かけ髄麺 黒」(700円)
    #031 拉麺5510(大島)「鶏ガラの主張〜福田海苔の逆襲」(650円)
    #032 地球の中華そば(伊勢佐木長者町)「塩かけそば〜初夏のトマト味〜」(800円)
    #033 真鯛らーめん 麺魚(錦糸町)「金目鯛かけらーめん」(700円)
    #034 麺処ゆきち(北習志野)「野菜とあさりのかけ塩らーめん〜ほんのりトマト風味〜」(650円)

    -----

    ■NAKED#035は「超純水採麺 天国屋」が登場!

     ラーメン界に衝撃を与え続ける究極の限定ラーメン企画「NAKED」。第35作目は町田の人気店『超純水採麺 天国屋』が登場!店主の佐々木昭一さんが生み出した一杯は、太刀魚の深淵なる旨味が凝縮されたNAKED。同じく町田の人気店「進化」に特注した麺がスープにマッチする、究極の一杯が出来ました!

    ebf064fc3ad744d06b9e8d466d10f360a6854032

    【NAKED #035】
     超純水採麺 天国屋(東京都町田市金森4-1-1/JR線・小田急線「町田」JR線「成瀬」各駅より徒歩15分)

     「純水太刀魚かけ麺」800円
       販売期間:8月15日(月)〜9月13日(火)
       ※一日20食限定メニュー
       ※売り切れの場合はご容赦下さい。
       ※ラーマガ有料会員ではなくても注文が可能です。