• このエントリーをはてなブックマークに追加
社会学者の地雷原を正面突破する研究書!――『腐女子の心理学』レビュー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

社会学者の地雷原を正面突破する研究書!――『腐女子の心理学』レビュー

2017-08-04 17:12
  • 8
0826611f741230ed30a550c202b159209b457932

 ここしばらく、ずっと『社会にとって趣味とは何か』についての「M1」さんの評について、採り挙げてきました。そして、その本の中では先行する類似書とも言える『腐女子の心理学』について、再三の攻撃がなされておりました。
 既に述べたように、その攻撃はいささか的外れなのではないか……というのがぼくの感想ですが。
 実は『社会にとって――』のみならず、このレビューについても、現時点で消えてしまっています。内容のかなりの部分が『社会にとって――』との比較に費やされているため削除の対象になったのだと想像できますが、それにしても一体どういうわけか……という感じですね。

 このままでは惜しいということでこちらのレビューもここに掲載します。
 ぼくだけではどうにも心許ない。もし自分のブログでも「M1」さんのレビューを転載したいとお考えの方がいらっしゃったら、どうぞご連絡ください。
 それでは、以下はレビュー本文です。どうぞご覧ください。

 *     *     *

「社会にとって趣味とは何か」のカスタマーレビューでいろいろ書きましたが、あちらで書かなかったことを書きます。

 まず、「腐女子の心理学」の最大の欠点は値段が高いことです。税抜き3500円です。たしかに、装丁も凝っていてカッコイイです。ピンク系のカバーの下は黒のハードカバーで、背表紙は白文字でタイトルが、表紙にはダークグレイでバラの絵が書いてあります。スタイリッシュです。でも税抜き3500円は学生には高価です。文庫本にしたら表の数値が見えにくくなると思いますが、せめてソフトカバーにして注釈をたくさん付けて多くの人が購入しやすい廉価版を作って欲しいです。

 「腐女子の心理学」の内容に関して。 
 「社会にとって趣味とは何か」の中で著者の北田さんは、山岡さんのオタク度尺度そのもののなかに「趣味指向性を聞く項目や自己認識に関する項目が入っているのだから、それらで構成された尺度の得点が高い者が『自分の趣味の仲間以外の人と付き合うと違和感を感じる』などの傾向があったとしても何の不思議もない。(p.287)」、「従属変数を作るために使用された質問項目は、独立変数として使用されてもおかしくなく、意味的に独立変数と従属変数はトートロジー的な要素を多分に含んでいる」と批判しています。さらに「これは単なる方法論的な不備ではなく、変数の作り方、数字の出し方、およびそれに対する解釈まで及ぶものであり、容易には看過できない。(p.288)」と全否定しています。
 その一方で北田さんが作成したオタク尺度8項目中4項目が趣味媒介の友人関係に関する質問項目でそれを独立変数とし、「違う趣味の友だちよりも、同じ趣味の友だちの方が大切である」を従属変数にしています(p.278~284)。どう考えても山岡さんの研究1よりも、北田さんの研究の方が独立変数と従属変数が近いとしか思えません。
 また、北田さんが主張するように山岡さんの研究1の排他的人間関係に関する部分がトートロジーでまちがっているとしても、研究11までの多くの研究を否定することはできないはずです。

 北田さんの「社会にとって趣味とは何か」と「腐女子の心理学」を比較すると、「腐女子の心理学」の方が圧倒的に明快です。「腐女子の心理学」では、腐女子やオタクは明快に定義されています。「腐女子はBL作品を好む人物と概念的にも操作的にも定義できる。(p.18)」、「(オタクは行動の程度の違いであり)オタク系の趣味に多くの時間と資金と労力を投資する者がオタクなのである。(p.18)」それに対して北田さんは「腐女子」の概念的定義を明記せず、北田版オタク尺度の得点が高く「二次創作に興味がある」女性を「腐女子」と操作的に定義しています。また、山岡さんが重視するオタク系趣味に対する投資の程度も北田さんは質問していません。
 北田さんが使った質問項目は趣味全般に関する調査のための項目であり、オタクや腐女子の研究のために作成されたものではありません。それに対して「腐女子の心理学」で山岡さんが使用したオタク度尺度と腐女子度尺度の質問項目はオタクと腐女子の研究のために作られたものです。
 北田さんは、「社会にとって趣味とは何か」の私のレビューに対するコメントで、「インテンシブではない(つまり、「腐女子(orオタク)についてのアンケート調査」等)ある程度幅の広い質問群への回答を分析することで見えてくることもあり、直球で聞けば聞けなくなってしまう事柄もある」と答えています。しかし、オタクや腐女子も含めて趣味に関する質問で、「直球で聞けば聞けなくなってしまう事柄」と「インテンシブではないある程度幅の広い質問群への回答を分析することで見えてくること」のどちらが大きいかと考えると、山岡さんのように直球の質問から見えてくることの方がはるかに大きいと思います。北田さんの研究と山岡さんの研究を比較すると、オタク・腐女子研究にかける熱量の違いを感じます。
北田さんは、「インテンシブではないある程度幅の広い質問群への回答を分析すること」が計量社会学の走りであるラザースフェルド以来の伝統だとコメントしてくれましたが、そうであるのなら、これは社会学と社会心理学の研究方法の違いなのでしょうか。この「腐女子の心理学」のコメントを読んでみると、腐女子に関する社会学の研究書を読んでみたけれど納得できない人が「腐女子の心理学」を支持しているようですね。そんな人たちが「腐女子の心理学」に出会って納得できたのでしょうね。
 「明快さ」ということで言うと、「腐女子の心理学」は様々な調査結果の平均値や人数等を省略せずに書いていますが、北田さんの「社会にとって趣味とは何か」は%しか書いていないなどだいぶ数値を省略してあります。そのため調査結果を検証することが困難です。ごまかすつもりはないでしょうが、不親切な書き方だと思います。少なくても私には「社会にとって趣味とは何か」よりも「腐女子の心理学」の方が納得できるし先行研究として役に立ちます。

 山岡さんの研究は、直球勝負で現象に直接向き合うことができない社会学の人たちのジェラシーをかき立てるのでしょうか。だからジェンダー地雷にかこつけて山岡さんの研究を感情的に全否定しようとするのでしょうか。

 「腐女子の心理学」は確かに社会学者が作った地雷を踏んでしまったのでしょう。でも、この「腐女子の心理学」は社会学者のジェンダー地雷なんか気にもとめないで地雷原を正面突破していく本です。具体的な調査結果を知りたい人、社会学者の腐女子研究のジェンダー論的お約束に納得できない人におすすめの本です。高いけど役に立ちます。

×
どうも残暑お見舞い申し上げまーす…ってお盆も過ぎて久方ぶりにお伺いしたら北田シショーのご著書へのレビューが不当に削除されるなんて蛮行があったんですね、

>北田さんが使った質問項目は趣味全般に関する調査のための項目であり、オタクや腐女子の研究のために作成されたものではありません。それに対して「腐女子の心理学」で山岡さんが使用したオタク度尺度と腐女子度尺度の質問項目はオタクと腐女子の研究のために作られたものです。
>「明快さ」ということで言うと、「腐女子の心理学」は様々な調査結果の平均値や人数等を省略せずに書いていますが、北田さんの「社会にとって趣味とは何か」は%しか書いていないなどだいぶ数値を省略してあります。そのため調査結果を検証することが困難です。ごまかすつもりはないでしょうが、不親切な書き方だと思います。少なくても私には「社会にとって趣味とは何か」よりも「腐女子の心理学」の方が納得できるし先行研究として役に立ちます。
>山岡さんの研究は、直球勝負で現象に直接向き合うことができない社会学の人たちのジェラシーをかき立てるのでしょうか。だからジェンダー地雷にかこつけて山岡さんの研究を感情的に全否定しようとするのでしょうか。

稲田シショーにも同じことが言える、というか言いましたけど…
「自分の主義主張の為に創作物それ自体とそれらを愛好する人々を曲解、ないしは捏造してダシに使うのはいい加減やめろ!!!」とだけは浅学な私でも申し上げられますね。
稲田シショーやロクサーヌ・ゲイ女史にも言えるけど、大体にして男にそこまで求めておきながら「これは紋切り型の保守的な価値観や政治思想、またいいとこ取りの身勝手なエゴイズムではなく真の意味で『女性解放』を求める崇高なアクションだ」とか言い張れる厚顔無恥さが許される訳がないでしょう。
昨今の創作物やエンタメ全般に対する「女性差別への反対」を錦の御旗にした反対活動なんか正にそうですね、
「ソシャゲで水着姿の女性に点数付けしてるからミソジニー」「ラノベやアニメ、テレビショーで10代の少女を登場させたり、アイドル活動させてるから児童ポルノ。児童への性犯罪を助長させているから根絶して殺せ。」

私が我慢ならないのはこういった主張を宣う人々が目的や大義に「女性差別の撤廃」を付け加えた、かつて保守層が宣伝した主張を丸パクリして、然も自分達のものであるかの様にしている支離滅裂さと自己矛盾への開き直りをゴリ押しし、
リベラルと結託しているという悍ましさなんです。
挙句の果てには「私達は腐女子の方々を『新時代の趣味人』として承認している、これはLGBTの権利擁護にも繋がるのだ!」とか、利用できそうな美辞麗句を平気でダシにする太々しさ。
そんなに「女性はダメなジャップオスを蹴り飛ばして新天地へと旅立った」というのならご自身らが問題視している「貧困女子」なんて言葉もある訳がないんですがね…ちなみに私は貧困や格差の救済には全同意していますから理不尽な貧困に喘いでいる人は年代や性を問わずに社会保障を普及させるべきと考えております。
尤も、「男であることには過労死しても丸儲けな特権がある」と吐き捨てて疑わぬ存在には土台無理な話でしょうが。
32ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
どうも、お久し振りです。
何だかここしばらくは、雨ばっかり振ってる感じがしますね。コミケが晴れたのが不思議です。

>「自分の主義主張の為に創作物それ自体とそれらを愛好する人々を曲解、ないしは捏造してダシに使うのはいい加減やめろ!!!」とだけは浅学な私でも申し上げられますね。

実は目下、(北田師匠が噛みついている)『腐女子の心理学』の本のレビューを書いていまして、(申し訳ないけど)やはりちょっと……という感じでした。
「腐女子」、要するに女性、その中でもマイノリティという聖性を持った存在を手駒にしたくて、その手を両側から二人で引っ張ってる、という感じです。
いえ、『腐女子の心理学』の方はそこまで恣意的でも悪意もないと思うんですが……。

>挙句の果てには「私達は腐女子の方々を『新時代の趣味人』として承認している、これはLGBTの権利擁護にも繋がるのだ!」とか、利用できそうな美辞麗句を平気でダシにする太々しさ。

ツイッターではそういう言説がちょっと話題になりましたねw
今となっては腐女子とLGBTは別の存在というしかなく、さすがに無理筋で、確か北田師匠も『腐女子の心理学』も、あまりそれは言ってなかったような印象がありますが……。
31ヶ月前
×
>実は目下、(北田師匠が噛みついている)『腐女子の心理学』の本のレビューを書いていまして、(申し訳ないけど)やはりちょっと……という感じでした。
>「腐女子」、要するに女性、その中でもマイノリティという聖性を持った存在を手駒にしたくて、その手を両側から二人で引っ張ってる、という感じです。
>いえ、『腐女子の心理学』の方はそこまで恣意的でも悪意もないと思うんですが……。

ご心中お察しします、先日の私のコメントも山岡さんの分析を絶対的に正当なものだと力説している訳ではないです。
当の腐女子の方々からすれば「お願いだから放っておいて…」というのが真なる心境でしょう。

>ツイッターではそういう言説がちょっと話題になりましたねw今となっては腐女子とLGBTは別の存在というしかなく、さすがに無理筋で、確か北田師匠も『腐女子の心理学』も、あまりそれは言ってなかったような印象がありますが……。

まぁ、LGBTに絡めた論理展開はあまりにも無理筋でそこまでのやらかしをしているシショー方はいないでしょうねww
尤も、自身の主張に為に北田シショーが腐女子を恣意的に利用したのは事実ですが…

そういえば、兵頭さんが挙げられてた私たちのKTB兄者の「インスタバエ・ナイトプール批判はミソジニージャップオス共の醜い僻み」という記事、実に秀逸でした(棒)
KTB兄者は「彼女達こそリア充」と力説して憚りませんが、数ヶ月前にコメント欄でお話しした古谷経衡さんが文春新書で刊行した『意識高い系の研究』という一冊を既読していた私にとってKTB兄者のご高説は非常に薄ら寒いものに感じましたね、宜しければご一読くださいませ(ダイレクトマーケティング)。
31ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
>当の腐女子の方々からすれば「お願いだから放っておいて…」というのが真なる心境でしょう。

オタク(男子)の方も「放っておいてくれ」と思っていますが、腐女子への彼らの「おじさんは女の子であるキミたちをわかっているよ」という政治的意図と性欲をブレンドさせた視線は、キモチワルイの一言です。

>KTB兄者は「彼女達こそリア充」と力説して憚りませんが、

男性をいじめる時のアニキの表情、本当に輝いています。
しかし古谷さんはどうでしょう?
実は読んだことがないんですが、何とはなしに小林よしのり的な「あれ?」って感じになっちゃった人、というイメージなんですが(もっとも、小林よしのりは元々好きじゃないんですが)。
GUY FAWKESさんは時々、古谷さんに言及していたような気もするんですが、どういう評価でしたっけ?
31ヶ月前
×
>オタク(男子)の方も「放っておいてくれ」と思っていますが、腐女子への彼らの「おじさんは女の子であるキミたちをわかっているよ」という政治的意図と性欲をブレンドさせた視線は、キモチワルイの一言です。

体のいいサンドバッグを求めるクズな性根の彼ら彼女らにとって、それは絶対ありえない話でしょうな…

>しかし古谷さんはどうでしょう?実は読んだことがないんですが、何とはなしに小林よしのり的な「あれ?」って感じになっちゃった人、というイメージなんですが(もっとも、小林よしのりは元々好きじゃないんですが)。

私は古谷さんに一定の評価を持ってはいますが、その実兵頭さんのイメージとほぼ同意見だと思います、
昨今では「青姦紳士ノイホイ」こと菅野しゃんと共著を出されていたりしましたしね。
しかし、古谷さんはよしりん先生とはまた違ったベクトルで変な方向に行っている感じです。
尤も、よしりん先生も古谷さんも各々の単著で開陳される主張については一定の理があるとも思っているので、流石にKTB兄者や香山・駒崎・東等々のシショー達と比べるのはアレかなぁ…と(実は東さんに限っては安保法案の騒動時、SEALDsの人たちに割と尤もな助言をしていたので少しばかりネタ的に楽しんでます)

でも、私もお二方が特別好きという訳ではありませんね、特によしりん先生については人を見る目があまりにも無さすぎるのと脇の甘さを風見鶏的に流すのが徐々に不信感を…昔は真摯な方と思ってたんですがねー
古谷さんも今春にご紹介した『草食系のための対米自立論』とか先にご紹介した『意識高い系の研究』とかは結構面白かったですけどね、
ただ小林先生と同じでネット右翼についての言説は些か軽薄というか不毛というか。
31ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
>体のいいサンドバッグを求めるクズな性根の彼ら彼女らにとって、それは絶対ありえない話でしょうな…

ん? これはつまり、「ぼくたちを永久にダシにし続ける」ということですか?

>尤も、よしりん先生も古谷さんも各々の単著で開陳される主張については一定の理があるとも思っているので、

なるほど。古谷氏はSEALDsを礼賛してた記憶があるので「え?」って感じなんですよね。
よしりんについては大昔から、例えばブルセラを批判する時「プロ意識がないからケシカラン」みたいな、「何かあんまり論理的にモノを言えなくて論点をずらしちゃう人」というイメージです。
もっとも、ノイホイ氏については、訴えた女性が何か妙なヤツなんで、それについてはぼくは同情的ですが……。
31ヶ月前
×
>ん? これはつまり、「ぼくたちを永久にダシにし続ける」ということですか?

その通りです、現にKTB兄者並びにリベラル界隈は「弱者男性を弾圧しよう」と公言している訳ですからね。
そして、今回の腐女子の方々をめぐる気色悪い綱引きが何よりの証左でしょうな。
だからこそダシにする、というよりも無理筋を押し通す為の捌け口として所謂・オタクの男性を叩くしかない。
「女性の人権ガー!」と付け加えて、あとは表現規制を推進する保守派の主張の丸パクリ…これがリベラルかと思うと情けなくてなりませんね。

>なるほど。古谷氏はSEALDsを礼賛してた記憶があるので「え?」って感じなんですよね。

主催者である奥田さんとの対談でしょうか?正直、あれは礼賛というよりも可愛げのある茶番みたいなもんで古谷さんにとっては一種の実験みたいなもんなんでしょう、その点では彼はよしりん先生と同じ「ウヨもサヨもおかしい」的なスタンスなんです(私も少しばかりはその主張に同意しますが、同時にやっていることがスベっているとも感じますが)。

>よしりんについては大昔から、例えばブルセラを批判する時「プロ意識がないからケシカラン」みたいな、「何かあんまり論理的にモノを言えなくて論点をずらしちゃう人」というイメージです。

昔のよしりん先生は一定の分野では結構論理的な存在でしたけど、ここ最近はすっかり扇動的な言い回しに終始されていて残念です、誤解される様な軽率さも増えてきましたしね。

>もっとも、ノイホイ氏については、訴えた女性が何か妙なヤツなんで、それについてはぼくは同情的ですが……。

おや、流石は兵頭さん、筋が通っていてお優しいですな。
彼も鳥越さんみたく風化しない様に頑張っておられるみたいですけど、果たして…

今回も随分と長くお付き合いさせてしまってすいません、またよろしくお願いします。
31ヶ月前
userPhoto
兵頭新児
×
こんばんは。

>その通りです、現にKTB兄者並びにリベラル界隈は「弱者男性を弾圧しよう」と公言している訳ですからね。

なるほど。
顔面核爆弾さんがよく「オタク=セクマイ論」を批判してますが、それが失敗した時、「せめて腐女子だけでも」と大暴れして何だか妙なことをしでかしそうです。

>その点では彼はよしりん先生と同じ「ウヨもサヨもおかしい」的なスタンスなんです

なるほど。
まあ、冷静なスタンスとも言えますね。

>昔のよしりん先生は一定の分野では結構論理的な存在でしたけど、ここ最近はすっかり扇動的な言い回しに終始されていて残念です、誤解される様な軽率さも増えてきましたしね。

わりとぼくは昔から非論理的という気がしています。
それは上に挙げたブルセラなど、(ぼくが着目するポイントが)ある意味では「アタマイイ」人の苦手分野だからかも知れませんが。
「一時期はそれなりに勉強もしてたけど、最近は殿様商売」ということかも知れませんね。

>彼も鳥越さんみたく風化しない様に頑張っておられるみたいですけど、果たして…

まあ、ある意味では「自分が用意した怪獣兵器に自分が食われた自業自得の人」とも言えますがw
31ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。