• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 88件
  • 「サブカルの逆襲」と「萌えの死」(後編)

    2021-04-30 00:37  
    オタク界にとって「今、そこにある危機」。 それはサブカルの仕業であった……?
  • 風流間唯人の女災対策的読書・第20回「ミソジニーとミサンドリー――呉座氏に差別されたと主張するフェミが心酔する男性根絶協会とは?」

    2021-04-23 03:45  
    今明らかになるフェミとサブカルの「えっちな関係」!(大爆笑)
  • 「サブカルの逆襲」と「萌えの死」(前編)

    2021-04-16 19:45  
     みな様、『Daily WiLL Online』の記事はご覧いただけたでしょうか。『映画秘宝』の例の問題ということで、それなりに話題性はあると思うのですが、話が少々マニアックで難しいかもとも思え、反応が気になっています。 ランキングは目下のところ、五位。 より以上の応援をよろしくお願いいたします。 さて、この記事を書くに当たり、久し振りに『嫌オタク流』を読み返す機会に恵まれたので(恵まれたというか、魂への拷問を受けたのですが)、今回はもうちょっとその辺り、つまり、サブカルというものの本質について、書いておこうと思い立ちました。
    ・『映画秘宝』の逆襲
     さて、『Daily WiLL Online』の記事において、『映画秘宝』のライターたちの異常性をご紹介しました。素行は女性に対して横暴なものであるのにもかかわらず、彼ら自身はフェミニズムの信奉者であり、恥ずかしげもなくフェミニズムという棍棒で
  • 「漫画『BEASTARS』から読み取る、女性に内在するフェミニズム的性向」を読む(最終回)

    2021-04-09 19:55  
    ワガママ女のグチ、いよいよ感動のフィナーレ!
  • 「漫画『BEASTARS』から読み取る、女性に内在するフェミニズム的性向」を読む(その7)

    2021-04-02 19:42  
    久し振りの『BEASTARS』評、ラストスパート!!
  • ネットハイ(再)

    2021-03-26 19:15  

     はい、前回動画で取り扱ったゲーム、『ネットハイ』。 これはもう、四年以上前の当ブログでも詳しい解説を行いました。 ことに「女災」的要素についてはこちらで述べたため、動画ではやや省略してあります。 ということで是非、こちらの方もご一読を!https://www.nicovideo.jp/watch/sm38454264
    *     *     *
     俺らがゲームに、なりました。 いえ、去年の今日、11月26日、丁度一年前に発売したゲームなので、正確には「なっていました」(記事を書いた当時の日付です。発売は2015年になります)。 それが今回ご紹介する『ネットハイ』。 本作を一言で説明するならば、ネット文化、オタク文化を舞台にした『ダンガンロンパ』。いえ、どちらかと言えば『逆転裁判』の影響が大らしいのですが、ニコニコ生放送そのものが舞台に選ばれ、主人公と敵とのディベート中に聴衆コメントが流
  • 風流間唯人の女災対策的読書・第19回『ネットハイ』

    2021-03-19 19:07  
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm38454264 第十九回です。 今回ご紹介するのは、以前に採り挙げたこともある『ネットハイ』。 以前の記事とあわせてごらんください!!
  • 強制的異性愛始末記

    2021-03-05 23:16  
    ・風流間唯人始末記
     みなさん、『Daily WiLL Online』様で書かせていただいた記事は読んでいただけたでしょうか。何と目下ランキング3位!! 未見の方はどうぞお早めに!! また、風流間唯人の女災対策的読書はご覧いただけているでしょうか。https://www.nicovideo.jp/watch/sm38300325 ――こう書くと宣伝ばかりしているようですが、今回の記事はこれらの取りこぼしネタというか、これらを補完するためのものなので仕方がありません。 動画の方ではホモソーシャルについて、「同性同士でつるみたがる傾向は確かにあろうが、それ自体は当たり前だ」とし、また記事の方では「親しい関係性にはその裏面として排他性が生じるのは当たり前だ」としました。 動画ではそれに続き、以下のように言っています。
    しかしそれは類を以て集まるのが人間の性だ、そしてホモとヘテロでは好みの女の話を
  • ドラがたり とよ史とチンの騎士(再)

    2021-02-26 23:13  
     どうも、ちょっと遅れていたようですが、『Daily WiLL Online』様の新たな記事、三月一日には掲載されるようです。どうぞチェック、及び拡散をお願いいたします。 さて、一週休んでいた稲田豊史師匠のウソによるドラdisり本レビューの採録です。 前々回は稲田師匠のおぞましいまでののび太への憎悪を、前回はおぞましいまでのジャイ子萌えを見ていただきました。 ページ数で言えば、それでようやっと本書の半分を消化した……という感じなのですが、実のところこれ以降、目を覆わんばかりのヘイトスピーチはなりを潜めます。 例えば第七章では「ひみつ道具」がテーマに選ばれています。 が、書かれるのは「かがみでコマーシャル」(てんコミ14巻)が未来を予見していたとか何とか、薄っぺらなハナシ。「鏡をネットに置き換えると」デジタルサイネージを先取りしていた、みたいなことを言ってるんですが、「鏡をテレビに置き換える
  • 風流間唯人の女災対策的読書・第18回「強制異性愛――フェミニストがポルノを憎む本当の理由(わけ)」

    2021-02-19 03:16  
     ちょっと『ドラえもん』関連の採録は一休み。 風流間唯人の女災対策的読書、第18回目になります。https://www.nicovideo.jp/watch/sm38300325 それと、『Daily WiLL Online』の新たな記事の告知も!「「お母さん食堂」まで標的に――過度な言葉狩りで墓穴を掘るフェミニストの矛盾」(https://web-willmagazine.com/social-history/wjNnL) というわけで記事の拡散や動画の登録、いいねボタン、コメントなどよろしくお願いします! いろいろ頼むなあ。