• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • 毒親対談④「親が老いて弱ること」「親が死ぬこと」が救いになる

    2016-08-29 19:00  
    102pt
    「毒親育ちで生きづらい」「親との関係に悩んでいる」という声を読者の方からいただきます。そこでYさん(30歳女性・シナリオライター)と毒親対談をしました。Yさんはもともと私の読者で、今では大切な友人の一人です。彼女の壮絶な過去と、トラウマを克服した経緯をご覧ください。今回は、現在の親との関係や、自分の気持ちの変化等について語っています。
    ■謎の宅急便とダブルクソババア
     

    記事を読む»

  • 毒親対談③「我々はいかにメンヘラを脱出したか?」

    2016-08-26 19:00  
    102pt
    「毒親育ちで生きづらい」「親との関係に悩んでいる」という声を読者の方からいただきます。そこでYさん(30歳女性・シナリオライター)と毒親対談をしました。Yさんはもともと私の読者で、今では大切な友人の一人です。彼女の壮絶な過去と、トラウマを克服した経緯をご覧ください。
    また毒親に限らず、過去のトラウマに苦しむ方、そんな人の回復の手助けをしたい方にオススメの本も紹介します。
    以下もどうぞ。毒親対談①「人生の最期にアルテイシアさんに会いたい」毒親対談②「ひどい目に遭うことで、母に反撃してるみたいでホッとした」
    ■Yさんの夫との衝撃の出会い、トラウマから回復するまでY:ハタチの時、大学の同級生だった旦那に出会ったんです。初対面でいきなり
     

    記事を読む»

  • 毒親対談②「ひどい目に遭うことで、母に反撃してるみたいでホッとした」

    2016-08-12 19:00  
    102pt
    『オクテ女子のための恋愛基礎講座』(幻冬舎文庫583円)自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・結婚できない…そんな悩みを解決する一冊。男子にも役立つノウハウが満載!

    毒親対談①「人生の最期にアルテイシアさんに会いたい」も併せてどうぞ!
    「毒親育ちで生きづらい」「親との関係に悩んでいる」という声を読者の方からよくいただきます。そこでYさん(30歳女性・シナリオライター)と毒親対談をしました。Yさんはもともと私の読者で、今では大切な友人の一人です。彼女の壮絶な過去と、トラウマを克服した経緯をぜひご覧ください。
    毒親対談②「ひどい目に遭うことで、母に反撃してるみたいでホッとした」
    アル:Yさんの毒親エピソードを話してもらえますか?
    Y:まず、子どもの頃は歯が全部虫歯でした。母に「虫歯はほっとけば治る」と言われて、治療してもらえなくて。だから自分の息子の歯科検診で「虫歯ゼロです」と言われて、泣いてしまったんですよ。歯医者さんもビックリしたと思います(笑)
    アル:子どもにとって、医療ネグレクトは本当に辛いよなあ。
    Y:病気になると怒られるんですよ。風邪とか引くと「あんたが風邪を引いたのはお母さんの言うことをきかないからだ」と枕もとで2時間ぐらいワーッと責められて。だから私も二人の兄も、具合が悪くても母には言わなくなりました。母は「自分の責任じゃない」とアピールしたかったんでしょうね。子どもを心配するより、そっちが上だったんだろうなと。
    あと一番辛かったのは、
     

    記事を読む»

  • 毒親対談①「人生の最期にアルテイシアさんに会いたい」

    2016-08-12 19:00  
    102pt
    『オクテ女子のための恋愛基礎講座』(幻冬舎文庫583円)自信がない・出会いがない・付き合えない・好きにならない・もう若くない・幸せな恋ができない・SEXしたことがない・結婚できない…そんな悩みを解決する一冊。男子にも役立つノウハウが満載!

    こんにちは!「毒親育ちで生きづらい」「親との関係に悩んでいる」という声を読者の方からよくいただきます。そこでYさん(30歳女性・シナリオライター)と毒親対談をしました。Yさんはもともと私の読者で、今では大切な友人の一人です。彼女の壮絶な過去と、トラウマを克服した経緯をぜひご覧ください。

    アル:Yさんは10年前に『59番目のプロポーズ』を読んでくれたんだよね?

    Y:はい、当時はハタチの大学生だったんですが、恋愛の話だと思って読んだらアルさんの毒親の話が出てきて、それが心にヒットしたんです。私は貧乏系の毒親だったので、中流家庭の同級生に心を開けなくて。普通に暮らしてる子たちに「私よりいいもの食べてるくせに、なんで成績悪いのアンタ」みたいな。私より恵まれてるくせに、私に謝れ!みたいな(笑)。それで友達を作りたいと思えなくて、でも本当はすごく寂しくて…(涙)…すみません、笑ったり泣いたりで。

    アル:いやいや、どんどん笑ったり泣いたりしてね。

    Y:本当はすごく寂しいのに、見下したりせず普通に話せる友達がほしいのに、「私とは全然違う人種なんだから、どうせ友達になんかなれない」って思いもあって、グッチャグチャで。つねに「死にたい」というか「消えたい」っていう、自暴自棄な状態だったんです。

    その時に59番さんの言葉で
     

    記事を読む»