• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 70件
  • 【転載】注目の有料コンテンツ「川本梅花 フットボールタクティクス」756円

    2016-09-09 05:00  
    110pt
    ごきげんよう。有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味は、アニメ鑑賞と声優イベントに参加すること。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回の記事は、タグマ!版『メディアの現場』限定コーナーからの再編集版です。元記事の配信予定日(毎週金曜日)の1週間後に配信しています。【参考】津田大介のメディアの現場http://www.targma.jp/tsuda/ 
  • 【転載】注目の有料コンテンツ「タツ飲み居酒屋」1000円+α

    2016-09-02 05:00  
    110pt
    ごきげんよう。有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味は、アニメ鑑賞と声優イベントに参加すること。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回の記事は、タグマ!版『メディアの現場』限定コーナーからの再編集版です。元記事の配信予定日(毎週金曜日)の1週間後に配信しています。【参考】津田大介のメディアの現場http://www.targma.jp/tsuda/ 
  • 【転載】注目の有料コンテンツ「シーサイドチャンネル」540円

    2016-08-29 20:45  
    110pt
    ごきげんよう。有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味は、アニメ鑑賞と声優イベントに参加すること。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回の記事は、タグマ!版『メディアの現場』限定コーナーからの再編集版です。元記事の配信予定日(毎週金曜日)の1週間後に配信しています。【参考】津田大介のメディアの現場http://www.targma.jp/tsuda/ 
  • 有料メルマガは、本を購読した方が早いと思われた時点で負け

    2016-07-05 14:15  
    110pt
    ごきげんよう。ラジオと有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味は、アニメ鑑賞と声優イベントに参加すること。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回の記事は、タグマ!版『メディアの現場』限定コーナーからの転載です。元記事の配信予定日(毎週金曜日)の1週間後に配信しています。【参考】津田大介のメディアの現場http://www.targma.jp/tsuda/◆近況報告2016年6月23日に、ゲンロンカフェで行われたイベント「さやわか × ばるぼら さやわか式☆現代文化論#26今からでも間に合う! 正しい渋谷系入門」に参加しました。正直、音楽を聴く機会といえばアニメぐらいで、音楽のことはさっぱり分からないのですが、「渋谷系」というキーワードには興味があったことが、参加するキッカケでした。それと、私は「ゲンロン友の会」会員なのですが、その特典として「イベント無料参加券」1枚が残っていたんですよね。その締め切りが6月いっぱいなので、渡りに船という感じです。ほぼ何の予備知識もなしに話を聞いていたのですが、その結果、いくつかのキーワードを得ることができました。「渋谷系」という音楽は、「音(曲調など含めた大きな意味で)」に由来しないということでした。どういうことかを詳細に説明できるだけの理解は得られていないのですが、簡単に言えば、「アニソン」というジャンルに近い、となるでしょうか。アニソンというジャンルも、「音」ではなく「アニメ」というカルチャーに由来した音楽を指しています。では、渋谷系は何に由来しているのかという話が、非常に興味深いと感じました。今からでも間に合う! 正しい渋谷系入門http://genron-cafe.jp/event/20160623/◆注目のニュース[2016年6月17日~2016年6月23日]【注目】渡辺文重『週刊サッカー有料コンテンツ批評』第13回(6/10~6/16)「どうなる!? 新ルール」http://j-ron.jp/jijijron20160617.php私が執筆した記事の宣伝です。【注目】ニコニコチャンネルの有料登録者数50万人突破http://dwango.co.jp/pi/ns/2016/0617/index.html「声優」出演のチャンネルが強いという印象です。【注目】TBSラジオ「Podcast撤退」は復活の狼煙http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/221102/062000254/「萩原氏は『有料課金制度の導入も検討したことがある』と明かす。ただ制作費やゲストの出演料をまかなうには1つの番組につき数万人単位の有料リスナーが必要で、全員に月額数百円を払ってもらってやっと採算ラインに乗る計算だという。萩原氏は『有料でも聞くよと言ってくれるリスナーもいる。本当にありがたいのだが、それが数万人にのぼるかというと、そうは考えにくい』と話す」実情は分からないですが、ニコニコチャンネルが好況でラジオが不況というのは、努力の方向が間違っている気がするんですよね。【注目】「大宅壮一文庫」が存続の危機にhttp://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2016_0621.htmlそれじゃ寄付でもしようかなと思ったのですが、「賛助会員制度」とか「寄付金口座」などの情報を見ると、何か面倒なんですよね。ぶっちゃけ、TBSラジオの番組や大宅壮一文庫に比べたら、ゴミみたいなニコニコチャンネルでも、利益を生み出せているという現実を直視した方が良いと思います。【参考】大宅壮一文庫http://www.oya-bunko.or.jp/【注目】貧困報道を「トンデモ解釈」する困った人たちhttp://toyokeizai.net/articles/-/123487同じ人間(あるいは国籍、出身地、性別、年齢、趣味などなど)だし、そういういった共通項から、相手の思考や行動パターンを想像できる。なんて考えていると、大体、足をすくわれます。例えば、アニメ・声優、アイドル、ゲームのファンは、同じ「オタク」とくくられますが、全然違うんですよね。そして、全体的な傾向は認められつつも、やっぱり人それぞれ。実際に現場に行ったり、会って話したりしないと分からないことは多いですし、それによって分かることは、やっぱり分からないってことなんですよね。【注目】Jリーグ外国人選手に「人種差別的」投稿あいつぐ…どんな法的措置を取れる?https://www.bengo4.com/internet/n_4804/「Jリーグから制裁を受けなくても、今回の問題で浦和に損害が生じたと主張して、浦和が投稿者に対して、不法行為に基づく損害賠償請求をすることもありえます。浦和の主張する損害すべてを投稿者に請求できるとは限りませんが、投稿者個人には大きな負担になるでしょう」。これは重要な指摘だと思います。【注目】「共同運営マガジン機能」が使えるようになりました!https://note.mu/info/n/n0e79f2f571dfこの機能により、何か面白いプロジェクトが生まれればいいなと思います。◆注目の有料メルマガ 
  • 「質問コーナー」を読めば、有料メルマガの成否が見えてくる

    2016-06-27 15:30  
    110pt
    ごきげんよう。ラジオと有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味は、アニメ鑑賞と声優イベントに参加すること。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回の記事は、タグマ!版『メディアの現場』限定コーナーからの転載です。元記事の配信予定日(毎週金曜日)の1週間後に配信しています。【参考】津田大介のメディアの現場http://www.targma.jp/tsuda/◆近況報告6月13日から14日に掛け、久しぶりに徹夜をしました。と言っても、ずっと作業をしていたわけではなく、先方の仕事が終わるのを待っていたのです。先方が仕事を終えると、メールが送られてきて、私が修正箇所をチェック。そして、私がメールを返信すると、先方が修正箇所をチェックする。締め切りが早朝だったため、深夜、この作業を繰り返し行っていた次第です。Webの仕事では、公開予定時刻のギリギリまで締め切りを伸ばすことが可能ですし、場合によっては延期もできます。しかし、雑誌など、紙の定期刊行物は、そうはいきません。雑誌発売日の数日前までに完成させておく必要があるのです。また、私のような編集者と異なり、印刷などを行う人々は、朝から夕方までが作業時間となっています。そのため、貴重な「朝から夕方」を、私たちが浪費することは許されません。その結果、徹夜で作業となるのです。さらに、徹夜明けに打ち合わせを行い、そして、ニコニコ生放送に出演と、久々にハードワークをした結果、その後の数日間は、仕事中に集中力を維持するだけで精いっぱいといった感じになってしまいました。◆注目のニュース[2016年6月10日~2016年6月16日]【注目】渡辺文重『週刊サッカー有料コンテンツ批評』第12回(6/3~6/9)「1stステージの天王山」http://j-ron.jp/jijijron20160610.php私が執筆した記事の宣伝です。【注目】『ミシャでタイトルを取れるのか!?』エルゴラッソ浦和担当記者が6月14日のニコ生番組にゲスト出演http://blogola.jp/p/64878ゲストで出演させていただきました。以下のURLで視聴可能です。http://live.nicovideo.jp/watch/lv266005487https://www.periscope.tv/w/1mnxenMekzoKXhttps://www.youtube.com/watch?v=r3haP1RqfPI【注目】人気だからこその難しさ TBSラジオがポッドキャストをやめた理由を聞いたhttps://www.buzzfeed.com/narumi/tbs-radio-cloudこの件の影響について説明を求められたのですが、前提として「TBSラジオは非常に人気がある」という情報を知っておく必要があります。【注目】バカと暇人のものではないネット空間を作ることはできるのかhttp://bylines.news.yahoo.co.jp/tokurikimotohiko/20160613-00058760/記事の趣旨は「NewsPicks」関連の課題ですが、タイトルの問いに答えるならば、自分が暇人だと自覚することだと思います。はっきり言って、WebサイトやSNSをチェックしている時点で、暇な証拠なんですよ。本当に忙しかったら、ネットなんて見ている時間はないし、まして投稿なんてできない。休憩時間にWebサイト閲覧? それは結構ですが、それって本当に休憩になっていますか? Webの不確定情報に踊らされて心を乱されたら休息にはならないし、PCやスマホを見ていたら目が疲れますよね。意識の低い休憩ができる段階で、大して忙しくないってことですよ。しかし、どういうわけか、大して忙しくない(=暇人)に限って、「忙しい俺さまが、わざわざ時間を割いて投稿してやる」なんて態度を取るから、ネットはバカがあふれるわけです。もちろん、バカッターなどを見つけてさらす「まとめサイト管理人」のように、ネットで仕事をしている人もいるので、一概にそうだとは言い切れないと補足しておきます。◆注目の有料メルマガ【注目】高橋ヨシキのクレイジー・カルチャー・ガイド!http://www.mag2.com/m/0001673228.html月額:666円(税込)創刊:2016年6月主な執筆者:高橋ヨシキ「まぐまぐ」に掲載されたプロフィールによると「デザイナー、ライター。チャーチ・オブ・サタン公認サタニスト」。一般的には、映画に詳しい人と説明した方が分かりやすいでしょうか。【参考】高橋ヨシキのシネマストリップhttp://www.nhk.or.jp/suppin/movie.html内容については、「まぐまぐ」に掲載されているサンプル号を読めば、そのテイストは理解できるかと思います。コラムがあって、映画レビューがあって、質問コーナーがある。そして、第2号からは、ニュース解説コーナーが追加されています。創刊したばかりなので、今後もいろいろな変化がありそうです。 
  • 自分は健康だとおごらず、日々、体調に気を遣うことの重要性

    2016-06-19 13:30  
    110pt
    ごきげんよう。ラジオと有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味は、アニメ鑑賞と声優イベントに参加すること。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回の記事は、タグマ!版『メディアの現場』限定コーナーからの転載です。元記事の配信予定日(毎週金曜日)の1週間後に配信しています。【参考】津田大介のメディアの現場http://www.targma.jp/tsuda/◆近況報告6月4日(土)は「儀武ゆう子SUN祝3周年記念イベント~SUN加者求ム~」、5日(日)は「芹澤優・澁谷梓希トークショー in 横国」からの「大橋彩香ワンマンライブ2016」と、立て続けに声優イベントを楽しみました。その影響でしょうか、翌週は身体が重たく、すぐに眠たくなるなど、明らかに作業効率が落ちてしまいました。そうした中、鍼灸(しんきゅう)師の知り合いから電話があったので、「急なお願いですいません」と、鍼灸マッサージを依頼しました。こちらと先方の都合が合わず、半年ぶりの鍼灸マッサージだったのですが、「渡辺さん、めちゃくちゃ滞ってますね」とのこと。以前は毎月お願いしていたのですが、その時は「ちょっと体調が良くなったかな」程度なので、それほど重大に考えていなかったのですが……。毎月の鍼灸マッサージが、体調やコンディションの維持に、重要な役割を果たしていたのだと痛感しました。「ちょっとずつ」が大事なんですよね。◆注目のニュース[2016年6月3日~2016年6月9日]【注目】渡辺文重『週刊サッカー有料コンテンツ批評』第11回(5/27~6/2)「苦難に立ち向かう若獅子たち」http://j-ron.jp/jijijron20160603.php私が執筆した記事の宣伝です。【注目】これは便利!「更新通知機能」スタート!http://www.targma.jp/tetsumaga/2016/06/04/post1835/サッカー関連のWebマガジンは不定期更新が多いため、こういう機能は便利ですね。【注目】有吉「拍手されたらおしまい」エノケン「同情されたらおしまい」『昭和芸人 七人の最期』http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20160602/E1464793763329.html最近の「お笑い」には疎いのですが、読んでみようと思いました。個人メディアは、その個性を売り物にしているため、ある意味「芸人」に通じる部分があるかもしれません。【注目】TBSラジオ、ポッドキャスト終了 10年超の歴史に幕「収益化のめどが立たないため」http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1606/06/news112.htmlけっこう利用していたので残念ですが、確かに、無料のポッドキャストで利益を出すことは難しいですよね。【注目】昨今の「貧困コンテンツ」ブームが危険な理由http://toyokeizai.net/articles/-/121457「有料メルマガ」がブームになった時に、堀江貴文氏など一部の成功者しかスポットを当てていないことへ、同様の違和感を覚えました。で、ブームが終息した時には、撤退した人にスポットが当たる。ブームに関係なく、有料メルマガを続けている人が、数多くいるにもかかわらず……。自分も反省する必要がありますね。【注目】「ネット配信は契約違反」東京地裁http://mainichi.jp/articles/20160609/k00/00m/040/037000cラジオを聴収環境に少なからず影響があると思いますが、コンテンツを提供する側としては、そりゃ、見逃せないと思うんですよね。【注目】竹達彩奈、小倉唯ら女性声優6人が「イベント」を語った書籍が登場http://www.ota-suke.jp/news/169819これは面白そう! 
  • 「MCタツのロスタイムTV」スタート! 個人メディアの覚悟とは

    2016-06-10 14:35  
    110pt
    ごきげんよう。ラジオと有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味は、アニメ鑑賞と声優イベントに参加すること。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回の記事は、タグマ!版『メディアの現場』限定コーナーからの転載です。元記事の配信予定日(毎週金曜日)の1週間後に配信しています。【参考】津田大介のメディアの現場http://www.targma.jp/tsuda/◆近況報告最近、津田メルマガ連載「週刊○○レビュー」の影響もあり、動画を視聴する時間が長くなりました。特に、TVを見る機会が増えました。そうなると、TVで話題になっていることが気になってきます。例えば、北海道で起きた子供の置き去り事件。以前であれば、大して興味を持たなかったと思うのですよ。だって、これって町レベルで解決する「小さな事件」じゃないですか。いくらTVで日本全国、あるいは世界中に捜査状況が報道されても、TVを見ている私たちにできることは皆無なのです。例えば、消費税や社会福祉、震災復興、国際紛争であれば、報道を通じ、私たちが何らかのアクションを起こすことは可能です。しかし、北海道で行われている子供の捜索は、どれだけ大々的に報道されたとしても、私たちにできることは一切ありません。むしろ、子供の将来を思うならば、果たして大々的に報道する必要があったのか、疑問に思います。万が一、大々的な報道がキッカケで、両親の精神状態がおかしくなったり、親子関係がギクシャクしたりしたら、それって子供にとって幸せなことなんですかね? 子供の将来が、視聴者の味わう一時的なカタルシスとして「消費」されることを是として良いのか。どうしても納得できないのですが、そういうことを気にする人は、TV視聴に向いていないのでしょう。また、これだけ大々的に報道されると、「何か裏があるのでは?」と考える人が出てくることも、興味深いと感じました。例えば、「本当は子供を殺害していて、その事実を隠すために事件をでっち上げたに違いない」といった投稿を見ました。私も「その可能性はあるかも」と思いましたが、そうした推理をSNSに投稿することは控えました。仮に推理が正解していたとしても、得られるのは自己満足だけです。一部の人からは称賛されるかもしれませんが、そのメリットは些細なものです。一方で、推理が間違っていた場合のデメリットは甚大です。周囲からの評価は下がるでしょうし、名誉棄損や侮辱をしたとして訴えられる可能性もあります。刹那的に「満足を得たい」と思う気持ちも理解できますが、メリットとデメリットのバランスもできない人間は、結果的に自身の評価を落とすだけ。そんなことを、子供が無事保護されたというニュースを見ながら考えました。じゃんけんならともかく、事件に対するコメントは「後出し」で問題ないのです。いらすとや◆注目のニュース[2016年5月27日~2016年6月2日]【注目】渡辺文重『週刊サッカー有料コンテンツ批評』第10回(5/20~5/26)「仕切り直しの5月最終戦」http://j-ron.jp/jijijron20160527.php私が執筆した記事の宣伝です。【注目】“解凍”と呼ぶのはおっさんだけ? Twitterで“解凍”派と“展開”派の争いが勃発http://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/759537.html私は2005年までパソコンライターをしていたのですが、「解凍」というワードを使っていました。なお、「窓の杜」はWebサイトをリニューアルしたようです。【注目】継続課金マガジンの売上を確認するには?https://note.mu/info/n/n4b87ae593182誰(どのアカウント)が購読したか、配信者が分かることは「note」の特徴です。ほかのサービスは、数字しか分からないんですよね。【注目】東京都議会の取材に行ったら「ネットメディアは報道ではない」と断られた話https://www.buzzfeed.com/kazukiwatanabe/arent-we-news-mediaネットに限らずメディアは玉石混合。何らかの基準を設けることは必要かもしれませんが、「紙だから」とか「ネットだから」といった基準は、時代遅れのように感じます。【注目】スマホ写真を売買できるフリマアプリ「Snapmart」--“日常”写真に需要http://japan.cnet.com/news/service/35083550/まだ、サービスを試していないのですが、興味深いですね。【注目】「ヘイトスピーチ解消法」施行を前に - ウェブマガジン開始のごあいさつhttp://www.targma.jp/yasuda/2016/06/02/post44/安田浩一氏の有料Webマガジンがスタートしました。◆注目の有料メルマガ【注目】MCタツのロスタイムTVhttp://ch.nicovideo.jp/loss-time月額:540円(税込)創刊:2016年5月主な執筆者:MCタツ私の友人でもあるMCタツ氏が、個人メディアをスタートしました。まだ、何のコンテンツもないのですが、たまたま会う機会があったので、いろいろと話を聞きました。サッカーキングチャンネルの生放送「ハーフ・タイム」で実績を残したMCタツ氏ですが、現時点で苦労しているのは「環境」のようです。生放送を行うための機材やスタジオの準備などが、当面の課題とのこと。1人で放送するならともかく、ゲストを呼んで話を聞くとなれば、それなりの「環境」がどうしても必要なのです。【参考】サッカーキングチャンネルhttp://ch.nicovideo.jp/soccerking/live先週の「注目の有料メルマガ」では、「HoneyWorksチャンネル」を取り上げ、生放送がカギを握ると記したのですが、MCタツ氏は、まさに生放送を得意としているため、うまいこと行けば、人気のチャンネルになるのではと思っています。【参考】HoneyWorksチャンネルhttp://ch.nicovideo.jp/honeyworks 
  • 「HoneyWorksチャンネル」に思う、生放送やイベントの重要性

    2016-06-04 13:45  
    110pt
    ごきげんよう。ラジオと有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味は、アニメ鑑賞と声優イベントに参加すること。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回の記事は、タグマ!版『メディアの現場』限定コーナーからの転載です。元記事の配信予定日(毎週金曜日)の1週間後に配信しています。【参考】津田大介のメディアの現場http://www.targma.jp/tsuda/◆近況報告先日、ヴァンフォーレ甲府の取材に同行しました。私の役割は雑用係みたいなもので、選手や監督にインタビューするといった取材は行わなかったのですが、練習見学に来ていたサポーターに話を聞くことができました。取材時の甲府は未勝利が続いており、苦しい状況だったのですが、サポーターたちは選手たちを激励。選手・スタッフとサポーターの距離が近く、良い雰囲気だと感じられました。そのことについて聞くと、そのことを誇りにしているとのこと。ファン・サポーターがチームを支えているという意識が強いようです。その後、GM兼監督の佐久間悟氏への取材が行われたのですが、佐久間氏が話したチームの現状や課題は、サポーターの方が話していた内容と重なる部分が多かったことも印象に残りました。◆注目のニュース[2016年5月20日~2016年5月26日]【注目】渡辺文重『週刊サッカー有料コンテンツ批評』第9回(5/13~5/19)「アジアの頂点へ!」http://j-ron.jp/jijijron20160520.php私が執筆した記事の宣伝です。【注目】どとこいhttp://kuro.kilo.jp/dotokoi/以前、フリーゲームを紹介するムックで原稿を書いていたため、ちょっと懐かしいと思いました。最近は、スマホ用のアプリが全盛ですからね。ちなみに、一番好きなフリーゲームは「晴れたり曇ったりN」です。【参考】晴れたり曇ったりNhttp://inutoneko.jp/game/harekumo/harekumo_top.html【注目】アイドルでもないしヲタでもない!小金井刺傷事件の報道に感じるモヤモヤ|ほぼ週刊吉田豪http://n-knuckles.com/serialization/yoshida/news002249.html「なぜそういう感じの報道にならないのかというと、それによってある種の病の偏見を助長することになったらマズいって判断」という記述に、「なるほど!」と思いました。【注目】「予約の取れない店」が3年で閉店に追い込まれる理由http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160525-00001793-cakes-life前に読んだ記憶があるなぁ~と思って調べてみたら、初出は2013年9月20日でした。【参考】お店が無くなる理由https://cakes.mu/posts/3046「バー経営者として言わせていただきますと、お店を閉める理由はただひとつです。お店にお客さまが来なくなって、売り上げが少なくなって、経営に行き詰まったからです」という指摘は、有料メルマガでも同じです。林氏が記したような例外も、当然、有料メルマガにもありますが、大体これです。一方で、私が「有料コンテンツ批評」という有料Webマガを続けられている理由は、購読者がいるからなんですよね。一番の理由は「本業ではないから」ですが……。ただ、購読者がいなければ、原稿を執筆するモチベーションは上がらないですから、購読者の方々には感謝しかありません。◆注目の有料メルマガ【注目】HoneyWorksチャンネルhttp://ch.nicovideo.jp/honeyworks月額:540円(税込)創刊:2015年5月主な執筆者:HoneyWorks先日、映画館に行ったら、女子中学生と思われる5人組が、映画『ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~』の大きなポスターを背に、自撮り棒で撮影をしていました。【参考】ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~http://www.honeyworks-movie.jp/「動画総再生回数1億回を超えるクリエイターユニットHoneyWorksが生んだ恋愛青春群像劇 ついに劇場へ」と記されていますが、「本当に人気があるんだなぁ~」と思った瞬間です。文字だけならば、「大人気」なんて言葉はいくらでも使えますが、実際にファンを見掛けると説得力が増します。ラクエンロジックのショップ大会に行っても、男子高校生から「ハニワ(=HoneyWorksの略称)」という単語を聞くこともありますし、すごい人気なんだと思います。で、映画も見たのですが、甘酸っぱい!(ほめ言葉です)ちなみに、映画の中にもHoneyWorksは登場しており、チケットを取るのも大変な人気グループとして描かれていました。【参考】HoneyWorkshttp://honeyworks.jp/ 
  • 有料「note」をクラウドファウンディングのように利用したら

    2016-05-28 09:50  
    110pt
    ごきげんよう。ラジオと有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味は、アニメ鑑賞と声優イベントに参加すること。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回の記事は、タグマ!版『メディアの現場』限定コーナーからの転載です。元記事の配信予定日(毎週金曜日)の1週間後に配信しています。【参考】津田大介のメディアの現場http://www.targma.jp/tsuda/◆近況報告先日、津田大介氏に「ボードゲームで遊ぶから事務所に来ないか」と誘われ、ちょうど暇だったので、ひょこひょこと六本木に向かいました。いくつかのゲームをプレーしたいのですが、特に面白かったのが「世界の七不思議」。全然勝てなかったのは残念ですが、オフラインで行うゲームは対人の駆け引きが醍醐味なんですよね。知らない人よりも、知っている人とプレーすると、その人の知られざる一面を垣間見ることができます。【参考】世界の七不思議 日本語版https://hobbyjapan.co.jp/7wonders/10代、20代の頃は、津田氏ら友人と寝る間も惜しんで、しばしばゲームをしたものですが、最近は寝る間を惜しむと、翌日のパフォーマンスに影響が出ます。「40代になると、体調が良い日よりも悪い日が多くなるよね」と話したら、津田氏も「分かる!」とのこと。そんなことがあって書いたのが、下記の記事でした。【参考】若い頃のように「調子が良い日」は来ないと認める必要があるhttp://www.targma.jp/watanabe/2016/05/16/post6619/「調子が良い日」というのも、現在から見ての評価であり、当時は「調子が良い」なんて思ってなかったんですよね。ただ、変化が劇的なために苦しいだけ。だんだん慣れていき、50代になったら「40代の頃は調子が良い日が多かった」とか言うんだろうなと思っています。ぱくたそ
    ◆注目のニュース[2016年5月13日~2016年5月19日]【注目】渡辺文重『週刊サッカー有料コンテンツ批評』第8回(5/6~5/12)「ロアッソ熊本 再起動!」http://j-ron.jp/jijijron20160513.php私が執筆した記事の宣伝です。【注目】自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_shouhyou/shutsugan/tanin_shutsugan.htmいろいろと勉強になります。◆注目の有料メルマガ【注目】CHIKA☆CHIKA IDOL 支援マガジンhttps://note.mu/chikadol/m/m1d465295c7d5月額:540円(税込)創刊:2016年5月主な執筆者:シンフォニウム株式会社以前、このコーナーの「注目のニュース」で紹介した『CHIKA☆CHIKA IDOL』。そのクラウドファウンディングは不成立となったのですが、プロジェクトは進行しているようです。【参考】錦織博監督『CHIKA☆CHIKA IDOL』CGアニメ化を応援!https://www.makuake.com/project/chikachikaidol/『CHIKA☆CHIKA IDOL』の情報が集積していると思われる公式HPを見ると、さまざまなメディアに展開されており、正直、その全容は分かりにくいのですが、資金集めの軸に「note」を据えたようです。「LINEスタンプ」や「iTunes」で販売しているシングル曲などは、一度お金を支払えば終了ですが、「note」の継続課金マガジンなら、継続して支援してもらえるため、良い判断ではないかと思います。【参考】CHIKA☆CHIKA IDOLhttp://chikadol.com/ 
  • 元プロ野球選手は有料メルマガよりサロンの方が向いている?

    2016-05-20 16:15  
    110pt
    ごきげんよう。ラジオと有料メルマガ評論家の渡辺文重です。趣味は、アニメ鑑賞と声優イベントに参加すること。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回の記事は、タグマ!版『メディアの現場』限定コーナーからの転載です。元記事の配信予定日(毎週金曜日)の1週間後に配信しています。【参考】津田大介のメディアの現場http://www.targma.jp/tsuda/◆近況報告雨の日は、自由について考えることが多いです。現在は自宅と事務所が同じため、通勤とか出社といった行為をする必要はないのですが、以前は自宅と事務所が別々だったため、通勤をしていました。ただ、事務所で打ち合わせするなどの予定がなければ、出勤するかどうかは「自由」でした。自宅よりも事務所で作業をした方が効率的との判断から、わざわざ事務所を借りているのですから、仕事は事務所でやった方が良いに決まっています。しかし、雨の中、出勤するのは嫌なので、雨の日は自宅作業というケースが多かったと記憶しています。毎朝、定時に必ず出社する必要がある会社員に比べると、会社に縛られていないフリーランスは、文字通りに「自由」です。しかし、それは真の意味で「自由」なのかと疑問に思うのです。なぜならば、雨という天候に、自分の行動を制限されているとも考えられるからです。行動を天候に左右される。これのどこが自由なのかと。そう考えると「雨だから」という理由で行動を変更することは、不自由のように感じられます。そう考えて、雨なのに出社する場合、今度は「自分の意地」に縛られ、やっぱり自由ではないなと思ってしまうのです。人間は生きている限り、完全な自由を得ることはできない。結論は、そういうことだと思いますが、その中でも、できる限り自由でいたい。それが私・渡辺文重の根源なのかなと考えるのです。自由に生きるというのは、結果的に、多くの不自由にぶち当たることになるため、常に判断を求められる人生と言い換えられるかもしれません。ぱくたそ(https://pakutaso.com)◆注目のニュース[2016年5月6日~2016年5月12日]【注目】渡辺文重『週刊サッカー有料コンテンツ批評』第7回(4/29~5/5)「熱戦! さいたまダービー」http://j-ron.jp/jijijron20160506.php自分が執筆した原稿の宣伝です。【注目】私が有料メルマガ配信をやめた理由http://magazine-k.jp/2016/05/09/why-i-quit-writing-paid-newsletter/「有料メルマガあるある」ですね。「有料メルマガ評論家」を名乗っているため、有料メルマガを始めたいという方から相談を受けるのですが、その時に話す「リスク」がそのまま記されている感じです。有料メルマガを書くよりも、原稿料をもらって文章を書く方が得ですし、多くの人に記事を読んでもらいたいならば、無料で記事を掲載すればよいのです。それでは、有料メルマガは、どういう人にお勧めなのでしょうか。一番は、ニッチな情報を配信する場合です。タグマ!のサッカーWebマガジンが具体例です。日本代表ならともかく、「きょう、とあるJリーグクラブが、どんな練習をしたか」などに興味がある人は少数(マスにはならない)ですが、その少数には、とても貴重な情報でお金を払ってもでも知りたいという需要がある。そういう場合、有料メルマガは、取材者とサポーターの両方に有益な存在となります。次は、同人誌と捉える。質も量も安定している漫画雑誌や単行本が数百円で買えるのに、数十ページの文字通り「薄い本」に同額、あるいは1000円以上の値段が付く場合がある、という考え方です。もちろん、ほとんどの同人誌は大した頒布数にならないのですが、出す人と買う人が満足していれば、それでよし。外野が口を出す問題ではないのです。そのほか、以前であればコミュニティの核として機能させる、という考え方もあったのですが、こちらの役割はオンラインサロンに吸収されています。【注目】元側近スタッフによるあの時、あの場所のエピソードhttp://www.mag2.com/m/0001672787.html今月、どこかのタイミングで紹介しようと思っていたのですが、まだ配信されていないみたいです。