• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • 【夢と夕陽】33. hide 生誕50周年記念 〜 HIDEとhideが遺したもの ③『 ピュアが導く HIDEの永遠 』

    2014-12-30 03:40  
     理由はわからない。 なぜかHIDEと過ごした記憶の中では、いつも柔らかくゆったりした時間が流れているのだ。 ソロアーティスト、つまりhideとしての活動があまりに素晴らしくて嬉しくなった僕は、ある日、HIDEの家へ遊びに行き、久しぶりにたくさん話をした。
     その頃のHIDEはクリエイティビティが炸裂していたようで、ジャンルを超えた様々なアーティストとのコラボレーションをしながら、作品をどんどん創っていた。 それら進行中の音源を聴かせてもらったり、現在やこれからの音楽について思うところをお互いに語り合ったりしながら、とても楽しくクリエイティブでエキサイティングな時間を過ごした。 やがて、HIDEの才能がhideというソロアーティストの作品と活動で、見事に輝いていることが嬉しくて、hideというアーティストの素晴らしさを僕なりに熱く語っていた時だった。
     それまで穏やかに笑っていたhideが
  • 【夢と夕陽】32. hide 生誕50周年記念 〜 HIDEとhideが遺したもの ②

    2014-12-23 02:50  
     Xがまだインディーズシーンからメジャーリリースを果たすまでの間、バンドとしてのビジョンやスタイルを構築しながら全力で前へ進んでいた頃。 創作と練習、打ち合わせにライブと、メンバーが毎日のように顔を合わせながら、未来を創っていた頃。 あの頃、HIDEがXというバンドに果たしていた役割について想いを馳せてみる。  

     僕の記憶では、YOSHIKIが自分のイメージするバンドの方針や問題点、アイデアなどをHIDEに話すような機会がよくあった。 そんな時、YOSHIKIの話に応えるHIDEを、僕はこんな風に見ていた。 何よりまず、HIDEはYOSHIKIのことを深く理解していた。 YOSHIKIの問いかけや相談、提案そのものの前に、その話をするYOSHIKIの気持ちや、その話をする意味合いなどをきちんと理解しつつ、話を聞いた。 もちろん、YOSHIKIの性格や人間性もだ。 そうすることで、話の結
  • 【夢と夕陽】31. hide 生誕50周年記念 〜 HIDEとhideが遺したもの ①

    2014-12-16 03:00  
     
     今年、生誕50周年を迎えたhideの影響力は凄い。
     
     hideとの出会いがきっかけで音楽を始めた、というアーティストやミュージシャンはとても多いし、hideをリスペクトするクリエイターは、音楽にとどまらず広いジャンルにたくさんいる。
     
     hideの遺した作品は未だに新しいし、音楽だけでなくファッションを含む全方位でオリジナルなアーティスト性を表現したその姿勢は、多くのアーティストを目覚めさせた。 しかもそのスタイルで最も成功しているのは、おそらく今でもまだ、hideだ。
     そんなhideが、その生き様や作品から、あらゆるアーティストやクリエイターに影響を与えるのはとても自然なことだけれど、若いアーティストやクリエイターにとって更に参考になるのは、hideが10年の間に大きく成長していった姿だと、僕は思う。 まだインディーズ時代、XのギタリストだったHIDEが、やがてhideとい
  • 【夢と夕陽】30. 『X JAPANの今』から『X JAPANとYOSHIKIの輝く未来』が はっきり見える理由 ⑥

    2014-12-09 12:40  
    220pt
    CD不況から構造改革を迫られ、転機を迎える音楽業界。一方、いよいよアルバム全世界発売とN.Y公演が決定、本格的な全世界展開を進めるX JAPAN。過去の国内アーティストになかったスケールの活動を続けるX JAPANの特異性について、その意味と原点を「すべての始まり」の舞台裏から見つけていきます。そこに、音楽と音楽業界の未来が、はっきりと浮き彫りになるはずです。
  • 【夢と夕陽】29. 『X JAPANの今』から『X JAPANとYOSHIKIの輝く未来』が はっきり見える理由 ⑤

    2014-12-02 04:33  
    220pt
    CD不況から構造改革を迫られ、転機を迎える音楽業界。一方、いよいよアルバム全世界発売とN.Y公演が決定、本格的な全世界展開を進めるX JAPAN。過去の国内アーティストになかったスケールの活動を続けるX JAPANの特異性について、その意味と原点を「すべての始まり」の舞台裏から見つけていきます。そこに、音楽と音楽業界の未来が、はっきりと浮き彫りになるはずです。