• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 8件
  • 『Innocent Eyes』 25〜「 レコーディング」という幸福な時間について (5)

    2018-05-28 19:00  
    220pt
    伝説に関する懐かしい記憶や、世界的アーティストとなった今について、そして自分らしい人生を生きるコツや、輝く未来の創り方について、津田直士が気のおもむくまま自由に書く、エッセイスタイルの新連載ブロマガです。
  • 特別掲載(津田直士 資料室)

    2018-05-25 09:00  
    220pt
       2015年7月5日に配信されたブロマガ記事を復刻版としてお届けします
    オリジナルは http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar825307 になります
     僕が、Xの制作をしていた当時の想い出と共に、大切に保管してある数々の資料。
     その一部を以前、2013年の9月に「津田直士 資料室」と題してご紹介しました。  http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar338685
      http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar344341
      http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar350842
     3回にわたって掲載したその資料を今回、再びまとめ、新たな資料も追加して掲載します。
     レコーディング時に使用したノートや譜面、詳細なスケジュールなどを改めて見ていると、当時の記憶が鮮やかに蘇ります。
     濃密な時間の連続。
     闘いの日々。 本当に命がけでした。
     そして何より、音楽に対する情熱がとてつもなく強かったことを、残された紙が語りかけてくれます。
     資料をご紹介しながら、そこに眠っている当時の空気も、僕なりにお伝えしていきたいと思います。
     ぜひ楽しんで下さい。( ※ 過去の資料をご紹介する上で、当時関係していた人達に迷惑がかかったりすることのないよう配慮し、基本的には僕自身が記したまたは監修した資料、及び僕の視点に基づいて選択された公式な資料に限定していきたいと思います。)
     ではまず最初。今回は僕が「ART OF LIFE」のレコーディング中、1993年に書き上げた、ライナーノーツの手書き原稿です。
     
  • 復刻版【夢と夕陽】55. 『100年残る音楽』 を生み続けるYOSHIKI.22 【ART OF LIFE -最終回】

    2018-05-24 09:00  
    220pt



        2015年6月9日に配信されたブロマガ記事を復刻版としてお届けします
    オリジナルは http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar807539 になります

     【 ART OF LIFE 最終回 】 「輝く未来」と「ART OF LIFE」


      2014年5月。
     
     今から1年ほど前、僕はこの「夢と夕陽」の連載を始めた。
     
     YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR 2014 と、全世界ベストアルバムの発売がきっかけだった。
     
     世界的な活動がいよいよ本格的になり始めたYOSHIKI、そしてX JAPAN・・・という現実が嬉しかったのと、メンバーと共に僕が人生を傾けた大切な作品、「BLUE BLOOD」が25周年を迎えた直後という感慨もあって、僕は「夢と夕陽」の連載でX JAPANとYOSHIKIの「輝く未来」について熱い想いを綴り始めた。
     
     そんなある日、ニコ生番組を共に進行しているあくあ君が僕に話しかけ、とても重要なことを教えてくれた。
     
     「それにしても、今 ART OF LIFE っていうのが感慨深いですよね。」
     
     「えっ?どういうこと?」
     
     「まず、海外で評価が高いですよね」
     
     「えっ、ほんと!? そうなの? 凄いね、それは。嬉しいなあ・・・」
     
     「クラシカルのソロコンサートで演奏したのが印象的でしたよね。」
     
     「なるほど…」
     
     「それに最近は、 X JAPANのライブでもART OF LIFEの演奏が当たり前になりつつありますけど。・・・以前は違いましたから」
     
     「そうなんだ・・・。」
     
     「ART OF LIFE発表直後に一度ライブがあったんですけど、それから解散まで、まるで封印されたように演奏されませんでしたから」
     
     「そういうことか・・・。で、最近はART OF LIFEの演奏が多い、と・・・」
     
     「はい。復活後、X JAPANのライブでは定番曲なんですよね」
     
     確かに僕の中でも、特別な意味はないけれど、「ART OF LIFE」の存在は、心の奥深い所にしまってあった。
     
     もしかしたら「ART OF LIFE」がそのまま、YOSHIKIのある時期の人生・・・だからかも知れない。
     
     その後の様々な出来事を想うと・・・。
     
     そこは、あくあ君の想いも同じだろう。
     
     だからこそ、最近になって積極的に「ART OF LIFE」を演奏するYOSHIKIの姿勢に、何か特別なものを感じ取ったのだろう。
     
     さらに、僕の知っているYOSHIKIなら、あれだけ演奏が大変な曲を敢えて選ぶ背景に、ファンやオーディエンスの熱い反応、という要素がないはずはない。
     
     こういった事実に加え、YouTubeでのあらゆる国の人々からの熱いコメントや、ニコニコ動画、NAVERまとめの取り上げられ方などを重ね合わせれば、「ART OF LIFE」という作品が、国内を始め、海外のユーザーにも、今というこのタイミングできちんと評価されつつある、という見方は、おそらく間違いないだろう。
     
     「ART OF LIFE」という、YOSHIKIの人生がそのまま生きた芸術作品となっている曲が、世界的に評価されつつある・・・。
     
     これが事実なら、僕が心から待ち望んできた「YOSHIKIの生む100年残る作品が世界中に伝わり、X JAPANが世界的なアーティストとして多くの人々に夢を与える」という『YOSHIKIとX JAPANの輝く未来』は、そう遠くないだろう、と思ったのだ。
     
     
     
     やがて僕が想いを連載に綴っているうちに、横浜アリーナ公演が始まり、その直後には、とうとう待望のマジソンスクエアガーデン公演が実現した。
     
     最高のパフォーマンスを見せてもらったマジソンスクエアガーデン公演の興奮と、そこで得た強い確信をもとに、僕はさらに強い想いを込めて『YOSHIKIとX JAPANの輝く未来』について文を綴った。
     
     10月に入ってからこのチャンネルでのニコ生も、再び快進撃を始めた X JAPANの動きに合わせて賑わいが増し、未来が見え始めた喜びを分かち合う人達のエネルギーが番組を暖かく包んでいた。 そして僕は、とうとうはっきりと「YOSHIKIとX JAPANの輝く未来」が現実となり、きちんと始まっていることを、文章で、そして声で伝え始めた。 そう、僕にはそれが確信に変わったのだった。 だから僕は、この連載の一区切りとして、第30回目にこう締めくくった。 『 僕は、X JAPANとYOSHIKIの輝く未来は、奇跡だと思う
       その奇跡が今、実現し始めたのは、長い長い時間と  その時間に負けなかったメンバー、そして運命共同体の、人生の力ゆえだと思う
       思えば、この奇跡と出会えたのも、たった1曲を聴いた瞬間から始まったのだ
       それが音楽の素晴らしさだ
       音楽に人生を賭けてきたTOSHI、PATA、HIDE、TAIJI、HEATH、SUGIZO  そして YOSHIKI・・・
       7人のバンドは、日本で初めて世界的なバンドとなった
       そしてその「輝く未来」を
       バンドを支える運命共同体も
       同じように手にすることができたのだ』 
     HIDEを失い、TOSHIが去った結果、時計の針を止めてしまった悲しい時を経て、途方もない苦しみから、ファンの声援によって復活を目指したYOSHIKIが、再びX JAPANというバンドを始動させたのは、悲しみが始まってから、実に10年という月日の果てだった。
     
     けれどその10年間という長い時間は、誰も知らない間に、X JAPANというバンドの存在と、YOSHIKIという才能が生む100年残る名曲を、世界中に伝えていくゆりかごの役目を果たしていた。
     
     1990年から1991年にかけてファンが起こした、あの奇跡と同じだった。
     
     ただ、今回その奇跡は、世界的な規模で起きている。
     
     言葉の壁を、国境の壁を、そして民族性の壁を超えて、奇跡が起き続けている。
     
     
     
     そんな奇跡を支えている作品の、大事なひとつが「ART OF LIFE」である、という事実は、僕の心を強く打った。
     
     理由はきっとわかって頂けるだろう。 そう、「ART OF LIFE」がYOSHIKIの人生そのものだからだ。
     
     人生がそのまま作品になっているからだ。
     
     そんな作品が、世界中で正しく評価され始めている・・・?
     
     あくあ君からそんな見方を聞いた時、僕が心底嬉しかったのは、そのことがYOSHIKI自身をどれだけ勇気づけてくれるだろう・・・と感じたからだ。
     
     僕にはわかる。 
  • 『Innocent Eyes』 24〜「 レコーディング」という幸福な時間について (4)

    2018-05-22 03:00  
    220pt
    伝説に関する懐かしい記憶や、世界的アーティストとなった今について、そして自分らしい人生を生きるコツや、輝く未来の創り方について、津田直士が気のおもむくまま自由に書く、エッセイスタイルの新連載ブロマガです。
  • 復刻版【夢と夕陽】54. 『100年残る音楽』 を生み続けるYOSHIKI.21 【ART OF LIFE -18】

    2018-05-18 09:00  
    220pt



       2015年6月4日に配信されたブロマガ記事を復刻版としてお届けします
    オリジナルは http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar803000 になります

     【 ART OF LIFE ⑱】

     
     
     49.(27:33〜)CHORUS(サビ)  いよいよラストのサビだ。
     
     このサビで「ART OF LIFE」は終わる。 何度かサビについて書いてきたので、もうここで説明することはない。 けれど、最後のサビで、しかも曲の終わりだ。 やはりこのサビならでは、という要素はある。
     
     日本人らしい情感が溢れる、哀しみを伴った美しいメロディーを、 X JAPANのバラードサウンドが支える。
     曲のフィナーレを飾るように、オーケストラもフルスケールで演奏、豊かな音でバンドサウンドを包む。 YOSHIKIによるトータルプロデュースが見事に実を結んだ素晴らしい音だ。
     
     他のサビより一回り多く、3回目のコーラスが繰り返されると、Drumsの6連フィルに合わせて「In My Life」という歌詞がTOSHIの振り絞るような声で切なく鳴り響き、約30分の「ART OF LIFE」は終わりを告げる。 ひとつの純粋芸術であり、X JAPANという伝説のバンドの代表曲であり、作者YOSHIKIの人生がそのまま刻み込まれた『生きている作品』ART OF LIFEが、聴く人の心に、深い感情を残して、終わる。

         【回想】 ホテルの部屋からは、ロサンゼルスの街が見渡せる。 サンセットブールバードとラ・シエネガブールバードの交差する辺りにあるホテルは高台にあって、眺望はとても良い。  眩しい太陽に照らされた街並をしばらく眺めてから、デスクに座り、僕は原稿を書き進めることにした。
     1993年5月。 もうオケのレコーディングはほぼ完了し、ボーカルの一部とハモのレコーディングを残すばかり、となった。その後は10日間にわたるミックス作業に突入する。  長かったレコーディングも、もうすぐ終わりだ。  レコーディングスケジュールはだいぶ楽になったけれど、発売に向けてライナーノーツの文章を書く、という僕のもう一つの大切な仕事をしなければいけない。  デスクに座った僕は文を綴り出す前に、「ART OF LIFE」に関わる色々な情景を想い浮かべた。 
  • 復刻版【夢と夕陽】53. 『100年残る音楽』 を生み続けるYOSHIKI.20 【ART OF LIFE -17】

    2018-05-17 09:00  
    220pt



       2015年5月26日に配信されたブロマガ記事を復刻版としてお届けします

    オリジナルは http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar798758 になります

     【 ART OF LIFE ⑰】

     「ART OF LIFE」の音楽解説も、いよいよクライマックスに近づいてきた。 今回は2度目のSchubertセクションからだ。   43.Schubert(6/4)(26:27 〜)  キーは違うけれど、基本的には29.Schubert(12:07 〜)と音楽的にほぼ同じ状態からこのセクションは始まる。
      けれど、やはりそこは『生きている作品』らしく、後半のクライマックスということで、ちゃんと29.との違いが存在している。  そしてさらにその違いが、30分という長さを感じさせない結果につながっている。まさに曲が生きている理由だ。  まず、ここのSchubertセクションでは、HIDEのギターメロディー、PATAの速いビートを刻むギター、オーケストラの3者がとても美しく絡むアレンジになっている。  つまり役割分担がはっきりしていて、しかも音的にとても良いバランスとなっているのだ。 最初の2小節(26:27 〜35)は、Amのキーから始まり、あっという間にEmへ転調する。
      この2小節間は、右寄りに聴こえる艶のあるHIDEのツインギターをメインとして、それを支えるPATAのリズムギターが実にワイルドに音を刻む。 
      そして木管楽器を中心としたオーケストラが控えめに登場してくる。
      次の2小節(26:35 〜42)はEmのキーから始まってやはりすぐにBmへ転調する。 ここではまずHIDEのギターに代わって、オーケストラのストリングがメインとなって力強くメロディーを奏で始め、後半になると再びHIDEのギターがメインになり、オーケストラは美しい和音を響かせる。PATAのリズムギターが更にスピード感のあるビートを刻み、メロディーの美しさを支える。  そして続く 44.Schubert(6/4)(26:43 〜)からは、29.Schubert(12:07 〜)にはなかった、新たな世界が展開していく。
     そう、シューベルトの未完成第2楽章のメインとなっている部分をYOSHIKIなりにアレンジした、切なく美しい世界だ。   シューベルトの場合は当然、すべてがオーケストラの楽器によって成り立っているのだが、YOSHIKIはそのシューベルトの世界を発展させ、ギターとドラムスというオーケストラにはない、音的にもかなり異質な存在によって、新たな音楽を生み出している。  もし良かったら、ぜひシューベルトの未完成と、この「ART OF LIFE」を聴き比べてみて欲しい。「ART OF LIFE」という作品の凄さがわかりやすく見えてくるはずだ。  音楽的には、HIDEのギターがメインメロディーを、そしてオーケストラがカウンターメロディーを奏でていく。そのメロディーが美しく交わりながら展開していくのを、YOSHIKIのドラムス、HEATHのベース、PATAのリズムギターが支えている、というわけなのだが・・・。  僕の考えでは、「ART OF LIFE」という作品にとってどういう意味合いなのか、ということではなく、全く別の観点からとらえた場合、ここのセクションの存在が、『YOSHIKIの生み出す音楽の凄さ』を最も分かりやすく表していることになるのだ。  それを説明してみたい。 
  • 『Innocent Eyes』 23〜映画 hide【HURRY GO ROUND】を観て

    2018-05-12 15:00  
    220pt
    伝説に関する懐かしい記憶や、世界的アーティストとなった今について、そして自分らしい人生を生きるコツや、輝く未来の創り方について、津田直士が気のおもむくまま自由に書く、エッセイスタイルの新連載ブロマガです。
  • 『Innocent Eyes』 特別寄稿 【hideへの手紙】

    2018-05-02 09:00  
    伝説に関する懐かしい記憶や、世界的アーティストとなった今について、そして自分らしい人生を生きるコツや、輝く未来の創り方について、津田直士が気のおもむくまま自由に書く、エッセイスタイルの新連載ブロマガです。