• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第184号】「バカな親」は怒っている

    2018-04-30 07:00  
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━山田玲司のヤングサンデー 第184号 2018/4/30
    「バカな親」は怒っている
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    両親が大喧嘩している。
    大声で互いをけなし合っている。
    主人公の少年は、2人のケンカを聞きたくなくて、テーブルの下に逃げ込み、両耳を塞いだまま「あーあー」と声を出して聞こえないようにする。
    これは、ラッセ・ハルストレム監督の「マイライフ アズ ア ドッグ」という映画のシーンだ。
    僕はこのシーンが忘れられない。
    ここで少年は「こんな時は宇宙に送られた、ライカ犬の事を考える。帰って来られないのに宇宙に送られた犬だ。あの犬に比べたら僕は幸せだ」みたいな事を思う。
    嫌というほど有名なセリフだけど、何年経ってもこのシーンを思い出す。
    当たり前だけど、親のケンカは、子供に大きなダメージを与える。
    その「本質的な理由」の1つに、自分の親が「人生に失敗している」事を目の当たりにさせられるからだと思う。
    自分の意志で相手を選んで、幸せになるはずの2人が、感情むき出しで罵り合いをしている。
    子供から見たら、この2人は「幸せになる事に失敗している」と思うだろう。
    この事は「国や社会」にも言えると思う。
    最近のテレビやネットを見ていると、みんなが怒っている。
    油断していると、僕もついその「ドロドロとした何か」に引きずられて、暗澹とした気分になってしまう。
    そんなニュースの中にも、いいニュースはある。
    番組で言っていた「プラスチックを食べる虫」の話もそうだし、ヨーロッパではついに、あのミツバチ殺しの「殺虫剤」が禁止になったという。
    墜落していく世界にも希望はあるのだ。
    それでも、そんな話はまず聞かれない。
    何を見ても、いつもの「怒った人」が何か言ってる。
    人生に失敗した「バカな親」の姿を見ている様で気分が滅入る。
    なので最近は「自分がまだ純粋だった少年時代に聴いていた曲」を色々と聴いていた。
    何十年ぶりに、松山千春の初期作品の「こんな夜は」を聴いた。
    今更ながら、その曲の世界には、驚くほど「ノイズ」がない。
    サウンドもそうだけど、何しろ描かれているその「世界」にノイズがないのだ。
    「みんな寒いだろうね、こんな夜は」と言っているだけなのだ。
    まるで隣にいる人が「みんな寒いだろうね」とか言ってるみたいだ。
    そこには「シンプルな優しさ」があって、自分より「誰か」の事を思っている人がそこにいる。
    「ただの優しい人」が、そこにいるのだ。
    僕は思い出す。1981年。
    まだネットのなかった時代。部屋にはラジカセしかなかった時代。
    深夜のラジオでは、大人が「僕だけ」のために語ってくれて、彼らはいつもご機嫌だった。
    そんな事を思い出していたら、何だか「森」に行きたくなって、車で千葉にある自然公園に向かった。
    煮詰まった時の定番コースだけど、そこに行けば、ほぼ確実に「森」があるのだ。
    ところが、連休の公園は人でごった返しているみたいで、近隣の道はすでに車で溢れている。
    ご機嫌な人たちもいるけど、こういう日の公園には「怒っている親」も多い。
    なんだかもう、公園に行くのも嫌になって、曲がるべき道を曲がらずに「知らない道」を走った。
    もう「怒っている人」に会いたくないのだ。
    すると、すぐに「知らない喫茶店」を見つけた。
    しかもそれは「森」の中にある。
     
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第183号】〜「平均」を出すと全員が不幸になる〜

    2018-04-23 07:00  
    220pt
    《思い出し怒り》
    きっかけは、おっくんの「きたがわさんもレイジさんも若いじゃないですか〜」
    という他愛ない一言だった。
    気の毒なおっくん。
    彼は何も悪くないのに、僕の中で「思い出し怒り」が蘇ってしまった。
    「うるせえ、どうでもいいんだ。そんな事は!」
    「日本人は『年齢』と『体重』の話ばっかしすぎなんだよ!」
    確か僕はそんな事を言ったと思う。
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第182号】生き残った漫画家の共通点

    2018-04-16 07:00  
    220pt
    前回のゲストは同じ時代を生きた「盟友」でもある、漫画家のきたがわ翔だった。
    彼とは10年近く会っていなかったのだけれど、会ってみると何も変わっていなかった。
    僕らが会っていなかった10年は、漫画産業の衰退が激しくなってきた時期に、自分たちも40代に入って「時代の感覚」と「自分の感覚」のズレに苦しむ時期だった。
    誰もが知る「国民的キャラクター」や「お馴染みのシリーズもの」を作っていない漫画家はこの時期に淘汰の波にさらされる。
    僕もきたがわも、ある世代なら知っているタイトルやキャラはあるものの「ちびまる子ちゃん」や「北斗の拳」などの圧倒的に認知されたコンテンツホルダーではないので、現役を続けようと思うと、かなりの試行錯誤を強いられる時期に入っていたのだった。
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第181号】泣きながらプライドを捨てた日

    2018-04-09 07:00  
    220pt
    どんなにご機嫌に振る舞ってる人でも「悔しいこと」は必ずある。
    僕が「絶望に効くクスリ」で対談させてもらった「成功者」と呼ばれる人も、みんなそうだった。
    端から見れば「なんとなく上手くやってるように見える人」も「いつ会っても明るい人」も、その裏では数多くの「悔しくて眠れない夜」なんかを抱えて生きてる。
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第180号】「向いてる仕事」はあるのか?

    2018-04-02 07:00  
    220pt
    春ですねーーー!
    「750ライダー」みたい。お元気ですか?山田玲司です。
    それにしても今年の春は、数年ぶりに「暴力的な花粉症の症状」が出る日があって参ってます。
    何度か書いてますが(何度も言いたくなるので勘弁ね)この「花粉症」なるもの、どうも主に大気の複合汚染が原因で「スギ花粉」はその犯人の1つにされてるだけらしいのです。
    以前に「杉だらけの屋久島」に行ったのですが、そこではまったくアレルギーの症状が出ません。
    沖縄でも全く症状は出ないのです。
    こうなると、辛くても薬を飲む気になんかにはなれない。
    悪いのは『自分の体』じゃなくて「空気」のほうじゃないか!