• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第163号】「自分」とは何か?

    2017-11-27 07:00  
    220pt
    何よりも「自慢」は嫌われるのに、人は自慢をしたくなる。
    少し前に、松本人志がラジオで「宮迫は嫌いやねん」と、話していたのを聞いた。
    宮迫の何が嫌いかと言うと、なんだかんだ言って最後は必ず「自分の自慢話」をしたがるからだと言うのだ。
    関係ない話を巧妙に繋げつつ、最後には必ず「俺ってすごいんですわ」という話で終わるらしい。
    彼はいつも「もっと自分を誉めてくれ」と言っているから、それがうっとうしいのだと松本は言っている。
    なんともありがちな話だけど、この話。宮迫の気持ちもわからなくはない。
    どこか自分に自信がなくて、不安を抱えているから「お前はすごいで」と、尊敬する先輩に言ってもらいたいのだと思う。
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第162号】ドキュメント「あなたの傘はいりません」

    2017-11-20 07:00  
    220pt
    大混乱の日々は続いていた。

    CICADAの連載が佳境に入っているのだ。
    しかも、今回のこの漫画は「子供が死に直面する話」だ。
    そう簡単に「彼らの気持ち」になれるわけではない。

    浅い気持ちで描いてしまうと、昨今流行りの「感動ポルノ」になりかねない。
    ここで描き手の自分が「同じ気持ち」になれるまで、精神的に潜り込まなくては、昨品が「嘘」になってしまうのだ。
    それだけは避けなければいけない。
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第161号】植物の恋愛とニコ生のゆくえ

    2017-11-13 07:00  
    220pt
    イチョウの木に「銀杏」という実が成る季節になると、上野公園はなんとも言えない「臭い」が漂う。

    腐りかけの銀杏の実が放つ「独特の臭い」は、決していい香りではないのだけれど、これもまた「季節の風物詩」で、僕は嫌いじゃない。
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第160号】「ダルビッシュの残酷ショー」で、最後に笑うのは誰だ?

    2017-11-06 07:00  
    220pt
    もう見るに耐えない情景だった。
    これほど残酷なシーンは、ここ最近見たことがない。
    何の話かと言えばMLBだ。アメリカのプロ野球のNo.1チームを決める試合での話。
    僕は最近メジャーリーグの試合をよく見る。
    自分には何の関係もないのだけれど、午前中のBSで放送があるので何となく見てしまうのだ。
    もはや何の信用も出来なくなった日本の報道番組は見たくないので、朝は主にBSのワールドニュースを見ている。
    なので、自動的にその後に始まるメジャーリーグ・ベースボールを見る事になっていたからだ。
    もちろん仕事をしながらの「ながら見」なんだけど、これがどうにも面白い。