• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 4件
  • 山田玲司のヤングサンデー【第205号】ファッションが平凡化していく現代に反して、匂い立つファッションへのこだわり

    2018-09-24 07:00  
    220pt
    今の…今のこの時代だからこそ、どんな人でもファッションへの独自のこだわりがあるのでは?
    というのが私の持論です。
    目次
    【現代の日本のファッションに大きな影響を与える3つの要素】
    【ヤンサン著名人6名の方へファッションへのこだわりを突撃インタビュー】
    【おわりに…  】  飛ばしてもOKな内容ですw
  • 山田玲司のヤングサンデー【第204号】「嘘」の使い方で決まるものとは?

    2018-09-17 07:00  
    220pt
    〈嘘なしで生きられるか?〉

    「大人になるのはいつだろうか?」という問題がある。

    人は何度も境界線を超えて大人になるのだけれど、答えの1つは「仮面」を使う時だと思う。

    そもそも学校の先生に「おはようございます」なんて言ってるのも、100%本心ではない。
    それは先輩に言う「お疲れ様です」も「勉強になりました」なんかも同じ。

    小学校に入ってすぐに「嘘」を演じる羽目になるわけで、こんな境界線は何度もやってくる。



    この国のコンテンツで、最強の武器と言えば「無垢」だ。
  • 山田玲司のヤングサンデー【第203号】「あのカフェ」を取り戻せ

    2018-09-10 07:00  
    220pt
    「輪るピングドラム」があれほどまでに若い人達に支持されているのはなぜか?
    僕が思う最大の要因は、このアニメが「いないことにされている人達」の存在に向き合ったからだと思う。
    最後の方で、子供の頃のひまりが、潮干狩りで迷子になってしまう回想が入る。
    ひまりを必死で探し出した2人の兄に彼女は言う「やっと見つけてもらえる子供になれたんだ」
    と、彼女は大号泣する。
    「私はここにいる」という叫びが届かない時代になって久しい。
    いつの時代もクラスにいるのに「いない存在」にされている人が必ずいる。
    ここ30年間の間にそれは特にひどくなった気がする。
    取材先や人生相談で、僕は何度も「学校では誰ともしゃべらなかった」という言葉を聞いた。
  • 山田玲司のヤングサンデー【第202号】不登校の「最大の効能」とは何か?

    2018-09-03 07:00  
    220pt
    僕が学校を大嫌いになったのは、中学の時の「ある体育教師」のせいだった。
    体育大を出たばかりのマッチョなその男性教師は、授業中「王様」の様に振る舞い「できるやつ」を贔屓して、「できないやつ」をみんなの前で笑い者にしていた。
    少し太めの男子生徒に「何食ったらそんな体になれんだ?」とか平気で言うのだ。
    彼を嫌いになった決定的出来事は、多くの人の心に「生涯消えない傷」を追わせる「あれ」をやっていたことだ。
    「あれ」とは、言わずと知れた「できるやつ」が自分のチームに欲しい人を1人づつ選ぶ、という恐ろしい「あれ」の事だ。
    数名の「できるやつ」が「お前はいらねえ」「お前は来い」とかやるやつだ。