• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 138件
  • 【第259号】何のために生きるのか?

    2019-10-14 07:00  
    220pt
    その日僕は、スーパーに買い出しに行った。
    超大型台風の19号が翌日上陸するというのだ。
    さすがに今回ばかりは呑気に構えていられない。
    何しろ「カテゴリー5」とかいう化け物らしい。
    カテゴリー5といえば、ニューオリンズの街を地獄に沈めた最強最悪のハリケーン「カトリーナ」と同じだ。(総死者数1833人)
    とうとう「あのクラス」の台風が日本を襲う日が来た・・
  • 【第258号】黒いマスクの男

    2019-10-07 07:00  
    220pt
    「サイン会とかオフ会とかって、『ヤバいヤツ』来そうで怖くないの?」
    そんな事を前に漫画家の友達から言われた事がある。
    その人は少し神経質なとこがある人なので、よく知らない人達といきなり接触する、という行為が信じられないというわけだ。
    確かにアイドルのサイン会なんかで「いきなりノコギリで切りつけてきたファン」とかいたし、そういう人への対応で握手会なんかの警備は厳重とも聞く。(地下アイドルは別とも聞く)
  • 【第257号】つばさをあげたい

    2019-09-30 07:00  
    220pt
    三ヶ月に一度ブロマガを担当するようになり、気がつけば今回で一年経つことになります。
    振り返ってみると…
    ①ファッション
    ②占い
    ③ラーメン職人佐野実
    ④空手部先輩からの一言 
    とまぁ、安定感のない毎度バラバラなトピックス。
    そんな記念すべき第1回目のブロマガは、松本のりんご音楽祭にてライブとライブの合間に書いてました。
  • 【第256号】「夢を叶えた人の話」に効果はあるのか?

    2019-09-23 07:00  
    220pt
    今回の放送で「失敗が怖い」みたいな相談をしてくれた男子大学生がいた。
    自分の進路について「保証がない」「確実性がない」「なんとなく不安」って話だ。
    彼の話で、伝わってくるのは「なるべく失敗のリスクを減らしたい」事。
    もしくは「リスクのない道に進みたい」という事だった。
    観覧に来ていた「人生の先輩達」は「そういう時期もあったなあ」なんて顔で暖かくその若者を見ていた。
  • 【第255号】「無料のポルノ」が若い世代を「賢者」にしたのか?

    2019-09-16 07:00  
    220pt
    えーー。今週はですね。
    今回のヤンサンは珍しく「最近のジャンプ漫画」の話で盛り上がりまして。
    それはいいんですが、後半でおっくんが「最近の若い人達が落ち着いているのは、ネットでアダルトコンテンツをかんたんに観られるからじゃないか」なんて言ってましてね・・・
    彼は「自分たちの若い頃は『エロいもの』を手に入れるのは大変だった」と言うわけです。
    エロ本を買うのも、AVを借りるのも、そして、そんな「お宝」を味わう場所すら確保するのは大変だった、と。
  • 【第254号】芥川龍之介からの電話

    2019-09-09 07:00  
    220pt
    芥川龍之介から電話が入った。
    本当に勘弁して欲しい。
    僕は忙しいのだ。
    今回の投稿で何のリアクションもなかったら、いよいよヤバイのだ。
    僕はトリパンダ。
    もうすぐ30代も半ばを越えるフリーライターだ。
    10年前には、そこそこあった雑誌の仕事も出版不況で激減した。
    ギャラの下がった仕事をベテランと取り合う暮らしに疲れて「小説」を書き出してもう10年は経つ。
  • 【第253号】トリパンダの覚醒

    2019-09-02 07:00  
    220pt
    「夏が終わりますね」

    夕方のバス停でトリネコが言った。
    雨はあがったけど、まだ空気は青く湿っていた。

    僕は平凡な「トリパンダ」だけど、最近はもう飛んでない。時間がないし、そんな元気もない。

    本当は誰ともしゃべりたくないと思っていたけど、トリネコさんとは何度もこのバス停で一緒になるし、無視して気まずい感じになるのも面倒だ。
  • 【第252号】ぷくぷくした葉脈を持つ葉をあつめたこと/肉眼宇宙ステーション/他数編

    2019-08-26 07:00  
    【つながり?】
    いよいよ2010年代も終わりが見えてきた。
    今思えば、10年代のキーワードは「つながる」っていう言葉だったように思う。
    2011年に震災と原発事故で社会が分断され、やたらと「絆」という言葉が飛び交った。
    その言葉には何かしらの「同調圧力」と「うさん臭さ」があって、僕はこの「絆」って言葉に強い拒否反応を感じていた。
  • 【第251号】楽して楽になる方法(落合陽一と神田松之丞の流れに)

    2019-08-19 07:00  
    220pt
    【つながり?】
    いよいよ2010年代も終わりが見えてきた。
    今思えば、10年代のキーワードは「つながる」っていう言葉だったように思う。
    2011年に震災と原発事故で社会が分断され、やたらと「絆」という言葉が飛び交った。
    その言葉には何かしらの「同調圧力」と「うさん臭さ」があって、僕はこの「絆」って言葉に強い拒否反応を感じていた。
  • 【第250号】なんとなくAKIRA

    2019-08-12 19:00  
    220pt
    今回のヤンサンは「AKIRA特集」でした。
    前回は「恐竜と何億年か前の話」で、今回は37年前の話。
    AKIRA登場の頃(80年代初期)は、好景気の波に庶民も恩恵をうけて、今では信じられないくらい日本中がウキウキした気分に満ちあふれていた。
    当時アイドル界の頂点にいた田原俊彦のほとんどの曲は異常に明るく、どうかしるほどの「躁状態」だった。