• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 16件
  • テレビ健康診断 第819回 亀和田武「聖火リレー、いつのまに? 攻めの姿勢の坂上忍、偉い!」『バイキングMORE』フジテレビ系 月~金 11:55~

    2021-04-08 05:00  
     聖火リレー、いつのまにやら始まってしまった。福島県の「Jヴィレッジ」を出発した第一ランナーは、サッカー女子ワールドカップで優勝した「なでしこジャパン」だが、主将の澤穂希さんの姿はない。
     セレモニーも無観客。さらに「コロナに打ち勝った証としてのオリンピック」という言葉をたびたび発した菅義偉首相は「国会の日程」を理由に欠席した。
     なんか、変。しかしテレビ各局が、このモヤモヤ感の核心に触れないなか、攻めの姿勢を見せたのは『バイキング』だった。
     坂上忍は、知人のメダリストの発言を紹介した。「アスリート・ファーストって言い方を止めてほしい。社会ファーストじゃないんですか」。国民の多数が五輪の中止、無観客を望むなかで、スポーツ関係者にも拒否感が生まれた。 
  • テレビ健康診断 第816回 亀和田武「長瀬君をずっと好きで良かった また、君の顔を見たい」『俺の家の話』TBS系 金 22:00~

    2021-03-18 05:00  
     能とプロレス。この異質な芸能の混淆をテーマにしたドラマの着想を、宮藤さんはどこから得たのかな。
     長瀬君とプロレスへの過剰なまでの愛がびっしり詰まったドラマを観ながら、珍しく真剣に考えた。
     寿一(長瀬智也)の元妻ユカ(平岩紙)が、急に態度を硬化させ、息子の秀生(羽村仁成)が観山家に能の稽古に行くのも許さないと言いだす。ブリザード寿こと寿一のファンだったユカなのに。幸福な結婚生活と思っていた。しかし寿一が海外武者修行から帰国すると、ユカが離婚を切りだす。なぜ。困惑すると「寿一君、家で怖いねん。殺気を持ち込まんで」と別れる原因を一気にぶつける。 
  • テレビ健康診断 第813回 亀和田武「深谷市・チャーラジマで『論語と算盤』が生まれるまで」『青天を衝け』NHK 日 20:00~

    2021-02-25 05:00  
     いきなり派手な装束の北大路欣也が現れて「こんばんは、徳川家康です」と語りだす。このオープニングに新鮮な衝撃を受けたか、それとも脱力感を覚えたかは、人それぞれだろう。
     家康の日本史講義が終わると、青年時代の渋沢栄一(吉沢亮)と、従兄の喜作(高良健吾)がすぐ現れた。徳川幕府最後の将軍となる一橋慶喜(草彅剛)の前に飛びだし、馬上の慶喜に「幕府はこのままでは瓦解します」と進言する。
     巧いね。大河も朝ドラも主人公の子役時代の描き方が難かしい。 
  • テレビ健康診断 第810回 亀和田武「長瀬智也演じる寿一の帰還が観山家にもたらしたもの」『俺の家の話』TBS系 金 22:00~

    2021-02-04 05:00  
     父親が脳梗塞で倒れた。二十五年前に家を出た息子が家に戻って介護する。事務所退所前に長瀬智也が演じる最後のドラマだ。
     父親の観山寿三郎(西田敏行)は能楽師で人間国宝だ。息子の寿一(長瀬智也)は四十二歳で弱小団体のレスラーだ。四歳で舞台に立ち、神童と呼ばれ、次の宗家と期待された。しかし厳格な父は、息子に心を開かない。反抗期を迎えた寿一は十七歳で家を出てプロレス界に。憧れのレスラーはブルーザー・ブロディだった。舞台からリングへ。
     父親は二年前に倒れた。その間の面倒をみていた妹(江口のりこ)や弟(永山絢斗)にすれば、何をいまごろの気持ちが強い。 
  • テレビ健康診断 第807回 亀和田武「『ハッピーエンドの先』を描いたスタッフの膂力を称えたい」『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』TBS系 スペシャル番組

    2021-01-14 05:00  
     人の心は、なんと移ろいやすいことか。『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春SP』への反応に、やや驚きつつ呆れる。
     略称『逃げ恥』の大ブームから四年。ガッキー可愛い。恋ダンス最高。森山みくり(新垣結衣)と津崎平匡(ひらまさ)(星野源)の恋に「ムズキュン」した人々が一転して拒否反応を示した。
     初めての出産と育児に戸惑いながら、仕事との折り合いにも苦闘する二人が描かれる。 
  • テレビ健康診断 第804回 亀和田武「もはや中村アンが中心? クールな表情に注目だ」『危険なビーナス』TBS系 日 21:00~

    2020-12-17 05:00  
     主演に妻夫木聡、そして共演女優に吉高由里子を起用した『危険なビーナス』が、過剰なほどのスピード感あふれる展開で見せる。
     原作は東野圭吾。獣医師の手島伯朗(妻夫木聡)の前に、伯朗の異父弟である矢神明人(染谷将太)の妻と名乗る矢神楓(吉高由里子)が突然現れる。明人、いつ結婚してたんだろ。
     資産三十億円超の矢神家の現当主・康治は危篤で、一族は遺産相続を巡って一触即発の状態だ。祖父の康之介は長男の康治亡き後は、孫の明人に全資産を相続させる遺言書を作っていた。 
  • テレビ健康診断 第801回 亀和田武「恋敵にも幸せになってほしい……物語の行方に悩む冬ドラマ」『この恋あたためますか』

    2020-11-26 05:00  
     コンビニのアルバイト店員、井上樹木(きき・森七菜)は挫折した地下アイドルだ。明るく一途な性格だが、体良くグループを卒業させられ、凹んだ日々が続く。
     唯一の気晴らしは、大好きなコンビニスイーツの新商品を、他店もふくめ全部食べてSNSに感想をアップすることだ。
     樹木が働くココエブリィは、万年四位のコンビニチェーンだ。新たに提携したネット通販会社から、新社長として浅羽拓実(中村倫也)が送りこまれる。
     頭は切れるし、おまけにハンサム。しかし他人を信じず、ビジネスには非情。そんな浅羽と樹木が出会う。彼女のスイーツへの情熱と才能を見抜いた浅羽は、樹木に新企画を任せる。
     社長とバイト店員。樹木はまだ二十一歳だ。生き方も性格も正反対の二人が、仕事を通して変化する。 
  • テレビ健康診断 第798回 亀和田武「人生の達人が集まる場所 キャバレー、いい光景だったな」『ドキュメント72時間』NHK総合 金 22:45~

    2020-11-05 05:00  
     新宿に一店だけ残っていた最後のキャバレーが、この二月に幕を閉じた。
     コロナ感染が拡大するなか、都知事は会見で「いわゆる夜の街関連」という造語を口にした。このフレーズにメディアは飛びつき、ニュース番組はコロナ報道を流すとき、必ず「歌舞伎町一番街」のネオンを添えるようになった。
    “悪の街・歌舞伎町”のイメージが瞬時に定着した。都内最後のキャバレーは、新宿区役所脇の通りを入り数分の風林会館六階にあった。歌舞伎町の中でも危険な匂いが漂うエリアだ。
     客とホステスさん、百人は入れる大型店の最後の三日間を、番組は追った。
     キャバレー通いを始めて四十年という常連客は、ここを「夢を売る場」だと語る。焼酎ビンを手にとり、「酒屋で二千円だけど、この店では一万とか二万円。それが夢になっている」。
     四十年のキャリアは伊達じゃない。 
  • テレビ健康診断 第795回 亀和田武「早朝テレビに心安らぐ…… ぐでたま星占いと皆川アナがイイ」『はやドキ!』TBS系 月~金 4:25~

    2020-10-15 05:00  
     猛暑でグッタリなってると、今度は一転して寒い日が何日も続いたり。秋晴れなんてほんの一瞬で、この数日は雨が降り止まない。
     皆さん、よく眠れてますか。私はまったく駄目。布団に入ってスーッと眠りにつくんだけど、何時間もしないうちに目が覚める。
     ここからが辛いんだ。睡眠時間は全然足りてないんだから、眠くて眠くて仕方ない。なのに眠れない。
     夜中の三時ですよ。ラベンダーだの足湯だの、あれこれ験しても寝つけない。タブレットを開いたら目が冴えちゃう。といって雑誌を手にとる気力もない。
     仕方ないから、テレビの前に座って早朝の情報系番組を観る。 
  • テレビ健康診断 第792回 亀和田武「俳句って、面白いじゃん 夏ちゃん先生に学ぶ秋の夜長」『プレバト!!』TBS系 木 19:00〜

    2020-09-24 05:00  
     俳句なんて、俺の柄じゃないんだよ。そう思ってたけど、近頃ようやく気持ちに変化が生まれた。
     俳句って、けっこう面白そうじゃん。コーヒーを飲みながら『プレバト!!』を見ていると、いつしか心地よく笑ったりしている。
     夏井いつきさんのおかげだな。東大生やらインテリ(志向)芸人がつくった句を、的確かつ簡潔に添削していくトークの見事さといったら。夏ちゃん先生が、俳句をグッと近づけた。
     この週のお題は“イヤホン”。通勤、通学時によく耳に装着してるアレね。
     ゲストは玉城ティナ、トリンドル玲奈のモデル系タレントに、初めて見る“ミスター東大2019”という俳優の木瀬哲弥。この初登場組と、高畑淳子、麒麟・川島の五人だ。
     嫌味な奴がいないと、番組は盛り上がらない。今回は木瀬が恰好の標的か。自信のほどを訊かれ「正直あります」と言った瞬間、キスマイ・横尾渉が「みんな言うんですよ、東大生は」と容赦なく突っこむ。