• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 5件
  • 川柳のらりくらり 第762回 選・柳家喬太郎 お題「ぼったくり」

    2019-06-27 05:00 9時間前 
     二楽(ニラ)ちゃんよ、最近ぼったくりに遭っているかね。
    「なんスかいきなり。そんな店行きませんよ」
     それはめでたい。俺も遭ってない。
    「俺達、安い居酒屋専門ですからね」
     じゃあ最近ぼったくっているかね。
    「どういう意味ですか!」
     高いギャラ貰って紙切りの手を抜くとか。
    「そんな事! してる訳が……ない……じゃあない……です……かぁ……」
     なぜトーンダウンするんだ。
    「自分はどうなんですか!?」
     さて、今週ものらりくらりと。
    「答えろよ! 答えてくれよ!」 
  • 川柳のらりくらり 第761回 選・柳家喬太郎 お題「座布団」

    2019-06-20 05:00  
    前座さん高座返しに夢を込め
         (東京都 Ritsu. 60歳)
    「昨年、鈴本でとても丁寧に高座返しをする前座さんがいました。今時こんなにも丁寧に自分の仕事をする若者がいるんだと感動しました」
     こんなメッセージと共に、冒頭の句が届きました。寄席や落語会で、演者と演者の合間に出て来て、座布団を裏返す仕事を、高座返しといいます。この方が鈴本でご覧になった前座さんが誰だったのかは分かりませんが、そんなところまで見て下さっているお客様がいらっしゃるんだな……と思うと、とても嬉しく、有難い思いでいっぱいになりました。
     高座の座布団は我々噺家にとって、職場であり、戦場であり、心安らぐ我が家でもあります。丁寧な高座返しには、噺も弾みます。
     
  • 川柳のらりくらり 第760回 選・柳家喬太郎 お題「貯金箱」

    2019-06-13 05:00  
     先週の原稿を書き終えて、さて次回のお題は何にしようか……と、ぼんやり自室を見回していたら、埃をかぶったカネゴンの貯金箱に、ふと目が止まりました。カネゴンって、そう、ウルトラQに登場した、お金を食べるコミカルな怪獣、カネゴン。デフォルメされたカネゴンが、中身空っぽのまま、部屋の片隅にキョトンと佇んでおりました。
     そういえば、貯金箱なんてずいぶん長い間、使ってないな。資産運用なんて縁の無い僕は、普通預金を銀行に預けているだけです。でも今どき、利息なんて無きに等しい。だったら、貯金箱にチャリンチャリンでも変わらないのかもしれません。では今週ものらりくらりと。 
  • 川柳のらりくらり 第759回 選・柳家喬太郎 お題「雨宿り」

    2019-06-06 05:00  
     入門叶って噺家の修業が始まる。師匠から最初に教わる噺ってのは、一門によって違います。『寿限無』からって一門もあれば『味噌豆』から、または『八九升』からって一門もあります。演目は違えど、どれも基本的なネタって事に違いはありません。
     我が柳家一門は、大概の場合は『道灌』からです。野駆けにお出掛けになった太田道灌公、山中にて村雨に逢い、一軒のあばら家を訪ね、簑を借りたいとおっしゃったところ、そこに住む年若き娘、山吹の花を差し出した……という故事に由来した一席。今回、この故事から詠んで下さった句も、何句かありました。
     今年も梅雨が来ますね。のらりくらりと。 
  • 川柳のらりくらり 第758回 選・柳家喬太郎 お題「望遠鏡」

    2019-05-30 05:00  
     オペラグラスってのがありますな。あの、双眼鏡の子分みたいなやつ。大きな劇場には便利ですね。
     時々、落語会や寄席の客席で使ってる方もいらっしゃいます。高座からその様子を拝見すると、落語会っぽくなくて、なんだか愉快です。寄席はそんなに大きくないんだけどな。でも、演者の表情や仕草をちゃんと見たいと思ってくださってるんでしょうね。そう考えると、有難い事です。
     でも近頃は、大きな会場での落語会ってのもありますからね。キャパシティが千人なんて所で演(や)る事もある。そのうち、望遠鏡を使う方も現れるかもしれませんね。