• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • 町山智浩の言霊USA 第464回 「Poor Me(かわいそうな俺)by トランプ大統領」

    2019-01-17 05:00  
     グリンチは、からだじゅうにグリーンの毛がはえているモンスター。いじわるでひねくれもので、山おくにひとりぼっちでくらしているうちに心がちっちゃくちっちゃくなっちゃった。とにかく、ほかのひとたちが楽しくしてるのが大きらいだから、ふもとの村のクリスマスをじゃましようとする。
    『いじわるグリンチのクリスマス』は1957年に絵本作家ドクター・スースが発表して以来、アメリカの子どもたちに読み継がれてきた。ボリス・カーロフが声をあてたアニメは年末になると必ずテレビで放送される。幼い子どもたちは本当にグリンチにクリスマスを邪魔されると思って警察に通報することすらある。
     12月22日のニューヨーク・デイリー・ニュース紙は第一面にグリンチとドナルド・トランプ大統領をミックスした絵を載せた。トランプのやっていることがグリンチそのものだから。 
  • 町山智浩の言霊USA 第463回 「I like you as you are.(そのままの君が好きだよ)by フレッド・ロジャーズ」

    2019-01-10 05:00  
     2001年頃、娘がまだ幼稚園に通う前、朝はアメリカの公共放送PBSで幼児向け番組を一緒に観てたのだが、1本、異様に古臭い番組があった。『ロジャーズさんのご近所さん』という番組で、毎回、優しい笑顔の老人、ロジャーズさんが、おっとりと「わたしのご近所においでなさい」とビング・クロスビーみたいな、オールドスタイルのジャズを歌いながら、自宅に帰ってきて、背広をセーターに着替え、革靴をスニーカーに履き替え、金魚に餌をあげる。
     幼児向け番組の多くは、目がチカチカする色と元気すぎる音楽、めまぐるしい展開なのに、『ロジャーズさんのご近所さん』は静かでゆっくりしていた。1960年代のテレビの電波が宇宙の彼方の惑星にあたって40年かけて跳ね返ってきたのをキャッチしたのかと思った。 
  • 町山智浩の言霊USA 第462回 「Sexpionage(セクスピオナージ=セックスを餌にした政治工作)」

    2018-12-26 05:00  
     1980年代、首都ワシントンにアメリカ人の夫婦として潜伏するKGBの秘密工作員を描くドラマ『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』の解説をDVDのために書いた。
     主人公のスパイ夫婦は祖国ソ連のため、家族を守るため、アメリカ政府の機密に食い込んでいく。具体的にはセクスピオナージ、つまり性的魅力を駆使して、要職につく男や女を誘惑、懐柔する。これはFBI職員がKGBの非合法工作員だった人妻とのセックスに釣られて機密を売っていた実話を元にしている。30年以上昔を舞台にしたこのドラマが人気を博したのは、今のアメリカでも同じことが起きているからかもしれない。 
  • 町山智浩の言霊USA 第461回 「Baby, It's Cold Outside.(かわいこちゃん、外は寒いよ)」

    2018-12-20 05:00  
     アメリカでは感謝祭が終わると、ローカルFMラジオ曲が24時間クリスマス・ソングを流し続ける「ホリデー・ステーション」になる。ビング・クロスビー、シナトラ、プレスリー、ジョン・レノン、デヴィッド・ボウイ、マライア・キャリー……あらゆるジャンルのクリスマス関係の歌が次から次に流れるのだが、オハイオ州クリーブランドのラジオ局が、そのうち一曲を放送自粛にした。
     1944年に書かれた「ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイド」というデュエット・ソングだ。49年に映画『水着の女王』で元水泳選手のヒロイン、エスター・ウィリアムズとラテン系ハンサムのリカルド・モンタルバンが歌って、アカデミー歌曲賞に輝いた。 
  • 町山智浩の言霊USA 第460回 「Furry(ケモナー)」

    2018-12-13 05:00  
     手塚治虫先生の没後25年目の2014年、仕事机の引き出しの鍵を長女のるみ子さんが開けて、中から人間の女性のような体をしたネズミやヘビの艶かしいヌードの絵が発見されたことがあった。それはおそらくご自身のためだけに描かれた絵だったので、世界の手塚ファンを唸らせた。
    「さすが、元祖ファーリー」
     ファーリーとは、日本ではケモナーと呼ばれる、擬人化された動物を愛する人々のこと。アメリカでは1980年代に、猫から進化したエイリアンの女性が活躍するSFコミック『アルビード』の人気から、モフモフとファー(毛皮)のある動物キャラのファンを「ファーリー」と呼ぶようになった。『スター・トレック』のファンをトレッキーと呼ぶようなものだ。