• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

記事 534件
  • 〈徹底検証 菅「私利私欲の東京五輪」〉「五輪は一年延期を」 西浦教授 怒りの直言

    2021-04-15 05:00  
    「今が新型コロナウイルスが日本に上陸してから最大の危機」。西浦教授はそう語気を強める。変異株の拡大は止まらず、ワクチン接種は遅々として進まない。ならば五輪の再延期を――。西浦教授の直言とは裏腹に、今夏開催に拘泥する菅政権の狙いを露わにする! 
  • 小室圭さんのウソ 証拠音声を公開する

    2021-04-15 05:00  
    「400万円は借金ではない」。小室さんの主張の根拠は、元婚約者X氏が「返してもらうつもりはなかった」と2012年に発言したことだ。だが、その翌年、X氏が「差し上げますと言った覚えはない」と小室母子に返金を求める音声記録が存在した。話し合いの途中、圭さんが割って入り、重い言葉を――。
     
  • 〈徹底検証 菅「私利私欲の東京五輪」〉聖火リレーに血税乱費 116億円全国調査

    2021-04-15 05:00  
     四月十二日午後二時、奈良県法隆寺には多くの観客がつめかけていた。
    「“密”を避けるという話でしたが、これも無理な話でございます」
     聖火リレー開始前のミニセレブレーションで、斑鳩町長はこう苦笑した。
     聖火ランナーが東大門に向かって走り出すと、寺の外ではランナーを先導する最上位スポンサー四社の車両が大音量で音楽を鳴らす。
    「コースにはみ出さないで。追わないで下さい」
     警備の注意も、“密”になった群衆によってかき消されていくのだった……。 
  • 〈徹底検証 菅「私利私欲の東京五輪」〉「始まれば盛り上がる」 菅が狙う9・9解散

    2021-04-15 05:00  
    「五輪中止はあり得ないだろ。感染対策をきちんとできる規律ある日本の姿を示すんだ」
     近しい知人に、最近こう訴えた菅義偉首相。コロナの感染が再拡大する中、首相が執念を燃やすのが、今夏の五輪開催だ。 
  • 〈徹底検証 菅「私利私欲の東京五輪」〉「ワクチンはまだか」 高齢者施設の悲鳴

    2021-04-15 05:00  
     高野之夫・東京都豊島区長が言う。
    「単純に、数が足りません。我々の区にも最初は約五百人分のワクチンしか来ない予定。高齢者施設の入所者と職員だけでも三千人規模います。とても全体には行き渡らない。しかも区にワクチンが届くのは四月二十六日の週とだけ伝えられており、具体的な日時もまだ未定なのです」 
  • ナイトクラブでコロナ感染 タイ大使は“ハレンチ接待”常習犯

    2021-04-15 05:00  
     三月二十五日の夜、タイの首都バンコクにあるナイトクラブ。艶やかな閃光が迸る「ウルトラVIPルーム」ではアップテンポなリズムに合わせて、胸や尻を露わにしたホステスたちが一斉に立ち上がり、艶かしく腰を擦り寄せる。
     輪の中心には喜色満面の笑みを浮かべる男性がいた。後にコロナ感染が判明した、梨田和也・駐タイ特命全権大使(60)である。 
  • 「鉄筋12本が切断」 ネクスコ高速道路で新たな手抜き

    2021-04-15 05:00  
    「一月十五日の夕方、別の橋での新たな欠陥工事が発覚し、社内に衝撃が走りました。ところが、事実上のかん口令が敷かれ、三カ月弱の間、ひっそりと修繕工事を進めてきたのです」
     そう話すのは中日本高速道路(以下ネクスコ)の幹部社員だ。 
  • THIS WEEK【政治】下駄の雪になれない共産党 苦境の理由は“剛腕”の不在

    2021-04-15 05:00  
    「覇権主義に対しても、香港や新疆ウイグルの人権侵害に対しても、国際法を土台にした批判が、日本政府には見られません」
     菅政権の対中弱腰を批判するのは共産党の志位和夫委員長(66)。「文藝春秋」五月号にインタビューが掲載されると、SNS上では「保守系の文藝春秋で!?」「珍事」との声が上がった。
     志位氏は意気軒昂だが、党そのものは、あちこちで「共産アレルギー」に悩む。十一日に告示された名古屋市長選。共産は、四選を目指す河村たかし市長に対抗する元自民市議の支援を表明。「河村氏の当選阻止」を名目に異例のタッグを目論んだが、元市議側から「共産が前面に出ると支持者から怒られる」と距離を置かれた。 
  • THIS WEEK【経済】東芝取締役会議長が辞任勧告 車谷社長に疑惑の西麻布密会

    2021-04-15 05:00  
     英投資ファンド、CVCキャピタル・パートナーズからの買収提案が明るみに出た東芝。その東芝で、車谷暢昭社長兼CEOとある社外取締役の「由々しき関係」に注目が集まっている。
     三月十八日に開かれた臨時株主総会で、昨年の株主総会で一部議決権が反映されなかったことなどを受け、「総会が公正だったか調査せよ」という“物言う株主”エフィッシモ・キャピタル・マネジメントの株主提案が可決された。「総会に問題あり」との結果が出れば、車谷氏が辞任に追い込まれるのは確実だ。
     ファンド関係者が明かす。
    「十八日の株主総会後、車谷氏と東芝の社外取締役・藤森義明氏が西麻布の小洒落たバーで密会しているとの情報が流れました」 
  • THIS WEEK【社会】厚労省が行政文書を大量廃棄 「業者のミス」ではなかった

    2021-04-15 05:00  
     老健局の職員二十三人が送別会を開いていた問題や、小誌が先週号で報じた職員の自殺未遂事件に続き、厚労省でまたも……。
     厚労省担当記者が語る。
    「医薬・生活衛生局が四月二日、行政文書百八十五件を業者が誤廃棄と公表したのです。資料には、法令改正に伴う決裁文書や質問趣意書に対する答弁書に加えて、審議会委員の氏名、行政訴訟の原告氏名、薬剤師の行政処分歴など個人情報も含まれていた。ただ、厚労省側は全てを溶解処理したため、外部流出の可能性はないとしています」