• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 5件
  • いまなんつった? 第548回 宮藤官九郎「どんな大河にしたいか」

    2019-08-08 05:00  
     FUJIROCKに向かっています。
     2年前はグループ魂として出演しましたが、今回は画鋲という3人バンドで、苗場食堂という小ぶりなステージです。
     今回は経費削減のため、気鋭のロックバンドTHIS IS JAPANさんのハイエースに便乗させてもらっているのですが、関越道がまさかの事故渋滞。はやる気持ちを抑えられず、YouTubeの生配信で銀杏BOYZのステージを見て涙しています。スマホでフジロック観ながら車でフジロックに向かうという、有意義なんだかムダなんだか分からない時間。 
  • いまなんつった? 第547回 宮藤官九郎「先生!」

    2019-08-01 05:00  
     おや? 先週とおなじタイトルだぞ。もしかして同じの2冊買っちゃった!? と、表紙の和田誠氏のイラストを見返したあなた。同じタイトルの全然違うエピソードです。
     父の実家に向かう途中、鳴子温泉に立ち寄りました。俺、母、姉夫婦の4名。息子の気持ちとしては『ファミリーヒストリー』で取材に協力してくれた家族および親戚への感謝を込めた孝行旅行。母は母で、大仕事を終えた息子の労をねぎらう慰安旅行。孝行vs慰安。両者一歩も譲らない。
    「ここは俺が払うから」
    「いいから払うから」コーヒー一杯で押し問答。 
  • いまなんつった? 第546回 宮藤官九郎「先生!」

    2019-07-25 05:00  
     駅前のカフェの大テーブルでパソコン開いていたら、男子小学生7、8人がわちゃわちゃしながら入って来た。
    「飲み物買って来ようぜ」
    「俺、カフェラテ飲んでみたい!」
    「俺、抹茶ラテ!」
     子供だけで珍しいな。夏休みだからか? 精一杯背伸びしてカフェ初体験! というソワソワしたムードと弾けるような笑い声に包まれる。
    「席取ってねーじゃん」
    「ここでよくね?」
     大テーブルを指差し、一人が野球帽を、一人がリュック置いて席を確保。ここでようやく、僕の存在に気づいた男の子が元気にこう叫んだ。
    「先生! ここ、いいですか?」 
  • いまなんつった? 第545回 宮藤官九郎 「ちょっと休めば?」

    2019-07-18 05:00  
     何もしたくない。
     この前「ぜんぜん書き足りない」と言ったのは嘘です。カッコつけてました。『いだてん』脱稿から2週間。なかなか次の仕事に取りかかれず、打ち合わせしてても、バンドの練習してても、どこかうわの空。そして眠い。とつてつもなつ眠い。眠すぎて「つ」を1つ2つ多く打っているような気がする。どうした? 先月までは夢の中でも『いだてん』書いてたのに。眠い目こすって本を読む。途中で視界に一本のバーが現れ、文字と文字の間に居座る。ん? ここ要らないな、と“Delete”キーを押すと文字が消える。読んでる本のページがWordの画面に変わるという妄想にとらわれています。 
  • いまなんつった? 第544回 宮藤官九郎「バケモンだな」

    2019-07-11 05:00  
    『劇映画沖縄』を観ました。地井武男さんの初主演映画で1969年公開作のリバイバル上映です。
     わざわざ“劇映画”と銘打つ理由は何だろう。ドキュメンタリー中心のポレポレ東中野での単館上映。だけどポスターはいかにも昭和40年代っぽいレトロな風合い。日焼けした地井さんが青空の下で、裕次郎の次は俺だぜ! とばかりに凜々しく立っている。いろいろ引っかかるので劇場に足を運ぶと、これが規格外の問題作。