• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【第258号】黒いマスクの男
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第258号】黒いマスクの男

2019-10-07 07:00
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第258号 2019/10/7

    黒いマスクの男

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    「サイン会とかオフ会とかって、『ヤバいヤツ』来そうで怖くないの?」


    そんな事を前に漫画家の友達から言われた事がある。


    その人は少し神経質なとこがある人なので、よく知らない人達といきなり接触する、という行為が信じられないというわけだ。


    確かにアイドルのサイン会なんかで「いきなりノコギリで切りつけてきたファン」とかいたし、そういう人への対応で握手会なんかの警備は厳重とも聞く。(地下アイドルは別とも聞く)


    恋愛というものは人を狂わせるものなので、「疑似恋愛」を売りにしているアイドルのファンが「危ないこと」になるのは予想できる。


    でもこっちは「美少女アイドル」ではない。

    同級生は会社の部長か教頭先生になっててもおかしくない年齢だ。


    毎月オフ会をやってても「ヤバいヤツ」なんかに会った事はない。

    「サメ映画に狂っている」みたいな「別の意味でヤバいヤツ」は来るけど、そういう人はむしろ大歓迎なのだ。(基本的にそういう人は礼儀正しい)


    当然サイン会でも、来てくれるのは「いい人」ばかりで、さんざん並ばされてるのに文句1つ言わない。差し入れまでくれる「神さま」ばかりだ。



    ところがである。



    【ヤバいヤツがいる】


    そんな僕の前に「見るからにヤバそうな男」が現れた。

    d832a0d7a15e7796ee2bc5249bee859891f7da89

    それは今年の「白亜展」の会場での事。

    学校だった建物をギャラリーに改装した場所で、僕らは1週間近く展覧会をしていた。

    僕は何度も会場に行き、本を買ってくれた人達にサインをしていた。

    サインをする場所は決まってなかったので、その日は試し読みコーナーの一角でお客さんにサインをしたり、雑談をしたりしていた。



    そんな時、僕の周りをウロウロしながら見ている「若い男」に気がついた。


    男は大きな黒いマスクをしたまま、鋭い目でこちらを見ている。

    痩せ型で、全身黒っぽい服を着ている。今思えば「香港のデモ隊」の若者みたいなスタイルだ。


    彼は黒いマスクをしたまま、小さな声で「山田さんは、XXXXX・・・」と、いきなりマニアックな漫画論をぶつけてきた。

    自分が誰かも名乗らず、机に向かっている僕の前に立ち現れて「即議論」という、60年代の学生運動みたいだ。



    僕はすぐに察した。

    なので、彼の決死の漫画論には乗らずに、彼に聞いた。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。