• このエントリーをはてなブックマークに追加
『Innocent Eyes』 41〜時を超える物語(3)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『Innocent Eyes』 41〜時を超える物語(3)

2018-09-18 02:12

     「夢と夕陽」の連載を終えてから半年ほど執筆を休んでいた僕は、自分の新たなアーティスト活動である音楽ユニット「ツダミア」の準備を経て、2016年夏、新たに「想いのすべて」の連載をスタートした。

     「想いのすべて」の連載は、僕にとって新たな連載のスタートとなった。

     なぜならその一年前、キジャック監督のインタビューを受けた後、半年にわたって書き綴ったのは、「X JAPANの今」から離れた、過去の「Xと関わった自分」に関する記録だけだったからだ。




     そこに綴った物語「夢の始まり」は、過去の連載ではあり得なかったほど明確に、1987年から1988年にわたる半年間だけに絞られていた。

     理由はちゃんとあった。

     僕にとって、やはりキジャック監督のインタビューを受け、その結果『僕の心の中にある「Xという物語」を全てキジャック監督へ託した』という事実は、とても大きかった。

     何しろ、話したことにはマディソン・スクエア・ガーデン公演で気づいた事実など、最近の想いも全て含まれていたからだ。

     僕は、キジャック監督のインタビューで、一度『自分の心の中にあるX』全てを、話し尽くしたのだ。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。