• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 【小林剛】こばごーのタイトル戦観戦記

    2014-12-24 18:30  
    306pt
    みなさんこんにちは!小林剛です!
    各団体の決定戦シーズンですね!
    名人戦はもう見たくないので
    今回は趣向を変えて、スリアロチャンネルで放送されている対局の
    観戦記をちょこっとお送りしましょう。
    まずは私の所属する麻将連合のトップを決める将王決定戦。
    出場者は
    忍田 幸夫(前将王)
    木村 和幸(ミューリーグ1位)
    三原 孝博(2位)
    清水 英二(3位)
    えっと私は・・・ぬ、抜け番・・・(゜―゜)?
    ルールは一発裏ドラテンパイ料なしの半荘15回戦
    その3回戦オーラス。
    ラス親の2着目木村が、ポンチーと2フーロ

     ドラ

    に対して、トップ目の三原も仕掛け返してこのテンパイ。



    そこにドラのをツモった三原がどうするか!?
    木村の捨て牌は以下の通り。



    8巡目の以外はすべて手出し牌、3巡目のはポンでの打牌、
    7巡目のはチーでの打牌、最後のは同巡に切られた牌の合わせ打ちでした。

    ここで木村の手を読んでみましょう。
    の切り方からメンツ候補が余っているかなり整った手牌。
    を先切りして両面に固定してその後が出てきていることから、
    切りの時点で周辺の未完成形が残っていたはず。

    特にあとから出てきたソーズのほうが危険で、、カン、
    と何かのシャンポン、と何かのシャンポンあたりが本命でしょう。
    そして場にはが2枚切れていたので、シャンポンも否定され、
    ほぼかカンかシャンポンの3点と言えます。

    そこで最後の合わせ打ちに注目です。
    から今テンパイしたのであれば、
    その直前のをポンしているはずなのでそれは考えにくいです。
    ということでこのはテンパイ打牌ではなく、
    完成メンツからの空切りかとのスライドのどちらかです。
    つまり、1巡前にはのシュンツがあったということですね。
    これでを切った時点での手牌がかなり限定されてきました。
    はトイツの牌、ドラのでもおかしくありません。

    ①  
    ②  
    ③  

    さて2番めをよく見てください。
    三色が確定しているこの手牌でを切る人がいるでしょうか?
    がドラでも役牌でも関係なく、三色を確定させてを切るのが普通です。
    ということで木村の手牌は①か③のどちらか
     以外はほぼ通るといえるでしょう。
    ドラのを持っていたとして雀頭の可能性が高いので通るのです。
    さて、ドラのをツモった三原はさすがに大長考。
    ここまで十分に読みを働かせていたとはいえ、
    読み違えてが当たるケースがないことを1分間熟考し、を勝負しました。
    実際の木村の手牌は以下の通り。



    雀頭はドラではありませんでしたが、三原の読み通りの待ちでした。
    そして2巡後、当たり牌のをツモると即座にオリたのです!
    後から考えると当然とも思える押しとでのオリ。
    ただ、これを生放送されているタイトル戦の決勝で
    切ることができる人がどれだけいるでしょうか?
    数千人のギャラリーの前で。
    この一打に、三原の実力と自信の両方を見ることができました。
    この将王決定戦の最終日は12/28(日)
    ここまでのトータルは
    三原 孝博 +59.5
    清水 英二 +5.7
    忍田 幸夫 △22.8
    木村 和幸 △43.4
    負け動画でお馴染みの三原、久々の将王獲得なるか!?
    あるいは清水の初戴冠か?忍田・木村の大逆転はあるのか?
    私は井出さんとともに解説しますよ!
    http://live.nicovideo.jp/watch/lv203462608
    さて、少し前に行われた最高位決定戦でも名勝負が繰り広げられました。