• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 48件
  • 伊集院静の「悩むが花」第537回「嘘の中に“悪意”があるのなら、その嘘は許されないでしょう」

    2022-08-10 05:00  
    Q 高校時代からの友人について、ご相談させてください。彼女は四十代の頃から「落語にハマって楽しいの」と言っていました。その頃から、どうもホラを吹いたり、大げさに話すようになったのです。「父がスイスで骨折して大変だった」「母が糖尿病になって怖かった」と聞いていたのですが、この前、彼女のお母さんと妹さんにばったり会ったところ、全くのデタラメとわかりました。彼女のお喋りにうんざりしているので、もう相手にしたくないと思います。本人にはっきりと言うのがよいでしょうか。(52歳・女・自営業) 
  • 伊集院静の「悩むが花」第536回「断然、子供っぽい方が、肝心な時に誠実です」

    2022-08-04 05:00  
    Q 付き合っている男性がとても子供っぽくて悩んでいます。五十代で独身、営業職の彼は、私の部屋の扇風機のリモコンを隠したり、パソコンやスマホの設定を勝手に変えたりします。「老後の面倒は見ないわよ!」と言っても、馬耳東風。私は何年も前に「結婚したい」と言ったのに、ズルズルの関係のまま月日だけが過ぎました。既婚者や二股ということはないと思うのですが、こんな男とはきれいサッパリ別れて、一人のびのびと暮らすのがよいでしょうか。(40歳・女・自営業) 
  • 伊集院静の「悩むが花」第535回「子供が何かに興味を抱く動機は、必ず家族の笑いや、興奮がともないます」

    2022-07-28 05:00  
    Q 最近、同級生の結婚ラッシュが始まった二十六歳の会社員です。私には大学時代から五年間お付き合いしている彼氏がいます。そのことを周囲に言うと、みんな決まって「結婚しないの?」と聞くのです。そのたびに、結婚ってしなくちゃいけないのかな? それほど良いのかな? と思うんです。先生、結婚って何なんでしょうか。良いものですか。(26歳・女・会社員) 
  • 伊集院静の「悩むが花」第534回「恋愛に年の差は? そんなもんあるか!」

    2022-07-21 05:00  
    Q マッチングアプリで知りあった女性の家に最近よく泊まっています。だけど「ソフレ(添い寝フレンド)」としての関係を求められていて、朝まで隣で寝て過ごすだけです。個人的にはすごくタイプな人で、もっと先に進みたいと思っているのですが、許してもらえません。ずっと焦らされているようで、正直キツイです。そもそもソフレっておかしくないですか。(32歳・男・美容師) 
  • 伊集院静の「悩むが花」第533回「ケチの功徳は思わぬところにあらわれますから」

    2022-07-14 05:00  
    Q 東京で会社員をしています。実家は福岡で小料理屋を営んでおり、コロナ禍で客足が途絶えた際、店を続けるため金融機関から約一千五百万円を借りたと最近知ったのです。返済のあてもなければ、一人娘の私は店を継ぐ気もありません。借金の必要があったのかと思う一方、まだ諦めたくなかった両親の気持ちもわかります。「私に相談してほしかった」と怒るべきか、応援するべきか、悩んでいます。(25歳・女・会社員) 
  • 伊集院静の「悩むが花」第532回「それで書いたのが、“ギンギラギンにさりげなく”って歌だよ」

    2022-07-07 05:00  
    Q この間、昼過ぎに取引先までタクシーに乗ったときの話です。五、六キロの距離でしたが、信号はすべて青で一度も止まることなく目的地に到着しました。運転手さんは興奮して「こんなことは初めてです。あなた、絶対何か持ってるよ」と握手を求められたのです。私もそんな気がしてきて、ギャンブルか投資を始めてみようかなと考えています。先生はどう思われますか。(42歳・男・会社員) 
  • 伊集院静の「悩むが花」第531回「正論というものは置き場所のない飾り物みたいなもんだよ」

    2022-06-30 05:00  
    Q 先日、狭い路地をクルマでゆっくり走っていたところ、横から突然自転車に乗った若い男がスマホを見ながら飛び出してきたのです。こちらはすぐ止まれる速度でしたので、急ブレーキをかけることなく止まれたのですが、その男は私をキッ! と睨んで去っていきました。なんで睨まれるのかと後から腹が立ってきました。先生はどうお考えですか。(59歳・男・会社員) 
  • 伊集院静の「悩むが花」第530回「人間の主義や常識は捨ててしまえば、思わぬ自由さや快楽を体験するものだ」

    2022-06-23 05:00  
    Q まわりに流されやすいという自分の性格に嫌気が差しています。先月、ある女性から告白されてお付き合いを始めたのですが、その週に別の女性に言い寄られて断りきれずに関係を持ちました。実は、他にも関係が続いている女性がいるんです。女性に求められるたびに僕はいい顔をしてしまい、結果的に三股をしています。自分でもどうにかしたいと思っているのですが、誰も僕を本気で叱ってくれません。悩んでいます。(25歳・男・会社員) 
  • 伊集院静の「悩むが花」第529回「納得してからやる仕事はすべて二流ですから」

    2022-06-16 05:00  
    Q 夫は昨年七十二歳で胃癌で亡くなり、息子一家は遠方で暮らしています。実は私、隣家の男性との関係に悩んでいます。彼はハンサムで品格もある三十四歳の会社員で、独身で親と同居中です。三か月ほど前、彼が串団子を持って来たので、私は「一緒に食べましょう」と家に招き入れ、雑談をしているうちに、男女の仲になりました。以来、彼が来るのを待ち、若い体が嬉しく行為中に泣いてしまいます。このまま続けることは出来ないと思うと悲しく切なく、どうして良いか、狂いそうです。別れ方をアドバイスして頂けませんか。(63歳・女・主婦) 
  • 伊集院静の「悩むが花」第528回「世の中は誤解の下に平然と進んでいるものです」

    2022-06-09 05:00  
    Q 息子が二人いますが、いまは独立して嬉しい反面、夫婦だけの暮らしを寂しいと感じています。コロナ禍ということもあって、子や孫たちに会う機会がなかなかありません。私たちが誘ったりするのも、彼らの生活の邪魔になり、二人の嫁に嫌がられるように思います。息子と酒を酌み交わしたり、孫と遊んだりして、余生を楽しく過ごしたいですが、ここはグッと我慢するのが親の務めのような気もします。どんな心持ちで、独立後の息子家族と接すればよいのでしょうか。(66歳・男・無職)