• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

義足でプロレス復帰する凄いヤツ! 谷津嘉章■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

義足でプロレス復帰する凄いヤツ! 谷津嘉章■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」

2021-06-13 10:47
    f4904218e2aff7c5905e1afb1e98fe101e0c5af4
    プロレスラーの壮絶な生き様を語るコラムが大好評! 元『週刊ゴング』編集長小佐野景浩の「プロレス歴史発見」――。今回のテーマは
    義足でプロレス復帰する凄いヤツ! 谷津嘉章です!


    <1記事から購入できる連載記事! クリックすると試し読みできます!>

    プロレス不透明決着を考える

    【vs秋山準】男色ディーノは脱いではいけなかった

    「IWGP世界ヘビー級王座」新設

    武藤敬司と秋山準、Wタイトル奪取&入団の衝撃

    秋山準の“三冠外し”マイクとは何か

    杉浦貴……いいときも、悪いときも、ノアで戦い続けた男

    G1、チャンカン、N-1……秋の3大リーグ戦・総括

    追悼ロード・ウォリアーズ

    SWSは企業プロレスだったのか

    『ゴング』と東スポの元記者が語るプロレスマスコミ黄金時代/小佐野景浩☓寿浦恵一

    名子役から名優へ…中嶋勝彦

    デビュー戦から見た木村花というプロレスラー

    小川良成…孤独と苦難から生まれた「孤高のテクニシャン」

    新型コロナ禍の中のプロレス


    W-1活動休止、NOAH新体制、全日本はWWEと接近?

    追悼“喧嘩日本一”ケンドー・ナガサキ

    【14000字対談】小橋建太☓小佐野景浩「あの頃の全日本プロレスを語ろう」

    新生NOAHは何が変わったのか?

    獣神サンダー・ライガーと山田恵一

    プロレス者の青春「竹内宏介とザ・マニアックス」

    ケンドー・カシンの数奇で偏屈なマスクマン人生


    日本のプロレスを変えた「浅井嘉浩」という男


    革命戦士・長州力、笑顔でリングを降りる――

    追悼・青木篤志さん

    望月成晃×小佐野景浩〜空手家がプロレスラーになるまで〜

    三銃士、四天王、UWF、邪道…平成のプロレスを変えた5つの勝負


    ジャイアント馬場没20年追善興行と飯塚高史引退試合

    北尾はなぜ大成しなかったのか■柴田惣一☓小佐野景浩 マスコミ大御所第2弾


    柴田惣一☓小佐野景浩 プロレスマスコミ大御所対談「スクープ合戦はガチンコの闘いだった」


    多発するプロレスラーのケガを考える


    愛すべき元横綱・輪島が戦った全日本プロレスの2年間

    全日本プロレスの「うっかり八兵衛」が明かす全日本秘話


    プロレスラーが憧れたプロレスラー、マサ斎藤さん


    あの日の全日本プロレス、SWSを語ろう■北原光騎×小佐野景浩


    最後まで全日本プロレスを愛した馬場元子さん

    中邑真輔、棚橋弘至、柴田勝頼……新・闘魂三銃士

    最後のムーンサルトプレス……天才・武藤敬司

    縁の下の力持ち!! 坂口征二の荒鷲人生

    WARからイッテンヨンへ! ライオン・ハート時代のクリス・ジェリコ

    「情」で生きる佐々木健介の激烈人生! 

    プロレスラーで初めて大臣になった男、馳浩

    大森隆男のワイルドな全日本プロレスLOVE 

    暴走親方、諏・訪・魔!!

    嗚呼、阿修羅・原……修羅ごときそのレスラー人生!!


    冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った…

    完全無欠のプロレスラー!! ジャンボ鶴田

    超獣ブルーザー・ブロディ

    【涙のカリスマ】大仁田厚の邪道プロレス人生

    “四天王プロレス”の光と影――三沢光晴

    癌に勝った絶対王者・小橋建太

    “プロレス巨大組織”NWAとは何だったのか?

    呪われたIWGPが最高権威になるまで

    悲運の闘将ラッシャー木村、耐えぬき続けた人生 

    燃える男、アニマル浜口――!!

    “天龍番”が感傷に浸れなかった天龍源一郎引退試合

    全日本プロレスを二度は裏切れない……」秋山準

    馬場死去、三沢離脱……その後の全日本プロレス


    ジョー樋口、和田京平…全日本プロレスを支えたレフェリーたち 

    我らが英雄ザ・ファンクスの凄み! 

    猪木を超えられなかった藤波辰爾――プロレス職人と野心の時代

    レスラーの野心が謎を生み出す……SWSに狂わされた男たち!

    「俺のほうがUWFより強い!」 誇り高き仮面貴族ミル・マスカラス

    プロレス史上最も過酷な闘い! G1クライマックス

    『週刊ゴング』の創刊と休刊まで……闘いのゴングはこうして鳴った!

    80年代タイガー、90年代ライガー! ジュニアヘビー級の歴史!!

    “リングの現実”に殉じたNOAHの栄枯必衰

    昭和のプロレスを支えた影の実力者! さらば永源遥――!!

    史上最も愛されたヒール! 黒い呪術師アブドーラ・ザ・ブッチャー

    輪島、北尾、曙……プロレスラーになった横綱たち!!

    全日本プロレスのすべてを知る男、渕正信

    鈴木みのるを変えた“全日本プロレスイズム”

    高山善廣が「帝王」と呼ばれるまで

    「プロレス取材の難しさ」

    一寸先はハプニング人生! アントニオ猪木!!

    オシャレでスマートな昭和の頑固親父! グレート小鹿




    ――2
    019年に糖尿病の影響から右足を切断した谷津さんですが、「サイバーファイトフェスティバル」で義足を装着してプロレス復帰。谷津さんって人当たりがいいんですけど、プロレスラーとしての評価はイマイチなところがあったんですが、ここにきてプロレスラーとして一番輝いているような……。

    小佐野
     現役の頃より必死にプロレスに取り組んでる雰囲気があるよね。生き方も前向きでポジティブだし。

    ――
    いろんなものを失っていく中で最後に残ったものが“プロレス”だったのかもしれないですね……。

    小佐野
     谷津さんが右足を切断したのは長州さんの引退の頃でしょ。「なんで長州は幸せで、俺はこんな目にあうんだ」みたいなことを言ってたけど。リハビリをやり通してオリンピックの聖火ランナーをこなしたり、こうやってプロレスに復帰した。こんな前向きな人だったんだなって尊敬しますよ。

    ――
    あの歳で義足でリングに立って試合をするのは相当なことですよね。

    小佐野
     だって義足でタックルってなかなかできることじゃないよ。片足であんな動きができるのはちょっと信じられない。

    ――
    いくら義足の性能がいいとは言っても。

    小佐野
     だって片足の感覚がないわけだから。 ヘッドロックをやるにしても3点のバランスが成り立たたないとできない。谷津さんはロープワークやスープレックスまでやっちゃうんだから、すごい身体能力ですよ。

    ――
    いまになってこんなに“すごいヤツ”だと(笑)。

    小佐野
     すごい人であることはわかってたんだけど。30歳のジャパンプロレスのときにレスリングのプロアマオープン化で、日本選手権に出て男子フリースタイル130キロ級で優勝した。普通は出ないですよ。負けたら格好悪いもん。

    ――
    あのときの谷津さんの優勝って「プロレスラー最強幻想」を高めるひとつのピースになりましたよね。

    小佐野
      ああいうことにチャレンジできちゃう人なんだよ。北原光騎はあのときの谷津さんの勇姿を見て、スーパータイガージムをやめて、長州さんたちがいなくなったあとのジャパンプロレスに入ったわけだから。

    ――
    よく馬場さんは反対しませんでしたね。

    小佐野
     あのとき谷津さんはジャパンプロレスの人間だったから。プロレスはともかく他の活動は何も言えない。

    ――レスリング連盟の福田(富昭)さんに頼まれたこともあったんでしょうけど、谷津さんは勝てる自信はあったんでしょうね。

    小佐野 なにしろ「日本レスリング史上・重量級最強の男」と呼ばれていたわけだから。切断手術してから数ヵ月後のときのリハビリ映像を見たら、もう歩いていたからね。普通の人なら無理ですよ。 一時期はすごく痩せたけど、いまは身体の厚みもあるし。

    ――
    手術前ですらリングに上がれるような身体には見えなかったんですけどね。

    小佐野
     そうだよね。明らかに不健康だったから。 

    ――
    それが右足がなくなってからのほうが元気に見えるという。

    小佐野
      そういう前向きな気持ちになれるようにサポートしてくれた人たちもいたってことですよね。なかなかひとりでは頑張れないから。 片足がなくなってしまったことは不幸だけど、いま谷津さんは人生の中では不幸な時期ではないんじゃないかな。

    ――
    もともと谷津さんはスーパールーキーとして新日本に入団したわけじゃないですか。

    小佐野
     新日本としては80年代は谷津さんをエースにしようと考えていたはずなんだよね。東西冷戦の西側諸国によるモスクワオリンピックボイコット後、すぐに新日本に入団して。日本代表の赤のジャケットを着た谷津さんの入団会見を私も取材してますからね(笑)。

    ――
    歴史の証人ですね(笑)。

    小佐野
     そのときの谷津さんは、とくに気負った感じはなく、こっちが拍子抜けするぐらい力が入ってない。のちのち本人に聞いたら「自信があった」と言っていたんだけどね。入団する前に猪木vsルスカがあったでしょ。そのときのルスカの公開練習で谷津さんはスパーリングの相手をやったんですよ。

    ――
    大学生時代の谷津さんですよね。裸では谷津さんが圧倒したけど、柔道着だとボコボコにされて。ルスカを猪木さんに繋いだのは福田さんだから谷津さんが選ばれて。

    小佐野
     猪木さんとも入団前に知り合ってはいたはずだから。

    ――
    レスリングでアメリカ遠征中に猪木さんと会う機会があって、猪木さんから小遣いをもらったことがあったとか。 

    小佐野
     谷津さんは「やれば一番になれるのかと思ったら、プロレスは強さだけじゃなかったんだよね」と。谷津さんが不幸だったのは、誰にも教わらないでいきなりデビューしちゃったこと。 新日本の道場で基礎練習をやらされるんだけど、谷津さんは充分に体力はあるから、それよりも早くプロレスの技術を教えてほしかった。ちゃんと教えてもらえないうちにニューヨークに行かされてね。仕方ないからニューヨークにいたキラー・カーンに受け身を教わって。 

    ――大物新人をなんという扱いなんですかね(笑)。育成システムは当時は確立されてなかったというか。

    小佐野
     谷津さんはカール・ゴッチのところに送り込まれなかった初めての新日本のレスラーなんですよ。 だいたいはタンパのゴッチのところで教わるんだけど、谷津さんの場合は実験的にいきなりニューヨークだから。あの頃の新日本はもうゴッチの教育はいらないと判断したのか。谷津さんは最初から強かったしね。

    ――
    シュートテクニックを身につける必要はないと。同じオリンピアの長州さんもゴッチさんのところで揉めちゃいましたね……。

    小佐野
     ニューヨークに渡ったのはジョン・レノンがニューヨークで殺されて数日目とか言ってたよ。2~3週間後にMSGでデビューだからね。

    ――
    すごい扱いですよね。

    小佐野
      パット・パターソンに預けられたんだけど、べつに何か教えてくれるわけでもなく、ただ居候してるだけ。それでいきなり日本でもデビューさせられちゃった。

    ――
    伝説のデビュー戦ですよね。

    小佐野
     猪木さんと組んでブッチャー&スタン・ハンセンとメインで戦うという、これまた破格の扱いなんだけど、ボコボコにさてしまってね。大流血。

    ――
    何も知らないうえにブッチャー&ハンセンなんだから、そりゃそうですよね(笑)。

    小佐野
     あのときはブッチャーが移籍したばっかりで張り切ってるし、ハンセンと「どっちが強いか」って張り合いが谷津さんに向けられてしまったというね(笑)。


    この続きと、斎藤裕、ボンサイ柔術、菊地成孔☓佐藤大輔、AKIRA、笹原圭一……などの6月更新記事が600円(税込み)でまとめて読める「13万字・記事18本の詰め合わせセット」はコチラ


    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック! 1記事100円から購入できます!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。